離婚したけれど復縁をしたい!元夫婦が復縁できる特徴と復縁する方法

いったんは離婚をした夫婦でも、離れて生活を続けていくうちに、もう一度やり直してみたいといった感情が湧きあがってくることもある場合があります。

しかし、復縁をしたいと思っても、自分一人では実現できませんし、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。実際に離婚をした後の復縁は、決して簡単なことではありませんが、タイミングがあえば復縁も夢ではありません。

少しでも可能性があるのでしたら、復縁に向けて進んでみてはいかがでしょうか。


今回は、そんな離婚をした夫婦が、復縁ができる特徴と、復縁する方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

復縁するきっかけなどやアプローチの仕方なども合わせてお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

離婚をしたからと諦めるのはまだ早いです。復縁に向けて行動していくためにも頑張っていきましょう。

スポンサードリンク

離婚をしてから復縁までの期間とは?

離婚をしてしまったとはいえ、今まで一緒に寄り添ってきた二人ですので、お互いのことはよくわかっているはずです。

ですので、離婚をしたとは言っても、また復縁をすることは十分に可能性としてはあるのです。離れてみてお互いの存在や大切さなどに気づかされることもありますので、そういったことを考えると、復縁をするには利点が大きいということが言えるでしょう。

気心知れていますので、復縁したいと思ってから実際に復縁ができるまでの期間はあまりかからないのではないでしょうか。

そんな離婚をしてから復縁までの期間とは、どのくらいかかるものなのでしょうか。

2016年6月に法律改正に伴い、これまで再婚禁止期間が6か月あったところが、100日に短縮されました。また、離婚をするときに、妊娠をしていたり、離婚した後に出産をしていなければ、100日以内でも再婚することができるようになったのです。

このことから、復縁するのにだいたい早くても100日ほどから、一年ほどかかります。

一年を過ぎていくと、次第に復縁したい気持ちも薄れてきてしまう場合もありますので、復縁したい気持ちがあるのであれば、一年未満に行動していくのがいいでしょう。

復縁につながるきっかけとは?

離婚をしたあとに、どのようなきっかけで復縁につなげていくことができるのでしょうか。

気持ち的には、復縁したいと思っていても、なかなか行動に移すことができずに、時間だけが過ぎてしまっているというような状況であるということも考えられますよね。

実際に離婚をしたあとに復縁できた人の多くは、些細なことがきっかけで復縁に至っています。

そんな復縁につながるきっかけについて、ご紹介していきたいと思います。

家族の温かさを感じたとき

離婚をしてから一人で生活をするようになって、しばらくはきっと慣れない生活と、すべてを自分一人でこなしていかなければならないために、毎日が必至だったりしますよね。

そんな生活も次第に慣れて落ち着いてきた頃に、ふと感じる家族として過ごしていた日々を思い出したり、実家に帰ったときのにぎやかな雰囲気などから、「家族っていいな」って実感することもあります。

そんなときに頭をよぎるのは、今まで一緒に過ごしてきた家族のことを思い出すのではないでしょうか。

離婚をしたとは言っても、こうして家族の温かさに触れることで、復縁したいといった気持ちになっていくのです。

一人で過ごす寂しさを感じたとき

一人で過ごす寂しさを感じたときに、家族のことを思い出すのではないでしょうか。

仕事から疲れて家に帰っても、一人ですし、「ただいま」と言ってくれる人もいません。

また、今までは部屋の明かりもついていたり、温かいお風呂も沸かしてあったり、できたてのご飯も食べることができていたかと思いますので、そのようなことがなくなってしまった場合に、とても寂しく感じるのではないでしょうか。

一人で過ごす時の寂しさを実感したときに、今までの思い出がよみがえり、復縁したい気持ちになったりするのでしょう。

復縁を望む手紙をもらったとき

離婚をしてしばらく連絡を取らない日々が続くかと思いますが、そんなときに相手から手紙が届いたことで、復縁のきっかけになったという人も中にはいるようです。

電話やメールが離婚をしたあともつながるようになっているとしても、よほどのことがない限りは、連絡を取ろうとは思わなかったりしますよね。

そんな中、相手から手紙が届いたら、一気に復縁に気持ちが傾くのではないでしょうか。

相手も復縁を望んでいるようなことを手紙の中で反省と一緒に書かれていると、手書きですし気持ちも伝わりやすいですよね。自分の気持ちを一方的に書き表しているのではなく、きちんと相手の立場になって考えてくれていると、ますます気持ちが伝わってきますよね。

メールやラインとは違って、手紙の手紙をもらうということは、それだけ真剣さも伝わってきますので、復縁に向けて考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

偶然にばったり会ったとき

離婚をしてから会うこともなく、それぞれ過ごしていくうちに、次第に相手に対する思いも消えていくことがありますよね。

そんな中、偶然にも街でばったり会ったときなど、そのことがきっかけで復縁するといったケースも実はあるのです。

離婚をしてしばらく経つと、お互いに相手に対する嫌な感情や悲しみも薄れていきます。

そのような状況のときに、ばったり会うとなると、懐かしい気持ちになり、よみがえってくるのはいい思い出だったりすることがあるのです。そうなると、その懐かしさから、復縁を考えるきっかけにもなっていき、お互いにまた前向きに考えていくことができるようになっていきます。

嫌な感情というものは、時間が経つにつれて次第に薄れていきますが、いい思い出というものは、しっかりと記憶に残り、美化されていたりするものです。

二人が再び会ったことで、それぞれの今の様子を知ることができますし、夫婦でいたころの感覚がすぐに戻りますので、復縁しやすいのではないでしょうか。

復縁に向けて話を進めていく条件とは?

さまざまなきっかけから、復縁したい気持ちが出てきたときに、実際にはどのように話を進めていけばいいのでしょうか。

復縁に向けて話を進めていくためには、いくつかの条件があります。その条件が整っていなければ、なかなか復縁したい気持ちがあっても実際には進んでいくことが難しかったりしてしまいます。

逆に、条件が合っていれば復縁に向けて進めていくことができ、成功するはずです。

そんな復縁に向けての条件を、いくつかご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

冷静に話し合いができるかどうか

冷静に話し合いができるというのは、とても重要なことでもありますよね。

いまだにどちらかが嫌な思いを引きずっているのでは、なかなか冷静に話ができませんし、余計に悪い方へと進んでしまうことも考えられます。

冷静になれている状況であれば、復縁に向けての話し合いもスムーズに進んでいくことが期待できますし、前向きな結論に至るのではないでしょうか。

たとえどちらかが離婚をしたあとにすぐ復縁したい気持ちがあったとしても、冷却期間というのを設けるようにしていきましょう。冷却期間は、お互いに気持ちが落ち着かせるための期間のことで、自分だけ冷静になれたとしても、相手も必ずしも自分と同じ状況であるとは限らないですよね。

しっかりと相手の状況も考慮して、復縁の話を進めていきたいのであれば、十分冷却期間を置くように心がけていきましょう。

お互いに離婚したことを反省しているかどうか

離婚をしたあとというのは、なかなか自分の気持ちにも余裕がなく、まして相手のことなどを考えることもできないまま過ごすことになるはずです。

しかし、次第に時間が経つにつれて、自分の気持ちにも余裕が生まれてきたのであれば、しっかりと向き合うことで、反省することができるようになっていきます。

今までの思いでも振り返ることができるようになりますので、自分がしてきた相手に対する態度や発言などを見返すことができ、相手に対して悪いことをしてしまったといった気持ちになれるはずです。

そうした反省ができるようになると、復縁も考えることができるようになりますので、お互いが同じように反省できていることが重要になってきます。

自分自身悪かったところが改善されているかどうか

自分自身、何かしら悪いと思ってしまったことがある場合には、しっかりと改善されているかが復縁に大きく関わってくるのではないでしょうか。

相手に何か指摘されていたことがあったり、自分自身反省を踏まえて直しておいた方がいいと感じたところを、しっかりと見直すことができると、復縁にもつながっていきます。

再び同じ失敗を繰り返さないためにも、悪かったと感じたところがしっかりと改善する努力がとても大切になってきます。

夫婦でいたときによくケンカになってしまったことなどを思いだし、復縁できたとしても同じようなことでケンカにならないようにしていきたいですよね。

自分の努力が相手にも伝われば、相手もきっと嬉しく感じるはずですし、お互いにしっかりと改善することができているのであれば、復縁したあともきっと仲良くやっていける自信にもつながっていくのではないでしょうか。

離婚したあとに復縁できる特徴とは?

離婚をしたあとに、復縁をすることができる元夫婦の特徴は何なのでしょうか。

特徴をしっかりと押さえておくことで、復縁につながっていきますよね。どのような特徴があるのかを一緒に見ていきたいと思います。

今でも連絡が取れる状況にある

今でも連絡が取れる状況である場合、そこから次第に復縁につながっていくことが考えられます。

普段から他愛もない会話をしてみたりとか、定期的に何かしらの連絡が取れている状況であると、そこから直接会う機会も増えていくのではないでしょうか。

連絡が取れている仲であることで、お互いに復縁に対する意識も強くなっていくはずです。

相談などできたり頼りにできる

離婚をしたとは言っても、何かあったときには相談することができたり、頼りにできるといった関係であると、復縁もしやすくなるのではないでしょうか。

例えば、子どもがいる場合に、離婚をしたとはいえ、親であることには変わりありませんので、学校のことなどで相談をしたりすることができるのであれば、つながりを持つことができるようになりますよね。

また、一緒に悩んでくれたり、いざというときにはとても頼りになる存在であるのであれば、復縁も可能性も高くなるのではないでしょうか。

今まで一緒に生活をしてきたのですから、分かり合えるところもありますし、まして子どものこととなれば、きちんと向き合って話ができるはずですよね。

こうしたところから、再びやり直したいといった気持ちにもなり、復縁を意識するようになるのです。

お互いの親と仲がいい

離婚をしたあとも、お互いの親と仲がいい場合には、復縁の可能性もグンと上がります。

子どもがいる場合には、離婚をしたあとでも何かと面倒を見てくれたり、協力的であるといった場合には、何かと会う機会が増えてきますし、復縁についても前向きに考えてくれていたりすることもあります。

夫婦が離婚をしてしまったとしても、その親からしてみたら孫には変わりありません。

やっぱり会いたい気持ちにもなりますし、成長を見ていきたいと思うものです。

ですので、離婚をしたあとでも親との関係が良好であるのであれば、復縁についても助言があるはずですし、あなたが復縁を望んでいる場合には、きっと応援してくれるのではないでしょうか。

その反対に、親と上手くいっていなかったり、離婚をしたあとに会えていないといった状況である場合には、復縁自体反対されてしまうといったことも考えられます。

子どものことを考えている

子どものことを考えて、離婚をしたあとでも大切にしている関係であれば、復縁しやすい状況であるのではないでしょうか。

定期的に子どもと接する機会があったり、幼稚園や学校行事などには積極的に参加をすることがあるといった場合には、それだけ子どもを通じて会う機会が多くなっていきますよね。

また、子どもの教育について相談を乗ることができたり、子育てについて話をすることができるのであれば、そこから復縁につながっていくことも可能性として十分考えられるはずです。

子どもにとってもやはり、両親がそろっている方が環境もいいですし、何よりも安心するはずですので、子どもにお願いされたりすることがきっかけで、復縁について考えるようになっていくのではないでしょうか。

離婚したあとに復縁できない特徴とは?

これまでは、離婚したあとに復縁できる特徴についてご紹介してきました。

ここからは、逆に離婚したあとに復縁できない特徴についてご紹介していきたいと思います。

同じようなことを繰り返したくないと思っている人もいるかと思いますので、また離婚をしないようにするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

離婚をしても何も変化がない

離婚をしたあとも、反省をするわけでもなく、今までと何も変わらないといった状況である場合には、復縁をすることはなかなか難しくなってくるのではないでしょうか。

何も変化がないということは、復縁をしたとしても、結局同じようなことでケンカをしたり仲が悪くなったりしてしまうことが予想が付きますよね。

離婚をすることになったのには、それなりの理由があったはずですので、そこが何も改善されていないということは、復縁が難しくなってしまいます。

自分のために復縁を望んでいる

復縁をすることで、自分にとって有利に働くといった場合には、結局復縁をしてもうまく続きません。

生活費に困らないとか、気持ちがなくても夫婦といった形を望んでいる場合には、信頼関係も築いていくことができませんので、雰囲気が悪いままになってしまいます。

そういった状況ですと、自分のことしか考えていないということがいつかはバレてしまい、結局離婚を繰り返してしまうことになるのです。

行動次第で離婚をしたあとも復縁できる!

現実的に離婚をしたあとの復縁はなかなか難しいと言われているところもあったりしますが、あなたの気持ちと行動次第では、復縁をすることもできるのです。

悪いところをしっかりと反省し、改善することで信頼の回復につながっていきますし、子どもがいるのであれば、自分たちだけではなく子どもやお互いの両親からの復縁の要望なども考え、復縁につながっていくこともあるのです。

復縁をしたいと思ったら、きっかけを作っていき、そこから行動していくことで復縁をすることができるはずです。

頑張ってくださいね。

スポンサードリンク
Comments