沖縄県デートスポット。独自の文化とグルメにわくわくが止まらない!

日本の最南端にある県で、日本の中でも最も美しい海を持ちゆったりとした時間を過ごしていける県でもあるのが沖縄県となります。

この沖縄県では自然の中で楽しむことができるデートスポットをはじめとして、日本最大級の水族館などまでも体験することができるスケールの大きさも特徴的な県となりますね。

それだけではなく、美味なる沖縄県だから味わうことができるグルメも数多くあるなど、遊んでも食べても楽しんでいけるのが沖縄県。

そんな夢のようなワクワク時間を過ごしていける沖縄県のデートスポットの中でも特におすすめの場所をピックアップしてご紹介していきますね。

スポンサードリンク

日本最大級の水槽を持つ沖縄県を代表する水族館「沖縄美ら海水族館」

沖縄県を代表する水族館と言えば「沖縄美ら海水族館」を置いてほかにないと言うほど、他県からもわざわざこちらを目的に訪れるほどの場所となります。

雄大に泳ぎ続けている海の生物たちは沖縄県の美しさに負けず劣らずのきらびやかな姿を見ることができます。

沖縄に住む海の生物の特徴は何と言っても、その美しい色合いにあり、他では見ることができない色鮮やかさが特徴的でもありますね。

沖縄だからこそ見ることができる新しくも雄大な「沖縄美ら海水族館」の魅力あるスポットをご紹介していきます。

「サンゴ礁への旅」
綺麗な海にしか生息することができないサンゴ礁は沖縄の海では数多く見受けることができ、こちらでは70種類800群体のサンゴ礁を見ていけます。

その美しく色鮮やかなサンゴ礁は、うっとりとしてしまうほどの圧巻の光景を楽しんでいけますね。

「黒潮への旅」
沖縄の海は黒潮の中にあり、その見事なまでの美しい海の世界をシアターで体験することができます。

実際に魚になったかのようなイメージで海の中を画面上で進んでいくことができるため、まるで海の中に実際にいるかのようなワクワクドキドキする時間を体験することができますね。

「深海への旅」
水深200メートルよりも下に行くと、まだ人類が知らない深海の世界が広がっておりそこは光も当たることのない神秘に満ちた場所でもあります。

そんな深海の世界を体験することができる場所であり、現在日本で発見された70種類の深海生物を見ることができる貴重な場所となりますね。

見た目から想像もつかないような機能や不思議な形をしたものなど多く見ることができます。

「大水槽」
高さ8メートル以上、幅22.5メートル、そして厚さ60センチ以上となる日本最大級となる大水槽の中で優雅に泳いでいる海の生物を見ることができます。

全長8メートル以上もあるジンベエザメや世界最大級となるナンヨウマンタなど見ているだけでも迫力のある生物をはじめ、色鮮やかな沖縄県特有の海の生物を見ることができますね。

見ているだけでも幻想的であり、海の中にいるかのような時間を過ごしていけるなどこれまで体験してきたことのない水族館の姿を見ることができます。

スポット:沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
電話番号:0980-48-3748
営業時間:8:30~19:00
料金:1,850円
定休日:12月1週目
ホームページ:https://churaumi.okinawa/

常夏のフルーツを満足いくまで楽しむことができるフルーツ王国「沖縄フルーツランド」

沖縄県と言えば、一年を通じて温かな雰囲気を感じることができる気候が特徴的であり、この気候を利用して作り上げる常夏のフルーツを味わうことができます。

温室で育つ常夏のフルーツは、どれも美味で糖質も高いフルーツを見ることができ、味わうことができる場所となります。

広々としたフルーツランドで、一日でもいることができるほどで、ランド内はどこからも香る甘みのある香りをかいでいくこともできますね。

ランド内で特にデートで訪れて頂きたいスポットをご紹介していきます。

「フルーツゾーン」
フルーツランド内で最も広いゾーンであり、南国特有の熱帯果樹が一面生い茂っている場所となります。

どこからもあまい香りを感じることができ、木をよく見るとマンゴーやパパイヤをはじめ、カニステルやピタンガなどといった珍しい南国ならではのフルーツと出会うこともできますね。

中でもバナナはアレクサンダー大王もその美味しさに驚きを隠せなかったと言うほどの美味なバナナが実っております。

他にも多くのフルーツが実っており30種類以上の南国フルーツと出会うことができますね。

「フルーツカフェ」
常夏のフルーツをたっぷりと使用したスイーツを味わうことができるカフェで、歩き疲れた際にフラッと立ち寄っていただきたい場所でもあります。

中でも「そぼくな極み」は、モチっとした団子と甘みたっぷりのアイスクリーム、ここにベリー系のソースがたっぷりとトッピングされた爽やかな一品となります。

「バードゾーン」
常夏の色鮮やかなフルーツに負けない色とりどりの珍しい鳥を見ることができ、ゴシキセイガイインコなどカラフルな5色をした鳥などもおります。

常夏の世界で伸び伸びと育っていることがわかるほど、人懐っこく元気な鳥たちと戯れることができるスポットになります。

「レストラン」
沖縄フルーツランドらしい常夏おフルーツを使ったメニューを味わうことができるレストランとなります。

パインをくりぬいたパインの中に入っているピラフなどさっぱりとしながらも酸味を楽しんでいける料理に始まり、フルーツティーやスーツまで常夏のフルーツ尽くしのメニューを堪能していけます。

見て楽しく、香りをかいでうっとりし、味わって満足することができる沖縄フルーツランドはデートで是非訪れて頂きたい場所となりますね。

スポット:沖縄フルーツランド
住所:沖縄県名護市為又1220-71
電話番号:0980-52-1568
営業時間:9:00~18:00
料金:1,000円~
定休日:無休
アクセス:那覇空港 車 100分
ホームページ:http://www.okinawa-fruitsland.com/index.php

30万年の歳月が作り上げた巨大な鍾乳洞「おきなわワールド」

東京ドーム4個分もの広さを誇っている「おきなわワールド」は、その広々とした敷地の中で様々な遊びや体験をすることができ、一日デートで楽しむことができる場所となります。

沖縄を代表する自然と文化、そして歴史を体験することができる沖縄県最大級のテーマパークとなりますね。

そんなテーマパークの中でも特に人気のエリアをご紹介していきます。

天然記念物「玉泉洞」
日本で最も多い100万本を超える鍾乳石を見ることができ、日本で最も広い5000メートルもの広さを誇る鍾乳洞で、現在では890メートルまで一般公開されており、他は研究用で公開されていないという、今だ謎多き場所となります。

その鍾乳石は見事なまでの見た目と光景であり、非日常的な時間を過ごしていくことができますね。

迫力満点の舞「スーパーエイサー」
沖縄名物でもあるエイサーの踊りをアレンジしたオリジナルのエイサーを見ることができ、その迫力と豪快さを目当てに訪れる人がいるほど。

見ているだけでもたっぷりと楽しんでいくことができ、ワクワクドキドキする時間を過ごしていけますね。

登録有形文化財「琉球王国城下町」
築100年以上の古民家がズラッと立ち並んでいる琉球王国の城下町とも言える場所となります。

自然に包まれた城下町で、その美しい場所は国の有形文化財に登録されているほどで、今は内部で伝統工芸の政策などを行っていけますね。

デートの記念に最適「琉球ガラス王国工房」
色鮮やかな琉球王国ならではの琉球ガラス製品を実際に作ることができる体験工房となります。

職人に手伝ってもらいながらオリジナルの琉球ガラスを作ることができ、デートで楽しみながらも二人だけの思い出を形に残していくことができますね。

健康沖縄食を満喫「ちゅら島」
色とりどりの身体に優しい味付けがされている沖縄食を味わっていくことができるバイキングレストランとなります。

どの料理も身体の芯まで染み渡るような味わいを楽しむことができ、旨味もしっかりと感じることができる料理を好きなだけ味わうことができます。

たっぷり遊んでお腹が空いたときに是非立ち寄っていただきたいレストランとなりますね。

スポット:おきなわワールド
住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
電話番号:098-949-7421
営業時間:9:00~18:00
料金:1,650円~
定休日:無休
アクセス:那覇空港 車 30分
ホームページ:https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

沖縄県の文化も歴史も食もすべてを体験できるスポット「琉球村」

沖縄県のすべてを一か所で体験できてしまうテーマパークとして高い人気を誇っているのが「琉球村」になります。

こちらは、沖縄県が一か所に凝縮されているかのようなスポットであるため、一日で沖縄を満喫したいというカップルには特におすすめの場所でもありますね。

中でも訪れて頂きたいスポットをご紹介していきます。

有形文化財登録の「琉球古民家」
月200年を超えた古民家は昔ながらの懐かしい雰囲気を感じさせ、最大の特徴でもある赤煉瓦の屋根と沖縄名物でもある守り神シーサーがちょこんと乗っている雰囲気が沖縄らしさを感じさせてくれます。

こちらでみることができる古民家は国の重要文化財に指定されいるほどで、その造りにまでこだわりと先人の知恵を感じることができますね。

琉球芸能「道ジュネー」
沖縄県の至る所で見ることができる道ジュネーは、沖縄県独自の衣装を身にまといながら、エイサーなどの踊りを見ることができます。

沖縄県にいることを実感することができる時間を過ごしていけますね。

43項目もある「体験プラン」
琉球村では、琉球王国にちなんだ体験をすることができますが、シーサーの置物を作ることができる陶芸体験にはじまり、沖縄名物のサトウキビの収穫体験をすることができるなど、楽しみ方満載となります。

さらには、三味線教室などもあるなど、バリエーション豊かな体験は沖縄県を満喫することができること間違いなしと言えますね。

沖縄名物を購入していける「ちゃんぷるー市場」
琉球村の入り口に広がっている市場で、こちらでは沖縄県にちなんだ名物を購入することができます。

お土産はもちろんのこと、ハブ石鹸や泡盛など沖縄らしさを感じることができるものが多くあるので見ているだけでもワクワクしますね。

スポット:琉球村
住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
電話番号:098-965-1234
営業時間:8:30~17:30
料金:1,200円
定休日:無休
アクセス:那須空港 車 60分
ホームページ:https://www.ryukyumura.co.jp/

生命の神秘を五感で感じることができるスポット「カンガラーの谷」

こちらは数十万年前まで鍾乳洞出会った場所が崩れ落ちたことで作り上げられた自然がそのまま残っている亜熱帯の森となります。

自然の神秘さや命の大切さなどを全身で感じることができる場所でもあり、太古の時代から続く自然を現代で楽しむことができますね。

カンガラーの谷ではガイドによるツアーを体験することができ、その中で自然の神秘さについて触れ合うことができます。

またカンガラーの谷では港川人の発掘も行われており、港川人は日本人のルーツとも言われており、今も尚、調査が続いているスポットでもありますね。

カンガラーの谷を目いっぱい満喫した最後には「ケイブカフェ」を訪れてみてください。

こちらは鍾乳洞の中に作られているカフェで見渡す限りの鍾乳石が美しく自然の中でナチュラルなカフェメニューを楽しみホッとすることができますね。

荘厳な雰囲気を満喫することができますので、是非ともカンガラーの谷で自然と触れ合ってみてくださいね。

スポット:カンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
電話番号:098-948-4192
営業時間:9:00~18:00
料金:2,200円
定休日:無休
アクセス:那須空港 車 30分
ホームページ:http://www.gangala.com/

沖縄料理の伝統を長きにわたり引き継いでいる名店「美榮」

沖縄県を代表するグルメと言えば「沖縄料理」があり、沖縄県で生まれたジャンルでもあります。

そんな沖縄料理を極めた名店がこちらのお店であり、そこは沖縄らしい和の雰囲気を感じさせてくれるお店でもありますね。

一歩店内に入れば、そこは古民家を改装したかのような懐かしさと、高級感を感じさせてくれる雰囲気を感じることができます。

そんなお店で提供されるおすすめのメニューをご紹介していきます。

「紅芋の天麩羅」
沖縄県名物でもある紅芋を贅沢にも天麩羅で味わうことができ、そのふっくらとした食感とサクッとした味わいが癖になります。

紅芋は他の芋と違い甘さが強いことが特徴であるため、いくつでも食べることができるほどでもありますね。

「ラフテー」
沖縄県の名物の一つであり、じっくりと時間をかけて煮込まれたアグー豚を味わうことができる一品となります。

口にした際にトロっとなくなるかのような味わいとお店独自の味付けの旨味を感じることができますね。

「東道盆」
それは、見た目は素朴な感じが一見しますが、一口食してみたらわかる旨味の詰まった味わいを感じることができます。

7品の料理がそれぞれの味を引き立てるようになっており、好きな順番で味わってもどれも美味しくいただくことができますね。

「ミミガー」
沖縄県名物の一つであり、アグー豚の耳の部分をお店独自の調理法によって美味しく味わうことができるようになっております。

口にすると、コリコリとした食感を楽しむことができ、沖縄県を代表する地酒との相性も抜群と言えますね。

「黒糖の寒天」
デザートで提供される品で、沖縄県を代表するサトウキビをベースとして作り上げた寒天となります。

さっぱりとしていながらも、黒糖のしっかりとした甘さを楽しむことができる最後まで沖縄県一色の世界観を楽しめる一品でもありますね。

スポット:美榮
住所:沖縄県那覇市久茂地1-8-8
電話番号:098-867-1356
営業時間:
ランチ:12:00~14:00
ディナー:18:00~22:00
料金:10,000円~
定休日:日曜日、年末年始
アクセス:県庁前駅 徒歩3分
ホームページ:http://ryukyu-mie.com/

幻とも称されている石垣牛を贅沢に焼肉で味わえるお店「炭火焼肉 やまもと」

日本全国で生まれる牛肉ブランドですが、その中でも沖縄県は石垣島でのみ作られている幻の牛肉とも言われている「石垣牛」を味わうことができるお店となります。

この「石垣牛」を贅沢にも焼肉で味わうことができ、店内には所狭しと有名人のサインがかかれているほどの人気店でもあります。

店内はテーブル席やカウンター席など利用シーンによって使い分けすることができるため、デートでの利用もしやすくなりますね。

そんな焼肉の名店で特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「ネギタン」
厚切りでカットされたタンを贅沢にも焼肉で味わうことができ、焼き上げることで生まれるコリっとした食感が癖になります。

そこにたっぷりの白髪ねぎをトッピングして味わえばネギの食感とタンの食感を同時に楽しみながら肉の旨味を堪能していくことができますね。

「特撰ステーキ」
目の前に提供された瞬間にそのボリュームと肉厚の見た目に食欲を刺激されながら網の上で焼いていきます。

余分な脂を落とした石垣牛のステーキは口にすれば、とろけるような旨味とジュワっと広がる肉の旨味を堪能することができますね。

「上カルビ」
ほどよい脂がバランス良くの乗っているカルビ肉は、焼き上げることによって身が引き締まり旨味が凝縮されていきます。

口にすると柔らかさと脂の甘さ、そして石垣牛の肉肉しい味わいを堪能することができますね。

「焼きしゃぶ」
網の上で焼き上げる時間は数秒間だけというこだわりのある焼きしゃぶは、サッと網の上で炙ることで一気に旨味を凝縮させていきます。

生でも味わうことができる新鮮な石垣牛が口の中で旨味のパレードを楽しませてくれますね。

「ホルモン盛り合わせ」
石垣牛を堪能することができるのは赤身肉だけではなく、内臓部分でもあるホルモンにも注目することができます。

様々な部位のホルモンを楽しむことができる盛り合わせは、それぞれのホルモンの食感と旨味を楽しむことができ、口の中で石垣牛の脂の旨味が広がっていく味わいとホルモンそれぞれによって違う食感を楽しんでいけますね。

スポット:炭火焼肉 やまもと
住所:沖縄県石垣市浜崎町2-5-18
電話番号:0980-83-5641
営業時間:17:00~
料金:6,000円~
定休日:水曜日
アクセス:東運輸 路線バス バスターミナル 徒歩10分

沖縄県で味わうことができる本格江戸前寿司「いすけ」

日本中の名市場から仕入れている新鮮な鮮魚を使用した江戸前寿司を沖縄県で味わうことができる貴重なお店となります。

そこは一歩店内に入れば、ピリッとした和の空間が広がっており、ほどよい緊張感とともに江戸前寿司を味わうことができます。

カウンター席に着席すると目の前には手際よく芸術的な握りを作り上げる大将がお出迎えをしてくれます。

見ているだけでも自分の目の前に提供される江戸前寿司に期待が膨らんでいくほどで、その期待値以上の握りを味わう中で、特におすすめの握りをご紹介していきます。

「本マグロ 中トロ」
目の前に提供された瞬間に、その美しさにうっとりとするほどの見た目の良い中トロの色合いを楽しむことができます。

シャリとの見事なバランスを目で楽しんでから口に運べば、知らず知らずの間にとろけてなくなっていく中トロの味わいを堪能することができますね。

「小肌」
匠の職人技を感じることができる一品であり、見事な繊細な包丁技を目で楽しむことができ、煌めく色合いまでも楽しんでいけますね。

口にすれば、それは優しく包み込まれるかのような旨味とシャリとの相性を楽しんで蹴る職人技を感じる握りとなります。

お店自慢の日本酒との相性も抜群と言えますね。

「穴子」
丁寧な下処理がされている穴子は、ふっくらと柔らかく仕上げられており目の前に出されただけで、その柔らかさを感じるほどでもあります。

口にすれば想像以上の柔らかさと、自家製の甘辛のタレの味わいを満足いくまで楽しむことができる握りとなります。

「雲丹」
新鮮なウニであるため美しくもはっきりとしている色合いを楽しむことができ、シャリの上にしっかりと乗るほど身の強さを感じます。

口にすればとろけていくウニの味わいだけではなく、ウニ本来の力強さも感じることができる握りとなりますね。

「白海老の昆布締め」
見ているだけでもその美しさにうっとりとしてしまうほどの白海老の見た目を楽しむことができ、キラキラとしているほどでもあります。

そんな白海老を昆布で締めることで、ほのかな香りを感じ白海老特有の甘みをより強いものとしてくれております。

口にすれば、白海老の甘みとプリッとした食感を堪能することができ、食べただけで思わず笑みをこぼしてしまうほどでもありますね。

スポット:いすけ
住所:沖縄県那覇市若狭3-1-1 GIBOビル 1F
電話番号:098-868-2040
営業時間:18:00~23:00
料金:15,000円~
定休日:日曜日
アクセス:美栄橋駅 徒歩10分

古民家の中で味わう沖縄料理の懐石料理「沖縄そば懐石 尊尊我無」

ここは古民家を改装した造りが特徴的であり、その場を訪れるだけでもデートの締めのディナーに最もふさわしいと感じることができる場所となります。

入り口を入れば、そこに広がるのは、沖縄らしさを感じる「和」をモチーフとした古民家らしい落ち着きを感じることができる空間が広がっており、スタッフの心地よいサービスがホッとする時間を感じさせてくれます。

そんな贅沢な空間で味わうことができるのが沖縄懐石料理であり、伝統の技法を重んじながらも店主の感性を感じることができる品々を楽しむことができます。

料理だけではなく、器や古酒、さらには調味料に至るまで、全て沖縄県のものを使用する沖縄県尽くしのお店でもあります。

さらに、お店で扱うのは全て「沖縄産」の食材のみに限定しているほどのこだわりを見せる中で、特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「沖縄そば」
沖縄県と言えば「沖縄そば」は欠かすことができない一品であり、こちらのお店では麺からすべて自家製で作るほどのこだわりを見せております。

そのため麺のしっかりとしたコシを感じることができ、そこに合わさるさっぱりとしている透き通るようなスープとの絡み具合を楽しんでいくことができます。

締めに味わう「沖縄そば」ですが、最後まで美味しく食べることができる、食べ終わった際にホッとすることができる一品となりますね。

「アグー豚のすき焼き」
沖縄県名物でもあるアグー豚を贅沢にもすき焼きで味わうことができる一品であり、目の前に提供された際の美しさも楽しむことができますね。

サッと出汁にくぐらせたアグー豚は口の中でさっぱりとしていながらも脂の旨味を感じさせてくれる一品となります。

「横縞鰆炭焼」
沖縄県でのみ獲ることができる横縞鰆を、じっくりと炭火で焼き上げた一品で、身のふっくらとした味わいを楽しむことができます。

サイドについてくるゴーヤチップスが、沖縄県らしさを感じさせながらも、良いアクセントを生み出してくれてもいますね。

「芋葛餅」
沖縄懐石料理の締めで味わうことができるのが芋葛餅であり、沖縄県名物の紅芋をベースとしている彩り美しいデザートとなります。

口にすれば紅芋の甘みとモチっとした食感を味わうことができる新感覚の味わいを堪能することができますね。

スポット:沖縄そば懐石 尊尊我無
住所:沖縄県那覇市樋川2-16-15
電話番号:098-996-1159
営業時間:
ランチ:11:00〜15:00
ディナー:18:00〜22:00
料金:8,000円~
定休日:水曜日
アクセス:ゆいレール線 安里駅 徒歩10分
ホームページ:https://toutoganashi.ti-da.net/

どの県よりもゆったりとしていて落ち着きと癒しを感じることができる沖縄県デートスポット

魅力あふれる沖縄県のデートスポットはいかがでしたでしょうか?

沖縄県は誰もが憧れる癒しスポットであり、その場にいるだけでも心身ともにホッとすることができる県でもあります。

美ら海水族館をはじめ、首里城などといった沖縄でしか体験できない贅沢な空間を堪能したり、沖縄フルーツランドのように常夏の沖縄だからこそ味わうことができる甘みたっぷりのフルーツを楽しんだりとワクワクが尽きることがありませんね。

それだけではなく、ソーキそばやアグー豚、紫芋などといった沖縄県定番のグルメも味わうことができるのが沖縄県の良さでもあります。

たっぷりの癒し効果を満喫することができる沖縄県でのデートを是非楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク
Comments