彼女と喧嘩別れしそう!仲直りに持ち込む連絡の方法とは

彼女とケンカ別れ、スッキリすると思う人もいるかもしれませんね。しかし、数日たって冷静になり、もう一度ヨリを戻したいと思ったらどうしますか?

ケンカ別れした彼女への連絡方法、少し考えてみましょう。

男女の付き合いというのは、別れてから分かることのほうが多く、また取り返しがつかないのも本当のところ。

最終的にヨリを戻すために、どういう連絡方法がいいのでしょうか。

スポンサードリンク

ケンカはあること無いこと言い合ってしまう、中身のない別れでしかない

ケンカ別れって、カップルなら普通にあり得る話ですが、あまり良い別れかたとは言えません。

別れの中でも、ケンカ別れとなると、お互いをののしりあうだけになってしまい、「納得した別れ」とは言いにくいため、あとから後悔しか残りません。

だいたい、「別れること自体が良いことではない」のに、ケンカで終わりを迎えるなんて、良い結末になるハズはありません。それまで「好きと言いあってきた仲」だったのに、最後が憎しみ合いだなんて、悲しいの一言に尽きます。

お互いの夢を追うなど、「別れるほうが良い理由」があるなら理解できますが、嫌いになったとしても、別れの最後はお互い納得して、静かに終わるべきです。

ただ言い合いで終わる、それまで一緒にやってきたことをムダにしてしまうような、悲しい終わりかたは、意味のないやりかたでしかありません。

始まりも終わりも、「何かしらの意味があって」起こるべきこと、そうでないなら中身がないばかりでなく、後悔しか残らなくなってしまうのです。

連絡するなら「復縁目的」を最初から出さないほうが吉

ケンカ別れで後悔しているなら、きっと復縁を望んで連絡を取りたいと思うことでしょう。

ケンカ別れ後の連絡、それは「復縁することを言わない」始まりかたが好ましい、彼女の気持ちが落ちついていない可能性もあるので、復縁の連絡は火に油状態になってしまいます。

復縁を願い出たいと思ったら、さっそく口に出してしまいますよね。

気持ちは理解できます。

ただ、あなたは怒っていた気持ちがおさまり、復縁に至ったとしても、彼女が同じかはわかりません。

こんな状態で連絡して、いきなり復縁を切り出しても、「私の気持ちを本当に分かっていない」と、また怒らせてしまうことになります。男女の付き合い、復縁にしても、「お互いの理解がなくては始まらない」のです。

過去に付き合っていたから、ただのケンカだからなんて、先に思った人の勝手なカン違いです。

復縁を考えるなら、段階を経て、相手から言い出すのをある程度待ってから、様子を見ることにしましょう。

大切にしてきた彼女、ケンカになって別れたけれど、また大切に思うからこそ、ここはひとまず落ち着いて、時間をおくことが大切です。「復縁を切り出せば喜ぶ」なんて、例え付き合いが長い彼女であったとしても、そんなことはありません。

ケンカして別れたことの重みを、しっかりと噛み砕いて理解しなくてはいけません。

怒っている気持ちを静めないと前に進めない、荒立てないように考えよう

ケンカ別れしたなら、まずは気持ちの整理と落ち着けることが必要です。

アレコレ言っても、彼女の耳には届かないでしょう。

ケンカになった理由を考え、怒りの程度を理解する、そうでなくては相手の気持ちなんて分からないまま、前に進む話なんて、結局は上手くいきません。

もしかすると、連絡を取ったそのとき、また腹の立つことを言われて、あなた自身が逆上するかもしれません。

そうなると、言い返してしまって、ケンカが再燃しかねません。

ケンカ別れのあとは、まずケンカを納めること、その次に別れたことをどうするか考える、この順番でなくては、ケンカ別れの彼女は納得しないでしょう。

物事には順序があります。

飛び越えて、復縁をどうするかよりも、まずは「ケンカの清算」が先です。

言いすぎたのであれば謝ることも必要ですし、もしかすると彼女だって謝るべきかもしれません。

「彼女が悪くても謝らなくていい」なんて姿勢、器の大きい男かもしれませんが、復縁したとしても、彼女の悪いところはそのままになってしまいます。ケンカ別れして、もし復縁できたなら、もう一歩進んだ関係にならなくてはいけません。

順を追って、一つずつ解決していく、ケンカ別れにはそれが必要です。

思っている以上に、糸が絡まってしまっているので、それを無理矢理引っ張るようなやりかたでは、余計にこじれてしまいますよね。

ケンカ別れは、それと同じことなのです。

直線電話してみると、気持ちが先に出てしまうのでケンカが悪化する

とにかくまっすぐに、直接電話してみようと考えるかもしれませんね。

ケンカして間もないなら、気持ちも収まっていない可能性が高い、とにかく誠実にとはいえ、声を聞くだけで腹が立つ場合もあるので、直接電話するのは得策とは言えません。

悪いとまでは言いませんが、「声も聞きたくないとき」って、実は付き合っているときから結構あったりしませんか?

ケンカ別れした直後は、まさにこのときなのですから、直接話すなんて怒らせるリスクが、かなり高いと言えるでしょう。

あなたは復縁の気持ちに行き着いたとして、焦る気持ちも理解できますが、直接電話するなら、せめて1週間くらいは待ってからにしましょう。

普段からよく連絡を取る関係だったのなら、1週間連絡しないのは効果的です。

逆に、週に何度も連絡しない関係だったりしたら、1か月は空けたほうが無難です。

LINEなど文字を通して気持ちを伝える、相手も冷静になりやすい

今は一番コレが良いかもしれません。

LINEなどの文字にして気持ちが伝わると、それを何度も読み返せるし、冷静になって、相手のタイミングで読むことができるので、待つことは必要ですが、効果は期待できるでしょう。

「なにをいまさら」と思っているのが彼女、そんなところに電話をしても、出ないのがオチでしょう。

LINEって便利なもので、こんなときこそ「既読機能」が活きてくるわけです。

付き合っていた相手、その期間が長ければ、彼女だってきっとLINEが来れば、気にならないハズはありません。読めば既読になってしまうし、読まないのも気になる、そういうハラハラ感を与える意味でも、LINEで気持ちを伝えるのは、効果があるということです。

少し卑怯かもしれませんが、既読機能を上手く活用して、彼女に気持ちを伝えましょう。

あまりしつこくメッセージを送る、これはかえって逆効果になってしまい、これも「気持ちが分かってない」と思われてしまうので、少し注意しておきましょう。

友人を介して第3者から連絡を取る

仲の良い、共通の友達がいるなら、第3者から連絡を取るのも良いでしょう。

第3者から連絡が来ると、「本当にツラくて連絡が取れない気持ち」が伝わり、今回のケンカの重さを悔いていると思わせることができます。

共通の友人が難しく、「これを頼めるほどかどうか」は気になるところですが、もしこういう存在がいるのであれば、この方法も効果があるでしょう。

何より、「自分から言えないほど」なので、彼女だってきっと胸が詰まるほどに考えてくれるハズです。

ただ、あまり早いタイミングでコレをやると、「友人を見方につけた」と見られてしまう可能性もあるので、その時期は注意しましょう。

さらに、この方法をやるなら、LINEを含めた一切の連絡をしないほうが、もっと効果があります。

このケンカを機に手紙を書いてみる

彼女の手紙を書いたことがありますか?

筆者は手紙の時代もあったので、この効果がよく分かっています。

手書きの文字で彼氏からの想いが届く、これは女性にとってとても感慨深いものがあり、何かのタイミングでコレをやると、まっすぐ気持ちが通じます。

コミュニケーションツールが発達しすぎて、気持ちを伝えることが簡単になりすぎ、「気持ちが軽くなった」と言える時代です。

好きな気持ちは、確かに重みがあるものですが、伝えるのが簡単になると軽くなってしまうのは、ある意味、仕方ないのかもしれませんね。ここ一番で、手紙を書いて、彼女のココロに突き刺さるような気持ちが伝われば、きっと彼女も考え直すチャンスをくれるでしょう。

これまで手紙を書いたことがないなら、ケンカを機に手紙を書くのは、非常に効果的です。

あえて連絡をしないのもひとつの手

番外編のやりかたになりますが、イチかバチかなら、連絡しないで待つというのも良いでしょう。

本当にツラいケンカをした、そう思えるほどなら、このまま復縁できないとして自然消滅でも、連絡をしないこと自体が、彼女に悔いていると伝えられるかもしれません。

かなり賭けに近いやりかたですが、それまで連絡を取り合ってきた仲、ケンカ別れがきっかけとは言え、ぱったり連絡が来なくなれば、その空虚感は絶大なものになります。

昨日まで当たり前だったこと、それがなくなるのは、何物にも代えがたい寂しさが訪れます。

連絡をしないのですから、同じ分だけあなたもツラいとは思いますが、本当にどうしようもないなら、時が解決してくれるのを待つのもアリです。

そもそも、「解決」とは必ず復縁することではありません。それは希望であって、正しい結末とは分からないからです。

どうしようもないくらいのケンカ、それが別れに発展したのなら、その怒りを鎮めるのは、本当に難しいと思います。

正々堂々、悪いことをしたと本気で思っているなら、連絡をしないという方法も、選択のひとつと言えるでしょう。

取り返したい関係、焦ってしまうと焦りしか伝わらない

彼女へ連絡をしようと思う理由、それはやはり復縁ですよね。

関係を修復したいと思うと焦る、でも「焦りしか伝わらない」ようでは、ケンカから何も学んでいないのと同じ、またそれが伝わってしまうと、彼女は復縁を了承しません。

ケンカ別れ、確かにどちらも悪いのですが、「少なからず自分にも非がある」のですから、まずはそれを認めましょう。

「俺は認めた・反省したから」ではいけません。

彼女が非を認めなくても、まずは自分が素直に認め、負けを認めることです。

ケンカですから「勝ち負け」は存在します。でもこのとき、女性は「負けたままでは納得しない」のです。関係を取り戻したいと思うなら、時間をあけてしっかりと考え、またそのことが彼女に伝わるようにしなくては、ただ焦っているだけに思われてしまいます。

ケンカ別れには、時間が一番必要なことです。

時間が経てば、ある程度のことは忘れられますし、事実は忘れないとしても、気持ちは解消されていきます。

自分の中の気持ち、焦りではないか?今一度、しっかりと考えてから彼女に連絡しましょう。

ケンカしたことを悔いるなら、どんな方法でも素直に連絡して謝ること

ケンカ別れを悔いているなら、絶対に謝罪が必要です。

あることないこと言って、相手を傷つけるだけのケンカ、それをしてしまったことを詫びて、まずはしっかりと謝ることから始めましょう。

ケンカして大切な存在に気付く、そんなこともあるでしょうが、「ケンカをした事実」は消えません。

そして、まずはそれをどうにかすること、スタートはこれです。もしかすると、復縁できないかもしれません。

それでも、復縁したいと思うなら、まずはコンタクトを取ること、それから初めて謝ることができるのです。ケンカ別れしたのであれば、その後の行動は慎重に、これまで以上に気を遣って、まずは連絡を取るところから、当たり前のようにしていたことでも難しいのは当たり前です。

「別れるほどのケンカをした」のですから、お互い相当な怒りや悲しみ、それが勢いになったのです。

人の気持ちを変えること、一番難しいかもしれませんが、大事な彼女であっても同じこと、変わってしまったものは、また変えるのは本当に大変です。

でも、なんとかして連絡を取らなくては、前に進みません。復縁までを思うのであれば、これまで以上に慎重に考え、連絡を試みてください。

スポンサードリンク
Comments

みなさんのコメント

Ccapac Apu

きにいらん。
そこまで自らを犠牲にしてまでやることては思えん。

Comments