初デートでの食事を女性にOKしてもらえた!お店の選び方や注意点とは?

初デートの誘いにOKしてくれた女性がいると、どんなデートプランとしようかアレコレ悩むのは当然です。

実は「彼女と食事に行けるかどうか?」は、男女の仲を進展させるうえで重要な行動のひとつなのです。

ただの食事でしょ?いえいえ、実は隠された女性心理がけっこうあって、これを知ればきっと二人の仲を進展させられるハズです。

初デートの食事についてアドバイスします。

スポンサードリンク

食事に誘ってOKされた!

食事って、人間にとって「とても大切なコミュニケーションのひとつ」ですよね。

食事を一緒にする仲というのは、「関係性がある証拠」であって、共にできる関係なら、深い仲であることは前提となるのです。

ということは、「食事を共にする相手」は、すでにかなり信用できるか、これから信用を問う相手となりますよね。「他人に物を食べるところ」を見せるのは、緊張するとか、「自分の内側を見せること」になるわけですから、関係性が必要になるワケです。

男女の仲を抜きにしても、食事を共にするということは、生活の一部を共有することになるのです。

生活スタイルって、他人の常識を目にするとビックリすることもありますよね。

自分もそれを他人に見せるのは、少し勇気がいります。

気心知れた仲であれば、食事に行くのも簡単ですが、さらに男女となると、「内面を見られる」と考えるわけですから、それなりに警戒するのです。どう考えても、「食事に行ける仲」というのは、ある程度関係がある者同士ということになります。

▼恋人に食べるところを見られて恥ずかしいと思う人の気持ちについては、こちらをご覧ください

リンク画像

生理的に無理な相手なら断るのが女性というもの

生き物として考えるなら、雄である男性が狩りをして、その獲物を雌である女性が分け与えられる、壮大な話かもしれませんが、そういうものです。

今ではそんなことはありませんが、置き換えて考えるとしたら、男性がおごって女性と食事に行くといったところでしょうか。

食事を共にするということは、ある種の一線を越えたことになり、男女でそれが行われるのであれば、一定の関係が芽生えることになるのです。

おごってもらった食事として考えるなら、女性によっては「借りを作った」と考える人もいるでしょう。だから、割り勘で払う女性もいるのです。

▼まだ恋人同士でもない合コンで割り勘が多いのは、この理由も関係していることでしょう

リンク画像

借りを作ったとなると、少し引け目を感じるもの、もしかすると「食事を奢ってもらった仲だし」と、次の誘いも断りにくいと考えることもあるでしょう。

そうなりたくないから、女性は男性と二人の食事を拒むこともあります。

雄と雌の関係とは言いませんが、男女の仲に借りができたりすると、何かと面倒なケースもあるのですから、女性は軽く食事に行くことも拒否します。逆に考えれば、食事を共にできるということは、「関係性はある(成立している)」となります。

食事ひとつで、お互いの関係性のバロメータを測ることができます。

初デートでの食事をためらう女性!彼女はどう思っている?

デートに行くほどの関係、要は付き合っているとしても食事に行くのをためらう女性は少なくありません。

「付き合っているからメシぐらい一緒に」と、男性が軽く考えていても、生活行動の一部を見せることになるわけなので、恥ずかしさがあるのも女性と言えます。

気心知れた友達となら、食事の仕方やマナーもある程度は気にならないでしょうが、付き合っているとはいえ彼氏となるとそれも変わってきます。

「恥ずかしさ」があるのは普通ですし、それだけ大切に思っている相手だからこそ、自分の見せたことが無い一面はなにかと緊張するものです。

これから長く付き合っていく、食事以上の関係になるとはいえ、女性と男性では、その一歩に対して、捉えかたが違います。

好きでもない男性に見られるより、大好きな相手に見られる醜態は、男性であるあなたでも恥ずかしいでしょう。「大切にしたい部分」だからこそ、こうあるのです。

嫌われたくないから、やっぱり恥ずかしいことは避けたいものです。

例えあなたが、「恥ずかしいとしても大丈夫」となっていても、それは相手の女性の気持ちを尊重してあげてください。

初デートで食事に行くときの注意点

それでは、初デートで食事に行くときに男性はどんなことに注意しなければいけないのでしょうか?

ラーメンやカレーうどんなどの「麺系」は慎重に誘うこと

デートの食事については、「女性が食べやすいかどうか」は、重要なポイントです。

口を大きく開けて食べることになる麺系の食事、美味しく食べたいからこそ、あまり周囲を気にしたくないもの。初デートでこれをするのはかなり勇気がいるのです。

特に麺類を食べる行為は女性にとって恥ずかしいと言われています。

口元を抑えて小さな口で少しずつ食べる、それも女らしさかもしれませんが、ずっとやるのは大変です。また、「服にスープやソースが飛んだらどうしよう」と食事中にも気を使わせてしまうことになります。

慣れてからなら、麺類の食事も構いませんが、やはり付き合って最初や初デートなら、自分が好きなモノだけを食べるのではなく、女性のことを考えてあげましょう。

仲良くなってからでも、食べ物を一緒に楽しむことはできるので、初めのうちは女性を気遣ったデートが好ましいですね。

▼付き合いに慣れてきた頃なら、麺や他の食材も楽しめるバイキングに挑戦することもできるかもしれません

リンク画像

お店は気軽に食べられるチェーン店でもOK!

「食事の席」と言われると、少しお堅いイメージですよね。

しかし、初デートの食事も同じこと、そのくらいの気持ちで臨まなければいけません。

硬すぎる食事は、初デートには少し重い、緊張を伴うからこそ、気軽に行けるチェーン店がおススメです。「少し高級な食事を食べさせたい」と思うかもしれませんが、状況に応じて、最初の食事は気を遣わないところが良いでしょう。

食事というのは、お互いに育ってきた環境で異なる文化みたいなものがあります。

あまりファストフードを食べないという女性もいるかもしれませんが、それでも「気を遣う食事」は、次会うことも考えると、少し重く感じませんか?

「この人との行動は気を遣うなあ」と、思われてはいけません。

やはり、「気軽に会える相手」でなければ、その後のデートも気が重くなります。しかも初デートなのですから、あまり時間がかからず、静まり返ってもいない場所、それが理想です。

付け加えるなら、食べた後の臭いがキツイ食事も避けるようにしましょう。

▼デートにおすすめのチェーン店についてはこちらをご覧ください

食事系リンクのアイコン

初デートの食事はランチに誘うのがベスト

ディナーの誘い、それは夜の誘いを受けるのと同じことなのです。

初めての食事が呑みに行く場合を除き、いきなりディナーに誘うと、その後の展開を切望しているようで、あまりイメージが良くありません。

モチロン、そういった意味のデートなら構いませんが、初デートで二人の仲が進展すると言っても、多くはそこまでではないでしょう。

昼から夜までのお泊りデート以外、「初デートは夜帰すもの」として考えると、ディナーに誘うというのは、「意味アリ」を読まれる可能性があります。デートの途中で、夜の時間を尋ねてから、食事に誘うのはアリかもしれませんが、ハナから夜の食事に誘う前提はやめましょう。

それこそ、女性の気持ちを考えてあげるべきです。

「言わないだけで、暗に悟っている」そんな側面があるからこそ、大人だからマナーをわきまえる意味でも初デートでいきなりディナーは少し控えたほうがいいかもしれませんね。

鉄板焼きのお店は距離が縮まる可能性大

食事はなんと言っても、「楽しいものでなくてはいけない」のです。

初めての食事でも、楽しむなら距離感を保てる鉄板焼きのお店もおススメです。ワイワイ話せて、食事の好みも気にしなくていいから気軽に行けます。どんなデートでも、初めてのデートは思い出になるかもしれませんが、せっかくなら「次につながる楽しい思い出」にしたいですよね。

食事の瞬間って、お互いが口をあける瞬間です。口の中って、実はあまり見られたくないものですよね。

でも、お互いの会話はしたいし、隣同士に座るのは少し気まずい感じもする。正面に向き合うけれど恥ずかしい、それなら目が鉄板に行けばきっと気楽なハズです。

じっくり語り合うのもよし、とは言ってもファミレスだと、食べ終わって終わりになってしまいます。

キャンプで火を囲むのと同じ、ゆっくり過ごすならこれもいいかもしれません。

シェフと対面式の鉄板焼きのお店もありますが、それはまた次回以降に取っておいて、まずは二人で過ごせるけれど、重くない食事にしてあげましょう。

▼カップルで鉄板焼きを楽しめるお好み焼きのお店はこちらです

リンク画像

彼女の嗜好を知るチャンス!初デートで胃袋を掴もう

実は、食事は「彼女のココロを掴む」いいチャンスなのです。

デートの中で大きな部分を占める食事、これに成功すればデートそのものの楽しみも増えることになるので、きっと満足してくれるデートができるでしょう。

食の好みって、同じだけで嬉しくなったり共感できますよね。

それだけ重要なものであり、付き合っている者同士なら、同じ楽しみを増やす意味でも、食の好みを知るのは重要です。

付き合って長くなってくれば、きっとこういう話しもできるかもしれませんが、付き合い当初は「お互い探り合っているのもホンネ」です。「どんなことが好きなんだろう」と、考えをめぐらすでしょうし、何より「気に入られなくてはいけない」のです。

付き合ってから分かること、そして分かってしまい別れること、けっこうあり得る話です。嗜好や性格が大きな部分を占めますが、付き合う前とは「こんなハズじゃなかった」と、後悔されるようではいけません。

付き合ったとは言え、彼女から良いイメージを持ってもらいたいなら、食事に気を遣うことだって大切です。

お店を調べたり、意外な名店を知っていれば、彼女だってあなたをもっと好きになってくれるでしょう。

なにより「付き合って良かった」と思われなくてはいけません。でも、付き合い始めると「ハリボテはバレる」のです。そうならないためにも、彼女のココロを本当の意味で掴まなくてはいけません。

▼デート全体を通して気遣いができる男性を目指すなら、こちらをチェックしておきましょう

リンク画像

初デートの食事は女性の気持ちを考えて!

食事しない人間はいませんし、付き合っていれば彼女と一緒にということは増えていくでしょう。

食事はコミュニケーションツールとして重要、だからこそ最初のデートでできるなら、お互いのココロはかなり近付くことができます。

「同じ釜の飯を食う」とは言いますよね?アレと同じこと、一緒に食事ができるなら、「気心知れた仲になれる」ということです。食事は性欲と似ているとも言われますが、それを共有できるなら?きっと、男女の仲としても進展が期待できるでしょう。

しかも食事は、生きていればずっとすることです。どうしたって、そのハードルは越えなくちゃいけませんし、早くクリアして食事も一緒に楽しめる関係のほうが、付き合っていくうえではプラスです。

付き合うなら乗り越えなくてはいけないこと、それはたくさんありますが、まずは食事も同じ、気を遣って早くクリアして、気を遣わない関係を目指しましょう。

最終的には、「何でも食べに行ける関係」が理想です。

でもこれって、実はけっこう経たないと難しい場合もあります。お店の雰囲気や、メニューそのものによっても、「慣れないと行きづらい場所」もありますよね。

当然、彼氏として彼女を気遣い、美味しいものを遠慮なく食べに行ける、そんなデートがしたいなら、初デートの食事を気にしてあげましょう。

そこまで考えてあげられれば、きっと彼女も喜んでくれるハズですし、なにより「彼氏の気遣い」が嬉しいでしょうから。

スポンサードリンク
Comments