喧嘩をしたときの仲直り方法って?仲直りするためのテクニックとは

彼氏と喧嘩をしてしまうということは、きっとどのカップルにも見られるものではないでしょうか。

小さな喧嘩でも大きな喧嘩でも、エネルギーを使いますよね。

できるだけ喧嘩をしないように過ごしていきたいものですが、喧嘩を避けて通るのはなかなか難しいものでもあります。

喧嘩をしながら、お互いに分かり合えるところもありますし、好きだからこそ自分のことを知ってほしくて喧嘩になってしまう場合もあるのです。

喧嘩の数ほど、それだけ仲が深まっていく場合がありますので、喧嘩はつきものと思っていたほうがいいかもしれません。

そんな喧嘩をしてしまったときに、みなさんは上手に仲直りができていますでしょうか。上手に仲直りができていなければ、次もまた同じようなことで喧嘩になってしまったり、仲直りをするどころかますます関係が悪くなってしまったりしてしまうこともあるのです。

そのようなことがないようにするためにも、今回は上手な仲直り方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

彼氏と喧嘩をしたときの上手な仲直り方法とは?

今彼氏と喧嘩をしてしまって仲直りが上手にできないで悩んでいる人も、今後の参考にしておきたいという人も、どのような方法で上手に仲直りをすることができるのでしょうか。

詳しくその方法についていくつか一緒に見ていきましょう。

自分から謝るようにする

自分から謝るようにすることで、すぐに仲直りができるようになります。

自分が悪いと感じたときはもちろんのことですが、彼氏に非があったとしても、早くに仲直りをしたいことを伝えるようにします。

むきになって連絡を取ることを止めたり、彼氏からの連絡が来るまでひたすら待つということはぜずに、自分から積極的に行動をしていくように心がけていきましょう。

また、仲直りは、喧嘩をしてから早ければ早いほどいいのです。

あまりにも日が経ちすぎてしまうと、ますます雰囲気が悪くなってしまいますし、気持ちも薄れてきてしまう可能性も考えられます。

また、仲直りをするまでの時間が短いほどすぐに仲直りができるということを頭に入れておき、彼氏から謝ってこないような場合でも、あなたのほうから積極的に仲直りをしたい気持ちを伝えるようにしていきましょう。

話し合いをする

喧嘩の原因によっては、お互いに話し合いをして、はっきりと決めていかなければならない場合も出てきます。

なかなかお互いに直してほしいところがあるような場合には、お互いが感じていることや相手に対して直してほしいところがあることをとことん話し合って、しっかりと向き合う姿勢を見せていくのも大事です。

もともと生まれ育った環境が違うのですから、違いやそれぞれの癖などがあるのは仕方のないことです。

しかし、今後も付き合っていくうえでは、相手のことを思って、いやなことはしない努力をすることも大切ですし、できるだけ相手に合わせられることは合わせるようにするのも仲良く付き合っていくための秘訣になってくるのです。

あまりにも相手にばかり合わせているのもよくないですが、自分中心やわがままになってしまうのもよくありません。

ですので、どうしたらお互いが心地よく付き合っていけるかなどを話し合う機会を作るのもいいのではないでしょうか。

ある程度距離を置く

ものすごく大きな喧嘩をして、言い争いになってしまったような状況の場合には、まずは距離を置いて冷静になることが必要です。

お互いに冷静になれたところで、話し合いをしたり、謝ったりすれば、きちんと仲直りができるようになります。

冷静になれていない状況のままですと、いくら話し合おうとしても相手の考えを受け入れることができなかったりしますので、このような場合には距離を空けることが有効です。

距離をおくことで、気持ちが落ち着いたときには今まで通りに話ができるようになっていたりするときもあります。

喧嘩をしたときにしてはいけないこととは?

喧嘩をしたときに、これだけはしてはいけないということをご紹介していきたいと思います。

上手な仲直り方法を知っておけば、すぐにでも今まで通りの関係に戻れるところを、うっかりしてはいけないことをしたために、余計に仲が悪くなってしまったというときもあるのです。

そのようなことがないようにするためにも、喧嘩をしたときにしてはいけないことについて、さっそく確認をしていきましょう。

意地を張ってしまう

意地を張ってしまうと、どうしても関係が悪くなってしまい、仲直りをするタイミングも失ってしまいます。

意地を張ったことによって、仲直りができない状況になってしまうと、そのうち気持ちも薄れてきてしまったり、ますます関係が悪くなって手遅れになってしまうことも考えられますのでしないようにしましょう。

一番いいのは、自分が悪いところは分かっているのでしたら、素直に認めて直す努力をすることが何よりも大事なことになってきます。

また、相手が悪いと思っているときにも、いつまでも許さないというような変な意地を張り続けてしまうと、せっかく仲直りができるチャンスを逃してしまうことになります。

そして、彼氏も「もういい」となってしまったら、今後あなたから歩み寄っても彼氏の気持ちはすでに離れてしまっているという可能性もありますので、注意しましょう。

一方的に責めてしまうことはしない

一方的に責めるような発言や態度はしないようにしましょう。

逆の立場になって考えてみたら、自分も同じようにされて嫌なことですよね。

自分がされて嫌なことはしないようにと思っていれば、一方的に責めるというのもしなくなります。

喧嘩になったときにその原因が彼氏にあったとしても、きっかけはあなたである場合も考えられたりするのです。

自分が全く悪くないと怒り続けることをしないで、彼氏の話を聞いてあげる気持ちの余裕を持つようにしていきましょう。

彼氏にも言い分があったとしても、あなたがその話を聞こうとしなければ、仲直りには程遠くなってしまいますので、気を付けていきましょう。

言いたいことは我慢しない

彼氏に対して言いたいことがある場合には、我慢をしないできちんと伝えるようにしていきましょう。

彼氏に気を遣って、言いたいことがあるのに言わないままであると、自分の中で不満がいつかは爆発してしまいますし、後になって不満をぶつけても、彼氏としてみれば「今さらそんなことを言われても」と思ってしまいますよね。

後になって不満を口にしても、解決にはつながりません。

そのときにきちんと自分の言いたいことを伝えておかないと、また同じような喧嘩を繰り返してしまうことにもなるのです。

かといって、あまり自分の言いたいことを押し付けるのではなく、話し合う気持ちや、お互いに分かり合いたいといった気持ちを見せることが重要になってきます。

その時そのときに一つずつ解決していけるようにするためにも、しっかりと言いたいことを伝えるようにしていきましょう。

過去の話を持ち出さない

喧嘩をしたときに、よくやってしまいがちなのが、「以前もこんなことをされて嫌だった」や、「前にこのように言われて嫌だったんだから」というような、過去の話を持ち出してくるということです。

過去の話として、前も嫌だったとか言われても、彼氏からしてみると、「じゃあなぜそのときに言わなかったんだ」となってしまうわけです。

当然といえば当然の流れです。

このように、過去の話をしたところで、何も解決にはつながらず、逆に余計に関係を悪化させてしまうだけの話となってしまいますので、仲直り方法とは言わないのです。

何度もこのようなことが繰り返されていくと、彼氏も嫌気がさしてしまいますし何も改善に進んでいかないので、過去の話は持ち出さないように注意していきましょう。

話し合いをしない

彼氏のほうから仲直りをするために話し合いがしたいと言ってきても、話し合いをすることを避けるように時間を作らなかったり、断ったりすることはしないようにしましょう。

自分の気持ちがなかなか収まらずに、イライラしている状況で顔も見たくないと思っていると、せっかくの仲直りのタイミングを逃してしまうことになってしまいます。

また、彼氏と顔を合わせたくないとか話がしたくないという一方的な理由で話し合いをしないというのも、これから関係を続けていくうえでは難しくなってきてしまいます。

彼氏は明らかに避けられているとわかれば、別れることも意識してしまう場合もありますし、気持ちが離れてしまっていると感じてしまえば、あなたが別れたい気持ちがあるのだと彼氏が勘違いをしてしまうこともあるのです。

そうなってしまうと、擦れ違いが生じてしまい、修復が不可能になってしまうことも考えられますので注意が必要です。

会うことが気まずくても、上手に話し合いができなくても、仲直りがしたいと思っているのでしたら、しっかりと向き合う姿勢を見せることも大事です。

仲直りをするためのテクニックとは?

彼氏と喧嘩をしてしまって、仲直りがしたいと思ったときに、上手に仲直りができるのか不安になったりしますよね。

そんなときは、上手にできる仲直り方法に合わせて、そのテクニックについてご紹介していきたいと思います。

早く仲直りがしたいと思っている人に必見です。

また、今後彼氏と喧嘩をしてしまったときにも、今からお伝えするテクニックを知っていると、仲直りをしたあとも関係が良好にいられたり、次第に喧嘩の回数が減ってきたりします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

謝るときにあなたの気持ちも伝える

喧嘩をしてしまって、あなたが謝るようなときには、合わせて気持ちも一緒に伝えるようにしましょう。

「大好きだからこれからもずっと一緒にいたい」とか、「好きだから心配でついひどいこと言っちゃった」など、反省と共にあなたの気持ちを伝えると、彼氏も喜びます。

また、彼氏も喧嘩になってしまったことに対して謝ってくるかもしれませんし、これからはもっとあなたのことを大切にしてくれるはずです。

このように、彼氏の心に響くようなことを伝えるだけでも、二人の間の関係が一気にいい方向へと変わっていきます。

喧嘩をして気まずい雰囲気を変えていくことができますし、同じようなことでは喧嘩にならずに、仲も深まっていくことにつながっていきます。

普段はあまり気持ちを言葉にするのは恥ずかしくて言えないといった場合でも、喧嘩をして仲直りをするときには、素直に伝えてみるのもいいのではないでしょうか。

仲直り方法を試した後に未来の話をする

今回ご紹介しました仲直り方法を実践したとは、二人にとっての未来の話をするようにしましょう。

彼氏にとってどのような彼女を目指していきたいかを話してみるのもいいでしょう。

また、普段通り楽しい話として、次のデートの約束をするというのでもいいですよ。

もう、喧嘩をした内容や過ぎてしまったことに対して話をしないように、明るくふるまいながら、これからのことを話をして盛り上げていくのです。

「やっぱり二人でいるって楽しいね」と思われるような雰囲気作りをしていくと、これからはうまく喧嘩を回避していくことができるようになったりします。

いつまでも過ぎてしまったことや喧嘩をしたことに縛られないで、前向きに気持ちを切り替えていくようにしましょう。

ボディタッチをしたりする

仲直りをするときに、彼氏が多少まだムスっとしている状況のときにも、軽くボディタッチをするなど触れ合うようにしてみましょう。

話し合いをしていると、何とも言えない嫌な雰囲気になったりしますよね。

その雰囲気を早くに変えるためにも、仲直りをしたときに触れ合ったりしてみると、お互いに次第に笑顔になっていきます。

笑顔になれるとやっぱり幸せな気持ちになれますよね。

仲直りをして解決をするだけでなく、お互いの気持ちの距離も一気に縮めることができるのであれば、これからも一までよりももっと仲が深まっていくことにあります。

そうして、同じような喧嘩にならないためにも、お互いのことを思い合えるようになっていくのです。

喧嘩をしたことを前向きにとらえる

喧嘩をするということは、どうしても印象が悪く思われがちですが、喧嘩を前向きにとらえることで、今後の二人の関係に大きく影響をもたらすことにつながっていきます。

喧嘩をしたことでお互いのことがこれで一つまた分かり合えたと思うようにしていきましょう。

好きだから喧嘩になってしまうのです。

好きでなく興味がない関係だと、わざわざエネルギーを使う喧嘩などしたいと思いませんよね。

好きでもっと分かり合えたい、理解したいと思っているために喧嘩になってしまうのですから、仲直りをしたときには、彼氏にも「これで一つ分かり合えたね」と伝えるようにしましょう。

前向きな姿勢に彼氏も、今回のケンカをしたことにもちゃんと意味があったんだと前向きにとらえることができます。

そうすれば、今後そのことが活かされ、二人の関係も今まで以上に仲が深まったりするのです。

彼氏を立てるようなことを伝える

彼氏と喧嘩をしたあとに、もしあなたのわがままが原因だったりしたのであれば、仲直りをしたあとに「優しいからつい甘えてしまってごめんね」や、「頼りすぎてしまってごめんね」など伝えてみましょう。

彼氏の気持ちを持ち上げるようなことを伝えると、彼氏も嬉しくなりますし、褒められることに彼氏もすぐに許してくれて今までのように楽しい雰囲気になったりします。

悪い気はしない言い方ですので、謝るときのタイミングに彼氏のことを褒めたりしてみましょう。

お礼の言葉を伝える

喧嘩になったときに、彼氏の本音が見えたりしますよね。

そのようなときには、仲直りをしたら彼氏に本音を言ってくれたことに対するお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

それだけ彼氏はあなたのことが本気であるということが少しでも垣間見れたかと思います。

なかなか本音を見せてくれるということは普段はなかったりするのも男性の特徴でもありますので、あなたに対する本気度が、喧嘩によって知れたということに感謝しましょう。

ありがとうと伝えるだけでも、彼氏とますます信頼関係を築いていくことができるようになります。

彼氏と喧嘩をしたら仲直り方法を実践してみよう

彼氏と喧嘩をしてしまったら、あまり間を空けることなく仲直りをするように努力してみましょう。

どうしてもお互いイライラが収まらない場合は、距離を置くことも大切ですので、そのときの状況に合わせて上手に仲直り方法を実践してみてください。

テクニックとしても、感謝の気持ちを伝えたり、彼氏のいいところを褒めたりしていくことで、今後の二人の関係が長く続いていくようにぜひ仲直りの際には取り入れてみてください。

スポンサードリンク
Comments

みなさんのコメント

ゆうちゃん

私がトイレに行ってる時、遅いからと言って違う場所え行き、私が怒ったらそんなことしてないしとか言って来て、今仲直りするには、どうしたらいいのかわからないので、コメントさせていただきました。

洗濯物たたみ

洗濯物たたみ洗濯モノ畳の時に私だけしなかったらものすごい怒ってきた

匿名

まま

Comments