宮崎県デートスポット特集。神々にまつわる多くの神宮や美食が魅力

宮崎県は広大な自然が特徴的である県であるため、その自然を活かした魅力あふれるデートスポットが数多くあります。

また自然の中で大切にされている神宮などと言った神々が祀られる神聖なスポットも多くあるので、デートの際には欠かさずに訪れてみると面白い県でもありますね。

ゆったりとしたデートになりやすい宮崎県ですが、「食」においては肉がメインとなりやすい県でもあるため、ワイルドに肉を堪能することができます。

そんな魅力あふれる宮崎県のデートスポットをご紹介していきますので、しっかりとポイントを抑えて宮崎県を満喫してみてくださいね。

スポンサードリンク

岩戸に囲まれた隠れた天照大神が祀られたスポット「天安河原」

宮崎県には数多くの神宮や神社など神をまつるものが多く存在しておりますが、こちらの「天安河原」は、その中でも特に自然と一体となった場所となります。

そこは、岩戸に囲まれた洞窟のような場所にあり、薄暗い雰囲気の洞窟の中で参拝をしていきます。

大自然の中をゆっくりと進んでいき、そこはまるで非日常な空間が広がっている神々の聖域の雰囲気を感じながら、自然のパワーを得て「天安河原」へと向かう途中道も心身ともに癒されていきますね。

「天安河原」に祀られるのは八百万の神々が河原に集まっていき、神議を行ったとされており、思兼神と八百萬神が祭神とされております。

他の神宮や神社では感じることのできない自然のパワーが身体にみなぎっていくのを感じながら参拝するひと時は、癒される時間を感じることができます。

宮崎県の数多くある神社の中でも特におすすめの神社の一つとなりますので、是非ともウォーキングの気分で歩きながら自然のパワーを得てみてくださいね。

スポット:天安河原
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸
電話番号:0982-74-8239
営業時間:00:00~24:00
料金:無料
定休日:無休
アクセス:高千穂バスセンター 車 15分
ホームページ:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1337317286

断崖にある自然を見渡しながら参拝をしていく神宮「鵜戸神宮」

こちらは130年前に創建された神宮であり、1千平方メートルもの広大な土地の中にある主祭神の産殿の址とされております。

中でも、「鵜戸神宮」は断崖にある神宮であり、下をのぞけばそこは崖と海の胃が広がっていく少し怖い場所でもありますね。

そんな場所に堂々と佇むのは、朱塗りが見事な神宮であり自然との調和を感じることができます。

この神秘的な「鵜戸神宮」には数多くの注目ポイントがございますので、ご紹介していきます。

「御本殿」
県の有形文化財にも登録されており、その美しい朱塗りは見ているだけでもうっとりするほどでもありますね。

大神様が祀られており、二拝二拍手一拝で参拝をしていくことで、ご利益を叶えていくことができるとされています。

「霊石亀石」
「御本殿」の下に位置する場所にある石であり、それは良く見ていくと亀の背中の形をしている石となります。

この亀石に向かって男性は左手で、女性は右手で「運玉」を投げ込むことによって、見事亀石の背中に入れば願いが叶うとされていますので、チャレンジしてみてくださいね。

「八丁坂」
「鵜戸神宮」の中でも最も古い石段参道として知られており、800メートルもの長さの石段が続いております。

438段もの石段を登っていく最中は、両サイドに美しい森林に癒されながら歩いていけますので心地よさを感じますね。

「楼門」
朱塗りの美しい門で、神門に次いでくぐっていく門となります。

門のサイドは崖になっており、その断崖絶壁の場所に作られた門は壮大な雰囲気を感じることができますね。

スポット:鵜戸神宮
住所:宮崎県日南市宮浦3232
電話番号:0987-29-1001
営業時間:6:00 ~19:00
料金:無料
定休日:無休
アクセス:鵜戸神宮 徒歩 10分
ホームページ:http://www.udojingu.com/

宮崎県を代表する絶景ロケーションのデートスポット「願いが叶うクルスの海」

ここは宮崎県の中でも特にデートスポットとして人気が高く必ずと言って良いほどカップルが訪れる場所となります。

「願いが叶うクルスの海」は、その名の通り海と海岸が見事なまでのクロスをしていることから名づけられたスポットとなりますね。

こちらの特徴は何と言っても、訪れるだけで願いが叶うとされる不思議な場所であり、デートの定番地ともなっております。

「願いが叶うクルスの海」には、目の前に鐘があり、その鐘を鳴らすことによって幸せが訪れるとされているため、必ず鐘を鳴らすようにしていきます。

青々とした美しい景色は癒しの効果もあり、地平線の彼方まで続いていく海は見事なまでの景色を楽しんでいくことができますね。

スポット:願いが叶うクルスの海
住所:宮崎県日向市細島
電話番号:0982-55-0235
営業時間:00:00~24:00
料金:無料
定休日:無休
アクセス:日向IC 車 10分
ホームページ:http://www.hyuga.or.jp/sightseeing/view/7

縁結びをはじめとした恋愛スポットでもある神社「青島神社」

「青島神社」は彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神の3つの神様を祀っている由緒正しき神社となります。

宮崎県に数多くある神社の中でも特に人気の神社であり、1200年前に創建されたとされており、そこから多くの人の縁を繋いできた場所でもあります。

そうなのです、こちらの「青島神社」は縁結びの神社として多くのカップルを幸せにしてきた名所でもあり、神社のあちらこちらでカップルを見ることができます。

また「青島神社」は一つの島となっており、13,479坪もある面積の中には「青島神社」以外は森の身となっているほど。

周りは一面の海と言う最高もロケーションも「青島神社」の縁結び効果の一つの魅力であると言えますね。

ここからはそんな「青島神社」の魅力スポットについてご紹介していきます。

「ビロウ」
特別天然記念物に認定されている「青島神社」の周りに生い茂っているビロウの木々は5,000本もあり、最高樹齢は350年を超えるほどのものがあります。

ビロウの木々だけで森が作られており、そこは美しさと日本にいることを忘れてしまうほどの南国気分を堪能していくことができますね。

「鬼の洗濯板」
「青島神社」の周辺の岩盤は、700万年前に海床に堆積したとされる砂岩・泥岩がビロウの木々の先にできている不思議な光景を見ることができます。

凹凸が生じており、岩上にはヒビや断層が多く、団魂や浸蝕による蜂こうを見ることができるなど、見ているだけでも美しい自然の現象を感じることができますね。

「弥生橋」
青島にかかる一本橋であり、「青島神社」を訪れるのに唯一の交通手段でもありますね。

こちらの弥生橋は昭和天皇によって創建された大変貴重な橋でもあり、橋を渡りながら見る景色は絶景の一言に尽きます。

スポット:青島神社
住所:宮崎県宮崎市青島2-13-1
電話番号:0985-65-1262
営業時間:6:00~17:30
料金:無料
定休日:無休
アクセス:宮崎空港 車 15分
ホームページ:https://aoshima-jinja.jp/

国の天然記念物にも指定されている宮崎県を代表する絶景「高千穂峡」

「高千穂峡」は日本を代表するスピリチュアルスポットとして名高い場所でありその神秘的な雰囲気と空間を全身で感じることができます。

また、その美しい自然の中で楽しむデートスポットやアクティビティなどは大変魅力いっぱいの時間過ごしていくことができますね。

そんな魅力あふれる「高千穂峡」の名スポットをご紹介していきます。

「遊歩道散策」
遊歩道に沿って歩きながら高千穂峡の自然を感じることができるスポットであり、真名井の滝や鬼八の力石などといった場所を見ていくことができます。

その迫力は自然が作り上げた奇跡とも言えるほどで、見ているだけでもその見事なまでの荘厳さにワクワクしていきます。

さらに奥に歩いていくと「鬼八の力石」があり、3メートルほどの高さと200トンはある重さの岩は、鬼八がミケイリノミコトに対して投げた石をされています。

まだまだ続く遊歩道を歩いていくと「仙人の屏風岩」が登場し、岩に入った割れ目がまるで屏風のように見えてくるスポットとなります。

まだまだ続く高千穂峡を歩いて散策するのは、とても優雅で楽しいものとなりますね。

「ボート散策」
高千穂峡の楽しみ方は遊歩道だけではなく、実際に流れている川の上をボートで散策することができます。

大自然の魅力を間近で感じることができるのは高千穂峡の魅力ならではであり二人だけのボートタイムはデートで最適と言えますね。

ボートを漕いでいくと遊歩道とは、また違った顔を見せてくれる高千穂峡の魅力にワクワクとドキドキの気持ちを膨らませていけます。

ボートを漕ぎ進めていくと見てて来るのは、目の前で豪快に落ちてくる真名井の滝であり、その美しさは、つい見とれてしまうほどでもあります。

「四季で見せる顔」
高千穂峡はその自然が見せてくれる美しい景色を一年を通じて様々見せてくれるのも魅力の一つとなります。

春になれば美しい桜と高千穂峡のコラボレーションを見ることができ、うっとりとした時間を過ごしていけます。

夏になれば新緑の時期となり、新緑の見事なまでの美しさが夏の暑い時期の雰囲気を和らげてくれます。

高千穂峡のボートと合わせると、避暑地以上の涼しい時間を過ごしていけますね。

時間は流れ秋になれば、一面紅葉の顔となって、その美しい姿はワクワクして和の雰囲気を楽しんでいけます。

最後は一年の締めくくりでもある冬になりますが、木々は枯れてしまうものの一面銀世界の雪が見事なまでの幻想的な雰囲気を作ってくれますね。

スポット:高千穂峡
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町向山
電話番号:0982-73-1212
営業時間:00:00~24:00
料金:無料
定休日:無休
アクセス:蔵田 車 40分
ホームページ:http://takachiho-kanko.info/

日本にいながらイースター島のモアイ像を見ることができるスポット「サンメッセ日南」

ここはイースター島かと思うような景色を楽しむことができ、シンボルでもあるモアイ像までもある珍しいスポットになります。

日本にいながらイースター島の雰囲気を楽しむことができることからデートスポットとしても人気を集めております。

当時昭和44年頃は和牛の生産を行っておりましたが、その後閉鎖となり町おこしの一環として、「サンメッセ日南」を設立していきました。

「サンメッセ日南」で見ることができるモアイ像は日本から15,000キロ離れている絶海の孤島にあるイースター島にあり、ここでチリ大地震によって崩壊したモアイを復旧しています。

そのため「サンメッセ日南」にあるモアイ像は本物の世界七不思議のひとつでもあるモアイ像となりますね。

そして「サンメッセ日南」の魅力はこれだけで終わることはなく、まだまだ他にも魅力あるスポットがありますのでご紹介していきます。

「地球感謝の鐘」
サンメッセ日南の一番奥にある場所であり、サヌカイトフォーンは大地が生んだ音を全身に響き渡らせます。

こちらの鐘は宗教協力の下の世界初の鐘であり、世界で唯一のモニュメントとしても注目を集めております。

「ふれあい牧場」
サンメッセ日南には10種類の動物が優雅に暮らしており、この動物たちとのんびりと触れ合いながら時を過ごしていけます。

自然の中で伸び伸びと育つ動物たちを見ていると、見ている側も心から癒されていきますね。

「センタープラザ」
サンメッセ日南の中で食事をすることができるレストランがある場所となります。

のんびりとした時間の中でくつろぎながら食事をすることができる贅沢さと、美食を味わうことができる贅沢さを一度に体験することができますね。

スポット:サンメッセ日南
住所:宮崎県日南市宮浦2650
電話番号:0987-29-1900
営業時間:9:30~17:00
料金:700円
定休日:無休
アクセス:宮崎IC 車 40分
ホームページ:http://www.sun-messe.co.jp/

宮崎県でもっとも美味なる肉を堪能することができる焼肉店「みょうが屋」

宮崎県は「肉」を多く生産している県でもあり、そのため多くの肉を取り扱うお店があり、こちらのお店は中でも特に美味な肉を味わうことができる焼肉店となります。

店内はいたって普通の街の焼肉屋さんの雰囲気ではありますが、そこで提供される肉は高級店さながらの品質に対して、リーズナブルな価格が魅力をそそります。

それもそのはず、こちらのお店で取り扱っているお肉は宮崎県を代表する宮崎牛を独自のルートで仕入れているため、リーズナブルな価格で最高品質の肉を味わうことができます。

そんな絶品の宮崎牛の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「レアステーキサラダ」
宮崎牛をレア状態のステーキで味わうことができ、その肉肉しい味わいは癖になること間違いなしと言えますね。

このレアステーキと合わせるサラダも瑞々しい味わいでありさっぱりとしている味わいを堪能していくことができます。

「サーロインカツ」
宮崎牛のサーロインステーキをサクッとした衣で上げた贅沢な一品となっております。

見た目の美しいミディアムレア状態を目で楽しんだ後は、サクッとした衣と宮崎牛の口の中でとろけるようなサーロインの旨味と甘みのある脂の味わいを堪能していくことができますね。

「カルビ」
宮崎牛の脂身と赤身のバランが見事なまでの美しい色合いを楽しむことができるカルビとなります。

焼き上げることによってしっかりとした肉の味わいと脂身の程よい甘みを感じることができますね。

「ホルモン」
新鮮な宮崎牛の内臓部分を丁寧に下処理してあることで臭みも一切なくホルモンの旨味を楽しんでいくことができます。

口の中でジュワっと広がっていくホルモンの甘みは癖になること間違いなしの一品と言えますね。

「タン」
宮崎牛から一枚しか取ることができないタンは貴重でありながらも大変人気の高いメニューとなっております。

コリコリとした食感を楽しむことができるだけではなく、肉の旨味も堪能することができる一品となります。

「ハラミ」
宮崎牛の中でも特に赤身に特化した部位であり、肉の力強い味わいを堪能することができます。

噛めば噛むほど出てくるハラミの肉肉しい味わいは癖になってしまう旨味を味わっていけますね。

スポット:みょうが屋
住所:宮崎県宮崎市末広1-7-7
電話番号:0985-28-2302
営業時間:18:00〜22:00
料金:6,000円~
定休日:火曜日
アクセス:宮崎駅 徒歩25分

宮崎県名物の地鶏を専門に扱う名店「みやざき地頭鶏炭火焼 Kutsurogi 三四郎」

宮崎県と言えば絶対に欠かすことができない名物でもある宮崎の地鶏があり、こちらのお店ではこの地鶏を専門で扱っております。

シックでモダンな作りをしている店内は地鶏を味わうお店としては高級店さながらのお洒落な雰囲気を感じることができます。

毎日生産者から直接仕入れる地鶏は店主自らがさばくほどのこだわりを見せており、常に新鮮な状態の地鶏を味わうことができますね。

そのため地鶏と言ってもバリエーション豊かな味わい方があり、その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「地鶏頭炙り4種」
お店自慢の宮崎県産の地鶏を軽く炙った状態で刺身のようにして味わうことができる贅沢な一品となります。

新鮮であるからこそ可能となる一品でもあり、4種類もの地鶏の部位はその違った食感や味わいの変化を楽しんでいくことができますね。

「みやざき地鶏頭 ももみ」
宮崎県産の新鮮な地鶏のもも肉を炭火焼きで味わうことができる定番のメニューとなります。

もも肉のしっかりとした味わいが癖になり、その肉肉しさと炭火の香ばしさ口の中で広がっていく贅沢な一品でもあります。

「みやざき地鶏頭 むねみのにんにく焼き」
新鮮な地鶏の胸肉をにんにくを使用しながら炭火で焼き上げていく一品で、その香ばしさとニンニクの香りが癖になります。

胸肉のジューシーな味わいとニンニクのパンチのある香りが食欲をそそり、お酒と一緒に飲めば幸せなひと時を過ごしていけますね。

「特上せせり」
地鶏の新鮮なせせりは、他の部位にはないコリコリとした特徴的な食感が癖になってくる一品でもあります。

食感だけではなく、その美味な旨味もあり、噛めば噛むほど出てくる味わいはたまりませんね。

「みやざき地鶏頭 大手羽の素揚げ」
地鶏といったら、子の食べ方は定番中の定番となりますが、お酒と一緒に味わうことが多い一品となります。

肉の中でも特に力強い味わいと食感が特徴的な手羽先を手でつかみながら豪快に味わっていくことができますね。

「未来の巨匠の親子丼」
お店の若手は作り上げる親子丼は、若き職人の知恵と努力を感じることができる他にはない逸品を味わっていくことができます。

地鶏の肉肉しい味わいと新鮮な卵の濃厚でクリーミーな味わいの鶏尽くしの贅沢な一品となっております。

スポット:みやざき地頭鶏炭火焼 Kutsurogi 三四郎
住所:宮崎県宮崎市堀川町57-1
電話番号:0985-31-1888
営業時間:18:00~23:00(LO22:00)
料金:4,000円~
定休日:月曜日
アクセス:宮崎駅 徒歩10分

旬の食材が身体に染み渡る日本料理の名店「喜泉」

旬の食材をふんだんに使用した日本料理の数々を堪能することができ、京都の料亭をはじめ数々の名店で修業を積んだ大将が作り上げる芸術的な品々を味わうことができます。

店内は木を基調とした造りとなっており、うっとりするほどの美しい雰囲気と少しピリッとした大人の空間を楽しんでいくことができますね。

そんなお店で味わうことができるメニューの中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「宮崎牛のグリル」
お店のメインで提供される宮崎牛のグリルは時間をかけてじっくりと火を通していきますが、美しいミディアムレア状態で味わうことができます。

ジュワっと広がっていく宮崎牛の旨味をシンプルに堪能することができますね。

「お造り盛り合わせ」
目の前に提供された瞬間に、その美しい見事なまでの色合いと盛り付けのセンスを感じることができる一品となります。

中トロのとろけるような味わいを楽しみながらも、鯛や平目などの白身魚のさっぱりとした味わいまでも楽しんでいける逸品。

「サワラのグリル」
表面がパリッとなるまで、火を通し続けたサワラは口にした際に脂の旨味をたっぷりと味わうことができます。

白身の淡白な味わいと脂の程よいバランスが癖になる日本酒などのお酒との相性も良い一品となります。

「吸い物」
日本料理店ならではの吸い物を味わうことができ、店主のこれまでの修業の積み重ねが可能とした薄い味わいの中にも深みを感じる職人芸を味わっていけます。

口にすれば、どことなくホッと一息ついてしまうほどの味わいと具材の旨味を同時に楽しむことができますね。

スポット:喜泉
住所:宮崎県宮崎市橘通東3-5-5
電話番号:0985-29-7706
営業時間:
ランチ:11:30~14:00(L.O.13:00)
ディナー:18:00~22:00
料金:6,000円~
定休日:月曜日
アクセス:JR宮崎駅 徒歩10分
ホームページ:http://kisen.miyazaki.jp/

自然に包まれた宮崎県で作られる絶品の蕎麦を堪能できるお店「蕎麦處 しみず」

宮崎県の中でも最も注目をされている蕎麦屋であり、そこは自然に包まれた宮崎県だからこそ味わうことができる極上の蕎麦を堪能することができますね。

蕎麦は全て手作りであるため、数に限りがある場合もあるので早めに伺うことをおすすめします。

店内には蕎麦の実から蕎麦を作るための機会も常備されているほどのこだわりで、一歩店内に入れば蕎麦の香りが広がっており食欲をそそられますね。

木を基調とした落ち着きのある店内も特徴的であり、ゆったりと落ち着きながら絶品の蕎麦を味わっていくことができます。

そんな絶品の蕎麦の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「生粉打ちせいろ」
お店の看板メニューでもあるせいろは、丁寧に蕎麦打ちされた一品で見た目の美しさと蕎麦の香りを楽しむことができます。

喉越しも爽やかで、しっかりとした弾力と蕎麦の風味が口の中に広がっていきますね。

「天麩羅そば」
お店自慢の蕎麦を味わいながらもトッピングの天麩羅が絶妙な旨味を引き出してくれる一品となります。

蕎麦の爽やかかな味わいと天麩羅のサクッとした食感を楽しむことができる贅沢な組み合わせを堪能していくことができますね。

「蕎麦焼味噌」
蕎麦を練り物のようにしてヘラにつけ、そこに一緒に味噌を混ぜ合わせて焼き上げた食べやすい一品。

蕎麦の旨味をダイレクトに感じながらも味噌の深みのある味わいが見事にマッチしていて、サイドメニューとしておすすめとなります。

「そばがき きな粉」
そばを使用したデザート感覚の一品で、食事の最後に注文される一品でもあります。

もちっとした食感でありながらもソバの風味を感じることができ、そこにきな粉をトッピングすることで、より優しい味わいとなっております。

スポット:蕎麦處 しみず
住所:宮崎県宮崎市橘通東2-6-4
電話番号:0985-28-8055
営業時間:
ランチ:11:30〜14:30
ディナー:17:30〜21:00
料金:2,000円~
定休日:月曜日、第一・第三・第五火曜日
アクセス:JR宮崎駅 徒歩10分

ボリューム満点、迫力満点の焼肉の名店「ビーフクック黒毛和牛」

美味なお肉を味わうことができるお店は宮崎県内にも多くありますが、こちらのお店はその中でも豪快な肉の塊を堪能することができるお店となります。

その豪快でボリューム満点な肉の塊は目の前に提供された瞬間にワクワクしてしまうほどでもあります。

店内は木を基調としており、ゆったりとした時間の中でワイルドに肉を堪能することができます。

そんなお店の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「ヒレ肉」
肉の部位の中で赤身の肉質が非常に強いヒレですが、こちらのお店ではサイズが想像以上に大きくブロックのような肉塊で提供されます。

見ているだけワイルドさを感じ、ジューシーで肉肉しい味わいは癖になること間違いなしと言えますね。

「もも肉」
赤身と脂身のバランスの取れた一品で、肉の旨味をダイレクトに感じることができるおうすめの一品となります。

焼き上げることで旨味が凝縮され、味わった際に肉のジューシーな味わいと食感を楽しんでいくことができますね。

「ロース」
見事なまでのサシの入っているロース肉は見ているだけでも美味しさが伝わるほどの美しさを感じることができます。

焼き上げれば余分な脂は落ちて、甘みのある脂の味わいを堪能していくことができますね。

「タン」
焼肉屋を訪れたら、まず注文しておきたい定番のメニューでもあるタンを豪快なボリュームとともに楽しんでいけます。

コリっとした食感とともに楽しんでいけるタンは噛めば噛むほど出てくる旨味をひたすら感じていくことができますね。

スポット:ビーフクック黒毛和牛
住所:宮崎県小林市北西方4047-1
電話番号:0984-24-1515
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30)
料金:6,000円~
定休日:不定休
アクセス:小林駅 車 10分
ホームページ:http://www.ezi.ne.jp/beefcook/

宮崎県の名産でもある地鶏のすべてを味わうことができる専門店「ふれあいの里 梅北本店」

宮崎県が自信をもって送ることができる地鶏を贅沢に味わうことができる専門店で、自然いっぱいの雰囲気の中で堪能することができます。

有名人やスポーツ選手までもがわざわざ訪れることがあるほど美味な地鶏を楽しめるとあって、連日大賑わいを見せております。

そんな賑わいが収まることのない地鶏の名店が送る料理の中でも特に味わっていただきたいメニューをご紹介していきます。

「もも塩焼き」
地鶏の中でも最も定番であり、そして一番肉の美味さを楽しむことができる部位として人気を集めています。

口にした際に弾くような強い肉質を感じながら噛めば噛むほど出てくる旨味を堪能していくことができます。

「刺身上盛り合わせ」
美しく盛り付けされた新鮮な地鶏だからこそ提供が可能となる地鶏の刺身を味わうことができます。

口にした際にダイレクトに伝わってくる地鶏の旨味と食感は、さっぱりとしていながらも力強さを感じることができますね。

「背肉 にんにく醬油焼き」
背肉はしっかりとした脂身と肉質を感じることができる珍しい部位でありながらも人気の高い逸品となります。

にんにく醤油で焼き上げることで香ばし香りとにんにくの風味の両方を背肉の旨味とともに堪能していくことができますね。

「地鶏のラーメン」
〆で注文されることの多い地鶏から贅沢にも出汁を取ったラーメンで、その深みのあるスープと香りが特徴的となります。

見た目以上にさっぱりとしていて食べ応えがありながらも、あまりの美味しさにペロッと食べれてしまうほどでもありますね。

スポット:ふれあいの里 梅北本店
住所:宮崎県都城市梅北町1447-7
電話番号:0986-39-5500
営業時間:11:00~22:00
料金:3,000円~
定休日:月曜日
アクセス:都城IC 車 20分

ゆったりのんびりな雰囲気とワイルドな雰囲気の両面を持つ宮崎県デートスポット

宮崎県の魅力あふれるデートスポットはいかがでしたでしょうか?

「地鶏」のイメージが強い宮崎県は、地鶏はもちろんのこと他にも多くの肉をガッツリと味わうことができる県でもあります。

美味しいものをお腹一杯味わう幸せを楽しめるのが宮崎県の特徴でありますが、もちろんデートのスポットとしても多く魅力ある場所がありますね。

中でも今回ご紹介した「自然」と「神宮」は宮崎県にいれば必ずと言って良いほど目にするものでありますので、この2つのポイントを抑えながらデートを楽しんでみるのもよいものと思います。

ゆったりと癒されるスポットが多い宮崎県を楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク
Comments