群馬県で有名なハートのスポット!ロックハート城でプリンセス体験しよう

石造りのお城にきらびやかなドレスやアクセサリー、花の咲き誇る中庭と、子供の頃誰もが憧れた童話の中の「プリンセス」。

しかし大人になるにつれて「素敵な王子様と出会い、ずっと幸せに暮らしました」と結ばれるおとぎ話の主人公のようにはいかない、と諦めていませんか。そんなあなたにぴったりの場所が群馬にある「ロックハート城」!

ロマンチックな風景の中、プリンセス気分を味わえる場所なんです。

スポンサードリンク

ロックハート城とは?

【公式】ロックハート城|国内観光スポットランキング1位

中世ヨーロッパのお城、ロックハート城をみることができるのは群馬県吾妻郡にある大理石のテーマパーク、その名も大理石村です。

10万ヘクタールの広大なパーク内のシンボルとしてそびえ立つのがロックハート城。

日本で見られると聞くと「レプリカやあくまでヨーロッパ風でしょ?」と思っていませんか。

なんとこのロックハート城は日本で作られたものではなく、元々築城されたスコットランドから海路、陸路で運ばれてきたものなんです!

<ロックハート城>
所在地: 〒377-0702 群馬県吾妻郡高山村中山5583−1
時間:9時00分~17時00分
電話: 0279-63-2101
営業日:年中無休

もともとはロックハート伯爵の邸宅

ヨーロッパは皆さんもご存知の通り、たくさんの古い建物が残された土地です。

ロックハート城も19世紀にミルトン・ロックハート伯爵の邸宅として建てられました。「城」と言うカテゴリーに相応しいように思えますが、伯爵の自宅として使用されていたそうです。

その伯爵の邸宅がどうして日本にあるのか??それには、日本のある俳優さんが関わっています。

ロックハート城が日本に運ばれた経緯とは?

それは1987年のこと。

俳優の故津川雅彦さんが北海道にできるはずだったテーマパークのメインとして城を私費で購入したことがロックハート城と日本との最初の繋がりです。

津川さんは日本の子供たちに本物の西洋のお城を見せてあげたい、その一心でイギリスからのロックハート城の移送にこぎ着けました。イギリス貴族の邸宅を一度解体し、国外へ移送すると言うのは当初反対が多かったそうですが津川さんの思いにより、特別にエリザベス女王が許可してくれたと言う驚きの逸話も残されています。

国をも動かした津川さん、石造りの城を解体してコンテナに詰み、あるものは海路で、そしてあるものは当時のソビエト、ゴルバチョフ大統領の許可も得て、シベリア鉄道を使って陸路で日本に運び込まれます。

これだけでももう十分テレビドラマにでも出来そうな内容ですがロックハート城はさらに不思議なご縁を辿って群馬県に再築城されることになります。

困難を極めた受け入れ先探し

お城を購入し、運び、再び組み上げる。

この過程で予想以上に莫大な資金がかかってしまい、北海道にできるはずだったテーマパークの建設が中止されてしまいます。

残ったのはコンテナに詰め込まれたお城の一部たち。組み上げにも資金がかかることからなかなか受け入れ先が決まりませんでした。購入から6年もの歳月をかけて、日本にたどり着いたロックハート城が大理石村に建てられることになったのは1993年のことでした。

日本に移築されたロックハート城はスペルを「心」のheartに変更し、決して大規模ではないけれどとてもロマンチックなスポットとして知られるようになりました。

パーク全体がヨーロッパのよう!

ロックハート城マップ

群馬県の山の中にある大理石村はロックハート城の雰囲気ととても調和した、ヨーロッパの街並みのような造りをしています。

パーク内に入るとドイツやフランスを彷彿とさせるベージュの石のアーチや建物に付けられた木製の扉など「これもヨーロッパから持ってきたの?」と疑問になるほど本格的なものばかり。

テディベアが並べられたショップやかわいいアクセサリー店、お土産物屋さんなどに魅せられることでしょう。

坂道を登って行く景色などはイタリアのシチリアにある「天空の街」エリチェを彷彿とさせるほど美しく全く違和感がありません。

特にフィルターを通してこの世界を覗いて見ると、ヨーロッパと変わりありません!

お土産物屋さん前の坂で写真を撮ってSNSに上げれば「ヨーロッパ旅行中なの?」と話題になること間違いなし。

ロックハート城でプリンセス体験♡

あまりにもヨーロッパに似ていることから、ロックハート城はテレビや雑誌のロケ地としてもとっても有名です。

お城の正面はもちろん、周辺を見回してみても不自然さが全くないので写真撮影の場所としてもぴったり。

ロックハート城ではこの雰囲気を存分に活かして「プリンセス体験」ができます!

選べるドレスの種類も豊富

日本の着物も良いけれど、西洋のドレスに女性が憧れるのは当然ですよね。何層にも重なったスカートやキラキラしたティアラなどは小さな頃から大人になっても一度は身につけてみたいものです。

そんなあなたはロックハート城でプリンセス体験をしてみませんか?

どこを撮っても絵になるロックハート城内、ドレスを着て写真撮影ができると言う体験イベントが用意されています!

カラードレスや中世の雰囲気を残したゴシック調のドレスまでが用意されており、ドレスを選んで小物も使い放題。土日であればプロのカメラマンに撮影してもらうことも可能なんだそうです!

統一された世界で撮影を楽しめる

衣装体験イベントのあるパークは多いですが、ロックハート城のように周囲の風景までとなるとなかなか難しいですよね。お城の前に腰掛けて、遠くから全体を撮影なんてことも雰囲気が統一されたロックハート城ならではです。

ドレスは子供用から大人用まであるので、親子でプリンセスになってみるのもおすすめ。

男性用のタキシードもあるので、家族でもカップルでも友達同士でも楽しめます。

城内は雰囲気抜群!中世のお城を楽しもう

坂道を登りきり、ロックハート城内へと足を進めましょう。両開きのいかにもヨーロッパ風の扉の先へと進んでいくとまずは大きな階段があります。

中は入り口から至る所に騎士や天使などのモニュメントが置かれており、雰囲気抜群。1階は展示室のようになっており、貴族の愛用品が並べられています。

中世ヨーロッパの家具は総花柄でゴージャスなソファや王冠など見ているだけで気持ちが上がるものが多いです。

調度品などを見学した後は階段を使って2階に上がりましょう。

2階はかわいいおとぎの世界!

2階では「香水の部屋」で、世界中の香水を楽しんだり、「世界の城ライブラリー」でのんびりとお城に関する本を見たり、津川雅彦さんが集めた「サンタクロース」1000体以上が展示されているの「サンタクロースミュージアム」を見学したりと面白い体験ができます。

特にサンタクローズミュージアムは圧巻!等身大のサンタ人形や古いサンタさんなど珍しい展示品もたくさんですよ。

「スプリングベル」で幸せの鐘を鳴らそう

ロックハート城の見学を終えたら、お城の敷地内にある「スプリングベル」の塔へと登りましょう。

特にカップルで訪れる場合は、ロマンチックな雰囲気に包まれるスプリングベルはおすすめ!

たくさんのカップルが訪れているのでスプリングベルからは頻繁に鐘の音が鳴り響いています。このスプリングベル周辺に特にたくさん結ばれている「ハートの絵馬」は途中にあるショップで購入できます。真っ赤なハートに二人の名前や願いを書いて結べばどんな願い事でも叶ってしまいそう!

ずっと一緒にいたい彼と二人だけの思い出を作りましょう。

恋人の泉で恋愛運アップ!

スプリングベルの近くには天然の湧き水が溢れる「恋人の泉」もあります。

地下200メートル下から湧き出す正真正銘の地下水で、もちろん飲むことができます。このお水を二人で飲めば愛が深まったり、シングルの人が飲めば新しい恋が始まるんですって!ぜひ試してみたいですよね。

当初湧き水と言う「設定」なのかな?と思いましたが天然モノと言うこともあり、本当に恋愛運がアップしそうな雰囲気がただよっていました。

水が「湧き出る」ところや「流れる」ところは恋愛運アップのスポットですから、きっと良い出会いがあるはずですよ!

ロックハート城は恋人の聖地

スプリングベルの塔でハートの絵馬を結んで気持ちを確かめあったら、次は教会へと足を運んでみましょう。

約束をしてふたりで教会へと進むなんてなんだか疑似結婚式体験のようですよね!

ロックハート城内やショップ周辺はヨーロッパの観光と言った感じですが、スプリングベルや「セントローレンス教会」は人の気配も少なく、なんとなく厳かな雰囲気が漂っています。

タイミングが合えば見渡しても彼と二人だけ、なんてことも!

ロックハート城は「恋人たちの聖地」にも選ばれているので、プロポーズや告白なんかにもぴったりの場所です。群馬県で唯一選出された場所なんだそうですよ。

「恋人の聖地」とは?

恋人の聖地」と言うのは2006年から地域の観光の活性化や「結婚」「恋愛」をテーマとしたロマンチックな場所が認定されるプロジェクトです。

景観が美しい場所や素敵な言い伝えのある場所、恋愛運がアップすると言われる場所などが認定されており、今現在全国で約130箇所が登録されています。

デートコースとしてもぴったりなので、最近デートがマンネリ気味だなと感じた時にはぜひ活用してみましょう。

美しいガーデンが2018年にオープン!

2018年にはロックハート城開設25周年を記念して美しい緑の庭園「ウィリアムズ・ガーデン」がオープンしました。

整えられた花々と緑がヨーロッパ気分を更に盛り上げてくれます。

もともとこのロックハート城があった場所はスコットランドの中でもさらに自然に囲まれたロケーションで、25周年にしてもっと本物の雰囲気を味わってほしいと言う思いから素敵なガーデンを設けることにしたそうです。

どこまでも本物にこだわるパークの方針がとても素敵ですよね。

イングリッシュ・ローズのトンネルがあったり、美しい水辺からロックハート城を眺めることができたりと、カップルなら手を繋いで歩きたい素敵な散策になること間違い無しの庭園です。バラの季節は特に香りが充満してとってもリッチな気分に浸れますよ!

ロックハート城でロマンチックな一日を過ごそう!

今回は大人も子供も楽しめる、群馬県「大理石村・ロックハート城」をご紹介しました。いかがだったでしょうか?

カップルの方もシングルの方も、子供の頃に憧れたお姫様のお城を見に行ってみませんか?

美しいものを目にすることは、日々の生活を豊かにしたり恋愛へのアンテナをピン!と張るためにはとっても大切なことです。キレイなもの、素敵なものに囲まれたロックハート城はそんな恋愛アンテナを磨くにはぴったりのテーマパークですよ!
スポンサードリンク
Comments