ヒゲ男子はモテる?どんなタイプのヒゲが不潔じゃなくかっこいいのか

ヒゲを生やしている、いわゆるヒゲ男子は女性側からしてみればどういう印象なんでしょうか。

ワイルド?はたまた不潔?人によって様々な印象をもたせるヒゲですが、モテるというなら一度は伸ばしてみたいと感じるものです。

ヒゲ男子は実際モテるのか、なぜモテるのか、どういうヒゲを意識すると良い印象を持たれやすいのかについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

実際、ヒゲ男子はモテるのか?ヒデに対する女性の本音

ヒゲ男子は女性から好印象を持ってもらうことが出来たのでしょうか。

ワイルドと感じて一部の人にはモテる

セクシーさがあり一部の方にはモテます。男らしさを感じて、なによりもピンチの時に守ってくれそうというワイルド感が漂うからです。

何事にも積極的でグイグイ引っ張ってくれそうという外見からの印象も強いです。

日本ではヒゲ男子はどちらかというと少ない中、生やしている人はオシャレとしてのアイディンティティ持っているんだとして芯の強い方だとも思えます。

個性的な印象も感じさせることが多く、人とは違ったオーラも醸し出せるようにも、ヒゲ男子はついつい目を引くような存在です。

その生やしたヒゲに触ってみたいと感じる女性もいたりすることがあります。

近寄りがたい印象を感じさせることもある

親しみにくい印象を感じさせてしまうこともあります。ヒゲ男子はそのワイルド過ぎる外見ぶりから、どうしても女性から歩み寄るという形を期待することができません。とっつきにくい印象を感じさせてしまうことがあるわけです。

「何考えてるかわからない」「怖い」などの意見を持たれることも考えられるでしょう。

ヒゲがあるかなしだけで、一つの壁を作ってしまいます。どちらかというと自分から話しかけられない方には向いていないスタイルと言えるでしょう。

とはいえ、人と一歩距離を置けたりするなど、いろんな人とコミュニケーションを取るのは苦手という方にはぴったりです。ヒゲが良い具合に人との距離を適切にたもってくれます。

その近寄りがたい印象を持っていたとしても、屈託のない笑顔を見せたり、甘いものが好きなどの一面を見せることでも良いギャップを作りやすいです。うまいギャップを作るなら一瞬で相手女性の心をつかめてしまうほどだったりします。

このように近寄りがたい印象を逆手にとって、良い方向に向けさせることもできます。

清潔感があるなら良いと感じる人は多い

清潔感を感じるなら特に気にしないと感じる女性も多いことです。ヒゲ男子と名乗りつつも、一歩間違えればそのヒゲで不潔な印象を感じさせてしまうことがあります。

「なんで生やしっぱなしなの?」「身なりに無頓着なのかな」と出会い頭からマイナスな印象を抱かせてしまうことにもつながります。

毎日、自分のヒゲの生え具合をチェックして、見栄えが悪いと感じたならセルフで整えている方なら、特に不快な印象を抱かれることはないでしょう。

第一印象として見た目は非常に大切で、この時点でヒゲを放置状態にしているなら内心引かれてしまいやすいです。ヒゲの他にも髪型、服装にもこだわりを持っていたり、できるだけ多くの部分に対しても清潔感を意識しておくことも大切です。

ヒゲ男子が好きな女性の特徴

ヒゲ男子が好きな女性の特徴とはどういった方が挙げられるのでしょうか。

アウトドア派、行動派

わいわい騒がしいのが好きな行動派な女性です。家でじっとしているなんて性に合わない、夏などは海やイベントに繰り出して心から楽しむような方と言えるでしょう。

大勢で遊ぶことが好きで誰とでも仲良くなれる積極的な女性もヒゲ男子を良いなと感じることが多いです。そのワイルドさが私にぴったりとも思ってくれるように、内面的にも合うと感じてくれやすいです。

また、今以上に色々と楽しいことを教えてくれるかもとした期待をヒゲ男子自身に持つことがあります。なんとなくヒゲ男子で大人しいような人はいないというイメージからも、アウトドア派な女性には好評価です。

派手め

格好が派手めな女性です。髪の毛の色も茶髪をはじめ自分の好きな色に染めていたり、ファッションにも興味が高く、露出も人より多くみられるようなところがあります。

そんな派手めな女性は、個性あふれるヒゲ男子を良いなと感じることが多いです。オシャレからそうしているとわかれば気持ち的にも合うところがありますし、並んで歩いたとしてもそこまで違和感も感じません。

身なりに力を入れているとわかるほど、私ももっとオシャレを頑張ろうとした気持ちにもなります。色々と高め合っていけるような二人とも言えるでしょう。

また「もっとヒゲ生やしてほしい」と逆に相手からリクエストを言われたりすることも考えられます。ヒゲを生やすことをやめようとするなら「なんで?似合ってるのに」と大ブーイングをもらうほどです。

年上の男性が好き

年上の男性が好みな女性です。ヒゲ男子は落ち着きがあって包容力もあるような見た目から年上好みの女性を惹きつけやすいところがあります。

そのセクシー加減からも翻弄されてみたいというように、危険なオーラに惹きつけられる方も多いです。とにかく男性側から引っ張ってほしいと感じやすい方ほど、ヒゲ男子に寛容的な態度を取りやすいです。

その逆として、男性に手をかけてあげたいような、下に弟や妹がいた長女タイプの女性からはあまり受け入れられることは少なかったりします。

また、年上好きの女性が20歳、ヒゲ男子が30歳と、年齢差が10くらい離れていたとしても、そのまま付き合ってしまうパターンも珍しくはないでしょう。

実年齢以上に思われてしまうこともありがちなヒゲ男子こそ、様々な年上好きな女性の心をつかみやすいです。

どのようなヒゲが女性に印象が良いか

どのようなヒゲの生やし方を意識すると好印象を持ってもらうことが出来たのでしょうか。

しっかり切り揃えられている

きちんとヒゲが手入れされていることです。生やしっぱなしになっているなんてもってのほか、毎日鏡とにらめっこしながら切り揃えているような方は印象も良く映ることが多いです。

何よりも清潔感がありますし、しっかりしている方だと内面の評価もよく見られやすかったりします。

ヒゲは一日でも放置すれば見た目の印象も変わって見えることがあります。マメな方ほど実はヒゲ男子になることが向いているとも言えるでしょう。

自宅で毎日ヒゲを切り揃えている他にも、携帯用のヒゲカットグッズも持っていてる方も強みとなります。

ヒゲを生やすことにポリシーを持っていて、どうすると見栄えが良くなるかしっかりわかっているような方も大丈夫です。

また、時に完璧主義すぎて、少しでもヒゲをズレてカットしてしまったような時に落ち込む方も、側から見れば可愛く映ることがあるでしょう。

そこまで主張し過ぎていない

そこまでヒゲを生やしていないことです。モジャモジャと思えるまでにはなっておらず、さり気なくヒゲを主張しているような状態です。

眉毛くらいの長さで抑えているように、ヒゲ男子といいつつ伸ばしっぱなしにしていない方をさします。

そうするなら、顔の中でもヒゲがうるさく感じることもなかったり、周りからも受け入れられやすいものです。さり気なく生やしているようなら良いアクセントにもなりますしオシャレだとも感じます。

また、人によってはそんなヒゲを可愛い、チャームポイントとして受け取ってくれることもあるでしょう。

他にも、適度なヒゲの量は、何故ヒゲを生やしはじめたか聞かれても「気まぐれ」「なんとなく」のように逃げられる特徴があります。がっつり生やしているなら、いかにもな感じがして軽く流すことも出来ません。

口ひげとあごひげに絞っている

口とあご部分に生やす範囲を絞っていることです。最もポピュラーな形とも思えるような状態です。

範囲を広げて、もみあげに上る部分にまで生やしているなら、威圧感を与えてしまうこともあり、範囲を最小限に抑えた上で薄く整えているようなら印象も良く映ります。

それでも元々彫りの深い方がヒゲを生やすなら、より顔立ちに特徴が出て目立ちますが、一歩引かれた距離にいられることが多いです。

あれもこれもとヒゲを生やす範囲に無理に手を出しても、手入れが大変になるなど、良いことばかりではなかったりします。このように最小限に生やす範囲は絞った方が良いです

また、一気にヒゲを生やすようにするなら「どうしたの?」と色々と突っ込まれて聞かれることも多くなります。印象を固めるためにも、少しずつ様子を見て伸ばしていくようにもしていきましょう。

印象が悪いヒゲの形もある!?

どのようなヒゲの形はあまり良い印象を持ってもらうことが出来なかったのでしょうか。

伸ばしっぱなし

そのまま伸ばしっぱなしにしていることです。手入れなどもしない、おもむろに伸ばしているような方は、実は周りを不快にさせていることが多いです。

本人は「ワイルド」「男前」と思っていても、周りからは「不快」「早く剃らないかな」と感じられています。たしかに伸ばしっぱなしは何も手をつけることもなく楽ですが、その分周りからの印象もマイナスに見られてしまうことがあります。

ヒゲ男子を目指すなら、無造作に伸ばさないようにも定期的なカットをして、客観的にどう見られているかとした目線を持つことが大切です。

毎日でも整えるような心意気を持ち、出先でもヒゲをカット出来るような道具も揃えていた方が良いです。

手入れを始めた頃は「面倒」と思うことがあっても、日々続けていくと次第に慣れていき、逆に整えない方落ち着かなくなってしまうことがあります。

そもそも似合っていない

そもそも顔に似合っていないことです。元々ヒゲが似合わない方、似合う方がいます。

どちらかというと塩顔系な方にはヒゲは合わなかったり、せっかく生やしているのに「剃ったほうが良い」と外野から言われてしまうこともあるでしょう。

元々の髪も長め方ほど、ヒゲを生やすなら落ち着きない見た目になってしまうこともあったりします。

このように、ヒゲを生やしたいと思いつつ、そもそも似合っていない見た目なことがあるので、客観的に判断する目線も持つことが大切です。

それでも自分自身で似合っているどうかわからない方は、気の知れた友人にお世辞はいらずどう感じるか言って欲しいなどの助言をもらうと良いでしょう。

また、自分の顔に似ている芸能人を探して、その人にヒゲを生やしたら似合うかと考えてみてもわかりやすいです。

青ひげ

青くヒゲが残るような状態です。ヒゲを伸ばす過程で青ひげが見えるようになるのは仕方ないですが、中途半端に伸びているような状態の時はなるべく周りに表さないようにも気をつけたいところです。

長い休みの間にヒゲを伸ばし始めたりするなどの工夫を取ると良かったりします。やはり青ひげ状態はいつも以上に目を引きますし、清潔感がないと感じられてしまうことが多いものです。

チクチクとヒゲを揃え始めたような時期も「なんで剃らないの?」「みててかゆい」などの印象を与えることがあります。あまりにも気になるようなら、その時期だけはマスクをしておくなどの方法を取るようにしましょう。

ヒゲ男子はワイルドな印象を感じさせる!

ヒゲ男子は男らしくてワイルドな印象があり、女の子からも一目置かれやすいです。しかし、伸ばしっぱなしにしていたり、手入れなどもおざなりなら不潔な印象を与えて、あまり良く思われることが少ないので注意が必要です。

適度な量、毎日カットしていて気にかけているようなら、そこまで心配に思わなくて大丈夫でしょう。

セクシーな印象も感じさせ、年上好き、包容力がある男性が好きな女性にも気に入られやすいです。笑顔が可愛かったり甘いものが好きという一面もあるなら、程良いギャップ感も生み、どきっとさせることも期待出来るでしょう。

スポンサードリンク
Comments