LINEの返信が遅いと脈なし?LINEで見破る男性の脈アリ・脈ナシ

気になる彼とlineのやり取りをしているけれど、lineの返信が遅いのが気になるという人は、結構いるのではないでしょうか。

気になる彼とのlineのやり取りは、楽しいですよね。

楽しいと感じるからこそ、好きな人に送るときの返信も早く送りたくなってしまいますが、肝心な気になる彼からのlineの返信が遅いというのは、脈なしということなのか、不安になってしまいますよね。

彼は、どのように思っているのでしょうか。

今回はlineの返信が遅いというのは、”脈なし”ということになるのかを一緒に考えていきましょう。

また、男性が送るlineの特徴から、脈ありと脈なしの違いについて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

lineの返信が遅いのは脈なし?男性心理とは?

まずは返信が遅い男性の心理と特徴について見ていきたいと思います。

忙しくてなかなかlineの返信ができない

せっかくlineをもらっても、なかなか忙しくてすぐにはlineの返信ができずに、どうしても遅くなってしまうということがあります。

男性は一度にいくつもの作業を同時に行うことを苦手としています。

ですので、他にやることがあったり、忙しかったりすると、どうしてもlineの返信が遅くなってしまう場合があるのです。

このように、男性にとってみれば、lineの返信が遅いというのはよくあることで、決してlineの返信が遅いからと言って、それが脈なしということとイコールではありません。

仕事中であること以外にも、移動中であったり、席を外しているといったことなども考えられますので、落ち着いたときにゆっくり返信をしようと考えているのが、男性心理でもあります。

もともとマメな性格ではない

男性は、あまりマメではないという人も中にはいるのではないでしょうか。

普段からあまりスマホを見ることが少なかったりする男性は、女性からlineが来たとしても、そのことに気が付かないといったことも考えられます。

また、lineが来ていることに気が付いていたとしても、マメな性格ではないために、後回しにしてしまうということもあり得るのが男性心理です。

しかし、このような場合でも、だからと言って女性に対して気持ちがないというわけではありませんので、脈なしとは言えないでしょう。

もともとスマホの操作自体を普段からあまりしない人には、このように感じてしまうこともあるのです。

このようなタイプは、lineのやり取りというよりかは、手っ取り早く電話をかけて、用件を伝えるというパターンのほうがラクと感じる人もいるようです。

気になる相手だからこそ返信が遅くなる

男性の中には、気になる相手に対して、lineの返信が遅くなるというタイプの人もいるのです。

文がおかしくないかなど良くチェックしてから送信したり、どのような内容で送信しようかなどを考えている間に、時間がどんどん過ぎてしまい、そのために返信が遅いということが考えられます。

このような場合には、好きな相手にこそlineの返信が遅くなるために、それだけ適当に返してはいないということで、内容をみるとその気持ちが伝わってくるかと思います。

lineの返信が遅いというだけでは、脈なしとは言えない場合があります。

他に好きな人がいる

気になる彼に他に好きな人がいて、本命ではない女性とのlineのやり取りは、あまり気が乗らないので、遠まわしにその気持ちを伝えるために、返信を遅くしているといった場合も考えられます。

lineの返信を遅らすことで、やり取りを続けたくないことを察してほしいとしている男性心理もありますので、そのような場合には、内容も適当であったり、返信がいつもスタンプだったりすることがあります。

このように、なかなか返信が遅いと感じたときには、内容を確認してみるといいでしょう。

他に好きな人がいると、どうしてもあなたとのやり取りが後回しになってしまう可能性も考えられますので、ぜひチェックしてみてください。

脈なしの場合の特徴とは?

これまでは、lineの返信が遅い男性心理についてご紹介してきました。

どうやら、lineの返信が遅いからと言って、脈なしということには結びつかないということがわかりましたね。

それでは、実際に脈なしであるときのlineの特徴について、一緒に考えていきたいと思います。

脈なしの特徴がわかれば、より気になる彼からのlineで、彼の気持ちがわかるようになるのではないでしょうか。

それではさっそく見ていきましょう。

返事がいつも短い

返事がいつも短い一言で終わってしまっていたりすると、それは脈なしの特徴と言えるでしょう。

「うん」や「わかった」だけでは、なかなか気持ちが読み取れないですよね。

また、このように脈なしの場合には、更に句読点やびっくりマークなどが付かなかったりしますので、とてもそっけなく感じてしまいます。

このようにlineの返信も遅い上、やっと返信が来たとしたらそっけない一言だけだったということであると、脈なしということになるでしょう。

毎回lineの返信が遅い

忙しいときとそうでないときによっては、lineの返信が早かったり遅かったりする場合がありますが、毎回lineの返信が遅いということは、あなたに興味はないということが考えられます。

そのために、脈なしと言えるのではないでしょうか。

どのようなときでもあなたとのlineのやり取りで、返信が遅いと、特にやり取りを続けていたいと思っていなかったりすると、優先順位が下がってしまうのではないでしょうか。

すぐに返信をしようとは思えないために、なかなかlineの返信が遅くなる傾向にあるようです。

デートに誘うと返信が遅くなる

普段やり取りがスムーズにできていても、デートに誘ってみたり、何か予定を聞いたりした瞬間に、いきなりlineの返信が遅くなるといったことはないでしょうか。

このような場合には、脈なしということがわかります。

ただlineでやり取りをしているだけならばいいのですが、「実際に会う」となる予定を聞き出すと、返信が遅くなるということが、あなたに好意はなく、脈なしということを察してもらいたいために、わかりやすく返信を遅らすことがあります。

このような場合は、相手が暇をしているときにlineをしているというような場合もあるいます。

ですので、よりもっと親しい中にはなろうとは考えておらず、デートに誘われたりすると、どうしていいか困ってしまい、あえて返信を遅らすのです。

直接断ることもできないタイプの男性に多くみられる行動で、やり取りから脈なしであることに気づいてほしいと思っているのです。

相手からのlineは送ってこない

いつもlineのやり取りは、あなたからはじめてはないでしょうか。

彼から送られてきたことがないという場合、あなたがlineをしたことがきっかけでやり取りが始まるのでしたら、相手は脈なしということになります。

あなたからのlineには返信はするけれども、特に自分からはやり取りをしたいと思っていなかったりすることが考えられます。

興味がなかったりすると、自分からlineをすることってあまりないですよね。

ただ、lineが送られてくると、返信はするけれども、場合によっては後回しになってしまい、その分返信が遅くなるということが考えられます。

スタンプばかり送ってくる

Lineの返信が遅いうえに、更にスタンプばかりということはないでしょうか。

スタンプばかりですと、返信自体も適当になっていることが考えられます。

Lineのやり取りを続けていきたいという気持ちがなく、スタンプで済ませてしまおうといった気持ちがあるのは、脈なしということがわかります。

スタンプで返されてしまうと、そのあと続けようとしてもなかなか続けられませんよね。

返信が遅く、スタンプの場合には、脈なしの特徴としてわかりやすいですので、今までのlineのやり取りを振り返って確認してみましょう。

脈なしとどう違う?脈ありのlineの特徴とは?

脈なしのlineの特徴をご紹介してきましたが、よりわかりやすく脈ありの場合のlineの特徴もご紹介していきたいと思います。

Lineの返信が遅くても脈ありの場合も考えられますので、その特徴をよく知っておくと、脈ありサインを見逃すということがなく済むはずです。

絵文字を使ってくる

絵文字を使って返信をくれる場合、あなたとのlineのやり取りを楽しんでいるという証拠でもあります。

あなたの雰囲気に合わせて絵文字や顔文字を送ってくれると、より相手の感情も伝わってきて、やり取りが楽しくなっていきますよね。

あなたに好意があるので、どのように返信をしようかしっかりと考えて送っているので、どうしても返信が遅くなってしまうということが考えられます。

lineの返信が遅くても、このように絵文字を使って返信をくれたり、内容もしっかりと考えてくれていることが伝わってくるのであれば、脈ありと言えますので、返信の遅さはあまり気にしなくなってくるのではないでしょうか。

デートに誘ってきてくれる

lineの返信は遅くても、デートに誘ってきてくれることもあるということであれば、脈ありの特徴でもあります。

あなたに興味があるので、もっと話がしたいと思ったり、一緒にいる時間を増やしていきたいといった気持ちから、このようにlineでデートに誘ってきたりします。

返信が遅いというのも、仕事が忙しいといった理由がはっきりしているために、lineでも、「返信遅くなってごめんね」と、一言添えてきてくれるという丁寧さが感じられます。

このような場合ですと、あなたともっと仲良くなりたいといった気持ちが表れていますので、返信が遅くても、きちんと対応してくれるのです。

たくさん質問をしてくる

多少lineの返信が遅くても、あなたとのlineで会話を続けていきたいといった気持ちがある場合に、なるべく途切れないために、疑問文などといった質問をしてくるなどして、返信する場合が考えられます。

このような場合には、あなたとのやり取りを続けていきたい気持ちがあるため、最後に質問をしてくるのです。

そうすると、何度かやり取りが続きますし、お互いを知ることができますので、脈ありの特徴でもあります。

相手のことをもっと知りたいといった気持ちが強いと、いろいろと質問したくなってしまいますよね。

途中で返信が遅いときがあったとしても、何か聞かれえていると、やり取り自体は続いていますし、それだけ興味があるということなのではないでしょうか。

そうして続けていくうちに、お互いに仲を深めていくことができますので、lineの返信が遅くても、あまり気にしなくなってくるのではないでしょうか。

lineの返信の遅いかどうかはその人の感覚

これまでlineの返信の速度や内容から、脈なしの特徴と脈ありの特徴についてご紹介してきましたが、lineの返信が遅いと感じるということは、その人の感覚で決まるものだということがわかりましたね。

気になる彼とのlineのやり取りは、ドキドキしたり、必要以上に反応してしまったりととても敏感になってしまいますが、少しでも返信が遅いと、「何か失礼なことを送ってしまったのかな」とか、「嫌われてしまったのかな」などといった不安に襲われてしまい、脈なしなのではないかと考えてしまうのです。

しかし、冷静に考えてみれば、いつもすぐにlineの返信ができるという人はあまりいないのではないでしょうか。

その時々によっては、すぐに返信できる時もあれば、lineが届いていることはわかってはいても、すぐには返信できないときもありますよね。

また、どのように返したらいいのはを考えていたり、あとでゆっくりと返信をしようと考えているときには、既読が付いたまま、しばらくはそのままになってしまったりすることも普通にあります。

そして、lineの内容から脈ありと感じることができると、安心してlineのやり取りを楽しむことができます。

なので、多少lineの返信が遅くなったとしても、あまり気になることはないのです。

このように、そのときの状況と、その人の感覚によっては、lineの返信が遅いかどうかは違ってくるのです。

脈ありなのか脈なしなのかを知りたいと思ったときには、やり取りの内容をよく見ていくほうが、よりわかりやすいかと思います。

lineの返信だけでは脈なしとは言い切れない!

気になる彼とのlineのやり取りで、返信が遅いと感じたら、内容を見てみることにしましょう。

脈ありと脈なしではlineの内容が異なってきます。

返信が遅くても脈ありの場合も考えられますので、自信を持って、気になる彼とのlineを楽しんでいけるようにしていきましょう。
スポンサードリンク
Comments