彼女と喧嘩別れした後の復縁。彼女と和解するために何よりすべきこと

大好きな彼女だからこそ、たくさん喧嘩するものだと思います。

間違ってはいませんが、その結果として喧嘩別れになってしまったら、それは後悔の気持ちと共に、復縁を望むことでしょう。

喧嘩別れから、復縁までの道のりをたどります。

もし大ゲンカして別れても、やりかた次第ではきっと彼女のココロを取り戻せるハズです。

そう信じられるために、どう行動すべきかを教えます。

スポンサードリンク

喧嘩別れの後、反省も無しに彼女に復縁を迫るのはNG

喧嘩別れ、後悔、復縁というのは、そう簡単にはいかないでしょう。

最初に考えるべきは喧嘩の原因、これが分からなくては、相手が悪かったのか、自分が言いすぎたのか、復縁を願う言葉が薄くなってしまいます。

「とにかくお前が大切なんだ」なんて、女性がときめきそうな文句かもしれませんが、意外とそうでもなく、女性って結構ドライでちゃんと考えています。

復縁を考えるとき、女性は「今後も同じようなことが起こるなら、また付き合ってもいっしょかな」と思うのです。そう捉えられると、復縁することに対して、あまり前向きな思考とは言えないでしょう。

喧嘩別れしたのなら、喧嘩原因をちゃんと追究し、それに真摯に向き合って、原因があなたにあるなら、それを直すことを相手に伝えなくてはいけません。

まずは喧嘩が起こったこと、それをどうやって解決するか、その先に復縁とかの未来が見えてくるのです。

感情を取り除いて、別れた理由だけを考える

別れというのは、「別れたことが悲しくて感情的になってしまう」こともあります。

別れという事態を、冷静になんて考えられる人は少ないでしょう。

喧嘩も別れも、まずいのは「感情が先走ること」で、感情が先にある行動というのは、思ってもいない言動を生み出したりします。

「とにかく復縁したい!」と、それだけを言っても、喧嘩別れで失った彼女は、戻ってくることはありません。

実はこのとき邪魔なのは「感情」であって、これが好きな気持ちを冷静に分析できなくしてしまいます。人間は感情の生き物と言われますが、相反する邪魔な存在になることもあります。

理由に対して、その時々に「自分がどう思うか」なんて、ここでは意味を成しません。

もしできないのであれば、白い紙に理由だけを書き出してみるなどして、「自分の感情を除外」するといいでしょう。

難しいのは分かりますし、それができたら苦労しない、そう言いたくなるかもしれません。

でも、それをやる必要があるときなのです。

▼何が原因で別れるほどの喧嘩になってしまったのかを考えましょう

リンク画像

簡単に謝るようでは言葉が軽い

復縁を考えると、「彼女の機嫌を直さなくては」と思ってしまいますよね?

その通りではありますが、軽く頭を下げてしまって、「とにかく謝ればいい」という姿勢はいけません。

喧嘩別れとはいえ、彼女がどんな気持ちになったのか、なぜ別れを選択し受け入れたのか、そこに迫る必要があります。

「謝る」って、難しいことでもありますが、「謝ること以外が目的にある場合は、簡単に謝れてしまう」のです。

この場合の謝罪の言葉って、非常に軽いものになってしまいます。筆者にも経験がありますが、謝ることが大切でない、その先の利益のためなら、謝るのなんて簡単です。

復縁したいとはいえ、そのためだけに謝るのなら、それは女性に見透かされてしまいます。

▼口先だけで謝るなら誰にでもできますし、元カノには信じてもらえなくなるでしょう

リンク画像

相手の感情にのせられないこと

復縁を迫った時、彼女の気持ちはまだ落ち着いていない可能性もあります。

彼女的には「何故このタイミングで!?」と、感情的な反論をしてくるかもしれませんが、それにあなたが同調してもいけません。

相手が感情論で来たのだから、自分も言い返していい。そんな理屈は通用しないのが、男女の仲というものです。

あなたからしたら理不尽と思ってしまうかもしれませんが、彼女だって「一生懸命に考えている」からこそ、時間が経っても感情的でいるのかもしれませんよね。そう考えてみると、「あなたとのことを真剣に考えている」と思えませんか?

実際のところ、彼女の本音は分からないものです。

ですが、「あなたが復縁したい」と願うのであれば、彼女の本音も飛び越えて、何か行動を起こす必要があります。

そして、その行動には何事においても「感情を除外」しなくてはいけません。

ここでためらうなら、復縁なんて夢のまた夢になってしまいますからね。

彼女のホンネに迫るように話し合いをしていくのがベスト

復縁するためには、「話し合いが不可欠」です。

別れたのは喧嘩したからではない、喧嘩はそのときの感情がさせただけ、別れに至ったのはそれ以外の原因が必ずあって、彼女のホンネがあるのです。

「喧嘩が原因」ということもありますが、喧嘩する理由が、その前にあったハズですよね。揉めなければ、もしかすると別れなんて来なかったかもしれません。

喧嘩をしないというよりも、「喧嘩しないで済むためにはどうするか」が問題です。

根本の原因を潰していかなくては、何も前に進まないからです。

それにたどり着くためには、「彼女のホンネ」を聞けると、あっさりと解決します。「自分が思う彼女のホンネ」ではなく、彼女の口から出るホンネです。

そうでなければ自分の勝手なカン違いで、彼女を理解している気になっているだけ、ですから。

▼話し合いをするときには、相手の気持ちをしっかりと聞き出すことが大切です

リンク画像

手紙やLINEの活用も使いかた次第で効果的

どうやって復縁を願うか?を考えると、この際だから文字にしてみるのもいいでしょう。

感情を抜きにして原因だけを書き出すのと同じ、復縁するためにどう考えたのか、感情は書かずに文章にして相手に読んでもらうと、かなり効果があります。

正直なところ、LINEよりは手紙のほうが良いでしょう。

文字になると、それは残るので何度でも読み返すことができますよね。

彼女にも考える時間が必要で、そのためにはあなたの気持ちを、文章で渡しておけば、「彼女のペースで考える」ことができます。言葉は熱く語ることができますが、感情が乗り過ぎて、少し暴走することもあります。

こんなときこそ、思いをしたためて手紙を書いてみるのをおススメします。

あなたはなぜ復縁したいのか?しっかりと彼女に伝えよう

彼女と復縁したい理由はなんですか?

「もう一度、彼女と付き合いたいから」だけでは足りません。

喧嘩して別れる、そのことのほうが重大な問題なら、何もかも乗り越えて、もう一度付き合いたい、そこまでを言う必要があります。確かに、単純に考えるなら「別れたくない」の一言に尽きますが、相手から「何故別れたくないの?」と聞かれたとき、うまく言葉にできなくてはいけません。

気持ちを整理して、ここ一番でキメの言葉を言える、その準備をしておかなくては、最大のチャンスを逃すことになるかもしれないからです。

自分にとって大切な存在、それを伝え「ちゃんと伝わらなくてはいけない」のです。

付き合った当初には、もしかするとコレをしたことはありませんか?

でも今になって、それをカタチにするのは、結構難しかったりします。喧嘩別れをしたあと、もし復縁を望むなら、必要なことはコレですから。

男性が一歩踏み込んで大人になることも必要

彼女が「喧嘩が絶えないことに疲れた」なんて、思っているかもしれませんよ?

喧嘩自体が原因の場合は、喧嘩を減らせることが必要で、そのためには「どちらかが折れる、大人になる」ことです。

喧嘩って、実はこれも相性みたいなもので、仲直りできる喧嘩をするカップル、激しくてそのたびに別れちゃうカップルはいます。

後者は、どちらかというと毎回元サヤに収まったりするのですが、仲直りできるハズのカップルは、意外なタイミングで本当の別れがやってきたりします。厄介なのは前者ですが、もちろん後者も「いつかは喧嘩をやめなくてはいけない」のです。

相手に喧嘩をしないことを望むのも必要ですが、相手が変わるより、自分が変わるほうが楽だったりしますから、あなたが大人になるタイミングかもしれませんね。

喧嘩も遠慮が無くなりすぎるのはNG

喧嘩するのは、付き合っていれば当然のことでもありますよね。

喧嘩することが当たり前になりすぎると、「喧嘩するほど仲が良い」と思うかもしれませんが、これを過信しすぎて、暴走する喧嘩は取り留めが無くなります。

気を遣うのと、遠慮は違いますが、喧嘩をしたとしても遠慮とかマナーはあるものです。

相手のことが大好きなハズなのに、喧嘩すると憎くなる、よくある話ですが、かといって「何でもアリの喧嘩」ではいけません。喧嘩に勝ちたい、相手をヘこませたいからと、罵倒するような言い合いの喧嘩はハッキリ言って無駄で終わります。

「最低限の節度」というものがありますので、相手が憎いばかりに言葉をぶつけては言ってはいけません。

少しマンネリしているときの喧嘩は大失敗に!

彼女が「今どう思っているか」は、喧嘩をしたときに露呈することになります。

マンネリしていて大ゲンカ、付き合うことも潮時と彼女が考えていたら、喧嘩をきっかけに別れを切り出してくるかもしれません。

あり得る話です。

「別れを切り出されること」に対して、ビクビクしているわけでもありませんし、喧嘩をガマンするのは非常に疲れます。かといって、感情に任せてなんでも、アリの喧嘩をしていいわけでもありませんよね。

喧嘩別れになる場合、その多くが「その場の感情に任せた」と言います。

調べてみると、喧嘩別れの原因は「感情」と答えた人が8割、同時に後悔した人が半分以上いました。

「別れたほうがいいのかな」と悩んでいるとき、そのきっかけを与えるような喧嘩は、別れに向かうことになる、考えたらわかりますよね。喧嘩になりそうなとき、少しだけ彼女の気持ちを考えてあげると、「この喧嘩は飲み込むべきか」が判断できます。

でも、あなた自身もマンネリを感じているようなら、この喧嘩をきっかけに感情が爆発してしまうかもしれませんが。

▼お互いにマンネリを感じているなら、まずはどう改善できるか考えてみることです

リンク画像

本当に復縁したいなら順序を追って!じっくり時間をかけるのも大切

どうしたら復縁できるのか?を考えると、「どうしても焦ってしまう」こともあります。

復縁の方法はいろいろ、でもコレと決まったものがあるとは限らず、アレコレ考え、最善の方法を模索することが必要です。

何かの文献を読んで、答えが出るならそんなに楽なことはありません。

ただいけないのは、焦ることです。「焦り過ぎるとよくない」と言いますが、男女の関係はまさにそう言えるでしょう。付き合うためにもいろいろ考え、詮索したりしながら、一歩ずつ前に進むでしょう。

喧嘩別れも同じことです。復縁自体がいったんリセットするとき、喧嘩別れしたなら、次こそ喧嘩しないで済むように、自分自身の心を持ち直してから、復縁を望むようにしましょう。

本当に好きなら、これができるハズです。

失いたくない、後悔したから、復縁を望むのですから、喧嘩別れのタイミングで、「真剣に考えて見つめ直す」ことが必要なのです。

「どうするか?」よりもまず、「じっくりと考えること」をおススメします。

それをしなくては復縁なんて叶いませんし、また同じ失敗をするだけですから、しっかりと自分と彼女と向き合ってくださいね。

▼元カノがまだ忘れられないなら…こちらもオススメです

リンク画像
スポンサードリンク
Comments

みなさんのコメント

ジャック

喧嘩したら別れるまで。
相手が邪魔立てするから悪いのだ。

Comments