恋のライバルに負けない!相手を出し抜いて彼をゲットする時の注意点

「好きな人がいるけどライバルがいる」「気になる人はモテる人で競争率が高い」とライバルの存在が気になる場合どうも消極的になりやすいですよね。

でも相手のことは好きなのでどうにかして差をつけて両思いになれたら良いなと感じるところです。

どうすればライバルを出し抜き気になる人と付き合うことが出来るのでしょうか。

そんな今回はライバルがいる恋愛の立ち回り方法についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

恋愛する上でライバルがいる場合に取りたい行動

恋のライバルがいる場合に行いたい行動とはどういったものが挙げられるのでしょうか。

好きな相手と関わる機会を積極的に増やしていく

気になる人と今以上に接点を増やしていく方法です。

挨拶を交わす仲に進展させたり共通点を見つけてそのことについて話をする間柄になるなど今以上に関わる機会を増やすように努めてください。

気になる相手と一緒にいるほど他者に付け入られる隙も作りませんし「こんなに仲良いアピール」からライバルを怖気付かせることだって出来てしまいます。そのため今以上に相手と接することができるように、少しずつでも良いので繋がりを見つけていきましょう。

緊張して声がかけられないという場合には、気になる相手の近くにいるだけでも話すチャンスが回ってくることがあります。

逆に相手から遠い位置にいるならそもそも存在すら気付かれない可能性すら出てきます。出来る限りライバルよりも接する時間が多くなるようにしていきましょう。

言いにくいことや話す時間がないならLINEを最大限に活用する

LINEを活用していくことです。

LINEで連絡するなら互いのペースでやり取りできる為そこまで相手に迷惑をかけることにもなりません。また、顔が見えない分直接話すよりも緊張することが少なかったりします。

なので普段聞けないような質問が出来たり、恋愛に関した話に突入することだって簡単でしょう。

二人の距離を縮める為にもLINEの交換は行っておいた方が良いです。そうすればライバルと差をつけることだって出来てしまいます。

交換する方法として、真面目寄りの最もな口実を作って(勉強教えて欲しいなど)勇気を出して相手に伝えてみてください。

▼自然な流れで相手の連絡先を聞く方法については、こちらもどうぞ

リンク画像
とはいえ、LINEを交換して嬉しいからといって頻繁に送る行為や、返事が直ぐに来ないと「何で無視するの?」など迫りすぎな対応を取らないようにも気をつけていきましょう。

程よい距離感を保ちながらのLINEほど関係性として上手くいきやすいです。

ライバルとは異なった行動を取っていく

ライバルとは少し変わった行動を取ることです。

例えばライバルの方が相手に積極的に話しかけているなら、あなたの場合控えめながら会話をする間柄に収まると良いです。

逆にライバルが消極的にいるようなら、先ほどとは打って変わって積極的に気になる相手と関わるようにしていきましょう。

ライバルに行動を寄せすぎてしまうと印象にも残りにくくなりますし、何となくその他大勢としても見られやすくなります。そのため少しでも差をつけるために異なった行動を取ると気になる人の印象に残る人物にもなりやすいです。

とはいえ、あまりにも奇抜すぎる変わった行動は「変な人」というレッテルを貼られるだけに過ぎないので、変わりすぎな行動にも注意するようにしましょう。

また、絶対にライバルとは似た行動を取ってはいけないということではなく、良い印象に残るなら被っても勿論大丈夫です。

しかし、あなたが同じ行動を取るごとに自然とライバルのことを思い出しやすくなる点も覚えておいてください。

▼こちらの記事内にライバルのキャラがあるかを確認して、それ以外のキャラになってみてはいかがでしょうか

リンク画像

気になる人と話をする中ライバルの名前は口には出さない

気になる人と談笑中ライバルに関した話は一切出さないようすることです。

話題に詰まったからといって何となくライバルの名前を出しても気になる人に更に印象付けてしまうだけです。

話をするせっかくのチャンスがあるなら、互いのことについての話題を厳選させていきましょう。また、出来るだけ第三者の友人のこともあまり話に出さない方が距離感も縮めやすかったりします。

好きな人と話をしているとテンパってしまって突拍子も無いことを口にしたり、本当はこんなこと話したくもないのにという話題にも突入しやすいです。

その点も踏まえて何を話すかシミュレーションを行ったり、事前にいくつか話題を考えておくとその場になっても慌てたりすることもありません。

どっしり構えるような余裕を持つ

冷静にいられるような余裕を持つことです。

やはりどこか弱気だったり「ライバルに負けそう」とはなから上手くいかないことを考えていると、不思議とそうなってしまうことが多いです。

無意識にそう考えてしまうくらいなら、出来るだけ「絶対大丈夫」と前向きな姿勢でいることが大切と言えるでしょう。背筋を伸ばして形だけでも余裕がある自分を表すようにしていくと良いです。

自信を持つと気になる人と話しても自分が主導権を握れるように、また、それほどまでに緊張することもなくなります。

余裕を持つ方法として、今までの人生の中で自分が注目された経験や、成功した時の記憶を思い返すと自信に満ち溢れやすかったりもします。

▼自信を付ける方法については、こちらも参考にしてみてください

リンク画像

同性の友人を味方につける

友人に協力してもらう方法です。

やはり同性を味方につけると百人力ですし、何かと有利に物事が進むことが多かったりします。

信頼できる友人に好きな人を打ち明けて協力を得るように頼んでいきましょう。

また、あなたが好きな人の名前を打ち明けたと同時に、その友人の好きな人の名前も聞くようにすると条件は同じになるのでそこまで裏切られる心配を抱くこともありません。

そんな友人には気になる人と二人きりになれる場を作ってもらったり、元々の相手に関した情報を教えてもらうなどして、ライバルとの差をつけていきましょう。

しかし、いざ告白するにしても、友人に「好きって伝えてくれない?」と任せる行為は、どことなく真剣味も感じられず相手からしてみてもマイナスに映ることがあります。

なので肝心の告白は友人の手を借りず自分の言葉で伝えてくださいね。

他にも、信用している友達だとしても絶対ということはないので、思いがけず好きな人をバラされてしまう状況になることも可能性としては考えられます。

もしものことを考えた上で、それでも良いと感じた友達の手を借りるようにもしていきましょう。

▼友人に協力してもらう場合の注意点については、こちらをどうぞ

リンク画像

自分の良い部分を軸にしっかりとアピールする

自分の良いところをしっかりと伝えていくことです。

しかし、あなたの口から自分の長所について延々と語ったりする行為は引かれてしまう恐れがあるので、会話の節々から伝えていく方法を選ぶのが良いでしょう。

例えば

  • 「何かに向かって頑張っている姿を見せる」
  • 「好きなものの話をする」
  • 「ポジティブな話題を選んで前向きな性格であることをアピールする」

ものなどがおすすめです。

また、友人が代わってあなたの良いところをアピールしてくれる方法も好感度が上がりやすいです。

魅力とされる部分をしっかり伝えるように工夫していくと、相手としてもあなたのことを良いなと感じてくれるようにもなります。

しかし、無理して背伸びした部分をアピールしたり、出来もしないことを伝える行為は、長い目で見ても良いとはいえないので控えた方が身のためでしょう。

ありのままの自分のアピールできるポイントだけに絞っていくようにも心がけていきましょう。

休日に会う機会を一日でも良いので作る

休日に会う機会を作っていくことです。

やはり学校の中だけ会う仲に留まっているようではライバルに差をつけることが出来ません。真面目すぎるものでも口実を作り休日に会う機会を設けていきましょう。

二人きりで会うのは緊張すると感じる方は最初は他のメンバーも加えた四人組で集まるように、みんなで会う形で段階を踏んでいく方法も有効的です。

また、一日一緒にいるのではなく物の貸し借りをするためだけに数分会うという機会を作るのも、さりげないながら距離を縮める為に効果的な方法と言えるでしょう。

流れからそのあと一緒に居られる時間が作れたりするかもしれません。

一度でも休日に会う機会が出来ると、二回も三回も会うのも同じになってきますので、最初の頃よりも確実に会いやすくなります。その一回を乗り越えていくことが大切です。

一回会うだけでも大きな差をライバルに付けられるので、例え相手の方が仲良くても大逆転を狙えるような方法でもあります。

気になる人の友人とも仲良くなる

気になる人の友人と仲良くなっておく方法です。

仲良くしておくとあなたがどんな人であるか、その方を通して気になる相手本人の耳に直接入りやすいです。

輪が大きくなればグループでどこかに出かけたりと色々とチャンスも巡ってきやすかったりします。気になる相手に思うように話しかけられない人ほど周りの友人から攻めていく方法が効果的です。

しかし注意点として、その友人に積極的になり過ぎると、思いがけず好意を抱かれてしまう状況も考えられるので、思わせぶりとされる行動は控えるようにしましょう。

好感度ダウンにつながることも?!注意する点とは

気をつけたい対応とはどういったものが挙げられるのでしょうか。

絶対勝ちたいと焦りすぎないこと

ライバルより差をつけないとと焦りすぎないことです。積極的に頑張ろうと考えすぎても空回りしてしまうことが多いです。

また、気合が入るほどに何となく話しかけられた方も気後れしてしまうようなところがあります。

なので、ライバルの存在をあまり意識しすぎず力を入れ過ぎないようにも気をつけていきたいところです。

時には「ライバルにチャンスを与えても良い」心の余裕を持つことも大切で、そうした方が不思議と上手くいきやすかったりもします。恋愛は駆け引きも大切なように、グイグイ迫りすぎても良い結果に結びつかないことが多いので、時に冷静になって自分の行動を振り返る余裕を持つことも大切です。

短期戦で両思いを狙おうとする発想もできるだけしない方が良いでしょう。

▼好きな人へのアプローチはやり過ぎないように…がポイントです

リンク画像

ライバルの悪口は言わないこと

ライバルの悪口を言わないように気をつけることです。

抜け駆けたいからといってあからさまなイメージダウンにつながる発言は、むしろあなたの印象を悪くするだけに過ぎません。

そのためライバルのことをとやかく言うのは出来るだけ控えた方が良いでしょう。悪い噂を流してしまったら確実に本人の耳にも入りますし、長い目で見てもあなたが不利な立場に陥ることが考えられます。

また、一人の悪口を言ってしまうと「他の人のことも悪く言っているんじゃないか」という疑惑がつきものとなってしまいます。

なのでそう言った聞いていて気が滅入るような悪口は徹底して口に出さないように気をつけてください。

ライバルに勝つことを目標にしないこと

目的が目標に変わらないように気をつけることです。

「好きな人と両想いになること」を目標としてたのに、負けるのが悔しいからと「ライバルに勝つことが第一」が目標にすり替わってしまったなら身もふたもありません。

これからの全ての行動がライバルを意識したものに変わりますし、両想いになった時点で満足してしまい好きの気持ちが急激に冷めてしまうことにもなります。

その為最終的な目標は「両想いを目指すこと」もう一度自分の目指すべきところを確認するようにもしましょう。

ライバルが手強かったり、元々苦手なタイプの人なら「どうしても勝ちたい」気持ちが大きくなることがありますが、そのことだけにとらわれ過ぎてもいけません。

時々、自分の本当の目標を思い出し、その都度するべきことを確認していくことが大切です。

恋愛はライバルがいるほど燃えるもの!

ライバルがいるとわかった恋愛は焦ったり、その人の方が上手くいくんじゃないかと気持ちが滅入ることがありますが見方を変えれば燃えるものとして受け取れます。

負けられないと積極的にアタックしたり、どうにかしてライバルに差をつけたいと色々と試行錯誤を繰り返しやすくもなるでしょう。

やる気が出たばかりに自分の行動にも変化が表れるように実際良いことづくめだったりもします。

何の障害もない恋愛よりも熱くなれるようにいつも以上に大胆な行動こそ取りやすくなります。

▼恋のライバルに負けないための強力おまじないもチェックしておきましょう

リンク画像
スポンサードリンク
Comments