同棲中の彼女が家事をしてくれない?しっかり役割分担する方法

同棲中って、いろいろな問題が起こることでしょう。

せっかく楽しい同棲のハズだったのに、彼女が家事をしてくれなかったらどうしますか?ここで役割をまとめておかないと、結婚してからも苦労するかもしれません。

同棲中の家事と分担について考えてみましょう。

スポンサードリンク

家事は女性の仕事ではない時代

家事そのものを考えると、「女性の仕事」と思う男性は多いハズです。

考えかたとして、家事を女性の仕事と思うのは古い、その大前提があって、これからの家事をどう分担していくか考えるべきです。

どうしても、収入の差から見ても、男性が外に出て働き、女性は家にいる時間が多くなる、男性が仕事している時間は、女性も家で家事をしているイメージはあります。

ですが、同棲しているかどうかに関わらず、「一緒に生活をしている」という感覚からも、家事は分担されるべき時代になってきています。昔は、男性が女性を養うというように、「嫁に来る(入る)」というイメージが強かったため、自然と女性が家事をする流れができていました。

男女平等で考える時代となり、「女性を家に閉じ込めない」という考えかたに変化してきました。

家事は、家で閉じこもってするもの、家事をさせるために家に入れておく、そんな考えかたが強かったので、「それをやるのは女性」となっていたのです。

女性自身も考えかたが変わってきている、それなのに男性は昔のイメージのままでいるというのは、いずれ取り残されてしまう可能性すらあります。

やはり、性別に関わらず、家事は自然とお互いがするもの、そう考える必要があります。

今まで、拘束に近い家事を強いられてきた女性もいるので、女性からすれば明るい未来なのですから、男性は時代遅れにならないように、考えかたを改めなくてはいけません。

いずれは母になる女性、やっぱり家事ができてほしい男心

家事が誰の仕事かとは別に、男心は複雑ですよね。

男性からしてみれば、彼女にはやっぱり家事はできてほしいもの、いずれは母という大役を担う意味でも、それを望むのは自然なことです。

誰だって、昔は母親の存在があって、それを絶対覚えています。

そして、「母のイメージ」というのは、できて当然と思うこと、たくさんありますよね。苦手ということはあったにしても、できないということはなかった、そういう良い印象が残っているハズです。

大人になると、男性は特に、昔の母親の像を思い出すことがあります。

男は一生マザコンとも言われますが、まさにその通りかもしれません。同棲していないにしても、やっぱり彼女が女性であるなら、家事を一通り難無くこなしてほしい、そう思うのが男心なのです。

言いかたを変えると、「結婚相手になるかもしれないからこそ」ですよね。

別にそのこと自体は悪いことでもありませんし。

特に同棲しているなら、きっと「彼女の家事」を望むのは、どの男性も同じかもしれませんね。

▼マザコンすぎる男性は女性から嫌がられるので、注意しておきたいですね

リンク画像

家事をやらない彼女には理由がある

同棲しているって、少なからず自分の役割が気になるものです。

男性で言えば、仕事に行くのは当然ですし、女性ならサポートしてあげることでしょうか。

彼女が家事をすること、それは彼氏と一緒に住むことの一部、そう考えてくれなくては、同棲中の自分の役割を分かっていない可能性すらあります。

だって、「男性が仕事に行くのは当然」というのは、もし仕事していなければ、「オンナに食わせてもらっている」となりますよね?

女性だって、「オトコと生活しているのだから」と言われるでしょうし、押し付けはいけないにしても、家事をできるのは当然と思われても不思議はありません。彼氏であるあなたが、そう思いすぎるのはいけませんが、彼女にだってプライドはあるハズです。

オンナとして言われたいのであれば、家事のひとつもできる、それがいいオンナの条件ですよね。

それでも彼女が家事をしないのであれば、何か理由があるハズです。

彼女だってオンナとして、良い評価を得たいからこそ、家事をする意思はあるハズ、でもしないのであれば理由をハッキリさせましょう。同棲しているなら、家事をしてくれない彼女なんて、きっとギスギスしてくるでしょうし、もしあなたの希望に沿わないようなら、きっと不都合も出てきます。

でも、理由が分かれば、許すこともできるでしょうし、何かしらの協力ができます。

要は、同棲生活を上手くいかせるために動くこと、それが大切です。

手が荒れて水仕事ができない

女性は特に、水仕事が苦手という人もいます。

水仕事で手が荒れるという彼女なら、きっと家事を敬遠するハズ、結婚もしていないのに、わざわざしたくないことをしないからです。

女性は男性よりも、水で手が荒れるという人が多いのです。

家事も色々ありますが、特に水仕事となると食器洗いや洗濯でしょう。これくらいなら、腕は無くても、男性がすることだってできます。もし余裕があるなら、食器洗浄機を買うことだって可能です。

水仕事をしてくれない彼女なら、一緒に考えてあげて、協力できることを探しましょう。

できないことをアレコレ言うより、できるためにどうするかを話したほうが、それこそ「一緒に生活している」ということに、彼女も喜んでくれるでしょう。

料理をしたことがなく不得意だから

料理をしたことがない彼女、きっといるハズです。

料理が不得意なら、一緒に勉強してあげて、できるようなサポートをしてあげると良いでしょう。

「お前の手料理が食べたいんだ!」なんて、男性の憧れにも似ている分、ほぼ全ての男性が思うことですよね。

胃袋を掴まれると、男性は必ずその女性のもとに帰ると言いますが、それほど惚れ込んでみたいものです。

そういう意味でも、彼女の手料理が美味しいなんて、彼氏として鼻高々ですから、彼女を傷つけないように話しをしていかなくてはいけません。不得意なことって、誰でもしたくないのは当たり前です。

なにも、同棲してから料理が上手くなったなんて女性、ごまんといますから。

だったら、同棲を機に、料理を一緒に勉強していけばいいのです。

例えば、メニューによって担当を変えるなどすれば、お互いの得意料理も自然と決まっていくので、あとは彼女の比率を高くしてあげるだけです。あなたは、仕事で忙しくしていれば、きっかけさえあげたら、きっと彼女は努力してくれるでしょう。

また、生活費を節約するためにも、手料理は必須と言えます。将来性を見据えて、料理のきっかけを与えてあげましょう。

モチロン、ある程度はガマンして、「美味しい」の一言も忘れずに。

▼彼女の手作りご飯が美味しくなかった時の対処法については、こちらをどうぞ

リンク画像

洗濯物は性格が出る、干すのは良いけど畳むのはイヤ

洗濯物って、手洗いでもないわけですから、簡単なことと思っていませんか?

意外ととても手間がかかる洗濯物、干すのは良いけれど、しまうのは苦手という女性は多いので、分担して作業する流れにすると、きっと上手くいきます。洗濯機が洗ってくれて、干すまではいい、でも畳むのってけっこう性格が出るものです。

人によっては、可能な限りハンガーに掛けてしまうことも多く、このほうが何かと効率的だったりもします。

やりかたひとつですが、こういった方法で彼女の負担を減らしてあげれば、洗濯物に対するキライが減るでしょう。

あなたが全てしてあげれば解決かもしれませんが、それだけではいけません。

畳むだけなら、スマホを見ながらでもできるでしょうし、あなたが手伝うのも良いでしょう。できない家事は、「やりやすくしてあげる」と、彼女だって嫌がることはないでしょう。

洗濯物は分担してあげやすい家事でもありますから、一緒に協力してあげましょう。

掃除が大の苦手、分担してやれば苦にならない

掃除も、実はやったことすらない女性が増えてきています。

掃除機をかけるだけならできる、掃除を汚れ仕事のように感じている女性もいるので、一緒の生活空間なのですから、分担するのが基本です。普段から散らかさないのも大切ですし、少し気を遣って生活してあげるだけでも、かなり違ってきます。

掃除機がコード付きだったりすると、すごく大がかりに感じてしまいますし、コードレスにするだけで、かなり「手軽な掃除」のイメージに変わってきます。

「面倒」と感じるのは、女性だって同じことです。

彼氏であるあなたからすれば、「オンナだから」なんて思っていませんか?

彼女だって普通の人間ですから、「オンナという性質」だけで、あなたが思う面倒を、面倒と思わないなんてことはありません。掃除してくれない彼女に悩むなら、あなたが率先してやるのではなく、「やるときに一緒にさせる」だけでいいのです。

スタートをしてしまえば、イヤでもやるしかなくなるでしょうし、あなたが動いても動かない彼女だったら、別れすら考えなくてはいけません。

一緒に生活していること、それをどちらが発信していくか、そこに力を入れれば、きっと彼女だってできないままでは終われなくなります。

▼同棲していれば必ず出てくるトイレ問題もあります

リンク画像

生活をするということは協力してやるのがルール

同棲って、結婚よりも前と考えていても、共同生活は結婚と変わらないですよね。

どんな相手とであろうと、一緒に生活するのであれば、協力していくのは当たり前、「同棲とは共生」なのです。

結婚すればなおのこと、今度は「協力するのは当たり前」に変わっていくでしょう。

堅苦しいかもしれませんが、結婚とは法律にもそう書いてあります。

協力の方法が難しいところですし、カップルによってその方法もさまざまです。

でも、協力するのは同棲であろうと当たり前のこと、でなくては一緒に住むことなんてできなくなってしまいます。付き合うだけにしても、やっぱり協力することってありますよね。

好きだからこそ、お互いの困っていることを助けたいとか、補うという気持ちが生まれるのです。

だから、協力するのは自然な流れでもあります。

同棲する以上は、生活をカバーしあうのはマナーと同じ、そう考えなくてはいけませんし、彼女にもそれを分かってもらわなくてはいけません。

理想は、同棲する前にこの話しをできることですが、すでに同棲していて、彼女の家事に悩むなら、同棲解消も視野に入れて話しをすべきです。

誰のためにやるでもなく、お互いのためにやることを忘れない

同棲がダメになったら、きっと後悔するでしょう。

料理も洗濯も、実は相手のためだけではなく、お互いのためにやっていること、そう考えなくてはいけません。

家事をやるとき、誰だってしたくないことだからこそ、「人のためにやらされている」と思ってしまいます。

そうではなく、同棲するために家事をやっているのです。

同棲って、あなたと彼女、どちらかのためだけにしていますか?絶対に、お互いが一緒にいたいという気持ちから、同意してやっているハズです。そうなってくると、当たり前の家事も、重要な作業に変わってくるでしょう。

家事そのものに対する考えかた、それは常に彼女と共有しておきましょう。

▼いつかはする結婚に向けての話し合いについては、こちらを参考にしてください

リンク画像

いつかは結婚する可能性がある!それを彼女に話そう

家事ができなくて、同棲はおろか結婚もダメになるカップル、実はかなりたくさんいます。

結婚しても、家事に協力しない夫、できないままにしている妻は、たくさんいるのです。

いつかは結婚したいからこそ、それを彼女に伝え、いずれは家族が増えたときのために、家事をできるようにならなくてはいけません。

説明してきた通り、家事は一緒にできるべきです。そして、あなたの意思、結婚も視野にと話しをしなくてはいけません。結婚を考えるようになるためには、やはり収入や生活力が必須となってくるでしょう。

そう話せば、彼女だって「できないままではいられない」でしょうし、結婚って女性にはステータスみたいなものですからね。

少し卑怯なやりかただったとしても、こう言って将来性を見据えていることを伝えましょう。

同棲は結婚するための大きなステップ、その意識を彼女に持たせることで、結婚後の生活を失敗することなく、今の同棲も上手くいかせることができます。家事ができないと、生活はすさんでいくでしょう。

生活が気持ちよくないと、同棲はギスギスしてしまいます。

そうならないために、家事ができない彼女なら、あなたが主導してできる流れを作ってあげるだけなのです。

▼同棲生活においての家事の分担については、こちらもご覧ください

リンク画像
スポンサードリンク
Comments