復縁を成功させるセリフの組み立て方。女性の心に響かせるためには

彼女から振られて、もし未練があるなら、きっと復縁を望むことでしょう。

どうしても好きなら、他の女性を考えることができないなら、それもアリかもしれませんが、そうそう上手くいく話でもありません。

振られた原因の解決、そして新たにもう一度告白して、彼女に振り向いてもらわなくてはいけません。

復縁の告白、彼女に響くセリフを考えてみましょう。

スポンサードリンク

振られた人が復縁の前にまず考えるべきこと

復縁の前に、振られたということについて考えてみてください。

振られたということは、あなたが前を向いているところに、彼女が違うほうを向いてしまったということなのです。

そっぽを向いた、それって見えている先も、きっと違うものになっているでしょうから、彼女が見ている先を予想し考えなくてはいけません。

「見ている先」というのは、付き合っていく将来も含まれるので、別れたとなれば、その将来も見えなくなってきているのでしょう。

それを補正するのは、けっこう大変です。

でも、復縁したいと思うなら、その補正が必要であること、それを認識しなくてはいけません。

なぜ、こういう考えかたになるのかというと、「好きだから付き合えばいい」というだけではないからです。

好きだから付き合ってきた、結果として別れを選択したとなれば、それは「気持ちの問題だけではない」のです。

別れの種類として考えれば、「好きだけれど別れた」ということもあります。

好きなのに別れる?なんて、思うかもしれませんが、女性の気持ちなんてそんなもの、だって実際に別れが起こっているのですから。

復縁したいのであれば、別れた原因をちゃんと考え、受け止めたうえで対策を練らなくてはいけません。

あなたとしては、「まだ好きだから…」と思うにしても、それは別れた彼女からしてみれば、関係ないことなのです。

別れを選択したということは、そういうことなのです。

同じ方向を見れなくなった原因、それが重要です。

これを理解しない限り、何を言っても復縁などありませんから。

復縁の前に、別れた原因をしっかりと考える

さて、別れた原因について考えてみる段階からはじめましょう。

別れた原因を探ること、それは復縁するための第一歩であり、彼女のことちゃんと考えることでもあるのです。

好きな気持ちがあるから付き合ったわけですよね?

人間にとって、「好き」という気持ちは、とても大きなものであるハズ、それなのに別れを選択したのであれば、相当の理由があったということになります。

「キライだから別れた」と結論付いてしまうと、そこで終わってしまいますし、「好きな気持ちを取り戻してもらうために努力する」となります。

でも、女性(彼女)はそんなこと望んでいません。

好きな気持ちが冷めた理由、そこに注目しなくてはいけません。

男女が思うこの部分、実はけっこう違いがあるもので、男性からしてみれば、意外なことが理由で彼女に振られていたりします。

いわゆる「女心が分かっていない」なのですが、付き合いが長くなっていくと、まさにこの部分が分からなくなってくるものです。

▼女心というのは、どうしても男性には理解しがたい部分があります

リンク画像

分かっていると、傲慢になっていることもあります。

そういう考えかたをして、彼女が何を理由に別れを決意したのか、少し考えてみましょう。

復縁を迫るには、「迫れるだけのオトコ」になっていなくてはいけませんから。

復縁の告白セリフ。彼女のココロに響かせるためには?

彼女のココロに響くセリフ、考えたことがあるでしょうか。

復縁を告白するセリフ、それは好きだけの気持ちが詰まったものではダメ、これまで以上の関係を誓い合えるように、彼女を納得させなくてはいけません。

付き合い始めなんて、「好きな気持ちをリアルに伝えるだけ」でいいかもしれません。

お互いに舞い上がっているでしょうから、付き合い始めはそれでも大丈夫なのです。

ある程度付き合って、別れを決断したのですから、それをひっくり返すのは至難の業と言えるでしょう。

ですから、今になって「好きだけをメインに伝える」というのは、やりかたとして得策ではありません。

彼女からしてみれば、好きなことなんて分かり切っているのですから、それ以外の何かを伝える必要があるのです。

例えば、「彼女のことが必要だ」と、好き以外の気持ちでも、一緒にいることに意味を持たせる、そういうことが大切です。

付き合い始めとは違う、ある程度付き合ってきたからこそ言える言葉、そして彼女が求めることを理解できないと、伝わる告白はできません。

お互いにオトナですから、「一緒にいることのメリット」もないと、ただ好きという気持ちだけで継続できないことも、きっと分かっているハズです。

張った惚れただけでなく、人生を共にしたいと伝えることが重要なのです。

昔のように付き合いたい!同じミスをするかもと思われる

実際どのようなセリフを言うのか、それを考えてみましょう。

昔のように付き合いたい、良かったころのことを思い出させようとするのはアリですが、同じ過ちを繰り返すだけと思われる可能性もあります。

何かミスがあって振られたわけですから、「それをまたやらかすのでは?」と思われてしまってはいけません。

「あの頃の楽しかった思い出」は、戻りたいとしても思い出でしかありませんし、そうしなくてはいけません。

過去にすがっているようでは、女性は男性が成長したとは思ってくれないものですから、あまり過去の話だけを持ち出すのはやめましょう。

「次どうなるか?」が重要なので、「昔は楽しかった」程度に抑えて言うようにしないと、かえって悪循環におちいる可能性があります。

悪かったところを反省し、新たな気持ちで再スタートしたい

女性が一番求めていること、それがコレです。

自分の悪かったところをよく考え、彼女に自己申告し、絶対に同じことで彼女を悩ませないと、誓って告白することが必要です。

当然かもしれませんが、悪いところが再発してしまってはいけません。

当たり前のように見えて、それを直すのはけっこう難しいのです。

そもそも、直せていれば、きっと振られることなんてなかったでしょうし、彼女だって別れを決意しなかったハズです。

それでも別れを決意したということは、「彼女からしてみればよほどイヤだった」ということなのです。

だから、ちゃんと悪いところを直して、彼女にまた悲しい思いをさせない、そう誓わなければいけません。

▼自分が悪かった点をしっかりと理解して、反省することは大前提ですよね

リンク画像

お互いの合っていたところを確認する

昔を思い出すようなやりかたですが、「一緒にいた頃のメリット」を回想させるのも良いでしょう。

お互いの気持ちが満たされていたこと、それに加えて例えば一緒に趣味を楽しめたり、嗜好が合っていたりしたことを話してもいいでしょう。

「少しつまづいたけれど、まだ一緒に楽しくいられる」と、なぜ一緒にいたのかを思い出させて、それは彼女としかできないと伝えるのです。

楽しかったりしたことって、絶対に性格的な部分が合わなければできないことなので、結果として「性格も合っていたこと」を話してみましょう。

つまづいた原因があるなら、それを一緒に解決したと申し出ること、要は「謙虚な気持ちを前向きに」ということです。

あなたが浮気でもしない限り、もしかすると浮気しても、彼女はあなたのことを好きでいたのかもしれませんから、そこに訴えかけるのです。

楽しかったことは、すがるだけではいけませんが、思い出して前を向くきっかけにできるなら、それは良いことですから、彼女も楽しんでいたことを思い出して下さい。

そして、それは「性格的にも合っていたから」と、結びつける言いかたで告白できれば、あなたといることのメリットを思い出してくれるハズです。

何があっても好き!その気持ちをストレートに伝える

自分が悪くて振られたとしても、好きな気持ちが変わらないなら、それをぶつけてみるのもアリでしょう。

振られたということにもめげない、そういう言いかたで、好きな気持ちが変わっていないことをストレートにぶつけてみて、彼女の反応を見てみましょう。

しかし、このやりかたは「当たって砕けろ」なので、おススメできるとも言えません。

あなたに悪いところがあって、それを嫌って彼女から振られたとするなら、その部分を無視して、好きだけを言い続けるのは、決して賢いやりかたではないからです。

彼女からしてみれば、「だから何?」と思ってもおかしくない言いかたなので、それをOKしてくれる可能性も低くなるでしょう。

「付き合っていたんだから、私の気持ちぐらい分からないの?」となってしまう可能性すらありますから、本当ならもっと「身のある話しかた」をしたほうが良いでしょう。

セリフと同じぐらい大切なのがタイミング

好きという気持ち、復縁であっても同じこと、「それを伝えるタイミング」が重要です。

振られてすぐに復縁を言い出しても、どんなに良い内容で告白できたとはいえ、少し考える時間があってこそ重みがあるのです。

要は「軽い言葉」は、あいてに届かないのです。

彼女だって、あなたと付き合ってきたことで、あなたの性格もある程度は把握しているでしょうから、「少しも考えていない」とするなら、それはバレてしまうのがオチです。

ステキなセリフを、生きたものにするためには、それを発するタイミングは重要です。

復縁の告白をするなら、セリフを考えるのはもとより、一定期間は間を空けて、考えたという期間が必要です。

彼女からしてみれば、「よほど考えてくれたんだな」と思えるでしょうし、そうでなくては、あなたの気持ちなんて見透かされてしまいます。

付き合っていた頃より、もっと寡黙に考えてみて、オトナのオトコとしてもう一度告白する、そうすれば彼女はあなたを見直すことでしょう。

▼復縁を申し込むタイミングは、やはりとても重要です

リンク画像

彼女の判断基準はなに?それを知らないと成功しない

彼女があなたと、何を基準に付き合ってきたかを知っているでしょうか。

彼女が男性と付き合う基準を考えれば、あなたに求めているものが何か、見えてくるかもしれません。

付き合っていた頃、普段から何を言っていたか、直してほしいところや不満はなかったか、それを思い出してください。

あなたと別れるきっかけがあったのであれば、その逆をいくだけのことで、復縁できる可能性は、グッと高くなります。

「逆手に取る」と言いますが、まさにその通り、それができれば復縁は意外と目の前かもしれませんね。

だって、もとは好きで付き合っていた者同士、気持ちはあるわけですから。

「彼女が彼氏として男性を見る基準」に、あなたが合えばいいわけで、前回の失敗の経験値もありますよね。

復縁って、新しく付き合おうとする男性より、有利な部分がたくさんあるのです。

彼女がどうすれば、またあなたを男性として見てもらえるか、それは付き合っていた頃にヒントがあるハズです。

それを思い出して、冷静になって、どうすれば彼女が応じやすい復縁になるのか、こう言う流れで考えていけば、きっと答えは出やすいでしょう。

▼女性の多くは「この人と結婚できるか」ということを前提に付き合っています。そのためには妥協したくないのです

リンク画像

復縁は高いハードル、分かっていて挑むなら準備が大切

彼女のことを知っている分だけ有利としても、「嫌われてしまった」というペナルティがあるのも事実です。

彼女の攻めかたが分かっているからこそ、そのハードルの高さも認識しやすいでしょう。

それでも好きという気持ちが変わらない、だから、分かっていて難しい復縁に挑むことになるのです。

普通に考えるなら、「振られた事実を元に戻す」のは、けっこう大変ですからね。

「彼女のことを知っている」という材料があるので、良くも悪くもそれが邪魔をすることもあるでしょう。

ただ、ここでネガティブに考えてしまうと、復縁なんて上手くいきません。

何とかして復縁したいから、どんな言葉で彼女にもう一度告白すべきか、考えているハズです。

知っていることを糧にして、彼女がどうしたらこっちに振り向き直してくれるか、前向きにやりかたを考えるべきです。

他の男性よりも有利と思える分、まだ望みがあるのですから、諦めるのではなく、そして短絡的になることなく、彼女のことをちゃんと考えて、復縁のセリフを決めましょう。

実はよく考えてみると、あなたの中に彼女との復縁のヒントが隠れていたりするのです。

▼どうしても彼女と復縁したい!という人はこちらも参考にしてください

リンク画像
スポンサードリンク
Comments