相性占いにはまっている人必見。片思いは相性だけが全てじゃない!

占いの結果が悪いと、何度も何度も良い結果を求めて、占いをしてしまっていませんか?

占いを繰り返すことを「占いジプシー」と言うのですが、それは一種の依存でもあります。つまり、あなたはすでに占いに依存してしまっているのかもしれないのです。

「え?依存?」と焦ることなかれ。多くの人が、占いへの依存を経験しています。そのうち、恋愛を重ねていくごとに、占いの結果よりも自分の感覚の方が大切なことに気づき、占いジプシーを卒業していく人がほとんどです。

実は、筆者もそのうちの一人。筆者の経験のもと、片思い期間中の占いの在り方、そして、相性だけにこだわる必要がないことをお教えしたいと思います!

スポンサードリンク

片思い期間中に占いを利用するメリット

もちろん、メリットがないと、占いを利用することはないですよね。筆者なんて、過去に占いにハマりすぎて、100万円も使ってしまったのですから。

片思い期間中に占いを利用するメリットについてまとめてみました。

結果次第では安心することができる

片思い期間中は、いつも不安がつきまとってしまうもの。

占いは、結果次第では、その不安を解消してくれるというメリットがあります。

もちろん、占いの結果が相手の本心とは限りませんが、結果に感情が左右されてしまう人は多いはず。

特に「あなたに気があるかも」なんて嬉しい結果が出ると、「頑張ってアプローチしてみようかな」なんて気になりますよね。誰にも言えないような自分の悩みを解消してくれるような気持ちにさせてくれるのが占いの特徴でもあるのです。

友人の励ましよりも信頼性があるように感じる

友人に恋の相談をしても、ピンと来ないという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

友人からの励ましよりも、信頼性があるように感じるのも占いの特長。

友人から「大丈夫だよ」と励まされても、心の中では「何が大丈夫なんだよ」と思ってしまいますが、占いで「上手くいきます」と言われると、素直に「そうなんですね!」と頷けてしまいますよね。

そして、何よりも占いなら、悪い結果も良い結果もきちんと伝えてくれますが、友人は気を遣って、いい事しか言ってくれないもの。だからこそ、占いの方が、信頼性があるように感じてしまうのかもしれません。

筆者は、友人に話してもすんなりと受け止めることができる回答がなかったことから、電話占いをし始めました。その結果、占いジプシーになり、100万円も使ってしまう羽目になったのです・・・。

そうならないための方法については、この後紹介していきます。

相手の気持ちが知れる気がする

「占いの結果が好きな人の本心ではない」とは、頭のどこかではきちんと分かっているのに、占いの結果が出ると、相手の気持ちを知れたような感じがしますよね。

占いには、本人には聞けない相手の本心を知ることができたような感覚になれる効果があります。

確かに、ものすごく当たる占いもあるのですが、どこまで信じるかは本人次第。

占いにハマってしまっている人は、全てが当たっているように感じ、占いの結果に自分の思考を寄せてしまう癖があります。たとえば、「彼は今1人が気楽でいいと思っている」と言われたら「確かにいつも1人でいそうな感じするよなぁ・・・」とか、勝手に彼のことをそういう人だと思いこむようになってしまっている可能性大。

本当に彼が1人でいることが気楽なのかは聞いてみないと分からないのに、自分の中で勝手に納得して彼はそういう人だと思っている。そのことを知れただけでも、彼の一部を知ることができた気がして、嬉しくなってしまうのが占いのメリットでもあるのです。

占いが引き起こすデメリットとは

占いを過信してしまうと、デメリットが生じてしまう時もあります。占いが引き起こすデメリットについて、いくつか紹介します。

全て占いの結果に基づき行動してしまいがち

占いの結果どおりに行動してしまった経験ありませんか?

占いを信じ過ぎると、全て占いの結果にどおりに行動してしまいがち。

占いの結果どおりに行動したところで、楽しい片思いをすることができるはずがないですよね。

筆者は、どうしても叶えたい片思いをしていた当時、いつも占いの結果に基づき行動していました。

しかし、占いで出た結果どおりに行動しているのにもかかわらず、進展はしないまま。その日、その日で行動が違うため、一貫性がなく、ついには好きな人に「何を考えているか分からない人」というレッテルを貼られてしまいました。

占いを信じたい気持ちは本当によく分かります。でも、「所詮占い」だと鷹をくくっておかないと、結果が伴わなかった時に、精神的に追い込まれることにもなりかねません。占いとは上手に付き合っていくことが大切です。

占いには依存性がある

精神的に弱っている時に、占いって使いたくなりますよね。

実は、そのタイミングこそが、依存性を高める要素となっています。

弱っている時に、占いでいい結果が出ると、少し安心することができるもの。

その結果、占いは1つの精神安定剤代わりになってしまうというリスクもあるのです。もっと、もっと良い結果が欲しいと思えば思うほど、何度も占いを使ってしまうなんてことにもなりかねません。

あなたはすでに占いに依存してしまっていませんか?暇さえあれば、スマホで相性占いをしてしまっているのであれば、少し占いから離れる努力をした方がいいでしょう。

自分の考えがなくなる

占いを過信しはじめると、自然と自分がどうしたいのかを考えなくなってしまいます。

占いを過信しすぎること、恋愛で最も大切な自分の感情と感受性が奪われてしまうというリスクがあるということを理解しておきましょう。

占いを過信しはじめると、本来ならば、占いの結果と自分の感情は別物であるはずなのに、同化してしまうのです。

たとえば、好きな人から連絡が来た時、素直に「嬉しい」と思いませんか?しかし、占いを過信してしまっていると、「この間の占いの結果では相性が悪いと出ていたのに、なぜ彼は私に連絡をしてきたんだろう?」など、余計なことも勘ぐってしまうようになります。

そんな片思い楽しくないですよね。純粋に自分の気持ちで感じることができる恋愛をするためにも、占いを過信しすぎないようにしましょう。

占いを利用する時の心得

相性占いを楽しむためにも、占いを利用する時の心得についてまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください!

結果を悲観的に受け止めない

占いの結果は、好きな人の本心とは限らないことはあなたもよく分かっているはず。

たとえ、結果が悪かったにしても、悲観的に受け止めないようにしましょう。

筆者の経験上、占いの結果を本気で信じ始めると、上手くいく恋愛も上手くいかなくなってしまいます。

「その人はあなたを恋愛対象として見ていない」と、占いで言われてしまったとしますよね。「やっぱりか・・・」と落ち込む人は、占いに依存してしまいがち。次から次へといい答えを求めて占いを使うようになってしまうでしょう。

そこで落ち込むのではなく、「確かに、恋愛対象として見てもらう努力してきたかな?」と考えることができる人になれれば、占いとは上手に付き合っていけます。どんな答えであれ、プラスにとらえる努力をすることが大切です。

弱っている時こそ電話占いは利用しない方がいい

苦しい片思いをしている時、ついつい頼ってしまいたくなるのが「電話占い」。スマホアプリで自動的に出る結果よりも、やはり人から直接言われる言葉って思わず信頼してしまいますよね。

そして、何よりも電話占いの占い師さんたちは優しい!

たくさんの悩みに寄り添ってきただけあって、やはり心が温まる言葉をかけてくださるのです。

しかし、心が弱っている時に使うのは要注意!上手くいかないことがあれば、何でも電話占いで結果を求めたくなってしまいます。それこそが、占い依存へとなってしまうのです。

筆者は、占いで100万円使ったと言いましたが、何年もかけての100万円ではありません。たった1年です。毎回2~3万円分くらい話してしまっていましたから。

「そんなお金、エステに行ったり、美容院に行ったり、ジムに行ったりして、女磨きした方がよっぽどましだったな」と今になれば思います。

あなたも筆者のようにならないためにも、弱っている時は電話占いを利用することは控えておきましょう。

片思い成就のために本当に必要な努力とは

片思い成就のためには、占いの結果が全てではないことを理解してもらえたでしょう。では、片思い成就のために、本当に必要な努力にはどんなものがあるのでしょうか。

自分のありのままの気持ちで接する

恋愛は、上手くいくことばかりではありません。誰にだって、苦しい失恋を経験したことは1度や2度あるでしょう。同じ苦しみを味わいたくないからこそ、占いで相手の気持ちや相性占いをしてしまうのかもしれませんね。

しかし、その苦しさすら恋愛の醍醐味だったりします。

必死に好きな人を追いかけている日々。好きな人すらいなくて、淡々とした毎日を送るよりよっぽどましだと思いませんか?

そして、相手の気持ちが分からないからこそ、自分を磨いたりして、相手から恋愛対象として見てもらうために努力しようとするのだと思います。片思いが成就するためには、素直な気持ちで接することが1番効果的。相手の気持ちを色々模索しながら接するのではなく、「自分はあなたのことが好き」という気持ちで接することが大切です。

そうすれば、自ずと結果はついてきますよ!

「叶えたい!」と執着しすぎないこと

どうしてもこの恋愛を叶えたいからこそ、相性占いをしたりしてしまう気持ちは本当によく分かります。

しかし、実は恋愛において執着はタブー。

それは、片思いであっても、両思いであっても同じ。

執着は人を変え、マイナスオーラを漂わせてしまうのです。マイナスオーラを纏った人を恋愛対象として見るのは少々難しいですよね。「叶えたい!」と思うのであれば、執着を手放し、魅力を手に入れる努力をすることが大切です。

相性の善し悪しは後からついてくる!まずは距離を縮めるための努力を

筆者も占いが好きですので、今でも無料の占いを良く利用しているのですが、夫とは最悪の相性だと出てしまいました。彼といると私は滅びてしまうなんてことが書いていた気がします。

しかし、実際にはどうかと言いますと、何不自由なく、ノーストレスで生活できています。

このとおり、占いの結果が全てではなく、結局は、自分の努力しかないのです。相性の善し悪しは、必ず後からついてきます。「相性がいい」とか「相性が悪い」の一言で恋愛を片づけてしまうことなんてできないはず。

あなたもぜひこれからは、好きな人との相性にこだわるのではなく、少しでも距離を縮める努力をしていきましょう!あなたの純粋な気持ちが伝われば、片思い卒業も夢ではないかもしれません。片思いが成就することを応援しています。

スポンサードリンク
Comments