ネイリストが選んだ夏ネイル4選。迷ったらこのデザインで決まり!

夏はサンダルを履いたり足を出す機会も多いですよね。そしてイベントも多い!イベントに合わせてネイルを変えている人も多いのではないでしょうか?デザインに困ったらぜひ見て欲しい、おすすめの夏ネイルを集めてみました。

現役ネイリストがご紹介する夏ネイル。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの夏ネイルはこれ!バリエーション豊かに楽しもう!

さっそくおすすめの夏ネイルをご紹介します。ハンドネイルとフットネイルの両方をご紹介しますので、見逃さないようにしてくださいね。

鮮やかな青にマーブル模様でとことん夏らしく

青とマーブル模様の夏ネイルの写真

鮮やかな青のネイルにマーブル模様が映える夏らしいネイル。特にマーブルに黒が入っていることで甘すぎず締まった印象になるのがポイント。もし青の印象をもっと優しくしたいのであれば、クリアジェルを混ぜたり色味を薄くしてみましょう。

写真には何も乗っていませんが、クリスタルのストーンを乗せたりホログラムを埋め込んで光の当たり具合でキラキラさせてもいいですね。アレンジのバリエーションが豊富なので、このままフットネイルにも応用できるところがポイントですよ。

精密なアートがネイル上級者を演出!

精密なアートの夏ネイルの写真

夏ネイルはアートの柄も派手になることが多いです。写真のように精密なアートはネイル上級者を感じさせる大人ネイル。模様のカラーを目立たせたくない場合は白でレース状にしてさりげなく模様が入っている状態にするのもいいですよ。

こちらのアートもベースになるカラー次第で印象がグッと変わりますので、イエローや淡めのブルーを使って夏らしくしてみると、よりバリエーション豊かに楽しむことができます。

▼女性の色気を出して女子力を上げていくためには、上品で大人っぽいネイルデザインを選ぶことが重要です

リンク画像

ワンカラーでも存在感抜群のフットネイル

花柄の夏フットネイルの写真

ここからはフットネイルの夏ネイルデザインをご紹介していきます。

フットネイルはハンドネイルでできない派手なネイルを楽しみたいと思う人が多いので、ワンカラーでは物足りないと感じてしまいがち。ですがこの写真を見てください!こんなに存在感抜群のワンカラーのフットネイルを見たことがありますか?

夏は透け感のあるカラーを選びがちですが、あえてマットなカラーを選んで存在感をしっかり出すことで、フットネイルを派手にすることが簡単にできるようになります。

そしてワンポイントに親指にアートを施しています。フラワーアートですが、ここまで紹介したフラワーアートよりもボタニカル感があって、また違った印象になっているのではないでしょうか?

ワンカラーでもしっかりと発色するカラーは、フットネイルでも存在感抜群です。

ハンドネイルとお揃いでも楽しめるボーダー柄

ボーダー柄の夏ネイルの写真

やっぱり夏はボーダー柄で決めたい!という人も多いのが夏ネイル。写真のようにハンドネイルとお揃いにしても、しっかり馴染んでいて派手すぎる印象がありません。ボーダー柄はシンプルにするならボーダーを細く入れる、しっかりと目立たせたい場合はボーダーを太めに入れるのがコツです。

そしてベースになるカラーははっきりとしたカラーがおすすめ。ベースカラーを淡い色にすると、ボーダーがはっきり出なかったりぼやぼやした印象になることも…。

カラーの組み合わせ次第で印象が変わりますが、写真のようにホワイトをもってくるか、赤や紫などの色素がはっきりとしているものはおすすめです。

ボーダーが曲がってしまったら、ストーンを乗せてごまかすこともできるので、セルフネイルを楽しんでいる人も簡単にできるアートバリエーションです。

▼ボーダーはとてもかわいいですが、合コンに行くときなどには特に子どもっぽくならないか?をチェックしておくことが大事です

リンク画像

夏ネイルは楽しみ方がたくさんある!

夏ネイルはハンドネイルだけでなく、フットネイルを楽しむことができます。お仕事柄ハンドネイルをすることができない人も、夏はフットネイルで楽しむという人もいるのではないでしょうか?

夏にするハンドネイルとフットネイルの楽しみ方を、気を付ける点なども解説しながら説明していきます。

ハンドネイルはさわやか系が多い

夏は暑くてジメジメしていて身体にまとわりつくような暑さがありますよね。そんなときでも手元はさっぱりとしているネイルにすることで、より夏を楽しむことができますよ。

やはり夏ネイルで人気なのは青!青と言っても発色がしっかりしている青なのか、クリア感のある青なのか、グラデーションを施した青なのかで印象がグッと変わってきます

もちろん淡い緑やラメ、ホログラムを入れても奥行きが出てより手の込んだネイルに見えます。

ジメジメしている夏だからこそ、手元はさわやかに青で統一する人が多いのが夏ネイルの特徴でもあります。もしカラーに迷ったときは、さわやかなカラーを意識すると選びやすくなっておすすめですよ。

▼さわやかカラーのネイルと共に、人気のあるさわやかな香水も活躍させてみてはいかがでしょうか

リンク画像

夏はグリーンネイルに気を付けて!

みなさんはグリーンネイルというのをご存知でしょうか?聞いたことはあるけれどどのような症状か知らないという人もいるかもしれませんね。
グリーンネイルは知らないとネイルをするうえで爪のトラブルになってしまうこともあります。

グリーンネイルは緑膿菌という常在菌が、免疫が低下したときやネイルの浮いたところに水分が留まってしまうことで繁殖する怖い爪のトラブル。

爪が緑になることから「カビ」と言われることもありますが、カビではなく「緑膿菌」という常在菌の影響です。

誰の手にもいる菌で普段は悪さをしないのでそこまで恐れる必要はありませんが、ネイルにおいてはネイルの浮きを放っておくとなりやすい特徴があります。

特に梅雨の時期はジメジメしていて緑膿菌が悪さをしやすい時期なので、より注意が必要です。もしネイルが浮いてしまったら、すぐにサロンに行ってオフをお願いするか、セルフネイルを楽しんでいる人は自分でオフするようにしましょう。

フットネイルは派手にして楽しもう!

フットネイルは普段ハンドにできないような派手なデザインにする人が多いです。ストーンも大きなものを付けたり、カラーも赤や黒などしっかりしたカラーを選ぶ人が多いです。

「手にするにはちょっと派手だけど、足ならやってみたい!」と思えるカラーはだいたい赤や黒、緑などの原色系が多いですね。

もし大きなストーンを付けるときはトップジェルでしっかり埋め込むことが重要!ストーンがひっかかる状態になっていると、ストッキングが伝線しやすかったり、着替えるときに引っかかってストーンが取れてしまったりと残念な結果になることも…。

サロンで施術をするときもサロンによって施術方法が異なるので、埋め込んで欲しいと伝えるだけでストーンが取れやすくなるリスクを減らすことができますよ。

自分でストーンを埋め込む場合は、一気にジェルを乗せるとジェルが硬化する際に熱を発生しやすくなるので、薄くミルフィーユのように何層にも重ねていくとよいですよ。

夏ネイルはハンドネイルとフットネイルで楽しもう!

夏ネイルはハンドネイルとフットネイルを楽しむことができて、ネイルを思う存分楽しめる時期です。普段ハンドネイルができない人もフットネイルを楽しむことで、よりおしゃれの幅も広げることができます。

もし夏ネイルをどうしようか悩んでいたら、ぜひここで紹介したアートを施してみてはいかがでしょうか?指先から夏を感じられること間違いなし!

▼人からネイルを褒められた時には、「そんなことないよ」ではなく、素直に「ありがとう!」とお礼を伝えるようにしましょう

リンク画像
スポンサードリンク
Comments