大切なデートの日にはバラを渡そう。女性にスマートにバラを渡すコツ

彼女にバラを渡すなんてこと、キザな男性がすることだと思い込んでいませんか?

一見、キザな男性は女性から人気がないように思われがちですが、実は、そうでもありません。お姫様扱いをしてくれるキザな男性に弱い女性も多いのです。

きっと、あなたの彼女も喜ぶこと間違いなし!大切なデートの日には、勇気を出してバラを渡してみましょう!

スポンサードリンク

バラを渡すことで2人の関係にもたらされる効果とは

バラを渡すことは、彼女が幸せな気持ちになれるだけではなく、2人の関係性にもとてもいい効果をもたらしてくれます。

バラを渡すことがもたらす効果についてまとめてみました。渡そうか迷っている男性は必見です!

本当に好きな気持ちが伝わる

男性は、女性よりも自分の心を伝えることが苦手ですよね。彼女のことを大切に思っていたとしても、日頃から「好き」という言葉をかけている男性は少ないのではないでしょうか。

バラを渡すことは、あなたの彼女に対する本当に好きだという気持ちを伝えることができます。

言葉では、照れくさくてなかなか伝えきれなかった思いも、デートでバラを渡すことによって、十分に伝わるでしょう。

女性は、いつでもパートナーに自分のことを好きでいてほしいと思うもの。あなたが照れくさくて「好き」だと直接言えないのだと分かっていたとしても、言葉でも言われない、行動にも全く示してくれないと、彼女は寂しい思いをしてしまいます。

それでは、関係がマンネリ化してしまうのも無理ありません。いつまでも良好な関係を築くためにも、ぜひ、後半で紹介する花言葉を参考に、彼女にふさわしいバラを選んで渡してみてくださいね!

いつも感謝している気持ちが伝わる

あなたは普段、彼女に対し「ありがとう」という言葉をかけていますか?

何をしてあげても「ありがとう」と素直に言わないパートナーに対し、不満を持つ女性は多いもの。

「きちんと言わないといけないとは分かっていても照れくさくてなかなか言えない」という男性こそ、バラを渡してみましょう。

普段は、感謝の一言も発しないパートナーがバラを買ってきてくれたなんてことになったら、彼女はとても喜ぶでしょう。それだけではなく、きちんとあなたの感謝の気持ちも伝わるはずです。できれば、バラと一緒に「ありがとう」と一言書いたメッセージカードを添えてみることをおすすめします。バラでも十分嬉しいのですが、メッセージカードがあれば、貰った側はもっと嬉しくなるからです。

メッセージカードを準備する時は、フラワーショップのスタッフに代筆をしてもらうのではなく、直筆で書くようにしてくださいね!たとえ、字が上手くなかったとしても、あなたが頑張って書いたという過程が大切です。

冷え切った関係性でも復活する可能性あり!

彼女と最近ギクシャクしている…。そんな状況に置かれている男性にもバラを渡すことをおすすめします。

「冷え切った関係なのに、バラを貰って喜ぶの?」と男性は思うかもしれませんが、冷え切った関係だからこそ、バラを渡すことが大切なのです。

バラを渡すことは、あなたが本当は彼女のことを大切に思っているという気持ちの表れでもありますよね。

いつもは、強がって、心にはない一言を発してしまうなんてことになってしまっている男性こそ、バラを渡し、彼女に本当の気持ちを分かってもらうようにしましょう。時には、ロマンティックなことをすることも大切です。きっと彼女も改めてあなたの良さに気づき、ギクシャクした関係を改善することができますよ!

彼女の反応が気になる!バラを貰った時の女性の気持ちとは

バラを渡すとなったら、どうしても気になってしまうのが、バラを貰った時の彼女の反応ですよね。パートナーからバラを貰った時、女性はどんな気持ちになるのでしょうか。

バラを貰った時の女性の気持ちについて紹介します!

特別扱いされていることが嬉しい

バラを異性から貰う機会は、人生においてそんなにあることではありません。なんなら1回もないという女性も多いでしょう。

だからこそ、バラを貰うことはとても嬉しいもの。

女性として特別扱いされている気持ちになれます。

それは、ドラマのように大きなバラの花束だけには限りません。一輪でも、小さな花束でも嬉しい気持ちは同じ。バラというロマンティックな花を貰えたということが嬉しいのです。

照れを捨て、バラを買いに行ってくれた気持ちが嬉しい

男性が、バラを選んで買うというのは、とても勇気がいることだということは女性も分かっています。

それなのに、バラをフラワーショップに買いに行ってくれたのかと思うと、多くの女性が喜ばずにはいられなくなるでしょう。

花はとても女性を幸せな気持ちにしてくれます。

大好きな彼からもらったら、もっともっと幸せな気持ちになれるはず。そう思うと、勇気を出して、バラを買いに行ってみようかなと思いませんか?普段は、そんな素振りを見せていない男性が渡せばなおのこと、「花束なんて買わなさそうな彼が買って来てくれた!」と、そのギャップに彼女はキュンとしてしまうこと間違いなし!

きっと、「恥ずかしくても買いに行ってよかった」と思えるはずですよ。

自分を大切に思ってくれている気持ちが嬉しい

男性からバラを貰うことは、女性にとっては、かなり嬉しいプレゼントの一つ。

大切な日に渡すからこそ「自分のことを大切な存在だと思っているんだな」と、嬉しい気持ちになります。

「バラとか渡すキャラじゃないし・・・」と思っている男性も、ぜひ、大切な日のデートではバラを渡してみませんか?

「こんなキャラじゃないでしょ!」と彼女は言いながらも、きっと彼女はあなたのことをもっともっと好きになるはず。そして、彼女もあなたのことを大切にしようと思うでしょう。

喜ぶ彼女が見たい!バラを準備するにふさわしいデートとは

「次のデートでバラを渡そうと思っているけど、どうなのかな?」と迷っている男性必見!バラを渡すにふさわしいデートについてまとめてみました。

渡すタイミングについても紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

記念日デート

「何かの節目でバラを渡したい」と思っている男性は多いのではないでしょうか。

大切な記念日は、まさにバラを渡すにふさわしい日と言えます。

交際1年記念のデートなど、何かの記念日にバラを渡すことをおすすめします。

実は、口にはしなくても、多くの女性が2人にまつわる記念日について覚えているもの。本当はお祝いしたくても、「彼は面倒だと思っているかな」と思えば、なかなか口に出せないものなのです。

彼女との日々に感謝するという意味で、今年は記念日をお祝いしてみてはいかがでしょうか。きっと、今までに見たことないほど喜ぶ彼女の顔を見ることができるでしょう。

プロポーズをすると決めたデート

人生をかけた日と言えばこの日。

「今日は彼女のプロポーズをしよう!」と決めたデートには、ぜひ、バラを準備していきましょう。

普通にプロポーズされても嬉しいものですが、ここで一工夫あれば、もっと彼女は喜んでくれます。

そのためにも、バラの花束を渡すことをおすすめします。しかも、1輪や2輪ではなく、重量感を感じることができる花束にしてあげるとGood!ドキドキしながら、さっとバラの花束を渡すあなたの姿を見ると、彼女も思わず笑顔になってしまうでしょう。

彼女の誕生日デート

彼女の誕生日、毎年きちんとお祝いしてあげていますか?

ぜひ、今年の彼女の誕生日デートでは、バラを渡してみませんか?

プレゼントに添えるようにし、渡すととてもロマンティックな男性に見せることができます。

「プレゼントと一緒に花を渡すと言っても、そもそもプレゼント自体選ぶのが苦手。彼女に何をプレゼントしたらいいのか分からない。」と悩んでいる男性には、バラを使って作られたブリザーブドフラワーがおすすめです。きれいな上に、枯れることなく、半永久的に楽しむことができるため、彼女はきっと喜んでくれるでしょう。

シーン別におすすめするバラの色・花言葉とは

バラ自体の花言葉は「愛」と「美」。それだけでも十分にロマンティックな花だということは伝わるのですが、実は、色が変われば、花言葉も変わってきます。

シーン別におすすめするバラの色、そしてその色のバラが持つ花言葉についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

プロポーズにはやっぱり赤のバラ

バラと聞くと、1番最初に赤のバラが思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。

赤のバラの花言葉は、「愛情」「熱烈な恋」と言われており、まさにプロポーズのような特別な日にぴったり!

特別なシーンに使われることが多いため、私たちの印象に残りやすいのかもしれませんね。

実は、バラは、渡す本数によって意味合いが異なってくるということを、あなたは知っていましたか?プロポーズする時には、108本渡すようにしましょう。108本渡すことは「結婚してください」という意味になります。

彼女の誕生日にはピンクもしくはオレンジのバラがおすすめ

あなたは、彼女に対し、どういう女性だというイメージを持っていますか?

彼女の誕生日には、彼女のイメージに近い花言葉を持ったバラを準備しましょう。

普段、口ではなかなか言えないことを花言葉を通して伝えるなんて、とてもロマンティックですよね。

いつもかわいらしい彼女には、ピンクのバラがおすすめ。ピンクの花は、「上品」「かわいらしい」という花言葉を持っています。いつも元気な彼女には、オレンジのバラがGood!オレンジと言えば、はつらつとしたイメージですが、そのイメージどおり、オレンジのバラは「無邪気」という花言葉を持っています。

バラを渡す時に、さっと花言葉も伝えてみてください。きっと彼女は、自分をイメージしながらバラを選んでくれたことを喜んでくれるはずですよ!

恥ずかしさは禁物!特別な日くらいキザな男性になれる男性の方がかっこいい!

多くの男性が、「彼女にバラを渡すなんて、キザすぎて恥ずかしい!」と思ってしまっているでしょう。

しかし、恥ずかしさが勝ってしまい、特別な日には結局何もできない男性のことを女性は魅力的だとは思いません。

いざという時は、本気を出してほしいものなのです。バラを渡すことは、確かにキザなことではありますが、年に数回しかない大事な日くらい、キザな男になってみましょう。普段言葉に感謝の気持ちを表していない男性こそ、特別な日を大事にすることで、2人はいつまでも末永く、良好な関係を築くことができます。

誰だって、彼女の喜ぶ顔が見たいはず。ぜひ、恥ずかしい気持ちを抑えて、ここは思いきってバラの花を準備してみてくださいね!

スポンサードリンク
Comments