高校生の片思い!好きな人にlineで告白をするメリットとデメリット

最近では高校生などの間で、好きな人にlineで告白をする人が増えてきています。

好きな人に告白をするというのは、それはもう、とても勇気がいることでもありますよね。

直接面と向かって告白をするというのが主流ではありますが、どうしても極度の緊張から、自分の気持ちを直接伝えることができなかったり、好きな人を目の前にすると、頭の中が真っ白になってしまうことでしょう。

そのような場合には、高校生であればみんなが利用しているlineを使って、告白をするというのも一つの手なのかもしれません。

今回は、好きな人に告白をしたい高校生のために、lineで告白をするメリットとデメリットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

高校生の本音とは?lineで告白はあり?

好きな人に自分の気持ちを伝えるためには、何とかして方法を考えていきたいですよね。

極度の緊張をしてしまう人にとって、みんなが普段やり取りなどで利用をしているlineを使っての告白をするといった場合、果たして本当に大丈夫なのでしょうか?

告白をlineでする前に、告白をされる側の気持ちって知りたいところでもありますよね。

気持ちを伝えるというのは、今後を左右する本当に大切なことでもありますので、しっかりと相手の気持ちも把握しておく必要があります。 そんな告白をされる側と、告白をする側で、高校生の本音に迫っていきたいと思います。

lineでの告白は「あり」の場合

lineで告白をすることに「あり」と思っている人の中には、自分の気持ちを伝える一つの手段として考えている人もいます。

緊張してしまって、上手く自分の気持ちを考えて言葉にするということが苦手の人もいますし、せっかく頭の中で気持ちをまとめてきたのにもかかわらず、好きな人を目の前にすると、頭の中が真っ白になって、セリフが飛んでしまうという人もいるかと思います。

そのような場合、告白をするチャンスを作ることができたとしても、失敗につながってしまう場合もあります。

また、とても恥ずかしい思いをすることになってしまいますので、このようなlineを通じて気持ちを伝えるということもいいのではないでしょうか。

特に、高校生などの若い人たちの間では、lineのやり取りの中でスムーズに気持ちを伝えることが告白につながったりすることもありますので、実際にlineで告白をするという人もいるはずです。

また、こうしたように、lineで告白をすることは、直接気持ちを使えることが苦手だと感じている人の中ではとても有効な手段としてとらえています。

▼実際に「恥ずかしくてなかなか告白できない」という人もいます

リンク画像

lineでの告白は「なし」の場合

一方で、lineでの告白は「なし」だと考えている人がいるのも事実です。

高校生の中でも、lineで告白をされるということに、「何かの罰ゲーム?」とか、「ドッキリを仕掛けてきたのではないか?」と警戒してしまい、素直に受け取れない人もいるのです。

このような場合は、自分では告白をする際には、面と向かって直接気持ちを伝えるといった考えの人が多いでしょう。

ですので、lineで告白をされることにとても素直に受け止めることができずに、冗談であるのではないかといった気持ちになってしまう傾向にあるようです。

告白をする立場としても、自分がされることを考えて、素直に喜べないと思っているのであれば、lineで告白をすることはなしだと感じている人も多いようです。

高校生がlineで告白をするメリットとは?

高校生がlineを使って告白をするメリットについてご紹介していきたいと思います。

どのようなメリットがあるのかを知ることができれば、告白をする人にとって勇気づけにもなりますし、告白をされる人にとって見ても、lineを使って告白してくる人の気持ちを理解することができるのではないでしょうか。

それではさっそく見ていきたいと思います。

自然な会話のやり取りの中で気持ちを伝えることができる

高校生となると、lineでのやり取りは、もはや直接話をしているかのようにいつまでも続けていくことができますよね。

途中でスタンプや絵文字を活用しながら、自分の気持ちや感情を上手に伝えることができるのです。

そんな楽しくやり取りをしていく中で、恋愛の話をすることもあるかと思います。

お互いに好きな人がいるかどうかの探り合いになってみたり、お互いに好きな人を伝え合うといったような話をすることもあるかと思いますので、そのような状況の流れで、自然と告白をすることができるというのは、理想的なのではないでしょうか。

改まって告白をするよりも、自然に気持ちを伝えられる方が、相手にも伝わりやすかったりしますし、さほど緊張もしにくいのではないではないでしょうか。

また、告白をしたあとも返事がすぐにもらえるというのもメリットでもあります。

落ち着いて気持ちを文章にすることができる

lineで告白をする際には、自分の気持ちをよく考えて文章にすることができるようになりますよね。 ですので、一番自分自身伝えたい気持ちを文字にしてしっかりと伝えることができます。

間違ったとしてもすぐに修正をして何度も考えながら言葉を選んでいくことができますし、「緊張してしまって自分で何言っているのかわからない!」といったような状況にはならないので、失敗をすることがないのではないでしょうか。

また、相手にも考えてもらえる時間を与えることができますので、真剣に考えることができますよね。

▼lineで告白する際のメリットについては、こちらもご覧ください

リンク画像

高校生がlineで告白をするデメリットとは?

ここからは、高校生がlineで告白をする際のデメリットについて、ご紹介していきたいと思います。 どのようなデメリットがあるのでしょうか。 さっそく見ていきたいと思います。

相手がlineで告白されることが嫌いだと引かれる

相手がlineで告白をされることが嫌いである場合、場合によっては引かれてしまう可能性が考えられます。

告白される側も、自分がどのように告白されたいかといった理想を持っていたりします。

直接面と向かって告白されたいと憧れを抱いている場合、lineで告白されてしまうとなると、ショックを受ける場合も考えられます。「ここで告白をしてくるの?」とか、「直接言われたかったのに!」といったような気持ちになってがっかりさせてしまうこともあるのです。

▼告白はロマンチックな場所で…という理想がある人もいるんです

リンク画像

「好き」という気持ちは、簡単に文字にするのではなく、言葉で伝えてほしいと思っている高校生もたくさんいたりします。

ですので、そういった理想を抱いている人であれば、他愛もないlineのやり取りの中で、告白をされるととても引いてしまいます。

今までよかった関係も、とてもぎこちない雰囲気になってしまう場合も考えられます。

本気だと受け止めてくれない場合がある

lineで告白をするというのは、場合によっては相手に本気だと受け止めてもらえない可能性があったりします。

文字のやり取りになりますので、表情や雰囲気を伝えることができないことがあり、受け止め方としては、冗談に思われてしまい、さらっと流されてしまうといったことが考えられます。

このように、相手の受け止め方次第では、せっかく考え抜いたあなたの気持ちを、受け止めてくれることができないといった状況になってしまうケースもありうるのです。

lineといった文字だけのやり取りになりますと、伝わり方が異なってくる場合があります。

また、より伝わりやすくしようと、絵文字などを使って自分の気持ちを表現するために工夫をしたつもりでいても、それがかえって冗談に受け止められてしまい、告白失敗につながってしまうこともあるのです。

他の人に見られてしまう場合がある

告白をする際に、lineなどといったツールを使うことで、いつまでも記録としてline上にやり取りが残ってしまいますよね。

うっかり他の人に見られてしまう可能性もないとは言い切れないところが、lineで告白をするときのデメリットになってきます。

直接告白をするところを他の人に見られないようにと、気を遣う人もたくさんいるかと思いますが、lineで告白をするときも、相手が必ずしも一人でいるとは限りませんので、他にも一緒にいた場合などは、あなたが送った内容を読まれてしまうこともあるのです。

そのような場合には、すぐに他の人に知られてしまいますし、恥ずかしい思いをすることになりますので、注意が必要になってくるでしょう。

返事がもらえない

告白をする相手との距離感次第では、lineで告白をしたあとに返事がもらえないといったことになる場合も考えられます。

とても仲が良くて、普段からlineのやり取りをしていたり、毎日学校で話をすることがあるといったような、脈ありの状況であるならば、lineで告白をしても返事がもらえないということはなさそうですよね。

しかし、学年が違うとか、クラスが違うといったような相手で、さらに自分だけが好意を持っていて、信頼関係も築けていないような状況で告白を急いでしまうと、lineで告白をしても、既読がついても返信がないということになることも考えられます。

相手との関係性をしっかりと見極めてから、lineで告白をしなければ、返事がないまま終わってしまうといった状況になってしまいますし、学校であったとしても気まずいですよね。

このように、lineでの告白は気軽にできるので、気持ちの焦りからうっかり早くに告白をしてしまうと、返事をもらうことができないままになってしまうことがあります。

▼相手から好意のサインが出ているかを、よく観察してから告白に踏み切りたいですね

リンク画像

高校生がlineで告白をされてうれしいと感じる瞬間は?

高校生は普段からlineのやり取りをしている人が多く、男女問わずたくさんのスタンプや絵文字を利用しながら楽しんでいたりしますよね。

そんなやりとりの延長で、告白をしたいということになったら、どういった告白が嬉しいと感じるのでしょうか。

実際にlineで告白をされてうれしいと感じる瞬間について、様々なパターンをいくつかご紹介していきたいと思います。

縦読みすると「すきです」になる

一文字一文字を送って、縦に「すきです」といった、今までのやり取りと違った送り方をすることで、受け取った側も嬉しくなるのではないでしょうか。

こうした今までのやり取りとは違う工夫をすることで、より気持ちは伝わりやすくなるはずです。

どのように伝えようかと真剣に考えてくれていたのだなといった気持ちが相手にも伝わりやすくなります。

他のやり取りとは明らかに違うといった雰囲気を文面からも感じ取ることができるような工夫をしてみることで、より真剣度が伝わりやすくなるのではないでしょうか。

絵文字は使わずにシンプルに!

lineで告白をする際には、シンプルな文章になるように心がけていきましょう。

照れ隠しなどで絵文字を使うと、冗談なのか本気なのかがとても分かりにくくなってしまいます。

絵文字に気がいってしまい、本気度が伝わらなくなってしまうと、せっかくの告白もうまくいきません。 文字だけで、しかも短くまとめることができるといいですね。

あまりに伝えたい気持ちがたくさんあふれてきてしまい、時間をかけてlineで送ったとしても、告白の内容が長文になってしまうと、あまりにも回りくどく、読む気にもならなくなってしまいます。

「結局何が言いたかったのか?」と思われてしまうことのないように、シンプルに伝えられるように心がけていきましょう。

大事な所だけはline電話で言われると嬉しい

告白をするタイミングを見計らいながら、lineのやり取りをしていくうちに、気持ちも和らいでいくかと思います。

そんな中で、会話の流れから、突然line電話をかけて、「付き合ってください」と伝えてみるというのも、いいのではないでしょうか。

告白をするような雰囲気になってきたときに、勇気を出してline電話をかければ、相手も電話に出てくれますし、そのままストレートに伝えることで、本気度が伝わりますよね。

このように、lineを上手に使いこなすことができると、告白をされた側もとてもうれしいと感じるのです。

▼電話で告白をするときのポイントについては、こちらをご覧ください

リンク画像

lineで告白を成功させるためのコツ

告白をするからには、どうしても成功させたいという気持ちはありますよね。 そのためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

lineで告白を成功させるためのコツについて、今からご紹介していきたいと思います。

体育祭や文化祭のあと

みんなで協力し合って準備を進めてきたり、当日のテンションや盛り上がりの後というのは、余韻が残っていますし、達成感もあることから、今まで以上により二人の距離も縮まるきっかけとなるのではないでしょうか。

そんな体育祭や文化祭のあとに気軽に「今日はお疲れ様!」とlineを送って、お互いにねぎらいの言葉をかけたり、一日を振り返りながらやり取りをしていったあとに告白をすることで、成功につながりやすかったりするのです。

お互いに今まで頑張ってきた様子を知っているからこそ、このタイミングでの告白は、更にお互いの距離を縮めていくことができるチャンスでもあります。

気分的にも盛り上がっているときのほうが、何事にも前向きに考えることができますので、告白の成功率も上がっていきます。

ですので、こういったイベントごとのあとを狙って告白をしてみるというのも一つのねらい目かと思います。

夏休みなどの長期休みに入る前

高校生は夏休みをはじめとする春休みや冬休みといった長期休みがあったりしますよね。

そんな休みに入ると、好きな人に会えなくなってしまう寂しさもあるかと思います。

しかし、告白をするのにはこういった長期休みの前に告白をしてみるというのもおすすめです。

lineで何度もやり取りをすることが増えるはずですし、告白をして、仮にフラれてしまったとしても、顔を合わせることがしばらくはありませんので、お互いに次に学校が始めるまでには、気持ちも落ち着いているのではないでしょうか。

また、付き合うことになったとしても、学校の他の人に知られることなくデートができたりします。

こうしてタイミング的に告白しやすいですし、「休みに入って会うことがなかなか難しいからlineで告白をした」といった理由になったりもしますよね。

▼高校生が告白をするタイミングについては、こちらもどうぞ

リンク画像

lineでの告白はシンプルに伝えよう

高校生がlineで告白をする際に、人によってはなかなか信じてもらえなかったり、いやがってしまう人もいるかと思います。

しかし、伝え方次第では、lineでの告白を実際にされてみて、嬉しいと感じる人も多くいたりします。

本気であることを伝えるためには、シンプルなlineを送ることが重要です。

絵文字やスタンプは使用せずに、いつものやり取りとは違う雰囲気を作ることで、冗談に受け止められてしまうことはないのではないでしょうか。

気持ちがストレートに伝わりやすいのはやはり直接告白をするといった方法ですが、こうしてlineでの告白をするというのも一つの手段として、コツをつかんで成功させてくださいね。

▼卒業式での告白の仕方については、こちらで紹介されています

リンク画像
スポンサードリンク
Comments

みなさんのコメント

りん

彼氏がほしい❤️
高校生です。
埼玉県上尾市

Comments