男性が解説する、彼女と別れる理由5選!好きだからこそのワケとは?

大好きな彼女と別れることなんて、想像すらしたくありませんよね。

でも、別れるしかない場合もあって、その理由を5つ紹介します。

できることなら、別れずに済むための対処法を一緒に考え、別れない選択肢を模索できないか、それを探るために読んでください。

スポンサードリンク

彼女と別れる理由5パターン。ちゃんと好きだからショックを受けるんです

どんな理由があるにしても、許せないと思う気持ちが生まれるのは仕方ありません。

ちゃんと好きだからこそ、別れるほどの理由が生まれることになる、好きな気持ちの裏返しこそ、別れるほどの事態に発展するのです。

対して好きでもなければ、何をされようと、あんまり気にも留めないでしょう。

ただ、こうなってくると、「なんで付き合っているのか」すらも、怪しくなってきますよね。

彼女と付き合っていれば、いろいろあるハズなので、別れを決断させるほどのことが出てきたら、「そこまではとりあえずちゃんと好きだった」ということの証明でもあります。

好きな彼女から、別れるほどの理由が突きつけられたとき、それは自分を裏切られたような気持になり、その復讐心から別れを考えてしまうのです。「ウラハラ」とは言いますが、そういう気持ちも、好きな感情の裏にあるということです。

そして、これは「好きになるほど」加速していく、というのも覚えておきましょう。

浮気していたから

別れる理由もいろいろありますが、どうしようもないのが、気持ちの部分かもしれませんね。

彼女の浮気、どの程度まで進んでいたかにもよりますが、気持ちを一瞬でも取られたように感じるのであれば、それを取り戻すのは、あなたの気力次第です。

例えば、一夜限りの関係だったとしても、それを許すことができるでしょうか?

気持ちのうえでも、浮気関係の男性と通じ合ったこと、そのことが頭から離れないなら、別れの決断しかなくなってしまいます。

あとやっかいなのが、「浮気グセ」というもので、これは治らないケースがほとんどです。

浮気グセって、「特定の誰かと付き合っていて成立するもの」です。

スリルにも近いものがあるので、これは付き合っている相手が容認してあげるしか、解消のしようがありません。

そうなってくると、あなた自身が器の大きいオトコになる必要が出てきます。

そんなこと、ほぼ不可能なので、結局別れという決断に行きつくでしょう。

ですが、彼女から浮気の事実が打ち明けられただけでも、正直になってくれた、ひとつの絆が深まった考えることもできます。

多額の借金があった

何とかなるかもしれない、そう思ってしまうのがお金の問題かもしれません。

彼女に多額の借金があった場合、金額次第ではありますが、先の人生を左右する問題でもあるので、別れる選択しかなくなる可能性が出てきます。

金額にもよりますが、まずは「彼氏としてなんとかしたい」という気持ちが先行するでしょう。

しかし、内容をしっかりと確認してから、その借金をどうするか、別れるべきかを判断しなくてはいけません。

例えば、50万の借金なら、しばらくすれば彼女だけでも返せるでしょうから、待ってあげるのもひとつの手かもしれません。

ですが、あなたが安易に返すことを協力するのではなく、デート代を出してあげるなどしてたほうが良いでしょう。

大好きな彼女とはいえ、お金の問題は、けっこうシビアにしていないと、これも癖になる可能性があるので気を付けておきましょう。

ただ、3ケタの借金が見え始めると、その理由も問題になってきます。

簡単には、どうにかできる金額でもないので、浪費が原因の借金なら、別れるという選択肢が必要になるでしょう。

結婚してくれない

女性の中にも、結婚についてあまり真剣に考えていない人はいます。

彼女が結婚してくれないなら、将来を見据えることができないので、あなた自身の結婚願望が強いなら、別れるしかなくなってしまいます。

ただ、結婚するくらいの期間、付き合ってきた相手同士なら、あなたが彼女を説得してプロポーズするしかないかもしれませんね。

プロポーズに失敗したのであれば、それを再度チャレンジするもよし、あなた自身が頑張るときです。

彼女との別れを選択するのもありですが、次の彼女ができたとしても、すぐに結婚できるとは限りません。

そのため、今の彼女にもう一度プロポーズしてみて、その結果を待ってからが無難かもしれません。

結婚してくれない理由も色々あるので、それをなんとかできるなら、そのほうが結婚へは近道です。

「結婚してくれない→別れる」は、あまりにも短絡的すぎるので、よく考えて決断しましょう。

親が反対しているから

あなたと彼女の親、どちらかの親が反対しているようなら、付き合うことは難しいのかもしれません。

親の反対、どれほど反対しているかにもよりますが、彼女の親が反対しているなら関係を続ける、あなたの親が反対しているなら、根気よく説得することが大切です。

親が関係ないとは言いませんが、一番は「二人の問題」であって、そこに最初に親は関係ありませんよね。

彼女の親が反対していても、付き合っていることを認めてもらって、あなたの親が反対しているなら、その理由を聞き出すことは簡単なハズです。

自分の親が大切か、彼女との付き合いを優先するか、ケースバイケースかもしれませんが、彼女のことも同じくらい大切なら、自分の親くらいは説得しましょう。

これは、「天秤にかける」ということではなくて、彼女を守るかどうかになってきますから、ここ一番で、やるべきときでもあると言えます。

二人の関係が進展しない

付き合って浅い期間に起こりがちなのが、このケースです。

彼女との仲が進展しない、あなたから進展を求めても、それ以上に発展しないようなら、一度彼女の気持ちを再確認して、別れるという選択肢も必要です。

好きなら、男と女ですから、それなりに仲が進展するのが、オトナのカップルです。

あなた自身、いずれは結婚に向かっていると思っているなら、彼女との仲が進展しなくては、結婚なんて夢の話になってしまいます。

将来を見据えているなら、時間がかかってでも、二人の関係は進展するべきでしょうから、それが全く感じられないようなら、別れることも視野に、彼女と話しをしましょう。

ただ、一方的に別れるのはよくありませんから、ちゃんと話をして、仲が進展しない事に悩んでいる、そのことを伝えなくてはいけません。

もしかすると、彼女が理解してくれて進展するかもしれませんし、それでもダメなら、別れを決断するときです。

中には妊娠を機に別れるというパターンも

付き合っていれば、もしかすると彼女が妊娠することだってあるでしょう。

妊娠をしたけれど、産むことができない場合、堕胎することをきっかけに二人の仲が悪くなり、別れに発展することがあります。

男性側からだけで見る、「別れる理由」ではないかもしれませんが、堕胎することで、お互いの将来が見えなくなってしまうこともあります。

堕胎することになっても、別れることなく、次のタイミングを見ることができる二人なら、きっと上手くいくかもしれませんが、この時点でダメになるカップルはけっこういます。

妊娠が分かったのであれば、やっぱり結婚を考えてほしいものです。

順番は違えど、それは修復できるので、最終的に幸せになるためには、妊娠もうまく乗り越えたいところですね。

一番は、結婚してから妊娠する、その流れを間違わないことも大切です。

好きでも嫌いでも、男女の仲は不安定なもの

男女の仲って、始まりは「好き」という気持ちからですよね。

好きであれ嫌いであれ、男女の仲は一瞬で熱したり冷めたり、とても不安定なものです。

うまいこと熱し続けることができれば、先を見通せるでしょうし、結婚することだってあり得ます。

ですが、「好きな気持ち」であったとしても、それにも上下することがあるので、男女の仲が安定することって、実は案外難しいのかもしれません。

ケンカすらなく、円満で仲良しだとしても、ずっと一緒で四六時中となりにいるのは、どうしても疲れてしまいます。

バカップルだったとしても、ひとりの時間があってこそでしょう。

そして、好きという気持ちを加熱するより、嫌いという気持ちを加速させるほうが、実は簡単だったりします。

同性の友人なら、何かあったとして、相当な理由でもない限り、「復縁」というカタチはありえますが、男女の仲だった場合は、それを元に戻すのは大変です。

それほどまでに、男女の仲というのは、「気持ちひとつ」でしか成立しないところがあるからです。

恋愛でも結婚したとしても、気持ち次第でどうにでもなるのが男女の仲、そのことを忘れてはいけません。

もしかすると、世の中には「絶対」なんてあり得ないのかもしれません。

考えすぎると、生きることすら不安になってしまいそうですが、気持ちが変わるだけで、人間は物事を逆転してしまうのです。

気持ちで成り立っている以上、それが崩れてしまえば、男女の仲には「成立する理由」が無くなってしまいます。

目に見えないものだからこそ、難しいことでもあるのです。

好きだけど別れる?それは必要なこと?

「好きだけど別れる」って、矛盾していると思いませんか?

好きな気持ちが残っているだけのこと、でもあなた自身の中で、許せない何かがあったから別れの選択肢しかない場合に、この言葉が必要になります。

気持ちと行動は伴わない、そう言うことがありますが、まさにその通りかもしれませんね。

単純に、「好きなら付き合えばいい」と言いたいところですが、好きだからこそ気になって仕方ないこともあるのです。

だって、好きでもない女性が、どういう男性と付き合おうと、気になんてならないですよね。

それと同じことで、好きな気持ちがあるからこそ、「許せないこと」が出てきてしまうのです。

そうなると、「自分が許せるかどうかだけ」になってくるのですが、そう単純な話でも済ませられないのが、男女の仲というところでしょう。

どんな理由であれ、別れるという選択肢は最悪の選択肢にする

あなた自身、彼女と別れたいと思っても、「別れは最悪の決断」なのです。

どうにかしてやっていくことはできないか?を考え、前向きに彼女と話し合うこと、それを忘れてはいけません。

借金にしろ浮気にしろ、「怒ってしまった事実は変えようがない」ので、それを今後どうしていくか、「どうにかする気があるか」なのです。

好きという気持ちがあるなら、這ってでもやり切る気持ちにつなげることはできます。

手を貸したいとか、許したいとか、前向きな気持ちを持つことができたのであれば、次はそのことをしっかりと話し合って、目標を持たなくてはいけません。

別れしか見えないとか、たとえマイナスな気持ちであったとしても、安易に決断するのはやめましょう。

別れることはある意味簡単なこと、好きな気持ちがあるからこそ、あえて難しい道を選択するのも、彼氏の務めかもしれません。

状況によっては、「別れることが二人のため」という考えも浮かぶかもしれませんが、そうだとしてもよく考えてから答えを出しましょう。

復縁という方法はあるにしても、一度別れると、後悔は先に立ちませんから。

覚悟を持って付き合うこと!彼女への気持ちを簡単に切らさない

付き合っている彼女との間に起こったこと、それはすべて「あなたにも関係ある」のです。

彼女と別れるという気持ちになるほどのこと、たとえ起こったとしても、別れると選択した時点で、もしかすると「逃げ」かもしれません。

別れるにしても、話し合うことで、まずは「ちゃんと向き合うこと」が必要なのです。

確かに、「別れるしかない状況」はあるとしても、その結果を出すまでのプロセスが大切です。

あなた自身、中途半端な気持ちで、彼女と付き合ってきたわけではない、そうだからこそ、これを読みながら悩んでいることでしょう。

本気の裏返しこそ、何があっても悩むのは当然、悩んでこそ彼女を好きだったという証拠なのです。

「どうしたらいいか?」で悩むうちは、まだ別れずに最善に道を模索できます。

そう考えるようにして、何とか別れを回避し、可能な限り「最悪の選択をしないで済む」ようにしましょう。

大好きな彼女ですから、手離すような選択はしないために、最善を尽くせるよう、しっかりと考えてから、どんな決断も下すことを忘れてはいけません。

スポンサードリンク
Comments