失恋が悲しくて眠れない。睡眠不足を解消するためにできること

「振られたショックで眠れない」「色々考えて目が冴えてしまった」そんな失恋から眠れない悩みはどうやって解消していけば良いのでしょうか。

できれば忘れてしまってぐっすり眠りにつきたいと感じるところです。今回は、そんな失恋して眠れない場合の対処法についてご紹介いたします。

寝不足になるなら次の日にも響いたり、仕事や学業にも集中しにくくなるのでどうにかして早めに対処していきたいところですね。

スポンサードリンク

失恋して眠れない時の対処法について

失恋した後にどうしても眠れない場合どのような対処法を取っていけば良いのでしょうか。

友達とLINEで電話をする

友達と電話して話すことです。やはり一人でじっとしているなら失恋したことを深く考えてしまい、悲しくなるというループにハマる恐れがあります。

そんな時こそ何でも話せる友人に電話することによって、楽しい気分になれたり、失恋の思いを話すことにより気持ちをスッキリさせられます。

寝る前なら気軽に友人を自宅に招いたり出来ないからこその電話という方法です。

もしもそのまま眠気が来たなら寝落ちするように朝まで電話を繋いでおく手段も安心してぐっすり寝てしまえることがあります。

とはいえ、相手の迷惑も考えずにいきなり電話をする行動は、怪訝な顔をされてしまうこともあるので、一旦トークで「今起きてる?」などのワンクッションを置くことが大切です。

自分勝手に相手を付き合わせないようにも気をつけていきましょう。

これをしていると楽しいと思う趣味に取り組む

生きがいに感じるくらいの趣味に取り組んでいくことです。

  • 好きなアーティストが出ているライブのDVDを見る
  • イラストを描く
  • 漫画を読む

など人それぞれ好きなことがあるはずです。その中でも行なっていると元気になるものを選んでいきましょう。

失恋する方向に気持ちを向けさせない為にも、このように楽しいと感じる趣味に没頭してしまう方法は非常に有効的です。熱中した後は程よく疲れてそのまま眠りについてしまえることも考えられます。

趣味をしている時は強制的に苦しい気持ちも手放せてしまえるので、どうしても辛い気持ちが頭から離れられないという方にこそオススメな方法です。

しかし、ダラダラと趣味を行なっていくようなら、隙も出やすく、思いがけず失恋した状況こそ頭に浮かびやすいです。

「◯時まで全力で楽しむ」というように敢えて時間制限を決めると、今以上に集中しやすい環境が作り上がります。

タイミングが悪かっただけと今回の失恋を良いように考えてみる

失恋を良いように受け取っていくことです。

普通なら「失恋した=相手から嫌われた」とどうしてもネガティブな方向にも行きやすかったりします。そこを逆手に取り、出来るだけポジティブな考え方を行なっていく方法です。
  • 「恋愛はタイミングが大切だから、失恋したのもただただそのタイミングのせい」「神様が他の人と付き合った方が良いと言ってくれているのかもしれない」

など自分が納得しやすい考え方をしていくようにもしましょう。失恋したことによって学んだ部分も振り返る方法も有効的です。

友達が失恋したときにはなんて言葉をかけてあげるかを元に考えていく方法もポジティブな方向に向かいやすいです。

客観的に今の状況を見ることで、不思議とあっさりとした考え方が出来ている自分にも気がつけます。

前向きな気持ちなることで「次付き合う人はどんな人だろう」と先の恋愛のことまで考えられるように、次の恋をするための準備にも繋げられます。

▼失恋をするとどうしてもどっぷり落ち込んでしまうので、身体をいたわるためにもなるべくポジティブな考え方ができるようにしたいですね

リンク画像

あたたかいお茶、ミルクを飲む

あたたかい飲み物を口にすることです。

やはり身体も寒かったりするならいつも以上にネガティブなことも考えやすくなっています。芯からあたたまっていく為にもお茶、スープなどを口にしてみて下さい。

コーヒーなどは逆に眠れなくなってしまうのでカフェインが含まれていない飲み物を優先的にとっていくことが大切です。

急いで飲むのではなくなるべくゆっくりと、身体をあたためる明確なイメージを作りながら少しずつ口にしていきましょう。

飲んだ後にベットに入った後は身体もポカポカして程よく眠気を誘ってくれるようにもなります。このように眠れないときこそあたたかい飲み物を飲んで一息つく方法も有効的です。

とはいえ飲み過ぎてしまうとトイレに何度も行く羽目にもなりますので、自分にとって適切な量を飲んでいくようにも心がけましょう。

アロマの良い香りを楽しむ

アロマの良い香りを嗅ぐことです。

アロマは気持ちをリラックスさせてくれるだけではなく、眠気を誘う作用も含まれていたりします。

  • ラベンダー
  • カモミール
  • ゼラニウム

などの種類の中から選んでいくのが良いでしょう。

ティッシュにアロマを垂らして部屋の中に置くだけでも良い香りか満遍なくしやすいです。水溶性のアロマを使うなら加湿器の中に垂らすことも出来るなど、効率よく良い香りが部屋いっぱいに広がります。

アロマの香りの種類はたくさんあるので色々と探したりしても、自分にぴったり合うものが見つかるはずです。

朝の目覚めもスッキリするように、失恋したときこそ気持ちも落ち着くアロマの香りを楽しんでみてください。

しかし、良い香りをとことん楽しみたいからといって、一度に適量を超えたアロマを使うのはキツイ匂いを作ってしまうことがある為欲張りすぎにも気をつけてください。

▼失恋に効くアロマの選び方については、こちらをどうぞ

リンク画像

お笑い番組、面白い動画を見る

笑って元気を取り戻すためにと面白い番組を見ることです。

コント、漫才など芸人さんが出ている番組を見る、お気に入りのユーチューバーの動画を見るなど、日頃から楽しいと感じるような内容をした番組、動画を選んでいきましょう。

最初は笑う気ないと思っていても、五分も過ぎれば内容に引き込まれて、最終的にはアハハと声をあげてまで夢中になっているはずです。

このように辛いと感じるときこそ面白い番組、動画を見ることによって今まで感じていた沈んだ気持ちも吹き消してしまうことがあります。

何度でも笑えるようなものは、また辛いと感じた時のために撮っておいたりピックアップすると、その都度元気をもらえることが出来るはずでしょう。

気持ちを押し込めず思いっきり泣く

思いっきり泣いてしまうことです。

やはり「辛くない」「大丈夫大丈夫」と自分に嘘をついてまで気持ちをなだめる行為は、逆に辛く感じて、いつまでも気持ちとして残ってしまうことがあります。

そのため一度思いっきり泣いてしまう行動もスッキリさせる上では非常に重要です。全ての涙を出し切ったというところまで来ると、程よく疲れて良い眠気を誘ってくれることがあるでしょう。

なので我慢せず自分の気持ちを表に出して発散させていきましょう。

とはいえ、思いっきり泣くほどに翌日顔が腫れたり、むくんで昨日泣いたなと察されてしまう事実も覚えておいてください。

それでも、顔にあたたかい濡れタオルと冷たい濡れタオルを交互に乗せると顔の腫れが引きます。

他者の目が気になりやすい方ほど、いつもより朝早めに起きてむくみを取り除く方法に力を入れると良いでしょう。

▼泣きたい時におすすめの曲もチェック!

リンク画像

自分の他に失恋している人を探して一人じゃないことを知る

失恋した仲間を探してみることです。

最近同じく失恋した友達がいるならどうやって乗り越えたとLINEしてみて回答をもらう方法がオススメです。

何よりもこういう思いをしているのは自分一人だけじゃないということを知れますし、思いがけず嬉しい言葉だってかけてもらえます。

その他にもネットを介することでもリアルの友達以上に失恋した仲間を探しやすかったりします。むしろ、さらに酷い失恋をした方も見つけることすら出来るほどです。そうなれば自分のした失恋なんてちっぽけなものだと達観した意見を持つことにもなるでしょう。

このように悩みを軽くしたり孤独感を和らげることができるので、どうしても眠れない、自分の悩みに共感してほしいという方にこそオススメな方法です。

▼SNSを使って悩み相談をする時には、注意しておきたいこともあります

リンク画像

リラックスできるBGMを聴く

リラックス出来るような音楽を聴くことです。眠れると謳っているBGMなども音楽の聴き放題サービスなどの中には含まれていたりします。

自然の音、川が流れる音、気持ちが安らぐような音を選びつつ、いつでも寝ていい体制のまま聞くようにしていきましょう。音に集中することで気持ちとしても癒されて、ウトウトとした眠りにつくことにも成功できるはずです。

夢見も良かったり寝起きとしても爽やかだったりしますので、こういった癒しの音楽を聴きながら気持ちを癒すのも一つの方法です。

しかし、イヤホンなどで音を聞いていくようなら寝落ちした後、寝相によりにコードが首に絡まるなどの現象が起きやすくもなるので十分に気をつけてください。

色々と癒しのBGMを試すことで「これだ!」というあなたにぴったりな音楽にも出会えるはずです。

意識的に深呼吸をする

深い呼吸を行なっていくことです。

息を深く吸い込み数秒そのまま止まった後に、ゆっくりと呼吸をはくなど、自分の向ける意識を全てそちらに傾けてみてください。

中には「初めて深呼吸するのにこんなに時間を使う、意識を向ける」と感じる方もいるはずでしょう。

10セット行なっていくというように回数を決めるとやりがいも感じますし、一つ一つ手を抜いてしようと考える隙も作りません。

イメージとして、息を吸い込む時は新鮮な空気を吸っている自分を思い、いざはく際には悪いもの、持ちたくない感情が外に出ているところを想像するようにもしていきましょう。

そうすることにより、自然と気持ちも落ち着いて今にでも眠れるような体制にも入っていけるはずです。

音としても自分の呼吸音に耳を傾けるように出来るだけ集中するように心がけてください。

安心できる匂いをかぐ

ホッとするような匂いをかぐことです。ベットの中で寝る体制になっているなら掛け布団を鼻に近づけ自分のものの匂いを確かめるように軽くかいでみてください。

人によってはお気に入りのぬいぐるみの匂いをかぐ、触ることによってリラックスすることがあります。

このように手近にあるものの匂いをかぐことにより、何より安心感が高まりやすく眠気にも誘われやすいです。

他者の目が気になる外でするようなら色々と視線を感じてしまう行動ではありますが、自室の中でなら大丈夫、特に心配する必要もありません。

それも深い眠りにつくためだと割り切って行動に起こしてみてください。

▼寝る前にお気に入りの香水を付けてみるのもリラックスできそうです

リンク画像

三つ以上物事を合わせて取り組んでいく

意識を分散させるために色々と忙しく物事に取り組んでいくことです。

失恋したことで頭の中がとにかくいっぱい、もうどうしようもないという方にこそオススメな方法です。

  • 音楽を聴く
  • テレビを見る
  • 軽い運動をする

など、様々なジャンルのものを組み合わせた行動に同時に出てみてください。

多くの行動が重なれば重なるほど失恋したことを考える隙も生まないために自然と頭の中から消えていくことがあります。

今すぐにでも寝てしまいたいなら、ベットの上でできる範囲の行動を3つ重ねていくようにしましょう。

色々と集中しやすい行動を取ることによって、辛い記憶を一時的にでも消し去ってくれるので試してみる効果はあります。

とはいえ、張り切り過ぎた行動を取るほど逆に目が覚めてしまうことがあるので、手をグーチョキパーに規則的に形を作るなど本当に簡単な行動を取るだけでも大丈夫です。

まばたきをたくさんする、九九を口にする、足を軽くばたつかせるなど、いろんな簡単な動作を組み合わせてみても効率よく意識が分散され、何よりも気持ちも楽しくなったりします。

▼失恋で眠れない時にはこちらも参考にしてみてください

リンク画像

工夫次第で必ず眠りにつける!何も不安に思わなくても大丈夫

失恋して色々と考えて、目が覚めてしまうような夜でも工夫次第で眠気は来ますのでそこまで深刻に考えなくても大丈夫です。

リラックス効果のあるアロマの香りをかいだり、癒しの音楽を聴くなど五感から気持ちを和らげるような行動を取るのも効果ありです。

また、辛い気持ちを押し潰さず思いっきり泣く、友人に話を聞いてもらいながら寝落ち通話を楽しむなどの気持ちを発散させる方法も挙げられます。

ぐっすり眠りにつけるようにも自分に合った方法を見つけていきましょう。

▼合わせて読みたい!仕事に集中できない時の対処方法については、こちらをご覧ください

リンク画像
スポンサードリンク
Comments