老若男女が楽しめる!すべて美食の栃木県デートにおすすめのディナー

栃木県を訪れたらまず楽しんでいただきたいのが日本を代表する名所でもある日光東照宮であり、そして温泉となります。

栃木県は多くのデートスポットに恵まれており、ワクワクする時間を楽しんでくことができますね。

沢山遊んだ後に注目していきたいのが栃木県を代表する「食」であり、特にディナーにおいては、地元食材を使用したものから匠の技を披露する名店までもが多く連なります。

今回ご紹介するのは、その中でも外すことのないシーンに合わせたレストランばかりになりますので、是非一度足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク

老舗ホテルで味わう伝統を感じる極上の洋食「メインダイニングルーム」

日光にある老舗ホテル日光金谷ホテル内にあるダイニングであり、ゆったりとした落ち着きのある雰囲気を楽しむことができるレストランでもあります。

ホテルならではの極上のサービスと美しさと気品を感じることができる料理の数々を味わうことができるのが特徴となりますね。

老舗洋食レストランということだけありメニューも数多ありますが、その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「日光虹鱒のソテー金谷風」
日光で獲れる地元食材でもある日光虹鱒を一匹丸々豪快にソテーした一品であり、その見た目のシンプルさからも美味しさが伝わるほどでもあります。

フワッとした白身の淡白な味わいが特徴的な日光虹鱒の旨味と、日光虹鱒の旨味にマッチする深みのあるソースが見事な相性を楽しませてくれますね。

「蟹コロッケット」
シンプルな洋食屋らしい昔懐かしい蟹コロッケットを味わうことができます、

サクッとした衣の中からはトロっととろけ出るように蟹がたっぷりと入ったクリームが出てきて、口にすることでそのクリームの甘みと深みのある味わいと蟹の甘さの相性を満足いくまで楽しむことができますね。

「コンソメスープ」
見ているだけでも美しさを感じる金色をしたコンソメスープは、香りが非常に豊かであり、香りだけで食欲が刺激されるほど。

口にすれば、香り以上の旨味が口の中で広がっていき満足感を生むとともに老舗洋食店ならではの手間暇がかけられた味わいを感じていけますね。

「牛フィレのステーキ」
シンプルでありながらも肉の旨味を存分に楽しんでいくことができる牛フィレ肉のステーキとなります。

牛フィレ肉の肉肉しいしっかりとした味わいを楽しむことができながらも、牛フィレ肉にマッチするソースの深みまでも楽しんでいくことができますね。

「キジのロティ」
普段あまり味わう機会が少ない希少肉でもあるキジの肉を味わうことができる珍しい一品となります。

キジの肉をロティすることによって、しっかりとした旨味を引き出しソースの深みとの味わいを楽しむことまでできますね。

「オムライス」
洋食やといったらオムライスと言うほど定番でありながらも、お店の技量が計れてしまうほどの一品でもあります。

卵のフワッとした食感と旨味たっぷりのライスが見事にマッチしており、そこに合わせるソースが絶妙な味わいを引き立ててくれますね。

スポット:メインダイニングルーム
住所:栃木県日光市上鉢石町1300 日光金谷ホテル 2F
電話番号:0288-54-0001
営業時間:
ランチ:11:30~15:00
ディナー:18:00~20:00
料金:20,000円~
定休日:無休
アクセス:JR日光駅 車 8分
ホームページ:http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/

手打ちパスタに自家農園野菜を味わえる絶イタリアン「TRATTORIA SCACCOMATTO」

佐野市でゆったりとした時間が流れる大人の雰囲気の中で味わうことができるのが絶品のイタリアンとなります。

イタリアンで使用するパスタは全て手作りにこだわりを見せ、さらに野菜は自家農園を持ち、そこで育てるというこだわりを見せます。

そのため、どの料理も常に鮮度抜群の食材を味わうことができ、シェフの見事な腕前によって何倍にも食材の味わいが引き立ちますね。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「トマトと水牛のモッツァレッラ」
自家農園で栽培される新鮮なフレッシュトマトを使用しており、その赤赤とした色合いが見事なまでの美しさを出しております。

このトマトに加えるモッツァレラチーズのモチっとした食感と味わいが良いアクセントになっているさっぱりとした一品でもありますね。

「ホウレン草とリコッタチーズのラヴィオリ」
ホウレンソウが練り込まれているラヴィオリを味わうことができ、このラヴィオリは手作りであるため、モチっとした力強い食感を楽しめます。

このラヴィオリに濃厚でクリーミーな味わいのリコッタチーズの味わいをアクセントにしていくことで、より旨味たっぷりの味わいを堪能していけますね。

「蝦夷鹿モモ肉のロースト」
新鮮な蝦夷鹿のモモ肉をシンプルにローストした一品であり、見た目のミディアムレア状態の美しさが何とも言えない期待を膨らませてくれます。

ジューシーで肉肉しい味わいの蝦夷鹿は臭みはなく旨味だけが凝縮された一品でもあり、食べ応えも十分と言えますね。

「短角牛スネ肉のスパイシーな赤ワイン煮込み」
短角牛のしっかりとした肉の旨味を味わうことができる一品であり、スネ肉をじっくりと時間をかけてオリジナルブレンドで煮込んだ一品となります。

煮込みの深みのある味わいとスパイシーなアクセント、そしてホロッと崩れるほど柔らかいスネ肉を堪能することができますね。

「ガルガネッリ ボローニャ風ラグー」
食べ応え抜群のがっつりとした肉の旨味とモチっとした食感を堪能することができるオリジナルパスタとなります。

手作りのパスタはモチっとしており、ラグーの肉肉しさがワイルドな旨味を感じさせてくれる赤ワインにもマッチする一品でもありますね。

「フルーツと白ワインのゼリー」
食事の最後まで手作りで締めくくってくれるのが、こちらのお店の良いところで、デザートで提供されるゼリーは透明感があり美しさを感じます。

プルンとしておい、フルーツの瑞々しさと白ワインの優しい味わいが絶妙な旨味を表現してくれておりますね。

スポット:TRATTORIA SCACCOMATTO
住所:栃木県佐野市高萩町1207-1 サンクレスト高萩 1F
電話番号:0283-23-4224
営業時間:
ランチ:12:00~14:30(L.O.14:00)
ディナー:18:00~23:00(L.O.22:00)
料金:10,000円~
定休日:月曜日
アクセス:佐野市駅 車 10分
ホームページ:https://picoten.exblog.jp/

非日常的な空間で非日常的な食事を味わえる時間「ラトリエ・ムッシュー」

完全予約制で選ばれた者だけが訪れることを許される有名ブランドのパーティーなども手掛ける確かな腕前と感性を持ち合わせたシェフが作り上げる絶品フレンチを味わっていくことができます。

お店は森の中にあり、お店の作りも一風変わった斬新さを感じることができ、期待に胸が膨らんでいきますね。

もちろんシェフが作り上げるフレンチは一味も二味も違う、独創性を感じることができる料理ばかりでもあります。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「大田原産黒毛和牛A5ランクモモ肉のステーキ」
大田原で獲ることができる新鮮な黒毛和牛の中でも最もランクの高いA5のモモ肉を贅沢に使用したステーキとなります。

ジューシーで肉肉しい味わいと甘みのある脂身が口の中で旨味へと変わっていく贅沢な味わいを楽しめる一品でもありますね。

「本日の鮮魚と赤川さんの蓮根のミルフィーユ仕立て」
鮮魚の淡白な白身の味わいが旨味たっぷりで、ほっこりするような時間を過ごしてくれるほどでもあります。

ここに合わさる蓮根のミルフィーユがサクッとした豊かな食感を楽しませてくれ、味わい深い旨味を楽しませてくれますね。

「那須高原のクリュディテと本日の鮮魚」
目の前に提供された際に色とりどりの美しい色合いを目で楽しむことができ、見た目通りのさっぱりとした味わいを楽しんでいけます。

野菜もたっぷりで鮮魚の旨味も伝わる、絶妙な旨味を楽しんでいけるように計算し尽くされている一品でもありますね。

「梅山豚100%のハンバーグ」
普段なかなか手に入ることのない梅山豚を贅沢にもミンチにして余分なつなぎなどを使用しない肉肉しさを楽しんでいけるハンバーグとなります。

ジューシーで肉肉しい味わいがたまらず、噛めば噛むほど出てくる肉の味わいを全身で堪能することができますね。

「天然鮎の和ハーブ焼き」
貴重な食材でもある天然の鮎に衣を付けて和風のハーブ仕立てにして焼き上げている見た目も豪快な一品になります。

凛と立つ鮎は、サクッとした食感と鮎本来が持つ旨味と淡白な味わいを楽しむことができ、ハーブの香りが良いアクセントになりますね。

「旬のスイーツ・アンサンブル」
最後のデザートまでしっかりとオリジナリティを感じることができる一品であり、たっぷりのフルーツの彩りを感じることができます。

フルーツの瑞々しさに、シェフの見事な技を感じるカット技術を目の当たりにすることができる美しさと可愛らしさを感じる一品でもありますね。

スポット:ラトリエ・ムッシュー
住所:栃木県那須塩原市高林1721-101
電話番号:0287-73-8550
営業時間:
ランチ:11:30~15:00(L.O.13:00)
ディナー:18:00~22:00(L.O.20:00)
料金:8,000円~
定休日:月曜日・第2・4火曜日
アクセス:宇都宮線 那須塩原駅 車 10分
ホームページ:http://latelier-monsieur.jp/access.html

五感を刺激する旨味たっぷりなステーキを味わえるレストラン「存じやす 極」

宇都宮市の都会の中にありながらも都会の喧騒を感じさせることのない非日常的な空間が広がっているステーキ店。

美しく並べられたテーブルの上のセットと椅子が期待値を高めてくれ、目の前で焼きあがる鉄板ライブにワクワクの気持ちを抑えられなくなるほどでもありますね。

焼いている姿だけではなく焼き上げる際の香りも豊かであり、食欲をそそられるほどの肉の旨味を楽しんでいくことができます。

中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「ステーキ」
お店の看板メニューとも言える一品であり、見た目のボリューム満点のステーキには自然と笑みがこぼれてしまうほどでもあります。

口にすればジューシーで肉肉しい味わいを楽しむことができ、幸せだけを噛みしめていくことができるステーキでもありますね。

「ハンバーグ」
ステーキ屋が手掛けるハンバーグは、ステーキと同じ肉を贅沢ミンチにして作り上げるもので、非常に肉肉しい味わいを楽しむこともできます。

ジュワっと広がる肉の旨味とオリジナルのデミグラスソースが深みとコクを感じさせてくれる絶品のハンバーグでもありますね。

「鮮魚のカルパッチョ」
お肉料理だけではなく、サイドメニューにも注目していき、お店で味わうことができるのは肉料理だけではなく魚料理も楽しめます。

お肉と相性の良いさっぱりとした野菜と鮮魚の優しい味わいを楽しむことができるカルパッチョを堪能していけます。

「帆立と蟹のクリームコロッケ」
洋食屋のコロッケを思い立たせるような昔懐かしい雰囲気を醸し出しているコロッケを味わうことができます。

サクッとした食感とクリーミーな味わいがたまらないクリームコロッケの味わいと帆立と蟹の旨味を存分に堪能していくこともできますね。

「にんじんのムースとウニとコンソメジュレ」
甘みたっぷりのにんじんを時間をかけてムース状に仕上げてあり、口にした際に優しさを感じる食感がたまりませんね。

そこに合わさるウニの濃厚さとコンソメジュレのアクセントが程よい口当たりと旨味を引き出してくれている絶妙な味合いの一品でもあります。

「鴨肉のロティ」
じっくりと時間をかけてロティした鴨肉は余分な脂が落ちて旨味だけが凝縮した味わいを楽しんでいくことができます。

丁寧な下処理によって臭みもなく、ジュワっと広がる鴨肉の味わいを存分に堪能していくことができますね。

スポット:存じやす 極
住所:栃木県宇都宮市中央5-3-5
電話番号:028-633-4147
営業時間:17:30~22:00
料金:15,000円~
定休日:月曜日
アクセス:東武宇都宮駅 徒歩7分

那須の大自然の森の中で味わうことができる絶品蕎麦「石心」

ここは那須高原の広大な自然の中にある自然を感じることができる知る人ぞ知る蕎麦の名店となります。

店内にある大きな窓からは那須高原の森を眺めることができ、蕎麦を待つ間も自然の中にいるかのような雰囲気を楽しんでいくことができますね。

さらには、店内に広がっていく蕎麦の香りが食欲をそそるほどで、期待に胸を膨らませることができる品々を味わっていけます。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「せいろ」
シンプルでありながら、蕎麦の旨味を一番ダイレクトに感じることができるせいろは、お店の看板メニューでもあります。

力強いコシと風味が特徴的で、口の中で広がっていく蕎麦の旨味がたまらず、つゆにつけることでよりさっぱりと味わっていくことができますね。

「高原野菜そば」
たっぷりの野菜が含まれている蕎麦はきれいなお皿に盛り付けされており、見ているだけでも美しさを感じるほど。

野菜のさっぱりとした味わいと蕎麦の香りが絶妙な味わいを表現してくれている清涼感のある一品でもありますね。

「天せいろ」
サクッとした食感がたまらない天麩羅を蕎麦と楽しむことができる蕎麦の組み合わせとしては王道の一品でもあります。

海老などのピリッとした食感や野菜のさっぱりとした味わいを天麩羅で味わいながら、風味豊かな蕎麦を楽しめば、口の中で旨味が存分に広がっていきますね。

「鴨汁」
旨味たっぷりの鴨肉を汁物として味わうことができる一品で、蕎麦を楽しむ中でほっこりとする味わいを堪能していけます。

鴨肉の肉肉しさと出汁の優しい味わい、そしてたっぷりの野菜の旨味を全身で感じることができますね。

「鴨けんちんづけそば」
鴨肉のジューシな肉肉しさと焼いたことで甘みがたっぷりと出ているネギをトッピングとして味わうことができる蕎麦になります。

蕎麦の旨味はもちろんのこと、トッピングとの相性も良く黙々と食べ進めることができますね。

「白雪とうふ」
食事の最後を締めくくるデザートとして味わうことができる一品となります。

フワッとした優しい食感とミルクのクリーミーな味わいが口の中をさっぱりとしてくれるデザートとなりますね。

スポット:石心
住所:栃木県那須塩原市西岩崎232-308
電話番号:0287-68-1075
営業時間:11:30~15:30
料金:1,000円~
定休日:水曜日
アクセス:那須IC 車 15分

日光で味わうことができる絶品鰻料理を堪能できるレストラン「魚登久」

夏だけではない一年を通じて味わうことができる日光の名物鰻を堪能することができるお店となります。

店内は鰻を味わうことだけに特化した空間が広がっており、その中に広がっている鰻を焼き上げる香ばしい香りとタレの甘辛な香りが食欲を刺激してきます。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「白焼き」
鰻の味わいをシンプルに、そして大胆に味わうことができるのは白焼きが一番であり、人気も高くなっております。

余分な味付けは一切しないで、うなぎの旨味だけをダイレクトに味わうことができる一品となっておりますね。

「うな丼」
うなぎ好きにはたまらない黙々と食べ続けたくなるうな丼となります。

たっぷりとうなぎが入っており、ご飯に染み込むタレの甘辛の味わいとうなぎのフワッとした食感を味わっていけますね。

「うな重」
綺麗なお重に入っているうなぎは綺麗に並べられており、見た目の美しさからうなぎを楽しませてくれます。

ふわっとした食感のうなぎはタレの旨味と何度も焼き上げられた香ばしさを感じることができ、幸せな顔で食事をしていくことができますね。

「うなまぶし」
うなぎの味わい方はお重や丼だけではなく、3度楽しむことができるまぶしスタイルも高い人気を誇ります。

まずは、シンプルにうなぎの味わいを楽しむ直接食べる方法を、そして薬味をトッピングしてうなぎの味わいにアクセントを生み、最後は出汁をかけて流し込むように味わっていく3度の楽しみ方ができるおすすめのうなぎ料理となりますね。

「うなぎ茶漬け」
うなぎを贅沢にもお茶漬けスタイルで味わうことができる一品で、見た目のシンプルさ同様に軽く食べることができます。

お茶の風味とうなぎの優しい味わいが口の中に広がっていき、さっぱりとした味わいでうなぎを味わっていけますね。

スポット:魚登久
住所:栃木県日光市今市467
電話番号:0288-21-0131
営業時間:
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:30~21:00
料金:6,000円~
定休日:月曜,第3日曜
アクセス:JR日光線 今市駅 徒歩7分
ホームページ:http://uo-toku.jp/

絶品の極上お肉と気持ちの良いサービスを受けられる焼肉店「焼肉グレート 宇都宮本町店」

自然に囲まれた栃木県で極上の和牛を味わうことができる名店として知られており、デートでたっぷりと遊んだ後に味わっておきたい肉でもあります。

活気のあるスタッフのサービスと店内に広がっていく肉を焼き上げる香ばしい香りを楽しむことができます。

絶品の和牛を味わうことができるお店の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「名物上タン塩」
普段見ることの多い薄切りサイズのタンとは違い分厚くカットされている牛タンを味わうことができる予約必須の名物でもあります。

コリっとした力強い食感を味わうことができるだけではなく、ジュワっと広がるタンの旨味も堪能していくことができますね。

「ミスジ」
見ただけでわかる美しいサシがたっぷりと入っており、ピンク色をしているミスジは、焼く前から美味しさが伝わってきますね。

口にすれば、とろけてなくなっていくような味わいを楽しむことができ、ずっと噛みしめていたくなるほどでもあります。

「厚切りハラミ」
ドンッと置かれたハラミ肉は、ジューシーで肉肉しい味わいを楽しむことができるだけではなく、その厚切りサイズの見た目も楽しんでいけます。

口にすれば厚切りでありながらも柔らかく滑らかな味わいを堪能していくことができるおすすめの一品でもあります。

「極みホルモン」
新鮮な和牛だからこそ臭みなく味わっていけるホルモンを堪能することができます。

口の中に広がっていく脂の甘みがジュワっとしており、噛めば噛むほど出てくる脂の旨味を楽しんでいくことができますね。

「赤身ステーキ」
見た目のボリュームはステーキという領域を超えて、肉の塊とまで言えるほどのビックサイズの赤身肉を味わえます。

ジューシーで肉肉しい味わいを堪能することができ、噛めば噛むほど赤身肉の旨味を感じていくことができますね。

スポット:焼肉グレート 宇都宮本町店
住所:栃木県宇都宮市本町13-13 本町ビル 1F
電話番号:028-666-0120
営業時間:18:00~24:00(LO23:00)
料金:6,000円~
定休日:無休
アクセス:JR宇都宮駅 西口 車 7分
ホームページ:http://www.yakiniku-great.com/

周りに海はなくとも厳選して仕入れる極上のネタを使用した握り「丸萬寿司」

海があるわけでもない陸に囲まれている栃木県ですが、実は鮨の消費量が日本一と言われるほど鮨を味わうことが多い県でもあります。

こちらのお店では全国から選りすぐりのネタを仕入れており、その日一番新鮮な握りを味わっていくことができます。

木を基調としたカウンター席は大人の雰囲気を感じることができる少しピリッとした雰囲気を感じることができますね。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「キンメ鯛の昆布締めの握り」
新鮮だからこそ見ることができる美しいピンクと白のコントラスト、さらには脂の照り輝く美しさが特徴的なキンメ鯛の握りとなります。

口にすればしっかりとした食感を楽しみながらも、脂の乗ったとろけるような味わいも楽しんでいけますね。

「ノドグロ炙りの握り」
新鮮だからこそ味わうことができるノドグロを一度サッと炙ることによって余分な脂を落としていきます。

口の中に広がるのはノドグロの甘みと旨味、そしてシャリの優しい食感となりますね。

「中トロの握り」
握りの中では定番のネタとも言える中トロは、目の前に運ばれた際の美しさを楽しむことから始まります。

高まった期待に胸を躍らせながら口にすれば、期待値以上のとろける味わいと旨味を口いっぱいに楽しむことができますね。

「ウニの握り」
軍艦で提供されることが多いウニですが、こちらのお店では新鮮なウニを使用しているため握りで味わうことができます。

口にすればとろけるようなウニの味わいと濃厚でクリーミーな旨味を楽しむことができますね。

スポット:丸萬寿司
住所:栃木県宇都宮市二番町2-21
電話番号:028-633-1988
営業時間:17:30~22:00
料金:10,000円~
定休日:水曜日・第三日曜日
アクセス:JR宇都宮駅 東武宇都宮駅 徒歩15分

透明感を感じるツルツル食感の極上うどんを味わえる名店「うどん匠人 岡本」

デートの締めくくりとしては少し不思議な感じをするかもしれませんが、一度食せば納得すること間違いなしのうどんの名店。

うどんは全て手作りにこだわりを見せており、目の前に提供された際に感じるうどんの透き通るような透明感に惚れ惚れするほどでもありますね。

そんな絶品のうどんの中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「自家製豆腐と舞茸天のぶっかけうどん」
透き通るように美しいうどんを味わうことができるだけではなく、お店で一から作り上げる自家製の豆腐の旨味も楽しんでいけます。

さらには新鮮な舞茸の天麩羅もトッピングされており、食べ応えを感じていくことまでできるうどんでもありますね。

「かしわ天ぶっかけうどん」
うまみたっぷりのうどんを味わいながらも、お肉を楽しみたいガッツリ系の方にはおすすめのうどんとなります。

モチっとした食感のうどんに合わさるのは、肉の味わいたっぷりのかしわの天麩羅がトッピングされており食べ応えも抜群となりますね。

「揚げ卵とかりかりゴボウのサラダぶっかけうどん」
衣で覆われた美しい卵を中心に置いて、その周りにカリカリになるまで揚げられた食感の良いゴボウが並びます。

見た目の美しさはもちろんのこと、うどんを味わうのにモチっとした食感やゴボウのカリッとした食感などまで楽しんでいくことができますね。

「海老天ぶっかけうどん」
うどんのモチっとした食感に合わさるのは、うどんとの組み合わせとしては定番中の定番とも言える海老天となります。

プリッとした海老の食感とサクッとした衣の食感をうどんと一緒に味わうことができる定番でありながらも贅沢な組み合わせを楽しんでいけますね。

「武蔵野風 肉汁つけうどん」
お店のオリジナルのうどんメニューであり、男性にも女性にも人気の高い一品でもあります。

たっぷりの肉が入っている出汁にうどんをつけて味わうというつけ麵スタイルのうどんは、さっぱりとしていて食べ応えもあるうどんとなりますね。

スポット:うどん匠人 岡本
住所:栃木県那須郡那須町高久丙1147-236
電話番号:0287-76-6567
営業時間:11:00~15:30
料金:1,000円~
定休日:火曜日

60年前に建てられた空間をリノベーションして作られた創作料理の名店「石の蔵」

リノベーションによって新たな命を吹き込まれた昔ながらの懐かしさを感じる店内を楽しむことができる極上の創作料理のお店。

創作料理ということだけあり、普段とは違った斬新な料理の見た目とこれまで味わったことのない旨味を堪能することができます。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「八汐鱒のスモークと春菊サラダ」
希少価値の高い八汐鱒をじっくりと時間をかけてスモークすることによって、身の旨味を最大限に引き出しております。

ここに加わる春菊のシャキシャキとした食感とさっぱりとした味わいがたまらない創作料理となりますね。

「海老のピリ辛揚げ」
新鮮な海老にピリッとしたパンチのある味付けをしてサッと揚げた一品となります。

見た目のシンプルさとは裏腹に海老のプリッとした食感と甘み、そしてピリッとした辛みのある味わいのバランスを楽しんでいけます。

「生うに牛ロース巻き」
和牛のロース肉で贅沢にウニを巻いている一品となります。

和牛ロースの脂が乗っている甘みと肉肉しさを感じる味わいと雲丹の濃厚でクリーミーな味わいを楽しんでいくことができますね。

「鮎並と筍の木の芽焼き」
新鮮な鮎をじっくりと火にかけて香ばしさとふわっとした食感を楽しむことができる一品に仕上げております。

ここに合わさる筍の木の香ばしさと甘み、そしてコリっとした食感が良いアクセントになっている一品を味わうことができ、見た目の美しさからもワクワクするほどの逸品と言えますね。

スポット:石の蔵
住所:栃木県宇都宮市東塙田2-8-8
電話番号:028-622-5488
営業時間:
ランチ:11:30~14:30 (L.O.14:00)
ディナー:17:30~22:30 (L.O.22:00)
料金:5,000円~
定休日:不定休
アクセス:JR宇都宮駅 徒歩15分
ホームページ:https://ishi-no-kura.jp/

デートで観る・体験するだけではなく「食す」に注目する栃木県のおすすめディナー

栃木県でデートをする際に是非足を運んでいただきたいおすすめのディナーを味わえるレストランはいかがでしたでしょうか?

どのレストランも美味しい食事を堪能することができるのはもちろんのこと、雰囲気や景色などを楽しめるレストランがあるのも楽しみの一つになりますね。

栃木県はデートで訪れるスポットが多くあることからも、どんなデートをするかによってレストランのセレクトも臨機応変に考えていけるのが面白いところ。

二人だけの最高のデートを盛り上げるディナーを是非楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク
Comments