告白できない女の子たちへ!片思いに勇気を与える9つの呪文

好きな人に「好き」と伝えることは、簡単なようですごく難しいものです。

好きな人に「嫌い」と嘘をつくことも、嫌いな人に「好き」と嘘をつくことも簡単なのに、好きな人の前では本当の気持ちを素直に出すことが怖いのです。

恥ずかしいという気持ち、嫌われたくないという気持ちが複雑に絡み合って、悩めば悩むほど困難になってしまいます。

迷っている人の背中を押すようなワンフレーズ。緊張したまま舞台に上がる人に「観客は全員ジャガイモだと思えばいいよ」と一言添えると、すっと心が楽になる、そんな呪文です。

前向きに行動する人には、どんな未来も明るく開けています。しがみついていたものを手放した時、不思議と勇気が出てくるはずです。

スポンサードリンク

嫌われるのが怖い人へ、好かれる為に唱える呪文

自分が好きになった人には、誰もが嫌われたくないと思います。嫌われたくない為に、嫌われないような行動をしますが、それが逆効果な場合もあります。

自分が好きになられた側の立場だとどうでしょう。相手が嫌われたくないあまりに、全部の発言を肯定したり、媚びたりする様子を見ては、嫌な気持ちになることがあります。

「嫌われたくない」という気持ちは後ろ向きです。

▼好きな人に嫌われてしまった?と思ったらとても不安になってしまうものです

リンク画像

「好きになって欲しい」は前向きな気持ちです。持っているものは同じでも、表現の仕方で大きく変わります。

そこで、片思い中の人が心がけるべきなのは、相手の人がどう思おうと「自分の中の好きだという気持ちを大切にする」ということです。

「私に好きになってもらえた人はラッキーだ」

人から好きになってもらえるなんて、一生のうちそんなに何度もチャンスはありません。

自分が好きな相手からの告白ではなくとも、好きになってもらったという事実は嬉しいものです。

「好きになってごめんなさい」という言葉は後ろ向きです。こんな気持ちのまま告白されても、相手に申し訳ないという気持ちを押し付ける結果となります。

恋とは化学反応です。一過性の電気のようなものです。様々な条件が揃っていないと起きない現象です。そんな化学反応が起きたことは偶然にしても希少価値の高いことです。

「こんな私」とか「どうせ私なんか」という気持ちは一旦置いておいて、恋という現象が起きたことは素晴らしいことだ、と相手に伝えることを第一にしましょう。

人から嫌われることはあっても、好きになってもらえることは滅多にありません。そんな数少ない体験をできる相手の男性は、とてもラッキーです。

「嫌われたくない」と思って行動しているうちは、本来の自分ではありません。それは「嫌われないように演じている状態」です。人から好かれる為には、「嫌われても構わない」という覚悟が必要です。誰に対しても同じです。

少し厚かましいかもしれませんが「好きになってあげたんだから感謝してもらってもいいのよ」くらいの気持ちでぶつかれば、本来の自分を出せるはずです。

▼プラス思考で恋愛をすることで、引き寄せの法則も実現しやすくなるのです

リンク画像

叶わぬ恋と諦めた人へ、自分が幸せになる呪文

男性にすでに彼女がいたり、妻帯者だった場合、すぐに恋を諦めてしまう人がいます。

確かに恋は諦めてしまえるものです。時間が経てば、恋したことすら忘れてしまうでしょう。

恋を諦めることは悪いことではありませんが、恋した事実を踏みにじって自分を偽ることはよくないです。「そうだ、最初から好きじゃなかったし、うん、気のせい」これを繰り返していては、なかなか前に踏み出すことができなくなってしまいます。

アタックするにしても、諦めるにしても、自分が恋した事実を認めなければそれが癖になってしまい、本当はどんな気持ちなのか、わからなくなってしまいます。

大切なのは、自分を幸せにしたいのなら、他の誰よりも自分の意見を最優先にしてあげられるようになることです。

「私は私のわがままを叶えてあげる」

自分の頭で考えたことを実践できるのは、自分だけです。お腹がすいたらご飯を食べますし、眠いと思ったら眠ります。

誰かを好きになったら、それを叶えてあげるのも自分です。でも、全部は叶えてあげられません。本来、頭の中で考えていることは、とてもわがままです。

会議中でもお腹がすけば、ぐうとお腹が鳴りますし、仕事がなかなか終わらないのに眠くなっても眠ることができません。

恋も必ず叶えてあげることはできないものですが、まずはそんなわがままな自分を受け止めてみましょう。「そうか、あの人のことが好きなんだね」と話を聞いてあげます。

様々な事情があり、諦めなければならない恋はたくさんあります。例えお互いに好きでもカップルにはなれないことだってあります。

しかし、悲観的になることはありません。

恋が叶わず傷ついたとしても、何も失ってはいません。お腹がすいても一回くらい食事を抜いたって死なないように、恋を諦めても死なないのです。

それよりも、自分の本当の気持ちを受け止められる人は強くなれます。自分が自分に対してわがままでいられる人は誰よりも強いのです。

▼相手に恋人がいる人を好きになった場合には、 こちらも参考にしてください

リンク画像

明日告白すると決めた人へ、ドキドキを抑える呪文

よし明日こそ告白しよう!そうとは決めたものの、ドキドキして眠れない夜をお過ごしの方もいらっしゃると思います。

彼の反応を想像しては、泣いたり笑ったりして情緒不安定になってしまいます。

好きで好きでしょうがないのですが、正直、体力的にはキツイ場合もあります。

お笑い芸人のコントを見て、お腹が痛いのに笑い続けて止まらない、のに似ています。そういう意味で、やはり恋は病と言えるのかもしれません。

ドキドキしすぎて胸が張り裂けそうなほどに苦しい、そんな時は、いろんな絵の具が混ざり合ってぐちゃぐちゃになっている状態ですから、物事を単純化してシンプルに考えるようにするのが効果的です。

「明日は関ヶ原の戦いだ」

告白することによって得られる返答はイエスかノー。とすれば、いくら戦によって兵力を失ったとしても、結果が勝利なら勝利に違いありません。

彼の反応を幾通り想像したとしても、得られる結果はひとつです。戦う前から負けた後のことを考えるなど無意味なことでしょう。

戦において、負ける=死を意味します。告白して断られても死ぬことはありませんが、断られてから傷ついて立ち直るまでの数週間のことを、告白する前に考える必要はありません。

考えることはただひとつ、勝利する自分の姿です。

ドキドキして眠れず、最高のパフォーマンスができなければ告白の質が下がります。頭の中にはできるだけ良いイメージをいっぱいにしておきましょう。

予想したことが現実になることはないかもしれませんが、告白するまでの時間は、何よりも得がたい大切な時間のはずです。

箱の中身がなんなのか、わかってしまえば面白くありませんが、「中に何が入ってるんだろう」と想像する作業は楽しいものです。

ドキドキすることはいいことです。折角ドキドキしているのなら、いいイメージをしましょう。絶対に勝ちたい、と思っている人のところに勝利はやってきます。

例え負けても、全力で好きだったドキドキした時間は自分のものです。このドキドキした時間こそ、お金では買えない貴重な時間です。買っても負けても得をするのは、告白した人の特権です。

▼告白するという、人生において大きなイベントを楽しむためにパワーストーンも活用したいですね

リンク画像

好きかもしれない!恋に気づいた時に唱える呪文

突然、恋の鐘が鳴ることがあります。今までなんとも思っていなかったのに、急に魅力的に見えるようになるのです。

どんな些細なきっかけだろうと、恋の電気を起こすには十分な摩擦でしょう。「あれ?もしかして恋してる?」そんな時、嬉しくも恥ずかしい気持ちになってしまいます。

小さな火種は大切にしましょう。

かと言って、「数少ないものだから、大切にしよう」として箱に閉じ込めようとすると消えてしまうこともあります。

恋の火種に酸素は不可欠です。消える不安も承知で、裸のまま持ち歩かなければ燃え上がらないからです。

「可愛い子には旅をさせよ」

ここで言う「可愛い子」とは自分のことです。

厄介なことに、恋の火種というのは、振り回したり、息を吹きかけたりしてみないと、本物なのかわかりません。

中にはちょっとしたことでふっと消えてしまうものもあります。もし消えてしまったら、それまでだったということです。恋と思って勘違いして、全力を注いでしまう人もいますが、ちょっとしたことで白けてしまって後悔することも少なくありません。

恋の火種は、消さない努力をしてはいけません。本物の恋は、消しても消えないからです。炎になって燃え上げってしまえば、燃え尽きるのも早いでしょう。

好きというきっかけを得られたことは、大変大きなチャンスです。

ところが、好きから嫌いに転ずることも少なからずあります。その為に、自分の恋を試す必要があるのです。

その為には、旅をさせなければなりません。いろんな角度から彼を見てみたり、時には彼から視線をそらしてみたり。「恋したい」と思っている人の中には、擬似的に恋を作り上げる人もいます。相手は誰でもいいから恋をしたい、と「恋に恋している人」です。

それでも構いませんが、後になって「やっぱり好きじゃなかった」というのは相手に対して失礼です。

「好きかも!」は大切なきっかけです。そこから十分に恋に発展する可能性があります。

しかし、すべての「好きかも!」が恋に発展するとは限りません。大切に保管することよりも、どんどん試練を与えて、恋を試すことに力を注ぎましょう。

▼自分の新しい気持ちに気づいたら、その気持ちをしっかりと整理してみてください

リンク画像

両思いかも?相手の気持ちに気づいた時に唱える呪文

もし不確かながらも、相手の気持ちに気付いてしまった時、どういう気持ちになるでしょうか。告白してもお付き合いできる確立は上がりますが、絶対叶うとも言い切れません。

告白してくれるのを待つ?それとも自分から行く?まだ早い?ふわふわした気持ちは行き先が定まらないまま、友達以上恋人未満な時間は過ぎて行きます。

しかし、彼からのアクションを待っていては日が暮れてしまいます。花の命は短いのです。もし彼に告白して断られてしまうリスクを考えると、宙ぶらりんな時間を長くすることは得策とは言えません。

かと言って、焦って告白するのもいかがなことかと思いますが、少なくとも人生の時間は限られています。

今がチャンスだ、と思った時があれば、逃す理由はありません。

「命短し急げよ乙女」

いつまでも今のままでいられると思ってはいけません。

100あったチャンスも、10年後には10も残っていないかもしれません。

恋に関してだけ言えば、相手がどう思っているのかは関係ありません。恋はいつも一方通行です。相手の都合など関係ないものです。もし相手の男性も恋しているのなら、お互いに一方通行の恋心を抱いているだけです。

もし、この一方通行をやめて、恋愛に発展させたいのであれば、片思いをやめる必要があります。片思いをやめるとは、今の関係性を失うリスクを負うということです。

リスクのない恋はありません。何をするにもリスクはつきものです。しかし、リスクを恐れていては前に進めませんし、欲しいものは手に入りません。

一生のうちに何度か恋をすることはあると思いますが、ひとつの恋に一生を捧げていては、時間が足りないのです。一人にだけ恋をすることは美談かもしれませんが、それは映画の中だけで十分ではないでしょうか。

インスタントに片付けていては、血の通った恋はできないと思いますが、少なからず、時間には限りがあって、いつまでも片思いばかり続けてはいられないということを覚えておきましょう。

▼相手と両思いだと分かったら、早い段階で行動に出てみませんか

リンク画像

今日もできなかった…怖気づいた時に唱える呪文

毎日顔を合わせるし、いつでも告白のチャンスはあるのに、いつもそのタイミングを逃してしまう。怖気づいてしまって告白できない…

心は決まっているのに、いざとなるとその一言が怖くて先延ばしにしてしまうことがあります。「今のままでもいい」という気持ちと「打ち明けてしまいたい」という気持ちの戦いです。

嫌われてしまうことは怖いことです。

自分の気持ちを打ち明けたら相手がどう思うか、想像することは恐ろしいことでしょう。恋に限らず、常についてまわる恐怖です。

怖いからやめておく、ということをしても生きてはいけます。怖いから、嫌なことを避けて行くこともひとつの選択です。しかし、その選択によって何かあっても全部自分の責任です。

「明日は来ないかもしれない」

明日がある、次がある、と思っている人は、今のこの一瞬に精一杯を注ぐことができません。

面倒なものほど「明日やればいいや!」と思いますが、夏休みの後半、貯まった宿題を片付ける作業に追われるのはこの為です。

いつ死んでもいいように…とまでは言いませんが、今日で夏休みが終わる、と毎日思っていれば、宿題が貯まるはずはありません。

絶対明日が来るはずだ、という未確定状態のものに「絶対」をつけることは「甘え」です。そうやって、結論を先延ばしにして現実から逃げているだけです。

どうしても怖気づいてしまう時、怖くなってその場から逃げ出しそうになる時は、もう二度と彼に会えないことを想像してみてください。これが最後と思えば、決意が固まるはずです。

今までの関係を崩したくない!さらっと告白したい時の呪文

彼のことは好きだけど、たくさんの人間関係が絡んでくると、周りにも気を使わせたくないし、告白するにしてもさらっと済ませたいもの。

イエスノー、答えはどっちだとしても、今の関係性を崩さない程度に…ローリスクな告白を希望します。恋愛関係だけならまだしも、周囲を巻き込んでしまうのは難しいところです。

友人関係や職場関係は、男女関係を持ち込んではいけない場合があるので、告白の仕方やタイミング関係を崩したくない!さらを測ることに悩む方も多いことでしょう。関係を崩したくない!さら

友情や自分の立場を守るか?それとも恋愛をとるのか?という岐路に立たされる人も少なくありません。

「自分の人生だ、自分の為に動け」

ローリスク、とは言っても、すでに恋してしまっているのは確かです。

恋はいつもハイリスクです。誰にも知られず、彼にだけ伝えることができてOKをもらえれば一番いいのかもしれませんが、そうならない場合もあります。

友情や仕事の人間関係は大事です。それを維持することも、うまく合わせることも大切なことです。

しかし、その為に自分の恋を噛み殺してしまうのでは本末転倒です。

人は人間関係をうまくやる為に生きているわけではありません。生きていく為に人間関係をうまくやるのです。恋をしたくらいで壊れてしまう人間関係など、黙っていても長く続くものではありません。

変化を恐れないことです。今のままで10年も20年もいられることはないのです。刻一刻と人間関係は変化します。彼と恋仲になることも自然なことなのです。

本当の友情があれば、10年後「そういえば、あんたAくんに告白したことあったけ!」「そうだっけ?」と言って笑い合えるはずです。

リスクを回避しようとすれば、リスクは追いかけてきます。いつも逃げる者は追われる立場になるからです。追われないようにするには、立ち向かわなければなりません。

後ろめたい気持ちでいれば、周囲にも勘ぐられてしまします。堂々とした態度で、批判されても屈しない態度で居続けることが大事です。

周囲は色々思うことがあります。色々言うこともあるでしょう。

しかし、自分の人生の責任をとれるのは、自分だけです。誰かの批判を鵜呑みにしても、その人が責任をとってくれるわけではありません。

関係を壊したくないと思っていても、いつかは誰かが壊します。

その時期が少し早まるだけです。人にどう思われようと自分を最優先にできること。それこそが恋愛の鉄則です。

▼職場恋愛は、なるべく周りにばれずに行っていく必要がありますからね

リンク画像

好きすぎて死にそう!全部吐き出してしまいそうな時の呪文

好きすぎて、ご飯も喉を通らない。

夜もきちんと眠れないし、日中だってぼーっとしてしまう。胸が苦しくて、切なくて、いっそ彼に今の気持ちを全部打ち明けてしまいたい。

ただ、それが告白において効果的ではないと知っている人は、胸の中でもやもやした気持ちを溜め込んでいる状態です。

好きな彼の前でも、なんとも思ってない顔をしてしまうでしょう。うまくやればやるほど、過度なストレス状態へ自分を追いやってしまいます。

これは片思いの醍醐味とも言える「恋の苦しみ」ではありますが、もし目標が彼と交際することであった場合、ただ溜め込んでいるだけでは自分を追い込んで楽しんでいるだけになってしまいます。

確かに、告白の時に「今思っていることを全部相手に伝えてしまう」のは、賢いやり方ではありませんし、なんとも思ってないふりをして、どんどん内側にぎゅうぎゅう思いを押し込むことをしてしまうのは健康的ではないのです。

「大きな花よりも、小さくて可愛い花を咲かせよう」

不器用な女性ほど、自分の思いを表情にして出すことが苦手です。現代はそういう女性も多いことでしょう。

好き嫌いを表情に出してしまうことは、ビジネスの場では控えた方がいいのですが、ロボットのような女性は魅力的ではありません。

恋愛マニュアルを読みすぎた女性は、効果的なことは実行しますし、ここぞという時に笑顔を見せて、確かにモテる女性になることはできるかもしれません。しかし、片想いしている人は多くの男性の目を引く必要はありません。

彼の前でだけ、好きという表情をすることも、ひとつの伝達手段です。

告白という舞台を設けて、そこでだけ大きな花を咲かせようというのではなく、たまに小さな花をちらほらと咲かせる様子に男性はドキドキします。

恋は駆け引きです。折角胸の中にたくさんの電気を貯めているのなら、たまにはバチッと放電するのも方法です。ツンデレで彼の気持ちを向けさせるのです。

恋で死ぬことはありませんが、恋は死にます。花はずっと永遠に咲き続けてることができないのです。彼の目の前に、小さな花を落として道しるべを作ることができれば、いつのまにか彼は目の前まで来てくれるかもしれません。

怖がらず、ふとした瞬間、彼に本当の表情を見せてしまいましょう。恥ずかしくて耳まで赤くしている顔を見てもらいましょう。告白は言葉だけではありません。

▼好きな気持ちを伝える方法はたくさんあるので、こちらでチェックしてみてください

リンク画像

一度断られたけれど!諦めない強い心に唱える呪文

「今は誰とも付き合いたいとは思わないから」そう言ってフラれたけれど、彼は本当に誰とも付き合っている様子がない。

一度はフラれたけど、まだ諦められない!

どうして彼が今恋愛したくないのか、いくら考えても憶測の域を出ません。けれど、彼にもう一度告白しようと思っているのなら、彼を幸せにできるという自信があるということでしょう。

恋は受身では何も動きません。告白する、というからには「私が幸せにしてあげる!」という気合が必要なのです。諦めない強い心は、彼の心を動かすかもしれません。

「人の心を動かすことができるのは、人の心」

何でも力づくで動かそうと思って、目一杯の腕力でも動かすことができないものがあります。それが人の心です。

人の気持ちは操作できませんから、無理やり顔を両側から押さえつけて「こっち見て!」と自分の方を向けることはできるかもしれませんが、心は違う方向を向いているかもしれません。そんな時は目の前にいても視界には入っていないのです。

人の心の動かし方は、人によって違います。

どうすれば、どっちに向くのかわかりません。でも、遠くから「こっち見て!」と呼びかけ続ければ、一瞬でも向いてくれる時があるかもしれません。

また、呼びかけ続けた後、呼びかけをやめることも効果的かもしれません。しかしどれも、諦めてしまえばそこで終了です。諦められないのであれば、諦めないことも一つの手段です。

そっと彼に近づいて隣に立ち、彼の見ているものがなんなのか見てみましょう。急がば回れ、というように、彼の本音を知ってから再度アタックするのもいいかもしれません。

▼どうしても恋を諦められなくて再告白したい!と思ったらこちらをどうぞ

リンク画像

背中を押してくれる言葉との出会い

思っていてもできないことがあります。頭の中は海のようになっていて、溺れそうになってもしがみつくものがない時があるのです。

苦しくても辛くても、もがくばかりで、現実にしがみつけそうなものがあると思わず飛びつきます。

その為に、つい食べ過ぎてしまったり、お酒を飲みすぎたりしてしまいますが、それでは根本的な解決はできません。広い海で、藁にしがみついているようなものです。

どうすれば溺れずに済むのか、と言えば、自分で泳ぐしかありません。しかし、溺れている人は泳ぐことすら忘れていることがあります。辛いことから逃れようと、そればかり考えてしまうからです。

言葉とは、泳ぐことを思い出させてくれるものです。

誰もが泳ぐことを知っているのに、慌ててしまうと溺れてしまいます。慌てている時でも、その一言でスイッチを切り替え、正気に戻ることができます。

そんな時の為の言葉を、一つ用意しておきましょう。なんでも構いません。ただ、自分が「そうか、なるほど」と思える好きな言葉一つ持っていることで、いざという時でも正気に戻れます。

恋をしている状態は、正気ではありません。正しい判断をしているようで、夢現のような状態にあります。その為、いつもなら普通にできる呼吸の仕方や歩き方だって忘れてしまうのです。

貴重な片思い!勇気を出して告白してみよう

片思いの時間は貴重です。もしかしたら、今の片思いが一生で最後の恋になることだってあります。

恥ずかしくてもどかしいものではありますが、過ぎ去ってみるととても大切な時間だったことがわかります。

恋愛とは片思いに本質があるのでは、とさえ思います。うまくいくか、失敗するかは、実はさほど大きな問題ではないのです。

ぶつかって粉砕することも、後悔することでさえ、後にはいい経験となります。海で溺れた自分を想像した時、何か助ける為に投げてやりたいと思うでしょう。

そんな時は、是非上記の呪文を使ってみてください。熱に浮かされた恋の病の中でも、一瞬だけ冷静になれる瞬間があれば、きっと泳ぐことができるのです。

スポンサードリンク
Comments