自己肯定感が低い原因あるある。失恋から自信を失ってしまったときは

女性に振られると、自己肯定感を失ってしまう、これが無かったり低いままでいると、次の恋愛すらできなくなってしまいます。

自信という言葉とも似ている、でも少し違うのが自己肯定感なのです。

ステキな恋愛をするためにも、これは絶対必要で、生きるうえでも同じことが言えます。

自己肯定感が低い原因を探って、新たな恋愛に目が向くために読んでみてください。

スポンサードリンク

自分を自分で認めることが自己肯定感

自己肯定感と言っても、少し難しいですよね。

自己肯定感とは、自分を自分で認めること、生きている自分に対して、存在している意味を見つけることなのです。

存在している意味って、要は死なないで生きること?と思ってしまいますが、もっと簡単に考えると、「生きること」だけでいいのです。

「生きたい」と考えることは少ないでしょう。

でも、死にたいと考えるのも、苦しそうとか怖いとか、どちらかと言えばネガティブな感情が連想できますよね。

生きるためには、それなりの理由がないとできません。

ここで言う理由とは、別に「美味しいものを食べたい」でも構わないのです。

彼女が欲しいにしても、生きる理由になるわけです。

ところが、これを失ってしまうと、「生きる理由、存在する意味」が見えなくなってしまいますから、最終的に自己肯定感が無くなっていくのです。

「自分なんて…」と、少しいじけ始めるところから、最後は自己肯定感を失うのです。

この可能性は、誰にでもあること、少しイヤなことがあれば、誰だって大きく道を踏み外す可能性があるのです。

普段生活している中で、どんなことが起こるか分からない以上、ちょっとしたことがきっかけで、自己肯定感を失うところまで加速する可能性があるのです。

恋愛だけに限りませんが、「ちょっとした喜び」を持っているだけで、実は回復して、ヒドイ症状にならなくて済むのです。

普通に生活していれば、ここまでに陥ることはありませんが、本当に落ち込んでいたりすると、こんなことがあるのが人間です。

自己肯定感を失うと、生きることすらイヤになる

先の説明から考えて、自己肯定感は生きるために必要な要素と言えます。

自分を認めないとなると、生きる意味を失い、生きることそのものがイヤになってしまいます。

こうなってくると緊急事態、だから生きる意味を持っていることが大事なのです。

また、「あまり生きる意味に固執する」のも、実はマイナスな感情だけにとらわれてしまいがちです。

完璧主義者とも似ていますが、「少しの失敗が許せない、立ち直れない」とすると、自分を責めてしまい、自分を過小評価することにつながるのです。

性格もあるかもしれませんが、「あまりクヨクヨせず」というのは本当のこと、これだけでだいぶいろいろなことから解放されます。

生きることがイヤになるなんて、大変なことですから、そこにならないための「心持ちができること」が重要です。

なぜ低くなる?自己肯定感を害される理由とは

普通に生きていれば、ここまでにはならないハズですが、なぜ自己肯定感が低くなっていくのでしょうか。

単純に、イヤなことがあったりすると、ココロが沈んでしまい、全ての物事が悪い風にしか見えなくなる、それが自己肯定感を低くする、一番の原因なのです。

「イヤなこと」なんて、生きていれば誰にでも起こりうること、テレビを見ているだけでも、全てが楽しいとは感じられませんよね。

ただそれだけのこと、そう言えるなら良いのですが、そうではない人もいるのです。

ココロが弱いとか、そういう言いかたにもなってしまうかもしれませんが、それは時と場合によります。

立て続けにイヤなことがあったり、例えば大好きな彼女に振られたり、積み重なったりして、経験したことがない衝撃となったときに、起こりやすいココロの変化なのです。

▼婚活がなかなか上手くいかないときにも、自己肯定感は低くなりやすくなります

リンク画像

そう考えると分かりやすいですよね。

「ココロが弱い瞬間」なんて、誰にでもあるでしょうし、ちょっと財布にお金が入っているだけで、人間は気持ちが大きくなり余裕ができたりするのですから。

自己肯定感を低くする可能性なんて、誰にでもあることと考えて、少し自分が勝手に思っている負担を減らす努力が必要です。

言われているわけでもないのに、「周りが白い眼で見ている」ような、のけもの扱いされているときって、だいたい落ち込んでいるときなのです。

ネガティブな感情は、加速し始めると止められなくなるので、そうなる前に、少し肩の力を抜くことから始めましょう。

自分を認めてほしい、他人から認められると自分も認められるようになる

自分を認められない、そんなとき他人からも認められないようでは、ますます落ち込んでしまいますよね。

他人から認められること、仕事でも趣味でも、少し打ち込んでみるだけで、人から見られることもあるので、目の前にあることから始めるだけで前に進みます。

落ち込んでいるときこそ、手に着かないことって結構あるかもしれませんが、そうなってくると何も前に進みません。

仕事をしているなら、それに少し打ち込むこと、そうすれば周りがあなたを認めて、あなた自身も自分を認めることができます。

「誰かの役に立つこと」ができるだけ、その誰かは感謝し、あなたをねぎらうのです。

ちょっとしたことで、「自分でもタメになる」と思うことができれば、それをきっかけにして、また次のやりがいを見つけるだけのことです。

そして、こういうことは意外と目の前にあるもの、気付けていないだけなのです。

惰性でもなんでも、まずは目の前のことを普通にやる、少し打ち込んでみるだけで、自己肯定感につながるきっかけをつかむことができます。

▼自己肯定感が低くなることで仕事に行きたくない…となってしまったら、こちらをどうぞ

リンク画像

振られたからではない、短絡的に考えると答えは出ない

恋愛の失敗は、自己肯定感に直結する問題かもしれませんね。

振られたこと、それだけを考え、「振られただけを考える」ようになると、自分を責めてしまうだけで終わる、そうではなくて理論的に考えるようにしましょう。

短絡的という言葉、内容を飛ばして結果だけを考えてしまうことですが、それを恋愛の失敗に当てはめると、落ち込むことしかなくなってしまいます。

「振られたこと」は大きいにしても、それが理由で死にたいとか、そういう感情につなげるべきではありません。

確かに大好きな彼女であったとしても、現実は変わらないのであって、元に戻ったところで解消できるとも限りません。

だって、一度は振られた事実があるのですから。

振られた理由を考えて、どうすれば良かったのか、それをちゃんと後悔し、次につなげることが大切なのです。

そうしていれば、復縁の可能性も、新しい恋の予感もあり得るのです。

逆に、そういう考えでいなくては、大好きな彼女が戻ってくる可能性すら、否定することになってしまいます。

せっかく得た、自分を成長させる材料と思って、振られた恋愛からも学ぶべきことを見つけましょう。

▼どうして失恋したのか、その原因を冷静に突き止めて反省をすることが大切です

リンク画像

いつまでも閉じこもっていると、チャンスを失うことになる

恋愛の失敗だけに限らず、起こった失敗で閉じこもるのもいけません。

まったく関係のないことまで、全てがイヤなことと映ってしまい、カラに閉じこもるようになると、プラスな情報やできごとまで、手をすり抜けてしまいます。

笑う門には福来るといいますが、これは本当のことです。

笑うほどには無理としても、落ち込んでいる人を見て、周りは「そっとしておこう」と思ってしまいますよね。

それがあなた自身のことだとしたら、良かれと思ったとしても、周りはあなたを誘うことをしなかったり、少し距離をおくことだって考えられます。

失恋した、でも前向きだから次の縁談があった、もし下を向いていれば「まだそのときではないのかな」と、周りが気をまわすことだってあるということです。

落ち込む時間が長くて、閉じこもってばかりだと、次に前を向くチャンスがきても、気付けないままになってしまいます。

友達だって、落ち込んでいるあなたを、知り合いの女性に紹介なんてしづらいでしょう。

だから、周りが声をかけやすくなるためにも、いつまでも閉じこもっていてはいけないのです。

▼失恋をしたことで恋愛をするのが怖くなってしまうこともあります

リンク画像

自己肯定感が必要な理由は?人間として生きていくために

自己肯定感という難しい言葉ですが、それがなぜ必要なのでしょうか。

動物とはちがう人間、単に生きるために食べているのではなく、人間は何か目的があって生きているのです。

夢があったり、少なからず「やりたいこと」があるから、生きていけるのが人間です。

「人間として生きる」ということは、彼女を作ったりという欲求も含め、「生きるだけのために生きているのではない」ということですよね。

感情があるからこそ、好きな人ができたり、結婚したいとかを思うのです。

ただ、生きるだけなら動物でもできる、でもそれは人間として生きていくなら、楽しいとは感じられないでしょう。

そして、人間は「楽しいと感じられないと生きられない」のです。

人間らしく生きていくために、自己肯定感が必要ということになります。

女性との付き合いはお互いを求め合うこと

女性と付き合うこと、それは自己肯定感を高める意味で大きな価値があるのです。

女性と付き合うことで、誰かを求め、あいてからも自分を求めてもらえる、つまり自分の価値を確かめることができるのです。

「誰かが自分を頼ってくる」って、よほどのトラブルでもない限り、嬉しいことですよね。

それが、好きなあいてからだったりすると、なおのことです。

気持ちが通じて、女性と付き合うことができるなら、きっと自分を認める糧になることでしょう。

だから、生きていくうえでは、女性と付き合うことも「大切なこと」です。

付き合いたいと思う、女性を好きだと思う気持ちは、生きていくうえで必要としていることでもあるのです。

単純に彼女が欲しいというのではなく、生きることを充実させるために思うこと、となるのが理解できるでしょう。

だって、普通に考えても、彼女がいたら嬉しくなりますよね。

飛び越えて考えるのではなく、ただ付き合うでもなく、いずれは結婚するかもしれない相手だからこそ、彼女が欲しいと考えるのです。

自信を取り戻すこと、次の恋愛に向かう一歩が出る

振られて悲しい、それはみな同じことですよね。

理由があっても、「別れた事実」は悲しいのです。

でも、振られたことで全てを悲観するのではなく、生きるためにも自信を取り戻さなくてはいけません。

振られたことで、確かに自分に対する自信がなくなったりして、次の恋愛なんて考えられないというのは理解できます。

でも、そのままでいても、「明日はやってくる」のですから、そのために何かしなくてはいけません。

何かする以上は、ココロが穏やかであるほうがラクなハズですから、そうなれるような行動が必要です。

「生きる義務」と言えば、少し重いかもしれませんが、「生きなくてはならない」とするなら、次を向いたほうがずっとマシですから。

嫌悪感は簡単、自信は難しい、それはみな同じ

イヤなことがあって、イヤな気持ちになる、それはみな同じなのです。

マイナスに思うことって、実はラクしているのと同じ、ツラくても悲しくても、それに立ち向かっていくほうが、ずっと難しいのは当たり前です。

それがラクなんて思う人はいません。

でも、生きていく以上、前を向かなくては不幸ばかりが続くでしょうし、またツラい道を自分で選択するより、少しだけ踏ん張って、楽しいほうがいいでしょう。

そうなってくると、「今、簡単な道を選ぶ」のではなく、今は少し踏ん張るだけでいいのです。

彼女との別れ、どんなカタチであれ悲しいことであるにしても、それは乗り越えなくてはいけません。

自己肯定感という言葉までいくと、本当に抜け出せなくなるので、その前に次を見て、一歩ずつ踏み出すこと、それが最後は自分の幸せにつながっていくのです。
物事に嫌悪感を持ち、悲観するのは、正直簡単ですが、ココロがすさんでしまいます。

そうならないためにも、少しずつでもいいから解消法を見つけ、小さな幸せを積み重ねながら、前を向いて生きていかなくてはいけません。

新たな恋の道も、こういったところから生まれるのですから。

▼ジムで身体を動かすことで心も晴れやかになるので、1度挑戦してみてはいかがでしょうか

リンク画像
スポンサードリンク
Comments