浮気・不倫の経験者は約3割!あなたのパートナーは大丈夫?

「浮気」と「不倫」の違いを知っていますか?

「浮気」は特定の相手だけではなく、その場だけの身体の関係も含みます。浮気の定義は幅広く、人によっては他の異性と連絡を取り合っていることも、浮気に含める人もいます。

字のごとく他の異性に対し、浮ついた気持ちで接しているようならば浮気と言えるでしょう。

それに対し、「不倫」は、結婚しているのにもかかわらず、特定の人と身体の関係を持つことを指し、遊びの関係とは言いづらい状況と言えます。

それでは、なぜ人々はしてはいけないと分かっていながらも、浮気や不倫をしてしまうのか、そして、浮気・不倫をされた時は、どう対処すべきなのかについて見ていきましょう。

浮気・不倫をしてしまう人の特徴

浮気や不倫をしてしまう人には特徴があります。どんな人が浮気や不倫にはまってしまうのか把握しておきましょう。

自分がなく流されやすい

浮気や不倫をしてしまう人は、自分がなく流されやすい傾向にあります。

相手から言い寄られるとすぐになびいてしまうため、浮気や不倫に発展してしまうのです。

最初は拒んでいても、何回もアタックされるうちに、そうなってしまったという人も少なくはありません。

しかし、残念なことに、自分がない人の場合は、本気の対象として選ばれることは少なく、一瞬の遊び相手にしかなれません。浮気相手との関係が長く続くというのは考えにくいでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、悪いと分かっていながらも浮気や不倫をしてしまいがち。

自分に自信がないため、自分のことを気にかけてくれている人の事を簡単に好きになってしまうのです。

「好き」と軽々しく言ってくる人のこと、信用できますか?

自分に自信がある人は、まず疑うところから入ります。「好き」ということを軽々しく表現してくる人のことを信用できないからです。それに対し、自分に自信がない人は、そのままストレートに受け取ってしまい、相手に好意を持ってしまいます。

しかし、自分がない人同様、一瞬の遊び相手にはなれても、本命として選ばれることが少ないのが最後のオチ。長く関係が続く可能性は低くなります。

飽き性で新鮮なものが好き

飽き性で、新しいもの好きな人は、恋愛においても新鮮さを求めがち。

パートナーとの関係が安定すればするほど、浮気をしたくなります。

安定が浮気に走らせるなんて、なんて皮肉な話なんだろうと思ってしまいますよね。

しかし、こういうタイプに限って、安定している方、つまりパートナーとの関係をキープさせようとします。新鮮さは欲しいけど、安定が1番欲しいと思っている人が多く、別れを切り出してまで、浮気相手や不倫相手を選ぶことはありません。

もし、パートナーがこのタイプだとしたら、一種の病気として付き合っていくことができる人でないと、対処できないでしょう。

ただ単に性欲が強い

性欲が強い人も浮気や不倫をしてしまう傾向にあります。

あなたたち2人の関係は、マンネリ化してしまっていませんか?

マンネリ化してしまっているというカップルは要注意。だんだん夜の回数が減ってきたというカップルは、どちらかが浮気をしてしまう可能性が高くなると言われています。

浮気防止をするためにも、毎日スキンシップをするようにすることが大切です。好きだということをきちんと身体で表現してあげましょう。

▼バランスの良いスキンシップで相手を繋ぎとめよう

リンク画像

浮気や不倫をされてしまう人の特徴

浮気や不倫をする人に特徴があるように、浮気や不倫をされてしまう人にも特徴があります。恋愛のたびに、パートナーから浮気をされてしまうという人必見。あなたにもこんな一面がありませんか?

パートナーに依存しすぎている

実は、パートナーに依存しすぎていると、浮気・不倫をされてしまう確率が高くなるということを知ってしましたか?

いつも恋愛で束縛してしまいがちだという人は、束縛しない自分になる努力をしましょう。

束縛をする恋愛は決してあなたを幸せにはしてくれません。

束縛してしまう人は、自分に自信がなく、相手を信用できない傾向にあります。自分に自信がないと、相手を魅了し続けることはできません。そして、信頼関係ができていないと2人の関係は良好とは言えないでしょう。そのことがパートナーにとって居心地が悪くなってしまい、結果として浮気や不倫をされてしまうのです。

しかも、不思議なことに、浮気相手や不倫相手は、自分とは真逆のタイプだったりします。そうなるともっと傷ついてしまいますよね。

相手の気持ちを離したくないからこそしてしまう束縛が結果として浮気をさせる原因になってしまうなんて、虚しいと思いませんか?

▼恋愛への強い依存や執着は、こちらの記事でサヨナラ!

リンク画像

相手を信用することができない

パートナーが前より連絡が遅くなったらすぐに浮気や不倫を疑ってしまっていませんか?

信頼関係がなくなると、関係はギクシャクしてしまうもの。

あなたが信用していないことが原因で、相手に浮気や不倫をさせてしまっているかもしれません。

1番信頼してほしいパートナーに疑われてしまうと、とても寂しい気持ちになってしまうのが人間です。「信用してくれないならもういい!」と自分を信用してくれる他の異性に気持ちが言ってしまうなんて人は結構います。

「浮気や不倫をする原因を人のせいにするな」と言いたいですが、浮気や不倫をしてしまう人は「自分を見てほしい」という気持ちが強い傾向にあります。

あなたはきちんとパートナーを見てあげていますか?自分のパートナーに対する行動を振り返ってみましょう。

▼どうしても彼氏を疑ってしまう女性の心理って?

リンク画像

▼怪しいからって携帯を見てはいけない理由とは?

リンク画像

相手のことを指摘ばかりする

パートナーの少しのミスでもイラッときて指摘しているようならば、あなたにも原因があると言えます。

人は自分を認めてくれる人に心奪われるからです。

浮気や不倫をされたくないのであれば、指摘する回数を減らす努力をしましょう。

誰だって、いつも自分のことを否定的にとらえ、責めてくる人のことを、好きなままでいることは厳しいと思います。そんな時に、いつも自分を認めてくれ、好きでいてくれる人がひょっこりと現れたら、あなただったとしても好きになってしまいませんか?

パートナーにとって、居心地のいい関係性であるかを見直す必要があると言えそうです。

▼彼にとって居心地のいいパートナーになるために

リンク画像

浮気されても関係を継続すると決めた時にすべきこと

浮気が発覚した後、それでもパートナーと居続けることを選択する人と、別れを決断する人との二手に分れます。

まずは、浮気をされても関係を継続すると決めた時にすべきことについてお教えします。

一人で過ごす時間を作る

パートナーの浮気。本当に心がズタボロになってしまい、何も手につかなくなってしまいますよね。筆者にも浮気をされた経験があるため、その辛さはよく分かります。

関係を続行すると決めたら、まず最初に、傷ついた心を癒すべく、一人で過ごす時間をたっぷりとつくってあげましょう。

浮気された直後は、パートナーと距離を置いた方が賢明です。

浮気直後に以前と変わらずパートナーと一緒に過ごそうとしたって、なかなかできるものではありません。パートナーがスマホを見ているだけで、ブルーな気持ちになってしまったり、触られるだけで嫌悪感を抱いてしまったり、自分でもよく分からないネガティブな感情が押し寄せてきます。

「距離を空けると、パートナーの気持ちが冷めてしまうかもしれない」と心配している人も中にはいるでしょう。そこで、冷めてしまうならあなたたちの関係はそれまでだったということ。本当にあなたのことを必要とするならば、反省しながらあなたが落ち着くのを待つことができるはずです。

浮気をされた直後は、自分の心の傷を癒すことに専念することをおすすめします

また浮気されるのではないかという気持ちを手放す

過去に1度でも浮気をされたことがある人には分かると思いますが、「また浮気されるのでは?」という疑いを払拭することは、そう簡単ではありません。

しかし、疑いは現実となってしまいます。

疑えば疑うほど、本当にパートナーに浮気をさせてしまうことになってしまうのです。

そうならないためにも、パートナーを信用する努力をすること。そして、浮気をされたらどうしようという恐怖心を手放すことが大切です。

「次、浮気したら捨ててやる!」くらいの度胸を持って、交際を継続させないと、パートナーと以前のような関係に戻ることは難しくなってしまうでしょう。

▼別れた方がいい場合というのも、悲しいけれどあります…

リンク画像

パートナーとの別れを選択した時にすべきこと

「浮気や不倫をするなんて絶対に許せない!」という人がほとんどではないでしょうか。パートナーとの別れを選択した時にすべきことについてお教えします。

復讐を考えないようにする

浮気や不倫をされると、怒りのあまり復讐したくなりますが、復讐は絶対にすべきではありません。

復讐はあなたの立場を悪くしてしまいます。

復讐の度合いによっては、警察沙汰になってしまう可能性も。

慰謝料を請求されてしまったら、もとはと言えば、向こうの浮気が原因なのにと腑に落ちませんよね。効果的な仕返しなんてありません。自分を守るためにも、話をこじらせないためにも、復讐はしない方が賢明です。

パートナーならまだしも、浮気相手に何か復讐をしてやろうと思っている人は、本当にそこまですべきなのか、そんなリスクを背負ってまで復讐をすることは正しいことなのかを冷静に考えることをおすすめします。

後腐れなくすっぱりと別れる

自分を傷つけた相手に対し、何の仕返しもなく別れるなんて納得いかない人が多いかもしれませんが、筆者の経験上、後腐れなくすっぱりと別れることをおすすめします。

怒りをぶつけることだけが仕返しとは言えないからです。

むしろ、感情むき出しで別れを切り出しても、自分が余計に傷ついてしまうだけ。相手は反省することなく、あなたの悪い印象しか残らないなんてことにもなりかねません。

それよりも、「なんであんないい人と別れてしまったんだろう」と後悔させることができれば、それで十分な仕返しになります。

浮気をしておきながら、復縁を希望してくる人は結構います。「別れてようやく大切さに気付いた」と言われた時に、「もう必要ない」と言ってやれば、スカっとしませんか?

自分の評価を下げずに、上手く仕返しするためにも、後腐れなく別れることをおすすめします。

▼別れるか、続けるか、迷ったあなたはコチラ

リンク画像

浮気や不倫をしたことがある男女の確率は約3割!

浮気や不倫をする人は、そういないと思っていませんか?実は、浮気や不倫をしたことがある男女の確率は、約3割と言われています。つまり、10人に3人は、浮気経験者、不倫経験者というわけです。

この記事で、浮気をする方にもされる方にも原因があるということが分かったかと思います。

いつまでも、お互いにとって1番魅力的な存在でいることができるよう、パートナーを信頼し、自分磨きを怠らないことが大切です。

▼浮気なんてするなら制裁覚悟でね

リンク画像

浮気・不倫の一覧