女性をドキドキさせる言葉5選!胸キュンがとまらないセリフのヒント

女性だけとも限りませんが、人間は刺激を求めている、そういう生き物です。

それがもとになって、異性を意識することだってあるでしょうし、告白に活かすことができれば、逆転の恋愛だって成就させることができるハズです。

女性がドキドキするセリフ、5つ紹介します。

使いどころを間違わなければ、告白を成功させるためのヒントになるでしょう。

スポンサードリンク

女性が求めているものを知る

女性が何を求めているか知っていますか?

男性よりも生きることに貪欲、充実した毎日を送りたいと思っているのが女性です。

充実した生活って、男女で考えかたが違います。

女性は男性よりも、「全てのことに恋ありき」と思っている節があります。

全てとは言いませんが、恋することで人生が華やぐと思っているのは、やはり女性のほうが強いでしょう。

あなたが今から告白を考えている相手、どんな生きかたをしているか、それを知るだけでも求めているものが分かります。

恋よりも、仕事や趣味に没頭している瞬間もあるでしょう。

でも、恋より優先しているとはいえ、「恋することがそれらにプラスに働く」なら、そんな女性も恋したいと思うハズです。

要は、タイミングが重要で、何に重きを置いているか、それを共感してあげられるなら、あなたからの告白は上手くいくのです。

女性って、「共感してくれること」が重要で、そうされると「恋にも意味がある」とますます思うのです。

しかも、男性よりも「人に恋すること」が好きなので、共感してあげることができれば、好きという恋心も加速させることができるのです。

男性が引っ張ることも、女性を恋に落とすことはありますが、基本的に「自分が主役」となっているのが女性です。

相手の女性を引き立たせることができる恋愛、それを相手に提示できれば、告白をOKしてくれます。

今取り組んでいること、その生涯にならないような恋愛をしたい、それが女性の求めていることなのです。

まずは、それを理解しましょう。

ドキドキすることって、吊り橋効果とも似ている

何か切羽詰まった状況を乗り越えると、男女の仲は急接近するということがあります。

ドキドキするセリフ、それを言われた状況と、吊り橋効果も似ている、ドキドキの瞬間を共有した者同士、お互いが惹かれあうことがあります。

簡単に言うと、「衝撃的な告白」のこと、その中身がカラダに電気が走るようなものであれば、女性は告白をOKすることでしょう。

刺激的な言葉を選ぶと告白は成功する

告白は、それまでの関係も重要ですが、全て不利だった状況を覆すようなこともあります。

相手の気持ちを納得させるような言葉、それがあれば、どんな告白も上手くいくのです。

事前の関係性があってこそ、と思うかもしれません。

でも、実際は「どんなに関係が良くても告白は失敗する」がありますよね。

これって、不思議じゃありませんか?

告白前には、一緒に遊びに行ったり、二人きりでも仲が良かったのに、いざ告白してみると、上手くいかないのですから、少し納得できませんよね。

告白のタイミングもありますが、やはり一番は「キメる言葉で告白できるか」なのです。

逆に考えると、「事前の関係はなくても告白次第」と言えます。

いきなり告白しても、確かに確率は低いかもしれないとしても、あなたの言葉に相手が納得するかどうか、それが告白なのですから。

告白を成功させたいのであれば、内容を鮮明に伝え、刺激のある言葉で相手を納得させる、そういう言葉選びが重要です。

一番は「好き」という気持ちがちゃんと伝わるか、そしてそれに賛同してもらえる言葉を言えるか、これにかかっています。

絶対に成功する告白はないにしても、「成功させるための告白」はいくらでもあります。

ドキドキするセリフ①:好きより愛している

好きな気持ちを伝える言葉、一番重要なポイントです。

好きというより、「愛している」のほうが、ココロから好きということを伝えるには、最高の言葉かもしれません。

好きという言いかた、少し子供じみている感じもするので、「オトナの告白」をするのであれば、愛しているのほうが良いでしょう。

キザな感じもしますので、このセリフを使うタイミングは重要です。

例えば、告白する場所の回りに人が大勢いる場合は、あまり好ましいとは言えないでしょう。

相手の女性も、「愛していると言われたこと」で、少し恥ずかしい思いをするでしょうから、この言葉で攻めるなら、二人きりの告白をおススメします。

人によっては、「いきなり愛していると言われても…」と、戸惑うこともあるので、少し時間をかけ、どんなところが好きなのかを伝えてからが良いでしょう。

愛しているって、「好き」よりも、もう一段上の言葉です。

女性をキュンとさせるのは、間違いありませんから。

ドキドキするセリフ②:冒険してみないかと告白

知らない相手と付き合うこと、それは冒険に他なりません。

付き合うことにためらっているようなら、冒険心をくすぐる意味でも、あなたとの付き合いに、大きく踏み出せるような誘い文句が必要です。

女性は、男性と付き合うことに対して、「基本的に警戒している」のです。

当然と言えばそうかもしれませんが、復縁する以外、初めての相手と付き合うのであれば、未知の経験となるわけです。

それよりも前に、ある程度の関係性が成立しているから、好きになったということもありますが、いざ付き合うとなると、それは冒険と同じことなのです。

相手の女性が踏み切れない感じなら、いっそのこと「一緒に冒険しよう」と誘ってあげても良いでしょう。

ドキドキするセリフ③:お前が欲しい

ストレートすぎる言葉、時に効果があるかもしれません。

相手の女性に対して、「お前が欲しい」と言って告白すれば、まずドキドキすることは間違いありません。

結果はどうあれ、刺激的な言葉だけを求めて告白するなら、この言葉は、きっと相手の女性の胸を打つハズです。

「使いどころ」を間違えてはいけませんし、タイミングが難しい言葉です。

普通に考えると、女性に対して付き合ってもいないのに、「お前」なんて呼べる関係って、よほど信頼関係がある場合にしか言えません。

まして「欲しい」という言いかたは、あまりにもストレートすぎるので、キメるときに使う言葉が望ましいでしょう。

できることなら、これを言うまでの関係をちゃんと作って、そのタイミングを待ったほうが良いですね。

ドキドキするセリフ④:将来を一緒に歩いていきたい

付き合うことに対する告白、さらに「将来」なんて言われたら、女性はドキドキすることでしょう。

将来を一緒に歩いていきたいと言われたら、女性は結婚までを連想する、生半可な気持ちで付き合うわけではないことが伝わるでしょう。

付き合う時点で将来を見据えてくれている、言い換えるなら「結婚を前提に」という言葉と同じです。

10代では使いにくい言葉かもしれませんが、20代中盤からとなると、将来性を見込んだ告白文句でも、きっと信憑性があります。

もちろん、それに見合うだけの行動が必要ですが、女性って「付き合って終わり」なんて思っていません。

だからこそ、それに応えるような言葉があると、女性は付き合うことを信用しやすくなるのです。

そこを突くことができれば、告白も成功に近付くのです。

ドキドキするセリフ⑤:黙って俺についてこい

男女の付き合いでは、比較的男性が引っ張っていくことに、女性は憧れを持っています。

黙って俺についてこい、言葉通り引っ張っていくような付き合いかたを求めている女性が相手なら、この言葉は効果が期待できます。

一瞬でも、「ドキッ」とする言葉、それって「相手次第」というところがあります。

要は、相手の女性がどんなものを求めているか、それを知らないと決めゼリフはキマらないのです。

ツンデレの女性相手に、このセリフを言っても、あまり効果は期待できません。

普段から少し弱気で、どちらかと言えばリードされることを求めている女性になら、きっとこのセリフは通用するハズです。

あくまでも、「相手があなたを好きでいてくれること」がポイントになります。

どのセリフも使いどころが重要

ここ一番!というタイミングを見逃してはいけません。

どんなに突拍子もないセリフでも、使いどころさえ間違わなければ、告白を成功させるカギになります。

「俺についてこい!」「お前が欲しい」なんて、少し上から目線な気もしますが、例えば落ち込んでいる女性に対しては、意外と有効だったりするものです。

普段ではありえない、ドラマでしか通用しないセリフだったとしても、数は少なくても使いどころはあるのです。

相手のココロが揺れ動いているときに、それをグッと支えるようなセリフ、それが重要です。

告白なんて、相手から了承をもらえるその時まで、成功するかどうかなんて分かりません。

ちょっとしたきっかけで、それを成功のほうに導くことができるかは、告白のセリフがカギだったりすることもあります。

状況に応じた、ドキドキさせて惚れさせるようなセリフが言えると、告白は上手くいく可能性が高くなるのです。

言われたことのないセリフは女性を惑わせる

初めてというのは、どんな人間でもドキドキするものです。

言われたことのないセリフ、それを相手の女性に言うことができたら、字告白の成功率はグッと上がります。

何事も、「初めて」というのは不安ですが、ドキドキをともなった期待感も生まれます。

不安という部分は、初めての相手と付き合うことに対するものです。

いっぽうで、期待感というのは、事前の関係性である程度つくっていくことができます。

お互いの関係が、友達以上になっているほうがベストと言えます。

「一目惚れ」での告白は別として、やっぱり告白するなら事前の関係性が、成功を左右するのです。

恋愛全体は、相手を惑わせることができると成功しやすいのです。

「だます」という言いかたにも聞こえますが、誰だって付き合ったことのない相手と付き合うときは、不安が先に立つのが当然ですよね。

でも、その状況を打破して、付き合うことを勝ち取らなくてはいけない、それなら「告白で惑わせること」が必要になるハズです。

あなた以前に、男性と付き合ったことのある女性に告白するなら、これまでの恋愛観を変えてしまうような告白をしましょう。

ありきたりな言葉でも、言いかたひとつで違ってくる、本当に成功したいと思う告白なら、女性を惑わせるような言葉が必要です。

ドキドキすることって、良くも悪くも人間に想像させてくれるので、そこを上手く利用できると、不可能な恋愛も逆転の成功に導くことができます。

告白は中身で勝負!下準備をしっかりしよう

告白って、最終試験みたいなところがあります。

どんなに関係が良いと思っている相手でも、告白してみなくては、付き合えるかどうかなんて分かりません。

それまでの集大成が、告白に詰まっているというところでしょうか。

その結果がどう転ぶかというのは、それまでの関係と告白の内容によるところが大きいのです。

告白そのものは中身をよく考えて、下準備が必要です。

好きであるなら、その気持ちをちゃんと伝えること、まずはこれが第一です。

その次に、「どう言うべきか?」を考えるのです。

相手の女性のことは、あなたしか知りませんし、あなたから見た彼女に対する「女性という見方」があってこそ、告白の方法が導き出されるのです。

告白までの道のりをちゃんとたどって、相手の女性のことをしっかり見極める、そうすれば最善のセリフが思い浮かぶでしょう。

どんなに効果的な武器を持っていても、使いどころを間違えれば、ただの棒切れにしかなりません。

相手の女性との距離感や関係を、もう一度ちゃんと見直してから、相手をドキドキさせる告白を考えると、よりスムーズなセリフが見つかるハズです。

スポンサードリンク
Comments