恋愛運をあげるピアスの数と種類。下がるようにつけちゃってるかも?

ピアスは今や、私たちのオシャレアイテムには欠かせない存在になっています。

アクセサリーというと、女性が身につけるイメージがありますが、ピアスに関しては男性にも人気で身につけているという人は少なくありません。

そんなピアスですが、実は、オシャレアイテムだけではなく、恋愛運を上げると言われているのをご存じでしょうか?

そこで今回は、ピアスで恋愛運をアップさせる方法をご紹介!

男女ともにできるものとなっていますので、ぜひ、活用してみて下さいね。

男女で違う!?失敗する前に知っておきたいピアスの位置と意味

さて、古代では魔除けの意味があったピアスですが、魔除けの意味合いは薄れたとしても、未だに根付いている意味もあります。

特に、発祥である欧米諸国では根強く残っているため、この意味をしっかり把握しておかないとあらぬ誤解を受けることに。
ここでは、現代のピアスが持つ意味を見ていくことにしましょう。

片耳に開ける

今でこそピアスは両耳に開けている人が多いですが、本来、ピアスは片耳だけ開けるものでした。

もちろん、そこにはしっかりと意味があったからです。

片耳ピアスの意味

  • 左耳に開ける ・・・ 守る人(男性の証・勇気と誇りのシンボル)
  • 右耳に開ける ・・・ 守られる人(女性の証・優しさと淑女のシンボル)

この意味が確立されたのは、中世ヨーロッパ。

貴族の間で、女性を連れて歩くときは自分の左側に寄せていたと言われています。それは、利き腕である右腕を開けておくことで、敵から身を守るため。

その立ち位置を踏まえた上で、正面から見たときに対になるようにピアスをする必要があり、男性の左側に立つ女性は右耳に、女性の右側に立つ男性は左耳にピアスを開けるとなったわけです。

両耳に開ける

現代では一般的なピアスの開け方ですが、やはり意味が存在します。

先程の片耳の意味を継承する形になっているのですが、女性は右耳が、男性は左耳が意味を持つ耳となります。

その点を踏まえた上で話を進めていくのですが、日本では割りきれる数が縁起が悪いと言われていますが、欧米諸国では奇数の方が縁起が悪いと言われています。

そのため、両耳につける場合で複数つけたいときは、意味を持つ耳に偶数、反対側の耳に奇数つけると良いとされているのです。

まとめると・・・

  • 男性 ・・・ 右耳:奇数 左耳:偶数
  • 女性 ・・・ 右耳:偶数 左耳:奇数

つまり、この考え方で言うと、両耳にピアスをする場合は、少なくとも3つは必要ということになりますよね。

なお、片側1個ずつでも特に問題はありません。言い方を変えると、特別な意味を持たないので無難なつけ方と言えるのかも!?

片耳でつける位置を間違えたらどうなるの?

片耳でつける位置を間違えたらどうなるのか、ここがいわゆる誤解を招いてしまうという点になります。

女性は右に、男性は左にとお話しましたが、女性が左にピアスを開けてしまった場合は「レズビアン」、男性が左にピアスを開けてしまった場合は「ゲイ」と捉えられるようです。

ただ、個人的には「間違い」という表現は、いささか気になります。オシャレ最優先となっている現代、そして何より性別の寛容化が叫ばれている現代において、そこまで意味を気にしている人がどこまでいるのか・・。というか、こんなことで騒ぐのはナンセンスですよね。

気になる人は気になる、と言うところに留める程度でいいのではないかと個人的には思いますが、一応、こういった意味があるということをご参考にして頂ければと思います。

▼今やデートファッションの小物の1つとして、ピアスは当たり前のアイテムになっています

リンク画像

恋愛運を上げるピアスの数と種類

ピアスの穴を開ける耳を知ったところで、次に、恋愛運を上げるピアスの数や種類について見ていくことにしましょう。

恋愛運を上げるピアスの数

ピアスの数ですが、基本スタイルは次のようになっています。

なお、日本の縁起数の考え方と海外の縁起数の考え方は異なり混同してしまいそうですが、見た目や意味合いを考えると、多くて3つまでが良さそうです。

1つ

すべての数字の始まりで、叶えたい願いことがあるときにオススメの数。片想い中の人はもちろん、恋活中の人にもオススメの数。

3つ

喜びや調和を意味する数字。人間関係が円滑に進むことを暗示する数字のため、恋愛運アップに効果大!異性から注目される意味もあります。

5つ

変化や幸運を意味する数字。滞りがちなものが進み出すことが暗示され、仕事運や恋愛運を上げたいときにオススメの数字。
ただし、見た目は少しくどさが出てしまう恐れも・・・。

奇数個

奇数個のピアスは、全般的に幸せを呼ぶと言われています。ただし、「9」は「苦しみ」という意味が、「13」はキリスト教の観点から世界的に忌み数とされているので要注意!

恋愛運を上げるピアスの種類

恋愛運を上げるピアスの種類としては、星座ごと違うと言われています。

あなたの星座でチェックしてみましょう。

・牡羊座(3/21~4/19) ・・・ ハート型のルビーのピアス

牡羊座は開拓者の位置にある星座で、生命力に溢れています。勇敢でエネルギッシュな意味を持つルビーを取り入れると、情熱的でセクシーさをアピールすることができます。

・牡牛座(4/20~5/20) ・・・ エメラルドの丸形のピアス

牡牛座の守護星は金星で「美」と「富」を象徴しています。エメラルドもまた、恋愛に絶大なパワーを持つ石で、恋愛成就に効果的とされています。

・双子座(5/21~6/21) ・・・ しずく型のシトリンのピアス

双子座は知恵とコミュニケーションを司る星座で、周囲との人間関係も円滑に運ぶことができます。シトリンのパワフルな効果で困難と思われる壁も難なく超える力を手に入れることができます。

・蟹座(6/22~7/22) ・・・ 大ぶりのムーストーンのピアス

蟹座は守護星に月を持っています。そのため、感性豊かな女性らしい性質を持ち、インスピレーションを高めるムーストーンのピアスがオススメ。

・獅子座(7/23~8/22) ・・・ 十字型のダイヤモンドのピアス

12星座の王様と言われる獅子座の守護星は太陽。エネルギーに満ちあふれ、明るく周りを照らします。王様には王様をということで、オススメはダイヤモンド。悪い縁を遠ざけてくれ、幸運をもたらしてくれます。

・乙女座(8/23~9/22) ・・・ ロングタイプのパールのピアス

12星座の中で繊細で分析力に優れている乙女座には、貞節や純粋などの意味を持つパールがオススメ。災いから守ってくれ、相手に清楚な印象を与えてくれます。

・天秤座(9/23~10/23) ・・・ 揺れるタイプのアクアマリンのピアス

12星座の中でバランス感覚に優れ、芸術的なセンスを持つ天秤座は周囲からも人気を集めやすい星座です。疲れを感じることも多いため、安らぎを得られるアクアマリンがオススメ。揺れるデザインで、より良い運を運んでくれます。

・蠍座(10/24~11/21)・・・直感で良いと思ったガーネットのピアス

直感力に優れている蠍座は、形は自らがこれだと思った形のガーネットのピアスが恋愛運向上に繋がります。ただし、ガーネットの色にはこだわりたいところ。できるだけ深く濃い色を選びましょう。

・射手座(11/22~12/21) ・・・ シンプルな形のトパーズのピアス

ギリシャ神話では神の王ゼウスを表す星座の射手座。富と幸運に恵まれやすい射手座にオススメなのがトパーズです。持ち主にとって必要なものと出会わせてくれるとされています。

・山羊座(12/22~1/19) ・・・ 卵形のターコイズのピアス

向上心の高い山羊座の人にオススメなのは、トルコ石とも呼ばれるターコイズのピアスです。邪気を避けてポジティブに物事を進める力を与えてくれます。滞りがちな恋愛を打破してくれるかも!?

・水瓶座(1/20~2/18) ・・・ リング型のサファイアのピアス

未来志向の強い水瓶座は、知性も司ると言われています。そんな水瓶座にオススメなのはサファイアのピアス。知性に磨きをかけ願望を叶えるという意味を持っています。

・魚座(2/19~3/20)・・・複数付いてるピンクトルマリンのピアス

魚座は12星座の中でも一番神秘的な星座とされ、深い愛情を持ち合わせていると言われています。そんな魚座にオススメなのは、ピンクトルマリン。自分の持ち味を最大限引き出してくれ、魅力的にしてくれます。

▼プラネタリウムデートの時にも役立ってくれそうですね

リンク画像

ピアスにささやかれるジンクス

ピアスにはいくつかジンクスと呼ばれるものが存在しますが、多くの場合、「運気が変わる」と言われています。

自分の体の一部に穴を開けるということは、自分の体の中にあった気を外に放出し外から新たに気が入り込むので、運気が変わるとされているようです。

また、ピアスを落とした際に、周りを一周してから拾うと恋が実るというものもありますし、揺れるピアスは男性の狩猟本能を刺激するので、恋が実りやすいとも言われています。

このように、ピアスにまつわるジンクスは多くあるので、興味のある方は、ぜひ、一度調べてみてはいかがでしょうか。

そもそもピアスって何?基本情報をお勉強

せっかくなので、ピアスについて少しだけお勉強していくことにしましょう。デートでの小ネタに使えるかもしれませんよ?

ピアスとは

ピアスは、英語でpierceと書き、「刺す」や「穴を開ける」の他、「貫通する」という意味を持っています。

日本では1970年頃、それまで主流だったネジ式やクリップ式のイアリングに迫る勢いで人気が出始めました。

今では多くの種類があり、有名ブランドが手掛けるものでは何十万とするものもあります。

存在がすっかり認知されたピアスですが、扱い方を間違えて金属アレルギーを発症する人が増えたとも言われています。

ピアスの歴史

ピアスの歴史はとても古く、古代インダス文明やエジプト文明まで遡ります。
当時ピアスは、現代のような装飾品として使われていたわけではなく、宗教的意味で使われていました。

その当時信仰されていた「原始信仰」では、人間が病にかかるのは悪魔の仕業と信じられており、悪魔は人々の体にある穴から入り込むと信じられていたのです。

そのため、当時の人々は魔除けのために穴の開いている部位に、神秘の力が宿るとされるパワーストーンや金属製の輪を活用したのです。

また、魔除けの他にも男性が身分を証明するために付けたり、部族の選別で使われていた時代もあったと言います。

オシャレもしながら恋愛運も上げる!ピアスを使ってモテモテに!

今回は、ピアスで恋愛運を上げる方法をご紹介してきました。

古代から神聖なものとして扱われてきたピアスには、現代においても神秘の力が満載です。

出会いが欲しい人や片想い中の人、恋人ともっと仲良くなりたい人など恋愛運を上げたい人は、ぜひ試してみて下さいね。

▼恋愛に上げてくれるパワーストーンについては、こちらをどうぞ

リンク画像
Comments