北海道デートにぴったり!極上ディナーを味わえるレストラン11選

北海道は、山の幸や海の幸など多くの食材に恵まれている、日本屈指の大自然の中で育つ食材をふんだんに味わうことができるエリアでもあります。

北海道の食材と言えば、ジビエにはじまりジンギスカンや自然の中で育つ野菜の数々、そして海鮮など名物が多くあるため、一日では食べきることができないほどでもありますね。

さらにはスープカレーや囲炉裏など料理面でも多くの名物があるため、目移りしてしまうほどでもあります。

食の宝庫としても知られている北海道だからこそ、デートでワイワイ楽しむだけではなく、デートのトリにもなるディナーにも、しっかりと抜け目なく力を入れていき一日の最後の最後まで楽しんでみてください。

そんな大トリを飾るおすすめのディナーを味わうことができるレストランをご紹介していきます。

北海道ならではの特徴あるレストランばかりになりますので、直感で行ってみたいと思ったお店に是非立ち寄ってみてくださいね。

スポンサードリンク

ニセコから世界に向けての広がる新しい日本料理の世界観「杏ダイニング」

北海道の中でも特に自然に愛されて自然とともに育んでいるニセコでは、北海道の食材をふんだんに使用した料理を楽しむことができる、こちらのお店は特に高い注目を集めております。

使用するのは全て北海道の食材にこだわっており、北海道の厳しい海で育った新鮮な魚介類をはじめ、江別産の奄夢豚や、新得町産のトムラウシ牛などの肉類も味わっていくことができます。

それだけではなく、士別産の黒サフォーク羊、知床産のエゾシカ、滝川産の合鴨などといったジビエにも注目していくことができますね。

もちろん、これらの肉類に合わせた北海道産の野菜なども多く味わうことができるなど、すべて北海道にちなんだ味わいを感じることができます。

これらの極上の食材を調理するのは、グッドフードガイドで2つ星を獲得し、日本だけではなく海外での修行経験も持つ確かな腕を持ったシェフになります。

シェフが手掛ける料理はどれも、これまでの日本料理の常識を覆すような一味も二味も違い、これまで味わったことがない味わいや食感はもちろんのこと、見た目からも日本料理とは思えないほどの美しさを楽しむことができますね。

これらの至極の料理を味わうことができる空間にも注目することができ、店内は一面ガラス張りとなっており、「グラン・ヒラフ」の麓にあり羊蹄山を一望することができるロケーションはうっとりするほどでもあります。

食材・料理・空間どれをとっても北海道のニセコでしか体験することができない世界観を堪能することができますね。

デートで訪れた際にも大変おすすめのレストランとなります。

スポット:杏ダイニング
住所:北海道虻田郡倶知安町山田183-43 木ニセコ 1F
電話番号:0136-22-5151
営業時間:7:00~21:30
料金:6,000円~
定休日:無休
アクセス:JR倶知安駅 車 15分
ホームページ:https://www.kiniseko.com/dining

北海道の大自然で育ったジビエを満足いくまで堪能できるレストラン「ゴーシェ」

札幌市の中心地にお店を構える人気のビストロを味わうことができるレストランで、薄暗いシックな雰囲気がデートにおすすめの理由の一つとなります。

木を基調とした店内は、落ち着きを感じさせゆったりとした時間を過ごしていくことができますね。

北海道の広大な土地で育った美味なるジビエの数々を堪能することができ、中でも特におすすめのジビエメニューをご紹介していきます。

網捕り真鴨
新鮮だからこそ味わうことができる真鴨は、臭みも一切なく真鴨本来の旨味を満足いくまで堪能することができますね。

ミディアムレア状態で提供される真鴨は、ジューシーで肉肉しい味わいを堪能で、オリジナルソースとの相性も良いため、まろやかなコクまでも味わうことができます。

佐賀産天然イノシシ
普段お目にかかることがなかなかできない天然のイノシシを味わうことができ、口にした際にイノシシの力強さを感じることができます。

噛めば噛むほど出てくるイノシシのジューシーな味わいを堪能することができ、タレとの相性も抜群ですね。

ひぐまのパテ
臭みのないひぐまをシェフの見事な腕前によって極上のパテへと仕上がった一品になります。

ひぐまの肉肉しい味わいを満足いくまで堪能することができ、ワインとの相性も抜群ですね。

士別産仔牛のロティ
見た目の美しい桜色が見ているだけでも食欲をそそるほどで、食べるのが勿体ないと感じるほどでもあります。

仔牛の力強い味わいとジューシーな旨味を堪能することができ、ずっと食べ続けたくなるような味わいを感じることができます。

ヨーロッパ産 ライチョウ
食べ応え抜群でゴロッとしたライチョウの肉を味わうことができる贅沢な一品になります。

シェフオリジナルのソースと合わせて味わえば極上の幸せ時間を過ごしていくことができますね。

うさぎのブーダンブラン
うさぎで作り上げた見た目はソーセージのようなブーダンブランは、口にした際にパリッとした食感がたまりませんね。

ほとばしるうさぎの肉汁が口の中で広がっていき、その旨味を満足いくまで堪能することができます。

スポット:ゴーシェ
住所:北海道札幌市中央区南3条西8-7 大洋ビル 2F
電話番号:011-206-9348
営業時間:17:00~24:00
料金:8,000円~
定休日:火曜日
アクセス:資生館小学校前駅 徒歩 4分

半世紀以上もの間続く囲炉裏を囲んだほっこりとした空間と囲炉裏料理「炉ばた」

昔ながらの雰囲気を漂わせている店内が、ほっこりとした落ち着きと懐かしさを感じさせてくれるお店になります。

デートで楽しんだ最後に、ゆったりとした時間を過ごしていくことができ、お店の中央にはお店自慢の囲炉裏を囲うことができ、その場にいるだけでも癒される時間を楽しめますね。

その囲炉裏を囲いながら楽しむことができる囲炉裏料理の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

キンキ
お店の看板メニューでもある巨大サイズのボリューム満点のキンキの囲炉裏焼きを味わうことができます。

ふっくらとした白身と甘みのある脂の味わいのバランスを楽しむことができ、一人で味わうにはお腹いっぱいになるほどでもありますね。

イカの味噌焼き
囲炉裏の上で豪快に焼き上げたイカは、身が引き締まっておりたっぷりの味噌とともに味わうことができます。

イカのコリっとした食感と味噌のコクと甘みの両方を堪能することができますね。

シイタケ
囲炉裏で焼き上げることによって甘みが増したシイタケは、塗られた醤油の香ばしさと香りも楽しんでいけます。

シイタケのジューシーな味わいは癖になる一品でもありますね。

ホタテ
時間をかけて醤油をたっぷりと塗られながら囲炉裏で焼き上げていくホタテは、香ばしい香りとともにホタテの旨味を楽しんでいけます。

ホタテの甘さと醤油の深みのある味わいの相性が口の中で旨味に変わっていきますね。

サンマ
囲炉裏で焼き上げることで、香ばしくパリッとした皮と余分な脂が落ちた秋刀魚の旨味を楽しむことができます。

程よい塩味が効いている秋刀魚の白身は食べ応えもあり、その旨味の前では黙々と食べ進めることができますね。

ホッケ
脂がたっぷりとのっているホッケは、見た目のボリューム感を感じることができ、見ているだけでも食欲を刺激されるほど。

一口味わえば、ふっくらとした身の旨味と脂がたっぷりとのっている甘みの両方を感じることができますね。

スポット:炉ばた
住所:北海道釧路市栄町3-1
電話番号:0154-22-6636
営業時間:17:00~24:00
料金:6,000円~
定休日:日曜日
アクセス:JR釧路 徒歩15分
ホームページ:http://www.robata.cc/

北海道でジンギスカンを語るなら外すことができない名店「だるま 本店」

北海道の代名詞とも言えるジンギスカンを味わうことができるお店の中でも特に高い人気を誇り、行列が止むことがないほどの賑わいを見せている名店となります。

馬の蹄のような形をしたテーブル席は店主を囲うような造りになっており、お店全体を見渡しながらワイワイ楽しくジンギスカンを味わうことができます。

店内にはジンギスカンを焼き上げる甘辛のタレと肉肉しいジンギスカン特有の香りが広がっており食欲を刺激され続けていきますね。

そんな絶品のジンギスカンの中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

ジンギスカン上(ロース+肩ロース)
ジンギスカンのロース肉と肩ロース肉はともに程よい脂が乗っており、赤身の肉肉しい味わいの両方をバランス良く味わうことができます。

口にすることで広がっていくジューシーな味わいを堪能することができますね。

ジンギスカン上(ヒレ肉)
ジンギスカンの中でも脂身が少なく、しっかりとした力強い赤身肉が特徴的なヒレ肉を味わうことができます。

食べ応えがあり、噛めば噛むほど出てくるヒレ肉特有の旨味を楽しんでいけますね。

成吉思汗
たっぷりの玉ねぎやネギと一緒に焼き上げるジンギスカンで、ジンギスカン専用の焼き台によって焼き上げるジンギスカンの旨味を楽しんでいけます。

またジンギスカンから滴る脂で焼き上げる玉ねぎとネギは野菜の甘みだけではなく、ジンギスカンの脂の甘みも味わっていけますね。

スポット:だるま 本店
住所:北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル 1F
電話番号:011-552-6013
営業時間:17:00~03:00 (L.O.02:30)
料金:2,000円~
定休日:無休
アクセス:地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩7分
ホームページ:http://best.miru-kuru.com/daruma/

見事なまでのワインのラインナップと五感を刺激するフレンチを堪能できるレストラン「ラ・ブリック」

1867年に作り上げた元札幌酒造場の跡地に作られ、道産レンガの雰囲気の中で極上のフレンチを味わうことができます。

北海道で作り上げられた煉瓦に、美しい煌びやかなシャンデリアが広がる空間の中で、アイルランドのデザイナーによってデザインされるカトラリーが見事なまでの雰囲気を醸し出しております。

北海道産の食材をふんだんに使用したフランス料理は、海外でも多くの経験を積んだシェフが作り上げ、見た目の美しさから楽しませてくれます。

料理は、野菜料理をはじめ、魚料理に肉料理など多くの北海道産の食材を使用したメニューを味わうことができ、どの料理も食材が持つ本来の旨味を堪能することができるなど、幸せを感じることができるほど。

極上の雰囲気に極上の料理、これだけでも十分にデートで訪れるには幸せを感じますが、こちらのお店がおすすめの理由はこれだけではありません。

お店一押しとなるワインにも注目することができ、600種類4200本もあるワインの中から料理にマッチしたワインを選んで提供してくれます。

料理の旨味を最大限に引き上げてくれるワインが、よりデート時のディナーを盛り上げてくれますね。

スポット:ラ・ブリック
住所:北海道札幌市中央区北2条東4丁目 レンガ館1F
電話番号:011-206-8129
営業時間:
ランチ:11:00~14:00
ディナー:17:00~21:00
料金:8,000円~
定休日:無休
アクセス:バスセンター前駅 徒歩6分
ホームページ:http://la-brique.com/

1晩に2組だけが訪れることを許される極上の日本料理店「眞」

ミシュランガイドブックにも掲載されるほどの確かな腕前を持っている店主によって作り上げられる日本料理は、どれも美しさから楽しませてくれます。

こちらのお店で取り扱う食材は、京野菜と北海道産をバランス良く使われており、食材の美味さが生かされている料理ばかりになります。

店内は木を基調としたカウンター席が広がっており、そこでは店主の見事なまでの腕前を目の前で見ることができる贅沢な体験をすることができますね。

さらにプライベートな時間を過ごしたい方向けに個室も完備されているなど、店主の心意気を感じるほどでもあります。

この空間と店主が作り上げる日本料理は1晩に2組しか味わうことができない贅沢さであり、事前に予約をしたうえで訪れることがポイントになりますね。

こちらのお店で味わうことができる日本料理の中でもおすすめのメニューをご紹介していきます。

お造り
北海道の厳しい荒海で育った鮮魚を使用したお造りであり、見た目の美しさからお造りの味わいへの期待を高めてくれます。

中でもキンキは脂がしっかりと乗っており、脂の旨味と身のしっかりとした味わいを堪能することができますね。

佐賀牛の炊き合わせ
じっくりと時間をかけて作り上げる佐賀牛の炊き合わせは、見た目のシンプルさとは裏腹に極上の味わいを楽しんでいけます。

佐賀牛のしっかりとした肉の味わいを楽しみながらも、ホロっと崩れるほどの柔らかさを体験することができますね。

八寸
京野菜と北海道産の食材をふんだんに使用した八寸は、海の幸や山の幸などがバランス良く盛り込まれており、その見た目からも楽しませてくれます。

口にすれば食材の味わいをダイレクトに感じることができる極上のひと時を堪能することができますね。

帆立貝柱の椀物
その見た目はまるで花が咲いているかのような美しさを感じることができる一品であり、職人技が光る帆立貝柱の見た目から楽しませてくれます。

椀物の蓋を開ければ香るホタテの香りと出汁の香りは極上のひと時を演出してくれますね。

口にすれば、それは幸せを感じるほどの帆立貝柱の甘みと出汁のホッとするような旨味を堪能することができます。

鯛茶漬け
お店自慢の締めの一品でもあり、鯛のしっかりとした旨味と店主特製のダシによって作られる茶漬けは他では味わうことができない深みを体験することができます。

最後の最後までホッとさせてくれる鯛茶漬けは心身ともに満足の最高潮まで気持ちを引き上げてくれますね。

スポット:眞
住所:北海道札幌市中央区円山西町4丁目6-17
電話番号:011-616-6462
営業時間:18:30~23:30
料金:10,000円~
定休日:木曜日・祝日
アクセス:円山公園駅 車 10分

北海道と言えば欠かすことができないスープカレーを堪能できるレストラン「一文字カリー店」

北海道はジンギスカンや魚介類などだけではなくスープカレーも非常に有名であり、多くの名店が連なるほどでもあります。

その中でも特に味わい深いスープカレーを提供してくれるお店であり、店内にはスープカレーのスパイシーな香りが広がっております。

お店の中にいるだけでも食欲を刺激されるほどのスープカレーの中でも特におすすめのスープカレーをご紹介していきます。

スープカリーアサリベーコン
香り豊かなスープカリーの中に、さっぱりとした出汁の効いたあさりと肉肉しいベーコンをトッピングした一品となります。

あさりの食感と旨味、そこに加わるベーコンのジューシーな味わいがさっぱりとしたスープカリーのトッピングとしてベストマッチな味わいを表現してくれております。

スープカリーベーコンエッグ
ベーコンの肉肉しい味わいと卵のふわふわとした食感を同時に味わうことができるスープカリーとなります。

卵が加わることで、スープカリー全体がマイルドになりながらも、ベーコンのパンチのある味わいを楽しんでいくことができますね。

スープカリーベジタブル
たっぷりの野菜を摂取することができるスープカリーで、一度素揚げしてあることから、さっぱりとした味わいとパリッとした食感を楽しんでいけます。

女性には嬉しい野菜たっぷりのスープカリーとなりますね。

スープカリーチキン
ジューシーで食べ応え抜群のチキンを味わうことができるスープカリーであり、コクと香り豊かなカレーとチキンを味わうことができます。

食べ応えを感じることができるカリーでもありますね。

スポット:一文字カリー店
住所:北海道札幌市白石区本通17-南2-4 ストーンビル本通17 1F
電話番号:011-846-3038
営業時間:
ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:30~21:00(L.O.20:30)
料金:1,000円~
定休日:土曜日・日曜日
アクセス:市営地下鉄東西線 南郷13丁目駅 徒歩13分

どことなくほっこりとする北海道の郷土料理を味わえるお店「郷土料理 おが」

北海道と言えば、やはり鮮魚を差し置いて北海道グルメを語ることができないほど、新鮮な魚介類を味わうことができます。

北海道デートを満喫した後のディナーでは、さっぱりとしていながらも極上のひと時を楽しんでいける魚介類を使用した北海道の郷土料理を味わっていきたいところ。

こちらのお店では、その願いを全て叶えてくれる北海道の郷土料理を専門に取り扱っているため、是非とも立ち寄っていただきたい場所となります。

魚介だけではなく、北海道の大自然で育った野菜料理も楽しんでいくことができるのが女性にとってもポイントが高いところになりますね。

そんな北海道の郷土料理を扱うお店の中で、特におすすめのメニューをご紹介していきます。

毛ガニ
北海道の名物と言えば毛ガニを忘れてはいけないというほど美味で豪快な料理となりますね。

蒸しあげた毛ガニは、美しい色合いをしており、口にすれば毛ガニの甘みのある味わいを堪能することができる一品となり、食べ続けていけるほどの味わいを堪能することができます。

キンキのしゃぶしゃぶ
北海道の名物の一つでもあるキンキは、その美しい白色とピンク色の色合いを楽しみながら、絶品のキンキを味わっていけます。

キンキを贅沢にも、特製の出汁にくぐらせることによって、キンキの身を引き締めていき、口にした際にキンキのしっかりとした味わいと出汁の旨味を同時に楽しむことができますね。

石狩鍋
北海道名物の一つであり、北海道住民にとっては昔から食べ続けられている鍋料理の一つとなります。

たっぷりのぶつ切りの鮭と野菜が入っており、特製の味噌で出汁を取った鍋で煮込んで味わっていきます。

味噌のコクと鮭と野菜の旨味を堪能していくことができますね。

きんきの刺身
北海道名物のキンキをシンプルに刺身で味わっていくことができる一品であり、見た目の美しさから楽しませてくれます。

口にすれば、キンキの脂の乗っている味わいと力強く歯ごたえのある味わいを同時に堪能することができます。

とろたく
とろの濃厚で味わい深いを味わうことができ、沢庵のコリコリとしたアクセントが癖になる味わいを堪能していけます。

ボリュームもあり食べ応え十分の一品でもありますね。

とうもろこし
北海道と言えば「とうもろこし」は欠かすことができないと言えるほどで、その美しい見た目とぎっしりと詰まった身が食欲をそそります。

蒸し上げることによって、より鮮明となった色合いと口にした際に口の中で弾けるかのような甘みたっぷりのとうもろこしの旨味を楽しんでいけますね。

焼き野菜の盛り合わせ
たっぷりの北海道で育った野菜の数々をグリルにすることによって、それぞれの野菜の旨味を引き出しております。

野菜それぞれに名前が書いてある札が刺してあるので、名前を見ながら野菜の旨味と瑞々しさを楽しんでいけますね。

スポット:郷土料理 おが
住所:北海道札幌市中央区南三条西3-1 サンスリービル 8F、9F
電話番号:011-242-3328
営業時間:17:00~12:30(L.O12:00)
料金:8,000円~
定休日:無休
アクセス:すすきの駅 1番出口 徒歩3分

北海道の食材をテーマとした見た目美しい劇場型のレストランで味わうイタリアン「テアトロ ディ マッサ」

北海道の広大な土地をイメージした「北海道」をテーマにしているイタリアンを味わうことができる名店になります。

使用する食材は北海道の素材に限定しており、その中で生まれるのが見た目からアートを感じることができるイタリアンで、北海道の土や、その中で生まれる野菜などをテーマにしている料理の数々を楽しむことができます。

さらにこちらのお店の特徴は、360度見渡すことができる開放的なオープンキッチンであり、その上ではシェフによる劇場型とも言える調理のパフォーマンスを見ることができますね。

見ているだけでもワクワクする調理は、他では見ることができないアートを感じることができるものばかりで、完成するまでどのような料理に仕上がるのか考えるのも楽しみ方の一つとなります。

中でもおすすめなのが「evoluzione」をテーマにしたコース料理であり、食材の美しさはもちろんのこと、食材通しの新しい組合せも楽しんでいけるのはドキドキしていきますね。

他では見ることのできない劇場型のイタリアンをデートのディナーで是非とも味わってみてください。

スポット:テアトロ ディ マッサ
住所:北海道札幌市中央区南3条西8-7 大洋ビル 2F
電話番号:011-252-7953
営業時間:17:30~22:00
料金:8,000円~
定休日:火曜日
アクセス:地下鉄大通り駅 徒歩8分
ホームページ:http://www.teatrodimassa.com/

とことん満足するまでウニを味わい続けることができるお店「うに むらかみ 函館本店」

北海道の名産として欠かすことができないのが濃厚でクリーミーな味わいが特徴的な「ウニ」になります。

その見た目とは裏腹にうまみたっぷりで口の中でとろけるような味わいを楽しむことができますね。

こちらのお店では、この「ウニ」を様々な食べ方で堪能することができ、さらにはウニ加工会社の直営であるため、常に新鮮のウニを味わうことができます。

その中でも特におすすめのウニ料理をご紹介していきます。

無添加生うに丼
ウニ好きにはたまらない夢を現実にしたかのような無添加の新鮮なウニを使用したウニ丼を味わうことができます。

見た目の美しさだけではなく、口にした際のウニの濃厚でクリーミーな味わいを堪能することができる丼となります。

自家製うに屋のウニグラタン
ウニ専門店が扱うオリジナルグラタンメニューであり、濃厚でクリーミーなウニを贅沢にもグラタンで味わうことができます。

熱々のグラタンはウニの旨味と香りを楽しむことができ、さらにグラタンの上にトッピングされたウニが癖になる味わいを表現してくれております。

スポット:うに むらかみ 函館本店
住所:北海道函館市大手町22-1
電話番号:0138-26-8821
営業時間:
ランチ:11:00~14:30(L.O.14:00)
ディナー:17:00~22:00(L.O.21:00)
料金:水曜日、年末年始
定休日:4,000円~
アクセス:JR函館駅 徒歩3分
ホームページ:https://www.uni-murakami.com/

肉一筋の店主が厳選に厳選を繰り返して提供する極上の黒毛和牛「焼肉ひび屋」

北海道で肉一筋で走り続けている店主が確かな目利きによって厳選した全国の銘柄牛を味わうことができる焼肉店になります。

「宮崎牛」に「飛騨牛」などといった牛肉をはじめとして、「金華豚」や「香鶏」などといった豚肉や鶏肉なども味わうことができますね。

さらには、北海道名物でもあるジンギスカンなども味わうことができるといった、まさに肉を語らせたら右に出るものはないといえるほど多くのブランド肉を取り扱っているお店でもあります。

そんな銘柄牛に特化したお店の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

特選上カルビ(宮崎牛)
宮崎牛の中でも特に美味しい部位でもあるカルビの最上級のランクを味わうことができる贅沢品となります。

焼き上げることで旨味が増し、噛めば噛むほど出てくるカルビの味わいを楽しんでいけ、思わず笑ってしまうほどの味わいを楽しんでいけますね。

サーロインステーキ(飛騨牛)
日本三大銘柄の一つでもある飛騨牛の中でも最も高級とされるサーロインをステーキで堪能することができます。

口にした瞬間にとろけてなくなってしまうような味わいを堪能することができるデート時にはガツンと注文いただきたい一品でもありますね。

豚カルビ 留寿都ポーク
留寿都ポークのしっかりとした肉質と脂の甘みを堪能することができる一品であり、中でもカルビはしっかりとした味わいが特徴的となります。

噛めば噛むほど出てくる留寿都ポークの旨味は噛み続けることで幸せを感じるほどでもありますね。

香鶏 もも肉
香鶏は鶏肉の中でも、しっかりとした味わいが特徴的であり、プリッとした力強い葉応えを感じることができます。

噛めば噛むほど出てくる香鶏のジューシーな肉質と食感を堪能することができる一品となりますね。

サフォークラム
北海道名物でもあるラム肉も味わうことができるのが、こちらのバリエーション豊かなところでもあります。

新鮮で肉質の良いラム肉は臭みもなく食べやすく、淡白であるため女性にも高い人気を集める肉でもありますね。

海鮮などで有名な北海道ですが、やっぱり肉が食べたくなる時があると思いますので、デート時でも立ち寄って絶品のお肉を味わっていけますね。

スポット:焼肉ひび屋
住所:北海道北斗市本町578-5
電話番号:0138-77-8929
営業時間:17:00〜22:30(L.O.22:00)
料金:5,000円~
定休日:第三水曜日
アクセス:新函館北斗駅 車 5分

食の宝庫北海道だからこそ見ることができる極上のディナーを味わえるレストラン

デート時に体験することができる魅力ある北海道のおすすめディナーのレストランはいかがでしたでしょうか?

北海道の定番とも言える海鮮をはじめ、ジンギスカンやスープカレーなどといった多くの料理を堪能することができるお店が連なるのが北海道になります。

フレンチやイタリアンに目を向けてみても、どのお店も自然豊かな北海道の食材をふんだんに使用した北海道ならではのメニューとなりますね。

自然の中で伸び伸びと育ったのが、わかるほどの鮮度を誇る肉類に魚類、そして野菜類などを是非全身で楽しんでいけるのが、北海道の魅力でもあります。

どんな北海道の魅力と出会うことができるのかを楽しみにしながら、極上のディナーを味わってみてくださいね。

スポンサードリンク
Comments