デートではおごりが当たり前?!お会計時のリアルな男女の本音

男女問わずデートの度に頭を悩ませているのが、お会計のとき。

男性であればここはおごるべきなのか、女性であれば割り勘でいいよと言うべきか、何度デートを経験したとしても、毎回悩んでしまうという人は多いのではないでしょうか。

今回は、男女の本音を交えながらデート時のお会計についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

初デートは男性がおごるべき?

まず第一関門が、初デート。

ようやくデートの約束ができて、舞い上がったのもつかの間。初デートでどこに行くか、予算などを含めて考えていくうちに、お会計についても考えを巡らせることになると思います。

初デートというのは女性にとって、相手のエスコートのレベルや経済力をチェックできるかっこうのチャンスになります。

つまり、リレーションシップを築くにあたり、初デートというのはかなり肝心です。

女性からしたら、どこに連れて行ってくれるのか、チョイスするレストランはどのような雰囲気なのか、お会計時の対応など、初デートでだいたい相手のことを判断できてしまいます。

期待しすぎているというわけではありませんが、もし初デートで完全に割り勘であれば、2回目のデートの誘いは受けないかもしれませんし、彼氏候補から外れる可能性もあります。

そのくらい、女性にとって初デートでのお会計にたいする対応は重要になってきます。

▼男性が女性をうまくエスコートして喜んでもらう方法をチェックしましょう

リンク画像

ただし見栄の張りすぎはNG

初デートのお会計は男性が持つと好印象になりますが、ただし見栄の張りすぎは絶対にNGです。

見栄の張りすぎとはどういうことかというと、常に身の丈に合ったデートをしましょうということです。

高級レストランに行くことが最高の初デートというわけではなく、こじんまりとしたカフェに行ったり、居酒屋やファミレスなど、自分たちに合ったデートスポットをチョイスできるようになるといいでしょう。

初デートで見栄を張りすぎたら、その後のデートでも同じようなレベルを求められる可能性があるので、見栄の張りすぎは決して長続きしないはずです。

▼見栄を張って無理におごってしまうなら長続きしませんし、結婚相手としてはどのように見られるでしょうか

リンク画像

2回目以降、デートは女性がおごられて当然?

仮に初デートは男性持ちだとしたら、その後はどうでしょう。

100歩ゆずって2回目、3回目のデートも男性持ちだとした場合、それ以降はどうするべきでしょうか?

お茶・食事

カフェなどでのお茶やレストランでの食事の場合。

お互いの経済状況にもよりますが、3回目以降のデートでカフェやレストランに入ったとき、女性側がお会計をもつと男性からとても好印象になります。

その際にさりげなく、前回までごちそうしてもらったから今回は私が持つね、と言えると更に男性は嬉しい気持ちになります。

レストランでの食事代全額となると、申し訳ない気持ちが出てくるかもしれませんが、カフェなどの少額のお会計だと、ごちそうしてもらっても男性はあまり気分を害することはないでしょう。

このとき、前回はごちそうしてくれてありがとう、という感謝の気持ちを素直に伝えられるとなお良いですね。

テーマパーク・映画

テーマパークや映画デートの場合。

チケット購入からスナックやドリンクなど、細々したお会計の場面が多いデートでは、お会計時にどのような対応をしたらいいと思いますか?

例えば、チケットを男性が購入してくれたとしたら、スナックなどの少額のお会計を女性が持つと、バランスが取れていい雰囲気のデートになるでしょう。

よくあるのが、チケットは男性が購入してくれたら、それ以降のお会計も全て男性持ちだと勘違いし、デート中に一回もお財布を出さない女性。

男性からすると、せめてお財布を出して支払う姿勢を見せてほしいと思うことが多いようです。

ドライブ・旅行

ドライブや旅行デートとなると、ふだんのデートより予算もかさみます。

ドライブデートでは運転手がどちらかによって少し異なってきますが、男性が運転してくれているのであれば、休憩時にドリンクなどをごちそうしてあげるだけで男性はとても嬉しく感じるのです。

また、ガソリンスタンドでガソリン代を支払う時、金額がわかるのであれば半額に近い料金を渡すように心がけましょう。

旅行の時は、毎食彼のおごりだと出費が大変なことになるので、ランチやカフェなどの少額のお会計は女性がもってあげると、男性の負担も少なくなります。

しかし、記念日の旅行などは男性が全てもってあげることもあると思うので、そのような場合はお会計の際に毎回笑顔でお礼を伝えるといいでしょう。

▼女性だからといって出さないわけではなく、メリハリを持った会計をするのがベストです

リンク画像

割り勘は引く?おごりで当然?女性の本音

ここまで色いろご紹介しましたが、本当のところ女性はどのように思っているのでしょうか。

女性の本音をみていきましょう。

初デートの割り勘は引いてしまう

初デートの重要性は既にお伝えしましたが、ほとんどの女性は初デートが割り勘だとあまりいい印象は持てないと考えているようです。

カフェでお茶をしたときにお会計を別々にされたり、レストランでもきっちり割り勘にされると、ケチな人だと思って恋愛対象から外れたり、2回目のデートの約束はしない、と言う人が大多数です。

付き合いが長くなって割り勘になるのは受け入れられるけど、初デートで割り勘だと、自分のことを真剣に思っていないんだと感じてしまう場合もあるそうです。

おごってもらえたら嬉しい

なんだかんだ言って、ごちそうしてもらえたら素直に嬉しいというのが、女性の本音です。

初デート以降、毎回じゃなくてもいいので、たまにごちそうしてくれるだけでテンションが上がりますし、感謝の気持ちも倍増します。

特に、記念日や何かのお祝いの時には、男性からごちそうしてもらえると大事にされている感じが伝わってきて素直に嬉しく感じます。

そのお返しとして、次回は手料理を振舞ったり、女性が男性にごちそうしようっていう気持ちになるのも事実です。

おごりが当たり前…はつらい?男性の本音

女性の本音はわかりましたが、男性の本音はどうでしょうか。

男性としてのプライドもあるので、なかなかデートの支払についての本音を言うことはないと思いますが、本当はこのように思っているそうです。

おごられるのが当たり前だと思ってほしくない

初デートは別として、それ以降のデートでおごられるのが当然だとは思ってほしくない、と多くの男性は考えているようです。

デート=男性が支払って当然、というような態度の女性には、いくら可愛くてもイラっとしてしまうし、男性を財布のようにしか思っていないのかなと疑ってしまう場面もあるようです。

食事代全てとはいわなくとも、カフェやランチをたまに女性がもってくれたり、手料理を振舞ってくれるだけで、男性の気持ちは全く異なるそう。

また、デート中に財布を一度も出さない女性には、もうデートに誘おうとは思わないという厳しい意見も。

感謝の気持ちを表してほしい

多くの男性は、女性にごちそうした場合、感謝の気持ちを表してほしいと思っています。

当たり前ですよね。
食事代を出してもらって、感謝の気持ちを言わないなんて、常識的にNGですよね。

ただ、お礼の言い方やタイミングも重要です。

お会計が済み、お店の外に出たときに面と向かって、ごちそうさま、ありがとうと言えるか言えないかで、男性からの評価が大幅に変わってくるそうです。

デート後にLINEでお礼を言えばいいやと思っていると、次はないかもしれませんね。

▼彼女からの心のこもったお礼の言葉は、彼氏としてはとても嬉しいものなのです

リンク画像

喜んでもらいたい

男性が女性におごるのは、ただ単純に好きな女性に喜んでもらいたいという心理があります。

美味しいご飯を食べながら、おいしいねと言ってもらい、楽しい時間を過ごし、今日は楽しかったねと言ってもらい、女性の笑顔を見たいがゆえに男性は頑張るのです。

なので、男性は女性が喜ぶであろうことを一生懸命頑張り、その中にデートを持つということが含まれています。

もし男性にごちそうしてもらった女性で、何が目的なんだろうと考えてしまうのであれば、めんどくさいことを考えず、私に喜んでもらいたかったんだと思えば腑に落ちるでしょう。

男性が思わずおごる気が失せてしまう瞬間

女性の喜ぶ顔が見たいと思う男性でも、おごる気が失せてしまう瞬間というのがあります。

気が付かないうちにそれらを行っている女性もいるので、気を付けましょう。

支払い意思ゼロのとき

お会計の時、男性が今日は僕が持つよなどと言っていないにも関わらず、ごちそう様ですと言ったり、お財布を出しもしないとき、男性のおごる気は一気に失せてしまいがちです。

例え、男性側はごちそうする予定だったとしても、女性側がおごってくれるんでしょという態度を示してきたら、誰だってイラっとしますよね。

同じことを自分がやられたらどう思うかを考えてみたときに、イラっとするような態度を取ることは絶対にやめましょう。

人として失礼ですし、次のデートの誘いは来ない確率の方が高くなるでしょう。

▼会計の時に財布も出さず知らん顔をしているなら、彼の印象は最悪になってしまいます

リンク画像

おごりですか?と聞いてくるとき

レストランに入るとき女性が男性に対して、おごりですかと聞いてくるとき、男性のおごる気は一瞬で失せてしまいます。

ごちそうするつもりだったとしても、そんなにあからさまな質問の仕方をされると、引いてしまいがちです。

もしお給料前などで割り勘がキツイ場合は、正直にその旨を伝え、もう少しランクの低いレストランに行ったりするといいかもしれません。

お金ないけどおごってくれるんなら行く、という態度やスタンスは男性からしたら、女性に失望してしまうこともあるので、くれぐれも気を付けてください。

男性も女性も、感謝の気持ちが大事

デートするときに、おごるべきか・おごってもらえるか、などと考えているとあまり楽しめないのが本当のところです。

お会計時はデートをする上で大事なポイントですが、それ以上に大事なのがお互いにデートを楽しめているかではないでしょうか。

お金のことを考えすぎず、感謝の気持ちを持ちながらデートをしていると、必然的に最適なお会計の仕方になってくるはずです。

男性も女性も、相手がお会計をもってくれた場合は、笑顔でありがとうと感謝の気持ちを素直に伝えましょう。それで十分です。

スポンサードリンク
Comments