元カノからのプレゼントは捨てるべき!過去の恋愛の未練を断ち切ろう

元カノからのプレゼント、別れたあとにどうするか考えてしまいますよね。

その気持ちは正しいことであり、真剣に好きだったからこそ、残ったプレゼントに愛着も湧いてしまうのです。

ですが、次の恋愛をスタートするとき、そのプレゼントを使い続けるか、捨てられないままでいるかは、非常に重要な意味を持つことでしょう。

処理すべきか、そのタイミングを含め、次の恋愛のためにもやるべきことを教えます。

スポンサードリンク

素敵な恋愛を忘れられない?思い出の詰まった品の処分は勇気が必要

次の恋愛が始まっても、例え前の彼女と別れただけでも、プレゼントを含め、もらった品々は、手紙一枚感慨深いものがありますよね。

捨てるかどうかで悩むのは、それをくれた彼女との思い出がしっかりしている証拠、悩むのはいたって当然とも言えます。

次の恋愛が始まったなら、ますますコレに悩むことでしょう。

「ちゃんと恋愛してきた」からこそ、思い出は深く強く、捨てるには勇気にも似た気持ちが必要なのです。

捨てないという選択肢は、思い出の大きさに比例して引きずることにもなるため、物があるとずっと失恋が辛いままになってしまう可能性があります。

素敵な恋愛の証拠となる思い出の品は、同時に別れたあとの大きな後悔になることもあるのです。

だからといって、付き合っている段階から、コレにおびえるのもおかしな話です。

「プレゼント」の価値だけで見られなくなる男性心理

ただ、逆に「女性が元カレのプレゼントを持ち続けている」ということもあります。

女性は、物に対する思い出の整理が、男性よりも上手で器用、ある意味金銭的な価値だけで実用的に使い続けることができます。男性は、物に思い入れをする傾向にあり、例えば職人さんが古い道具を使い続けるのも、こういう気持ちからです。

思い入れが、元カノへの気持ちなら、それはきっと大きいハズです。だからこそ、男性は元カノのプレゼントを持ち続けてはいけないのです。

性別的な違いから、男性は物を現実的に見られない傾向にあり、何かにつけて持っている理由を誇示してしまうのです。

これじゃあ、物は捨てないと、元カノへの気持ちなんて整理できませんよね。

良くも悪くも、男性こそ元カノからのプレゼントを捨てるべきで、そのあとに気持ちの整理がついてくるのですから。

意外にも、失恋を大切にするのは男性のほうでもあるのです。

▼男性は昔のプレゼントなどがあると、それによって元カノを思い出しやすくなる傾向が強いんです

リンク画像

捨てるべき?取っておく?物の整理と気持ちの整理は違うから、非常に難しい選択

捨てるべきか?考えていくと、最終的にそこに行き着くでしょうし、それが最大の問題なのです。

気持ちの整理は時間次第、物の整理はあなたがやるかどうか、両者は違うやりかたで整理するので、非常に難しい問題が2つあるということになります。

気持ちというのは、正直なところ、男女とも「新しい恋愛をすれば整理できてしまう」という側面もあります。

悲しいことと思うかもしれませんが、新しい恋、それはそれで素晴らしいことです。

物は捨てられなくても、ゴミ袋に入れてしまえば終わりです。

残るのは後悔だけで、やっぱり「気持ちの整理が必要になる」のです。

捨てるべきか?を考えるなら、まずは「自分がどうしたいのか」に焦点を置いて、考えなくてはなりません。まだ浸っていたいなら、捨てることも無いでしょうし、戻らない彼女にずっと立ち止まったままの気持ちでいること、それは無駄な時間と言う人もいるでしょう。

あなた自身がどうしたいのか、そこに尽きるのです。

▼気持ちの整理にかかる時間については、こちらも参考にしてください

リンク画像

今の彼女が嫌がるなら即決断を!

元カノのプレゼント、捨てる悩みよりも大きな問題になるのが、「新しい彼女ができたとき」なのです。

考えれば分かりそうですが、元カノとの気持ちが切れないまま、新しい彼女ができたりすると、残ったプレゼントをどうするか、強制執行になる可能性があります。

捨てられない!じゃなく、「捨てるしかなくなる」のです。

新しい彼女と付き合ったのも自分、厳しい言いかたをすれば、「それまでに決断しなかったのが悪い」のかもしれません。

新しい彼女と付き合った理由も、もしかすると元カノとの気持ちの慰めだったかもしれませんよね。

どんな理由があるにしても、今付き合っている女性がいるのに、元カノとのプレゼントが捨てらないというのは、他の女性とのことでしかありません。

新しい彼女に、まさかそんなことは言えませんよね?

元カノであっても、「彼女以外の女性とのこと」なのです。

「元カノだから」なんてのは、自分だけの神話に近い話でしかないのです。本当なら、完全に気持ちの整理をしてから、新しい彼女と付き合うのが当たり前です。

ですが、人間であるからこそ、そう簡単に忘れたり整理できる気持ちではありません。

「思い出すのは仕方ない」としても、物の整理は、付き合うまえにしっかりやっておかなくてはいけません。

今の彼女と元カノ、どちらが大切ですか?

この疑問に元カノと答えるなら、今の彼女に失礼です。

▼この問題をはっきりさせておかないと、今の彼女が元カノに嫉妬してしまうことになりかねません

リンク画像

きっぱりと元カノへの未練を捨てよう!処分するためにやるべきこと

捨てるためにはどうしたらいいのでしょうか?

気持ちの中で、前に進もうと決心できていないから、でも別れたことを整理したいなら、思い出の品は「捨てる前提」にならなくてはいけません。

別れたあと、思い出を残したい気持ちから、「これだけは」と何か1つ残していたとしましょう。

それは、「結局捨てられないことと変わらない」のです。それって、「整理する」ではありませんよね。

女々しいだけではなく、自分自身が元カノとのことをちゃんと思い出に変えるためにも、全てを整理する必要があるのです。

思い出を捨てることは辛い!ではなく、前に進まなくてはいけないのです。

例え復縁したとしても、いったんは気持ちの整理を付けて付き合うようでなくては、また同じ理由で別れたりなど、成長できていないままの可能性もあるからです。

小物から徐々に片付けていこう

捨てる方法として考えるなら、まずは小物から片付けることをおススメします。

目に見える物の大きさは、気持ちの大きさに比例してしまうので、小物からドンドン片付けると、整理することに慣れてくるので、少しずつでも前に進めます。

ここで言う「片付ける」というのは、いきなり捨てることではなく、段ボールに入れるなど「整理」する段階です。

いっぱいになったら、まとめてひと箱捨てるだけですし、「積み重ねた気持ちの整理」を、一気に捨てる決意も付きやすくなります。

できないと思っていても、実際やってみて慣れることもあるので、もし元カノからのプレゼントが多くて捨てられないなら、この方法は効果があります。

身に付けるプレゼントはNG!

プレゼントの中で厄介なのが、身に付ける貴金属などです。

指輪などは外した跡が残ったりするので、その跡を見ても思い出すでしょうし、こういう物こそ早めに処分する必要があります。

特に指輪の跡などは中々消えませんよね。

気持ちを整理して、意を決しても、これは困ったものです。せっかくの決意も、うしろめたさや後悔をさせてしまうからです。

捨てる決意をしたのなら、まずは身に付ける物を整理すると良いでしょう。

それこそ「小物」と言えるサイズでしょうから、これを最初にすることで、片付ける中で跡も消えていくことでしょうし、「感情の後戻り」は手を止めてしまいます。

▼別れたあとに指輪をどうするかについては、こちらをご覧ください

リンク画像

ぬいぐるみやフィギュアは未練がなければあっても良いかも

女性なら、彼氏にぬいぐるみをプレゼントしたりということもあります。

元カノのプレゼントに、ぬいぐるみなどの人型のプレゼントがあるなら、それを抱きしめたくなったりするので、愛着がある分捨てる気持ちを邪魔してきます。

段々と色が変わって汚れてきたり、気持ちが色あせるのを表すのと同時に、「時間の経過」も分からせてくれます。

ぬいぐるみは思いが残ったままになりがち。

ですが、もう元カノに未練がないと割り切れる場合には、愛着があるぬいぐるみをとっておいても良いかもしれませんね。

「彼女は理解してくれているから大丈夫」なんて思ってはいけません

例えばの話、今の彼女が「元カノとの別れの慰め」を理解してくれて、恋愛がスタートすることもあるかもしれません。

元カノの慰めという理由は、今の彼女を苦しめるだけでなく、苦しんだ末に彼女から別れを切り出される可能性すらあります。引きずるのも悪くありませんし、それが「トラウマ」ということもあり得ます。

素敵な恋愛だったということですが、今の彼女からしてみれば、「私との幸せはどうなるの?」と、いずれ思い始めることでしょう。

当然です。

「今」のほうが大切であって、いつまでも元カノのことを引きずるのは、いつか「ただの甘え」でしかなくなるのです。

そう考えると、今のままでは彼女が去ってしまうのも、だいたいは予想が付きますよね。

彼女の元彼からのプレゼントを許しても、彼女が許してくれないこともある

今の彼女と付き合っていて、アレ?と思う物を持っているかもしれません。

元カレからのプレゼントだったりします。

あなたはこの場合、それを許してあげて、自分が元カノからのプレゼントを捨てたこと、それは口にするべきではありません。

「素敵な思い出」はあなただけしか理解できず、それが「素敵であること」すら、今の彼女はイヤがる可能性もあるのです。

男性よりも、女性の彼氏に対する独占欲は大きく、メスとして自分と住まいを守ってもらわなくてはいけない、そういう役割としてオスを見ているからです。

大袈裟かもしれませんが、突き詰めて考えると、オスとメスでしかないので、女性は元カノのことなんて、どんな些細なことでも、彼氏の中にとどめておいてほしいのです。

良い思い出であっても、元カノでとあったり、違う女性とのことをベラベラ話すのは、男性として、彼氏としてマナー違反です。

▼彼女にとっては、たとえ昔のことであっても元カノの情報は聞きたくもないものであることを理解しておきましょう

リンク画像

元カレからのプレゼントを、彼女が持っているのを見かけても、あなたが思う元カノへの気持ちとは違います。

同じに考えて、うっかりとんでもない発言をしないようにしましょう。

揉め事を増やさないためにも!元カノからのプレゼントは処分するのが一番良い

別れる必要がない相手からの贈り物、それは家のどこかに飾っておいても良いでしょう。

男女の関係にあった相手からのプレゼントは、女性からすると論外です。

その相手と、出会ったことの証拠でもあるプレゼント、忘れる必要があるなら、それを処分することが絶対必要です。

思い出という言いかたは、キレイな表現でしかなく、それは自分の心にしか置いてはいけないこと、理解なんて他人にはできません。

だから、今ここで悩んでいるわけで、それは処分する以外に方法はありません。取っておくというのも、いずれはそれすら許されない事態がやってきます。捨てるしかなくなるよりも、決意して捨てるほうが、実は後悔が少なくて済むもので、あとから思い出しても気持ちがぶり返すことはなくなります。

「仕方なく」というのは、この状況で合っているとは言えません。

本当に好きであったからこそ自分で決断し、新たな彼女のことも大好きだからこそ、捨てる決意をしなくてはならないのです。

もし、全ての整理が終わっていないまま、新しい彼女ができたなら、それはそれとして、可能な限り早い決断をしましょう。

元カノからのプレゼントは、次の恋愛をダメにする可能性と、次の恋愛すらできなくなってしまう恐れがあります。

しっかりと過去にはケジメをつけましょう。

スポンサードリンク
Comments