彼女との結婚に踏み切れず別れる結果に…女性の結婚に対する思いとは

彼女と付き合っていて結婚の決断ができずにモタモタしていると、彼女が他の男性との結婚を決めてしまい、別れることになったということがあります。

「付き合っている間柄だから」なんて、男性が勝手に思うこと、彼女だってひとりのオンナであることから、結婚を望んでいても不思議ではありません。

もし、あなたとの付き合いに、将来性が見出せず悲観していたら?

彼女は結婚を申し込んできた、他の男性のもとに行くことだってあり得るのです。

彼女をとられないためにできること、教えます。

スポンサードリンク

女性はいつだって自分の幸せを求めている…幸福のかたちとは

あなたは彼女が、女性であることを忘れていませんか?

一緒にいて当たり前になりすぎると忘れる、彼女だってひとりの女性であり、あなたの彼女である前に、女性としての幸せを求めているのです。

回りくどい言いかたかもしれませんが、別に「あなたの彼女でなくても」幸せを求める方法は他にあるかもしれませんよね。

そうなってくると、あなたとは「偶然、付き合っただけ」であって、もしかすると他の男性の彼女だったかもしれないのです。

言い出せばキリがありませんが、これって事実ですよね。

そして女性は、自分の幸せを求めているのです。

男性よりも貪欲、そう言える一面を持っているのが女性なのですから、それを忘れてしまうと、彼女はあなたに愛想を尽かしてしまうこともあるでしょう。

彼女が、いつなんどき何を想っているか、それを忘れてしまうと、彼氏としての務めを果たせなくなってしまいます。

彼女がひとりの女性であることを忘れず、ダラダラと付き合っているだけではダメ、時期が来たらもっと深い関係を目指すことも必要です。

「結婚すること」と、短絡的に考えてはいけませんが、それでも「前に進むこと」は常にしておかなくてはいけません。

彼女は女性です。

女性を満足させ続けるためには、ステキな彼氏でなくてはいけませんから。

男性と女性では幸せの尺度が違う

男性が思う幸せと、女性が思う幸せは、少し尺度が違います。

男性は踏ん切りをつけてまで、先に進めようとする幸せは求めない、一方で女性は、一度しかない人生で、満足できる限り幸せを求め続けるのです。

「付き合っていて彼女もいるし、これでいいか」と思うのが男性、「この男性と
さらに幸せになりたい」と思うのが女性なのです。

男性はいつかは結婚、女性はいつ結婚?と思っているということ、これってとても大きな差ですよね。

今のままでも幸せと思えるとしても、女性は男性よりも幸せに対する欲求が大きいため、付き合っていると、段々と差が明白になっていくのです。

付き合っていれば、言わずとも見えてくるのが結婚ですから、それに向かって付き合っていかなくてはいけません。

彼女は言わないだけ、1年も付き合っていれば、きっと結婚したいと思うようになるでしょうし、周りが結婚し始めると、自分だって焦りが出てくるのです。

男性とは違って、子供を産める年齢とか、そういうものを考えてしまうため、やはり女性の結婚問題は、男性が思っているより深刻なのです。

そして、結婚や出産という幸せに対して、自分の年齢を置き換えてみたり、周囲とイヤでも比べてしまうのです。

これだけは覚えておきましょう。

▼女性の結婚適齢期についてはこちらをご覧ください

リンク画像

あり得ます!今の付き合いを捨てて結婚を求めて別れる女性

ドラマのような話と思うかもしれませんが、実際にあるのがコレです。

彼氏がいても、他の男性から求婚されて、彼氏と別れて結婚を選ぶ女性、全体の1割しかいませんが、事実なので気を抜くことはできません。

その1割、自分の身に降りかからないとは言えませんし、可能性であるからこそ、あり得る話なのです。

劇的な求婚なら、もしかするとあなたの彼女にだってあり得るでしょうし、経済力や好きな気持ちが、他の男性のほうが上回るとするなら、受け入れてもおかしくないのです。

それだけ、女性にとって結婚とは大きな意味を持っているため、できることなら、こんな話が来る前に、あなたが結婚を申し込むことができるほうがいいでしょう。

当たり前ですが、あなたと結婚するのが幸せなのですが、その時期があまりにも遅いと感じられてしまっては、彼女の心変わりを責めることもできないのです。

もしあなたが、彼女と付き合う期間が長くなってきて、彼女が「ダラダラ付き合うだけはイヤ」と思うようになったどうしますか?

女性は最終的に結婚したいと思うのは当然、あなたと付き合っている時間も、最後は結婚できるかもという期待を持っているのです。

いつ結婚するかを考えたことがあるか、彼女がいる男性に聞いてみると、「決めていないがまだ先、結婚する気はある」という人が6割を超えています。

この答え、女性からしてみると、「あいまいすぎる」と思うでしょう。

結婚に対する意識について言えば、絶対的に男性のほうが低いということを、表わしてもいる結果です。

▼男性がなかなか結婚に踏み切れないのには理由があるようです

リンク画像

女性は、いつか結婚できると思えなければ、あなたと付き合うことはないでしょう。

付き合う始めに、「結婚はしないけれど」なんて言ったら、彼女になってくれる女性はいません。

付き合いながら探っていく、それが結婚のタイミングなのかもしれませんが、あまりにも「期限が無いまま」でいると、結婚できる男性に惹かれてしまうことだってあるでしょう。

女性の結婚に対する意識、それを分かっていながら、何もしないままでいると、彼女はあなたへの気持ちが途切れてしまうのです。

「この人と一緒にいていいのだろうか」と、そんなことを思わせてはいけませんし、彼女からそう思われているって、とても悲しいことです。

でも、現実としてこういうことがある以上、やはり今付き合っている彼女との将来は、ある程度でも目標を立てて見据える必要があります。

付き合っているとは言っても、結婚してしまえば勝ちとするなら、他の男性が結婚という横取りをしてきても、それは別に法律に反するワケでもありません。

恋にルールが無い以上、彼女との結婚は自分次第、あなたの両肩にかかっているのですから。

▼いつまでも結婚に踏み切れないままだと、彼女は結婚サイトに登録してしまう可能性もあります

リンク画像

付き合うことより結婚のほうが大きな幸せ

付き合っていること、女性にとって、どれだけ幸せと感じているのでしょうか。

男女の中を女性目線で考えるとき、いつまでも付き合っているよりは、ある程度の段階で結婚したほうが幸せ、そう考えている女性は多いのです。

当たり前かもしれませんが、付き合っていれば、「いつかは結婚したい」と思うのが普通です。

男性からして、女性に対して「結婚もせずに付き合ったまま」なんて、長くなってくれば失礼だったりもするのです。

「結婚は女性の幸せ」なんて古い!と思うかもしれませんが、時代は変わっても、「結婚できないままは悲しい」というのも変わりません。

やっぱり、結婚にも幸せというものを感じられるわけで、付き合うよりは結婚したいと考える女性が多いのです。

早い人は3ヶ月も付き合えば、結婚したいと考える女性もいるので、やはり「結婚しないまま」ではいけないということが分かりますね。

彼女はきっと、結婚したいというサインを出していたハズ

結婚を求めている彼女、少なからずサインを出しているのです。

女性は結婚について何かしらの希望を持っているもの、彼女の友達の話など、結婚についての話題があったなら、それは結婚したいと思っているケースがほとんどです。

調べてみると、年齢としては30代から、結婚に対する意識が強くなっている女性が多く、
アラサーなんて言葉があるくらいですから、20代後半には結婚を見据えているでしょう。

社会に出て、それなりに仕事もこなし、あなたという彼氏もいる、次のステップを考えるとするなら、やはり結婚ということになります。

普段付き合っていて、それに気付くことができているでしょうか?

▼女性が結婚したいと思うとき、その決め手はこちらです

リンク画像

やはり、先の説明からしても、「出産の問題」はあるので、できることなら彼女の意思を尋ねてみることも必要です。

結婚と出産は、自由とは言っても選択肢のひとつなのですから、男性であるあなたも真剣に考えなくてはいけません。

だって、特に出産はあなたという相手がいなくてはできないこと、これが大原則なのですから。

考えてあげること、それは彼氏としての務めでもあるのです。

彼氏としてできることは、ただ付き合うだけではない!

あなたは彼女の彼氏として、満足に務めを果たしているでしょうか?

毎日楽しく、一緒にいるときは幸せ、それだけで女性は満足できなくなり、いつかは家庭を持ち、さらなる幸せをと思っているかもしれません。

彼氏という存在、このままいけば「高確率で結婚する」ということでもありますが、彼女としては、それがいつなのか、現実になるのかとても不安なのです。

学生でもない限り、付き合う期間が長くなるほどに、これを考えることは多くなるのです。

だって、一度の人生ですから。

「人並みの幸せを得たい」と考えるのが人間、そして女性にとって結婚は、それに含まれるのです。

なんとなく付き合ったまま、時間だけが過ぎて何も変化が無い、それって最後はマンネリして終わりを迎えるだけになってしまいます。

彼氏なのですから、二人の仲を進展させて、変化を付けながら前を向いていく、それが務めなのです。

結婚の時期を明確にしておくメリット

結婚の時期を明確にして付き合っているカップルもいます。

結婚の時期が決まっていると、覚悟もできるし、彼女だって離れていくことはない、そのタイミングが来て話し合い、今できるのか、もう少し待つのかを共有できます。

一緒に貯金などして、目に見える目標とするのも良いかもしれません。

▼一緒に貯金をしていくことで、お互いの金銭感覚を確認することもできますよね

リンク画像

彼女だって、訳も分からず、プロポーズをしてくれないなんて、不安しか残らないでしょうから、あなたは「いずれ結婚すること」を宣言すればいいのです。

口に出すだけでも違ってくるでしょうし、言った以上はそうそう後に引けなくなります。

いずれは結婚するにしても、「それがいつか分からない」よりは、「期限が決まっている」ほうが、彼女だってあなたを待つ気持ちでいられます。

あなたからしてみれば、「彼女に他のオトコが寄ってきても大丈夫」となるわけです。

いいなずけとか、フィアンセって、けっこう重いものですよね?

それを逆手に、彼女の気持ちを縛ることができるのです。

結婚する気があるのであれば、「いずれ」から「いつ」にしなくてはいけません。

付き合っている彼女を手放す結果にならないために

いたって普通のこと、それが結婚までの流れなのですが、出会いがないなど、悩む人が多いのも事実です。

付き合っている彼女がいるということは幸せなこと、まずはそれに気づくことから始めましょう。

結婚という行為は、女性を縛る魔力みたいな力があります。

だって、一般的な幸せで考えるとするなら、老後に一人ぼっちなんて、特に女性は寂しいままで終わってしまいます。

子供を産むことができる、良い奥さんになりたい、いろいろな「憧れ」って女性にはあるのです。

男性は、この辺の感覚が女性より劣っているため、「なんとなく生きている」というのもホンネでしょう。

なんとなく生きていても、結局女性と付き合って、その彼女を取られるなんてイヤですよね。

結婚できないままの彼女、結婚してあげられないあなた、そんな構図は想像したくありませんし、二人ともガッカリして、心に残るものが生まれてしまいます。

順当に考えるなら、付き合って結婚という流れが、やはり幸せなのです。

あなたが彼女をどう思っているかが重要ですが、付き合っている以上は、「結婚したいと思える相手」でなくてはいけません。

一緒にいる以上は、一生を見据えられるお互いであること、それがオトナの男女なのです。

他の男性が彼女に言い寄ってきて、それから気付くなんて遅すぎます。

そうならないために、今もう一度よく考えて、彼女と結婚することを見据えてみましょう。

まずは大切に考えること、それから彼女との結婚の重要性が見えてくるハズです。

焦ることなく、余裕でいることでもなく、着実な一歩を進めていくこと、それだけで彼女との仲は円満に進んでいくのです。

▼男性が結婚を決めるタイミングもチェックしておきましょう

リンク画像
スポンサードリンク
Comments