佐賀県の観光スポットはデートだからこそのおすすめポイントが満載!

佐賀県と聞いたときにどんなデートスポットが思いつきますか?

一件あまり知られていないのが佐賀県の魅力であり、そのゆったりとした時間の中で楽しむデートは普段とは違った癒しの時間を過ごしていくことができます。

佐賀県は有数の温泉地などもあるなど、自然の中でゆっくりとすることができるため、心身ともにリラックスしていくことができますね。

またグルメにも注目することができ、地元食材を使用したものを中心とした美味しい料理を堪能することもできます。

そんな魅力あふれる佐賀県のデートスポットをご紹介していきます。

スポンサードリンク

ドイツ風の見事なまでの王宮をイメージしているスポット「有田ポーセリンパーク」

佐賀県のゆったりとした雰囲気の中に突如現れるのがドイツはマイセンにあるツヴィンガー宮殿をイメージしたパークとなります。

佐賀県に何故ドイツをイメージしたパークがあるのかと言うと、1970年頃にドイツで有田焼が注目されており、有田市の方々が世界でどのように有田焼が評価されているのかを知りたいと思いドイツと交流を始めたのがきっかけとなります。

では、この素晴らしいツヴィンガー宮殿のパークをデートで訪れた時に抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

「ツヴィンガー宮殿」
こちらのパークのシンボルとも言えるツヴィンガー宮殿は現在のドレスデン市に創建された者と同じで、ヨーロッパで磁器の技術がなかった頃、有田焼をはじめとする焼き物は金銀と同様の扱いを受けていたとされます。

日本の有田焼をベースとしてマイセン磁器が完成したなど日本の文化は海外でも大きく評価されており、日本とドイツを繋ぐ架け橋とも言えるのが、「ツヴィンガー宮殿」となります。

その荘厳な姿は見ているだけでも、うっとりとするほどで日本にいることを忘れてしまうほどでもありますね。

「バロック庭園」
「ツヴィンガー宮殿」の入り口を抜けると見えてくるのがすべてが均一で同じ形をしている見事なまでの庭園となります。

ヨーロッパの格式高い古代庭園が見事に再現されており、その落ち着きのある空間は四季に応じて見せる顔を変えるなどその場にいるだけでも幸せを感じるほどでもありますね。

「登り窯」
有田焼の窯は全て手作りで作られており、先人の知恵をかじる窯が登るようにして作られております。

小高い丘に置かれている全長55メートルの窯は徐々に内部の温度に変化をもたらしておりそれにより強い有田焼を作り上げております。

その光景を見ることができる貴重なスポットとなります。

「有田蔵 酒蔵見学」
こちらの有田蔵では、焼酎や清酒などといったお酒の製造工程を見ることができるスポットとなります。

実際に無料で試飲もしていけるなど、日本を代表するにお酒の製造工程を見ることができる楽しい場所でもありますね。

「のんのこ」
佐賀県の名物を余すことなく味わうことができるバイキングスタイルのレストランであり、広々とした空間で食事をすることができます。

季節に応じてメニューが変わるため訪れる度に様々な季節の料理を堪能することができますね。

「有田焼工房」
実際にオリジナルの有田焼造りの体験をしていける場所であり、デート度絵訪れた際には是非立ち寄っていただきたい場所でもあります。

ろくろをはじめ絵付けや手びねりといった体験をしていくことができ、世界に一つだけの有田焼を作ることができますね。

スポット:有田ポーセリンパーク
住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
電話番号:0955-41-0030
営業時間:9:00~17:00
料金:100円
定休日:無休
アクセス:有田駅 車 10分
ホームページ:https://www.arita-touki.com/

国の重要文化財にも指定されている武雄温泉楼門を望む温泉地「武雄温泉 楼門亭」

佐賀県の標高330メートルの場所にある中国から訪れた徐福によって創建された温泉地が武雄温泉となります。

1300年の歴史を持つ武雄温泉には他の温泉地にはない重要文化財にも指定されている「武雄温泉楼門」があり、こちらの門は釘を1本も使用することなく作られたほど。

この武雄温泉楼門をくぐれば、そこには活気のある温泉地が広がっておりまるで別世界に来たかのような雰囲気を感じることかと思います。

それもそのはず、当時武雄温泉を創建した頃には「竜宮城にしてみせる」といった野望が合ったほどでもあります。

武雄温泉は朝になると数多くの露店が立ち並び買い物を楽しんだり名物の温泉卵を味わったりと楽しみ方は温泉に入るだけではないことがわかる温泉テーマパークとも言える場所となっておりますね。

それだけではなく、春になれば満開の桜並木を見ることもできるなど季節に応じて見せる顔を変えながら武雄温泉の街並みを彩っていく姿も見事の一言に尽きますね。

「武雄温泉 楼門亭」はこの武雄温泉の看板とも言える温泉スポットであり、見事なまでの外観と歴史ある雰囲気を感じる内観がお出迎えをしてくれます。

ご紹介したように歴史のある武雄温泉を露天風呂で楽しむことができ、佐賀県の美しい星空と一緒にゆったりとした温泉タイムを楽しんでいけますね。

温泉を楽しんだ後は、佐賀県の名物を多く取り入れた食事を堪能することができるなど温泉に来ていながらもワクワクが止むことのないスポットとなりますので、是非デートで訪れてみてください。

スポット:武雄温泉 楼門亭
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425
電話番号:0954-23-2111
営業時間:00:00~24:00
料金:4,028円~
定休日:無休
アクセス:武雄温泉駅 車 10分
ホームページ:http://www.takeo-kk.net/stay/001325.php

7年もの歳月をかけて豊臣秀吉が創建した佐賀県を代表するお城「唐津城」

1608年に完成した豊臣秀吉が創建した城であり、関ヶ原合戦の後に7年の歳月をかけて作られました。

このお城の特徴は高い山の上などにあるのではなく、唐津湾沿いに作られている小高い場所にある点にあります。

そのため、陸からの敵だけではなく海を監視して海からの敵にも当時は警備していたというのがわかりますね。

また唐津城には天守閣がないのも特徴で、当時徳川幕府を気にして作られなかったと言われております。

今では、唐津城は舞鶴公園の中にあり、公園の散策をしながら城を眺めるなど唐津市のシンボルともなっておりますね。

唐津城は大自然に囲まれている場所でもあるため、その自然の雰囲気を楽しみながら散策したり230段ほどある石段を上るなど運動がてら訪れてみるのもアクティブさがあり清々しい気持ちになれることかと思います。

実際に唐津城は登ることもできますので、本丸まで登って唐津市の絶景を眺めてみるのも良いですね。

唐津湾と唐津市の両方を一度に眺めることができる贅沢なスポットとなります。

スポット:唐津城
住所:佐賀県唐津市東城内8-1
電話番号:0955-72-5697
営業時間:9:00~17:00
料金:500円
定休日:年末年始
アクセス:JR唐津駅 車 7分

日本三大美肌と称される女性にとってはチェックしておきたい温泉「嬉野温泉 大正屋」

大正14年にはじまった日本三大美肌のひとつに数えられる温泉であり、多くの女性を中心とした方々が、ここ「大正屋」を訪れます。

ここは一歩旅館内に足を踏み入れれば非日常という言葉がぴったりな杉木に囲まれた静かな雰囲気を感じることができ、自然の中で暮らしているかのような錯覚を覚えるほどとなります。

スタッフ一人一人の行き届いたサービスやおもてなしも心地よく心身ともに癒される空間と時間を楽しんでいくことができますね。

また当時客室は7部屋しかない贅沢な造りとなっており、部屋それぞれに日本庭園を望み、その日本庭園を散策することができる贅沢さがを楽しんでいけます。

そんな「嬉野温泉 大正屋」の魅力はこれだけではありませんので、訪れた際にチェックいただきたいポイントをご紹介していきます。

「清流温泉」
竹でできた天井から降り注ぐ木漏れ日が清々しく、日の光を感じながら露天風呂を楽しむことができます。

自然にも包まれているため、ゆったりとしながらも癒される空間となっていますね。

「椎葉山荘」
ここから眺めることができる景色は自然に囲まれている嬉野市の風景であり、春になれば満開の桜を、秋になれば美しい紅葉を見ることができます。

この四季に応じて変化していく景色を見ながらの露天風呂は贅沢の極みとも言える時間となりますね。

「四季の湯」
絶景の大自然の中でくつろぐことができる露天風呂であり、その名の通り四季に応じて見せる顔を変える温泉でもあります。

春の桜や秋の紅葉はもちろんのこと、冬の一面銀世界の景色も非常に美しく、うっとりとするほどのじかんを露天風呂の中で感じることができますね。

時間を忘れてしまい、ずっと温泉に浸かっていたくなるほどでもあります。

「滝の湯」
全面ガラス張りの奥にあるのは滝が流れる庭園であり、滝が流れ続けている景色を楽しみながら露天風呂を堪能することができる贅沢な空間となります。

滝の音を聞きながら入れば、まさに大自然の中でのんびりしている雰囲気を感じることができますね。

「佐賀の幸」
有明海の鮮魚をはじめとして厳選され和牛など、食材に強いこだわりを持った日本料理を味わうことができます。

温泉でのんびりした後に味わう日本料理は五臓六腑に染み渡るような味わいと美しい見た目を楽しむことができますね。

スポット:嬉野温泉 大正屋
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2276-1
電話番号:0954-42-1170
営業時間:00:00~24:00
料金:38,800円~
定休日:無休
アクセス:嬉野温泉バス停 徒歩2分
ホームページ:https://www.taishoya.com/

日本三大稲荷の一つにも数えられるほどの人気の神社「祐徳稲荷神社」

1687年に創建された「祐徳稲荷神社」は衣食住の神様として称えられており、日本三大稲荷の一つにも数えられるほど人気の神社となります。

「祐徳稲荷神社」を訪れるまでには昭和のレトロな雰囲気を感じさせる商店街を抜けていくのですが、どことなく懐かしさを感じる面白い場所でもあります。

その中でも特に「祐徳稲荷神社」を訪れた際に立ち寄っていただきたスポットをご紹介していきます。

「楼門・神池」
祐徳稲荷神社のシンボルとも言える場所であり、その堂々としている佇まいには目を奪われるものがあります。

チェックいただきたいのは楼門内部にある二体の随神で、こちらは佐賀県を代表する伝統工芸でもある有田焼で作られており、その見事なまでの美しさを楽しむことができますね。

「御神楽殿」
半世紀以上も前に作られた楽殿であり、コンクリートで作られた上に、総漆塗極彩色の美しさを感じるものとなります。

見ているだけでも、その荘厳な美しさに心を奪われるものがありますね。

「御本殿」
「祐徳稲荷神社」のシンボルでもある本殿には倉稲魂大神、大宮売大神、猿田彦大神の3体の神々が祀られております。

本殿はみごとなまでのうつくしさと 鳳凰など描かれている絵に目を奪われ、時間を忘れて本殿の魅力にグッとくるほどでもあります。

「赤鳥居」
鳥居は神聖な場所へと繋がっていく「門」とされており、本殿から奥の院に続く参道に数多く佇んでおります。

この鳥居を「通る」ことは感謝を意味しており、鳥居を渡りながらその美しさを見て、感謝の気持ちも忘れずに進んでいきます。

「命婦社」
白狐の霊が祀られている場所であり、その美しい彫刻が見事であり、江戸時代には神社建築の象徴とされております。

小ぢんまりとしていながらも、「赤鳥居」へと入っていく前にチェックしていただきたいスポットでもありますね。

「奥の院」
「祐徳稲荷神社」のもっとも奥にある院であり、赤鳥居をくぐっていった先に見えてくるスポットでもありますね。

こちらは三兆ということもあり、有明海の美しい景色と地平線まで続く景色を見ることができます。

スポット:祐徳稲荷神社
住所:佐賀県鹿島市古枝乙1855
電話番号:0954-62-2151
営業時間:00:00~24:00
料金:無料
定休日:無休
アクセス:嬉野IC 車 40分
ホームページ:https://www.yutokusan.jp/

洗礼された空間で味わうことができる唐津を代表する鮨屋「酔虎寿し」

ここは唐津市の中でも特に美味な握りを味わうことができる鮨屋で、価格に対してのコストパフォーマンスが非常に高いことで注目を集めております。

一歩店内に入れば高級鮨店の雰囲気を感じることができ、少しピリッとした雰囲気の中で絶品の握りの数々を堪能することができますね。

そんなお店で味わうことができる握りの中でも特におすすめのものをご紹介していきます。

「芽ネギ」
見た目から美しさを感じることができる芽ネギの握りは他ではあまり味わうことができない珍しいものとなります。

新鮮な芽ネギのシャキシャキとした食感を味うことができ、口の中がさっぱりとしていきますね。

「あじの漬け」
特製のタレに漬け込んだアジは、さっぱりとしていながらもタレの深みのある売味わいを楽しむことができます。

店主の見事なまでの包丁技術によって切り込みがはいっているアジは非常に食べやすいものとなっておりますね。

「のどぐろ」
脂がたっぷりとのっているのどぐろは新鮮が故に少し炙ってあるところがきらりと輝くほどの脂を感じます。

口にすればとろけるようになくなっていく、のどぐろを堪能することができますね。

「金目鯛」
その美しいピンク色を目で楽しんでから、ゆっくりと口に運んでいくと金目鯛のしっかりとした食感を楽しんでいけます。

シャリとの相性も良く脂もしっかりと乗っているため食べ応えを感じることもできますね。

「ウニ」
目の前に提供された瞬間に走る衝撃的なまでの美しいウニの並び方をした握りは他ではみることができないほど。

口にすると、とろけるような味わいと濃厚な旨味を感じることができるウニを堪能することができますね。

スポット:酔虎寿し
住所:佐賀県唐津市町田2-6-33
電話番号:0955-74-6825
営業時間:11:30~22:00
料金:6,000円~
定休日:水曜日
アクセス:JR唐津駅 徒歩15分

波戸岬の名物でもある牡蠣を満足いくまで味わうことができるスポット「波戸岬サザエのつぼ焼き売店」

波戸岬を訪れた際に必ず味わっていただきたいのが波戸岬牡蠣であり、こちらのお店はこの牡蠣を専門に取り扱っている名店となります。

店内は豪華な装飾などがあるわけではなく、ただひたすらに波戸岬牡蠣と向き合うためだけの空間が広がっております。

各テーブルには網焼きを行うことができる場所があるため、じっくりと時間をかけて波戸岬牡蠣を焼き上げることができます。

この波戸岬牡蠣を味わう方法に注目することができ、シンプルに味わうことはもちろんのことですが、海の野菜や佃煮など波戸岬牡蠣に合わせるためのトッピングがテーブルの上に置かれているため、食べ方にバリエーションを生みながら堪能することができますね。

口にした際に濃厚でクリーミーな味わいを楽しむことができる波戸岬牡蠣はプリッとした食感とともに、ビールや日本酒、焼酎といったお酒と合わせるのも最高の贅沢になります。

トッピング一つで味に変化をもたらせることができ、さらにはトッピングの組み合わせなどで新しい味わいを生むことまでできてしまいます。

どのように波戸岬牡蠣を楽しむかは自由であるため、好みの味付けを探しながら波戸岬牡蠣とお酒との贅沢時間を楽しんでみてくださいね。

スポット:波戸岬サザエのつぼ焼き売店
住所:佐賀県唐津市鎮西町波戸1616-1
電話番号:0955-82-5972
営業時間:9:00~18:00
料金:1,000円~
定休日:元旦
アクセス:唐津大手口バス停 徒歩50分

食を楽しむではなく自然を楽しむことができる日本料理店「飴源」

こちらのお店は唐津市の中でも特に有名なお店であり、1838年にOPENしてからというものの絶品の川魚料理を主として多くの人の舌を唸らせてきております。

お店の裏側には玉島川が流れており、こちらの川で獲ることができる天然の鮎をはじめとした料理を堪能することができます。

店内は和をモチーフにしており、どこも高級感漂う両店の雰囲気を感じることができますね。

そんな極上の和の雰囲気の中で味わうことができる川魚料理の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「鮎の酢の物」
さっぱりとした酢の酸味がほどよく聞いている一品であり、見た目の美しく品を感じる逸品となります。

鮎の淡白な旨味が酸味のある酢と見事にマッチしており、口の中がさっぱりとする味わいを感じていきます。

「鯉の洗い」
時間をたっぷりとかけて泥抜きをした鯉は、骨抜きなど丁寧な下処理がされており、口にした際に独特の香りなどしない旨味を楽しめます。

鯉の力強いコリっとした食感も楽しんでいける一品でもありますね。

「鮎の塩焼き」
じっくりと時間をかけて焼き上げられた鮎は丁寧な下処理がされているため、自身で骨抜きをして味わっていけます。

天然鮎のみが持つとされる、しっかりとした力強さを感じる淡白な白身の味わいは美味そのものと言えますね。

「鮎の飴焼き」
お店特製の飴をかけてじっくりと時間をかけながら焼き上げていく鮎は、骨まで柔らかくなっていきます。

ガブリとかぶりついて味わえば、鮎の淡白な味わいと飴の甘辛な味わいの相性を堪能していくことができます。

「鰻の焼きもの」
川魚を代表する鰻は、じっくりと炭火で時間をかけながら焼かれていき、お店自家製のタレに何度もくぐらせて味を染み込ませていきます。

ふっくらとした鰻の食感と旨味が癖になる一品でもありますね。

スポット:飴源
住所:佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2
電話番号:0955-56-6926
営業時間:11:00~21:00
料金:8,000円~
定休日:第1・第3・第5火曜日
アクセス:昭和バス 五反田停留所 徒歩1分

リーズナブルな価格で佐賀県で最も人気の高い焼肉店「焼肉 不動神」

佐賀県で焼肉を味わうのであれば欠かすことができない名店でもあるのが、こちらのお店になります。

高級感漂う雰囲気と見事なまでのサービスを体験しながら、絶品の焼肉を楽しんでいくことができますね。

そんな焼肉の名店の味とも言える肉の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「特上カルビ」
目の前に提供された際にカルビの赤赤とした色合いとボリューム満点のサイズ感を楽しむことができます。

網で焼き上げることによって余分な脂を落とし旨味だけが凝縮した味わいを堪能することができるため、自ずと笑みがこぼれてしまうほどでもありますね。

「佐賀牛サーロインステーキ」
佐賀県が代表するブラン和牛でもある佐賀牛を贅沢にもステーキで味わうことができる一品となります。

佐賀牛の中でも最高級部位でもあるサーロインを堪能することができ、口にした際にとろけるような旨味を堪能していけます。

「みつせ鶏もも」
厳選に厳選を繰り返した新鮮なみつせ鶏は、力強さを感じることができる鶏肉の旨味を堪能していけます。

口にした際には、みつせ鶏のもも肉はさっぱりとした味わいを楽しんでいけますね。

「牛ホルモン」
佐賀牛の新鮮なホルモンを味わうことができ、丁寧な下処理がされているため臭みもなく食べやすくなります。

口にした際にはジュワっと広がっていくホルモンの旨味を堪能していけます。

「佐賀牛自家製ローストビーフサラダ」
佐賀牛を贅沢にローストビーフに仕立てており、見た目の美しいピンク色を楽しむことができ、肉肉しさを楽しんでいけます。

ここに合わせるサラダがさっぱりとした味わいで、程よいバランス感を楽しんでいける一品となります。

スポット:焼肉 不動神
住所:佐賀県鳥栖市本鳥栖町615-6 1F
電話番号:0942-83-8566
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
料金:8,000円~
定休日:無休
アクセス:鳥栖駅 徒歩4分

さっぱりとしていて瑞々しく甘さたっぷりのフルーツ専門店「フルーツガーデン シン・サン」

佐賀県でデートをしていく中で、休憩が手美味しいスイーツを食べたくなることがあるかと思います。

そんな時におすすめのフルーツ専門店が提供する極上のフルーツを使用したスイーツを堪能していけます。

店内も豪華な雰囲気が漂っており、デートの疲れを一気に吹き飛ばしてくれるスイーツを味わうのに最適な場所でもありますね。

そんなフルーツ専門店の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「フルーツパフェ」
色とりどりのフルーツをたっぷりとトッピングしたパフェは目の前に提供された瞬間に驚きを隠せないほどの美しさを楽しめます。

フルーツの瑞々しさを感じながら、笑顔になりながらパフェを堪能していていくことができます。

「抹茶パフェ」
大人のほろ苦さを感じることができる抹茶能網を楽しむことができる大人の味わいのパフェとなります。

ほろ苦さにパフェの甘みが見事にマッチしており、ホッと一息つくようなパフェになっておりますね。

「静岡産マスクメロンパフェ」
マスクメロンの滴るような果汁が食欲をそそるパフェであり、目の前に提供された際に豪華で贅沢さを感じることができます。

瑞々しいマスクメロンは口の中でとろけていくような甘みを感じることができますね。

「苺のパフェ」
パフェ定番ともなっている苺を贅沢に使用している一品で、綺麗に盛り付けされたパフェを楽しんでいけますね。

苺の瑞々しさを楽しんでいけるパフェで、ほどよい酸味も感じることができて黙々と食べ進めてしまうほどとなります。

スポット:フルーツガーデン シン・サン
住所:佐賀県佐賀市若宮1-3-21
電話番号:0952-36-6650
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
料金:1,000円~
定休日:水曜日
アクセス:JR長崎本線 佐賀駅北口 徒歩15分
ホームページ:https://www.shinsun.co.jp/

福岡県でも人気の透明感抜群の活イカを味わえるお店「河太郎 呼子店」

福岡県で高い人気を誇ってる鮮魚を味わうことができる専門店が唐津にしにも進出したことで、こちらでも話題になっているほどのお店となります。

店内には巨大な水槽があり、そこでは新鮮なイカなどが泳いでいる姿を見ることができ、笈瀬で味わうことができる料理への期待が高まります。

また、店内からは海と自然の両方を見渡すウことができる贅沢な光景が広がっており、美しい景色とともに食事をしていくことができますね。

そんなお店で味わうことができるおすすめのメニューをご紹介していきます。

「いか活き造り」
お店の看板メニューでもある一品で、生簀から獲ったばかりの新鮮なイカを贅沢にも活き造りで味わっていきます。

目の前に提供された際の新鮮さのある透明感とコリっとした力強い食感が癖になりますね。

「河太郎 いかうに丼」
イカのコリコリとした食感とウニの濃厚でクリーミーな味わいを贅沢にも同時に楽しむことができる丼となります。

見事なまでの相性を楽しみながら、卵黄の濃厚さを合わせればさらに旨味が増した味わいを楽しんでいけますね。

「特選刺身」
目の前に提供された際の色とりどりの鮮魚の美しさと盛り付けの見事さを楽しむことができる豪快な刺し盛りとなります。

どの鮮魚も口にすればしっかりとした食感と脂ののった味わいを堪能することができお酒との相性も抜群と言えますね。

「いかのべっこう煮」
生簀で泳いでいた新鮮なイカを自家製のタレにくぐらせて煮込んでいった一品となります。

イカのコリっとした食感を残しながらも、タレの甘辛の味わいを堪能することができるため、非常に人気の一品となっております。

スポット:河太郎 呼子店
住所:佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17
電話番号:0955-82-3208
営業時間:11:40~19:00(L.O.18:00)
料金:2,000円~
定休日:お盆、年始
アクセス:JR唐津駅 車 30分
ホームページ:http://www.kawatarou.jp/

東京の名店が佐賀県に上陸したお洒落でスタイリッシュなカレー「カレーのアキンボ」

佐賀県で完全予約制のカレー専門店がOPENしており、東京からの進出ということもあって話題となっているお店でもあります。

店内はスタイリッシュでお洒落な雰囲気を感じさせる空間が広がっており、そこでは美味なるカレーを堪能していけます。

中でもおすすめのメニューをご紹介していきます。

「ラムキーマ」
ラム肉の旨味がしっかりと感じることができるカレーで、ピリッとした辛みの中に感じるコクが癖になる一品でもあります。

「野菜カレー」
彩鮮やかなカレーを味わうことができ、比較的さっぱりとした味わいが特徴的となりますね。

カレーのピリッとした辛みとの相性も良く食べ応え十分と言えます。

「鯛のカレー」
新鮮な鯛を贅沢にも使用しているカレーで、他絵は味わうことができない深みのあるカレーとなります。

鯛のさっぱりとした味わいとカレーのコクとの相性を感じることができる新しい旨味のカレーでもありますね。

スポット:カレーのアキンボ
住所:佐賀県佐賀市大和町川上475
電話番号:080-6426-4170
営業時間:11:30~21:00
料金:3,000円~
定休日:木曜日
アクセス:昭和バス 川上橋下車 徒歩5分

ないようで実際は多くある、まだ知られていないかった佐賀県のデートスポット

魅力あふれる佐賀県のデートスポットはいかがでしたでしょうか?

意外と知らなかった佐賀県の魅力あふれるデートスポットと出会うことができたのではないでしょうか。

有田ポーセリンパークなど佐賀県のイメージからは想像できなかった洋風のデートスポットなどもあるなど訪れてみると楽しめるのが佐賀県。

さらには、温泉地としても人気が高いため、多くの歴史ある温泉地でのんびりと温泉を楽しむこともできますね。

まだまだ魅力が尽きることのない佐賀県のデートスポットを楽しんでみてください。

スポンサードリンク
Comments