マッチングアプリで結婚するには?結婚までの交際期間や体験談を調査

「結婚をしたい!」と願っていても、いざ婚活をしようとすると具体的にどう動いたらいいのか分からない方は多くいます。

毎日忙しくて婚活に時間がとれない、合コンなど友人の紹介では気に入った人が見つからない、結婚相談所に登録する資金が大変という方にはマッチングアプリでの婚活がおすすめです!

婚活を目的にしたマッチングアプリはいくつかありますが、実際に結婚につながっているカップルがどれだけいるのか疑問に思っている方は多いと思います。

そこで、マッチングアプリで結婚に至ったカップルがどれだけいるのか調査してみました。

マッチングアプリでの出会いに偏見はある?体験談を調査!

男性の意見

  • 効率良くパートナーを探せるので良いと思います。周りにも結婚したカップルが数組いるので偏見はありません。(30代)
  • 相性がいい人と出会えただけ奇跡!出会い方は関係ないです。(20代)
  • ネットでも現実の出会いでも一緒だと思います。(20代)
  • 地方に住んでいるため出会いがありません。利用してみたいと思っています。(30代)
  • 条件で検索できることから、理想が高い女性が集まりそうなイメージです。(30代)
  • 恋愛慣れしていない男が使ってそうで気がひけます。(20代)

男性側の口コミでは他にも、結婚相談所に登録するよりも安くすむ、合理的で仕事が忙しくても婚活できると高評価の意見が多くみられました。

女性の意見

  • リアルな出会いでも社会人になると、お互い忙しくメッセージのやりとりが中心になるので、マッチングアプリでの出会いも同じだと思います。(30代)
  • 婚活パーティーにも参加しましたが、回転寿司のように男性がどんどん回っていくだけ。5分間で相手がどんな人か分かるはずもなく、ゆっくりメッセージをやりとりできるほうが安心です。(20代)
  • お見合いおばさんの強引さや謝礼のことを考えると、マッチングアプリで結婚相手を探すほうが気楽です。(20代)
  • 時代によって出会い方も変わるもの。偏見はありません。(30代)
  • 男性が軽いノリで参加していそうなイメージがあります。(20代)
  • 恋愛に対して必死な感じがして苦手です。(10代)

女性側の口コミでも、半数以上の方がネットでの出会いに偏見を持っていないとの意見です。

ネットでの出会いに抵抗があるという方は、出会い系サイトのイメージが定着していて、何らかのトラブルに巻き込まれるのではないかと心配されているようです。

大手のマッチングアプリでは本人確認や24時間365日パトロールが実施されているところがほとんどです。

▼マッチングアプリの安全性や注意点はこちらでチェック!

リンク画像

マッチングアプリで結婚するカップルの割合はどのくらい?

利用者が増加しているマッチングアプリですが、付き合って結婚にまで至るカップルはどのくらいいるのかが気になります。

マッチングアプリの利用状況についてのアンケート調査では、3〜4%ほどの方が結婚したとの回答になっています。

マッチングアプリで結婚する割合
(データ参照元:2020年マッチングサービス・アプリの利用実態調査

現在付き合っている人も含めると、さらに多い割合のカップルが結婚することに。

マッチングアプリではあらかじめプロフィールなどから、相性の良さそうな相手を選べます。
お互いの価値観を確かめてから付き合うため、他の出会い方をしたカップルより離婚率も低い傾向です。

マッチングアプリを通して結婚観を事前に共有することが、幸せな結婚生活につながるのですね。

マッチングアプリで婚活する人が増えている

最近は独身の人でもマッチングアプリの利用者は増えており、4人に1人は利用経験があるといったデータもあります。

恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者において、婚活サービス利用経験割合は25.5%と約4人に1人が婚活サービスの利用経験があり、3年連続で増加(2017年15.6%➔2018年18.1%→2019年23.5%)
(引用元:ブライダル総研 婚活実態調査2020

マッチングアプリを使った出会いは結婚相談所よりもハードルが低いため、利用者が多いメリットも。
一般的な出会いの手段として、浸透してきています。

私の知り合いにも、マッチングアプリを利用して結婚した夫婦がいます。
結婚相談所に登録し、合コンや街コンにも積極的に参加していたのは知っていましたが、同時にマッチングアプリにも登録していたんだとか。

マッチングアプリを通じて出会った人と結婚まで至ったという話を聞いたときには驚きましたが、付き合って半年で結婚し、夫婦で小さなお店を開いて一年後にはかわいい赤ちゃんに恵まれました。今もとても幸せそうな毎日を送っています。

今やマッチングアプリは恋人づくりだけでなく、結婚を目的とした出会いも実現できる、新しい出会いの場となっています。

結婚に向いているマッチングアプリはどれ?選び方とコツを解説

現在マッチングアプリには、たくさんの種類があり、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。

数あるマッチングアプリの中で、結婚を目指している方にはどれが向いているのか、どのように使えばいいのかを解説します。

婚活目的のユーザーが集まっているマッチングアプリを選ぶ

マッチングアプリには様々な種類があり、それぞれで結婚目的や気軽なデート目的など、集まっているユーザー層に違いがあります。

マッチングアプリ タイプ・目的別

結婚目的で集まっているユーザーが多いマッチングアプリを使えば、その分結婚までの道も近づきます。

反対に気軽なデートや暇つぶし目的のユーザーが集まっているマッチングアプリだと、結婚までの可能性が低くなります。

例えば『Tinder』は知名度が高く、利用者も多いマッチングアプリです。
しかし男女共に無料で手軽に始められるため、真剣に恋人を探している相手とは出会いづらいです。

複数のマッチングアプリを同時進行する

ほとんどのマッチングアプリは、女性は無料で利用可能。

より多くのマッチングアプリでやり取りをした方が、相性の良い相手と出会える可能性も広がります。

複数の異性と同時に会話するのが疲れる…といった方は、3つほどのアプリでまずはマッチングだけしましょう。

その後気に入った相手とだけチャットで交流を深めていくと、効率が良くおすすめです。

結婚したい方におすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリの中でも、結婚相手が見つかりやすいサービスを当サイト独自の基準で厳選し、ピックアップしました。

マリッシュはバツイチやシンママ向けの優遇がある

マリッシュ アイコン

会員数 1000万人
料金形態 男性:3,400円~
年齢層 男性:30代~ 女性:30代~
運営会社 株式会社マリッシュ

マリッシュ(marrish)は200万件以上のマッチング数を誇る、婚活マッチングアプリ。

結婚を前提とした相手を探しているユーザーが集まりやすく、真剣な出会いをしたい方におすすめです。

バツイチやシンママ・シンパパの方向けに、ポイント増量などの優遇制度もあります。

相手の境遇を理解してくれるユーザーも多く、再婚相手を探したい方にも向いています。

\累計マッチング200万件以上/
今すぐ無料登録
マリッシュをダウンロード

Match(マッチ)は真面目な恋愛をしたい人におすすめ

マッチ アイコン

会員数 非公開
料金形態 男女同一:4490円/月
年齢層 男性:30代~ 女性:30代~
運営会社 株式会社Match.com LLC

Match(マッチ)は結婚を視野に入れた人が集まっているマッチングアプリで、真剣な出会いを求めている人に向いています。

特徴は、30〜40代のユーザーが多いこと。

他のマッチングアプリだと若い人が多く気が引ける…といった方でも、同年代の相手と知り合える可能性があります。

ゼクシィ縁結びは診断でぴったりの相手が見つかる

ゼクシィ縁結び アイコン

会員数 85万人
料金形態 男女:有料会員2400円/月~(12ヶ月プランの場合)
年齢層 男性:30代~ 女性:30代~
運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

ゼクシィ縁結びは、結婚相手探しに向いているマッチングアプリ。

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営しているだけあり、真剣に相手を探すユーザーが集まっています。

登録時の診断によって、タイプが合う相手とマッチングできるため、成功しやすいのも特徴です。

マッチングアプリで結婚するまでの期間は半年から2年半ほど

マッチングアプリを利用して、結婚にいたったカップルの交際期間は半年から2年半と人それぞれ。

もう少し相手を知ってから結婚したいと思った場合は、間に他人が介入することなく2人の話し合いで今後を決められます。

交際期間に同棲を経てから、結婚されているカップルも多くいます。
結婚前に同棲をすることで、よりお互いを知れるため、結婚に前向きになれたという意見もみられました。

結婚相談所やお見合いの場合は、3〜6か月以内を目安に結婚の意思を伝えることがマナーとされています。
このマナーがいまの若いカップルには不評で、年々結婚相談所に登録する方が減少中。

結婚は一生のことなのに遅くても半年以内に返事をしなければいけないのは難しいし、たった数回のデートでは相手の方と相性が良いのか分かないからと結婚不成立になってしまうパターンが多いのです。

マッチングアプリの場合は、自分の好きなタイミングで気軽に相手とコミュニケーションが取れるのがメリットです。

マッチングアプリでの結婚や馴れ初めは周りにどう説明する?

ウェディングプランナーをしている友人によると、5年前は合コンで出会ったというカップルが多かったのに、2019年現在では合コンよりマッチングアプリで出会ったというカップルのほうが多くいました。

マッチングアプリでの出会いはメジャーになってきているため、結婚式の相談でも気にしないで伝えればOKです。

ただ若い世代には当たり前のことでも、年齢の離れた方や上司も結婚式に招待する場合は難しいことも…。

ネットでの出会いに抵抗を感じる方や、マッチングアプリを出会い系サイトのような軽率なものと誤解をされる方が少なからずいます。

そのような偏見や誤解をされないよう、結婚式場や司会者と馴れ初めについての言い回しを事前に相談し「友人の紹介」「共通の趣味を通じて知り合った」などと言い換えるカップルも。

IT企業で勤務されている方や最先端のものが好きという性格を周囲が理解してくれているカップルは、マッチングアプリで出会ったということを馴れ初めで発表することもあり、周囲も「そんな時代なんだね」と温かい目で見守ってくれます。

▼結婚に近づける!おすすめのマッチングアプリを紹介

リンク画像
Comments