彼女との別れ話は電話で良い?電話で済ますメリットとデメリット

付き合っている彼女に対して何も感じなくなってしまったり、嫌悪感を抱いてしまうこともあるでしょう。そんな時には辛いですが「別れ」を考えてしまうものです。その時、電話で別れを言っても良いものなのかと考えることもありますよね。

直接会って話をするのが筋ってもの!そう思うのですが、しかしいざとなると会いたくないという気持ちが強いときもあるでしょう。だからと言ってメールではいくらなんでもいい加減すぎると感じてしまいます。

そんな迷いがありながら、もじもじして時間が過ぎていくのも避けたいですよね。

そこで、別れ話を電話ですることはアリなのか、そしてそのメリットや注意点をあげていきましょう。

スポンサードリンク

別れ話を電話でしたことがある?直接言うのがケジメなのか

ではまず、実際に彼女に対して電話で別れ話をしたことがある方はどのくらいいるのでしょうか。

「直接会うこと」がケジメと思いつつも、色んな方の意見を聞いていると、結果としては別れ話をしたことがある恋愛経験者は、ほとんどの方が「ある」と答えました。

ただ一方で、もし彼女に電話で別れ話をされたらどう思うということに対しては「ありえない、会って話したい」という意見が多くみれらます。

都合がいいと思いますが、これが実際の人間の気持ちということでしょう。相手のことを考えたら、やはり電話ではなく会って話す方が礼儀と言うことです。しかし、別れを切り出す方は電話の方が良いと言えることもありますので、これから挙げていきましょう。

彼女と別れるときに電話で言うことのメリット

ではこれから、彼女に対しての別れ話を電話で言うことに、どのようなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

相手と直接顔を合わさないので緊張しない

やはり電話で話すことの最大のメリットは、相手の顔を見なくても良いと言うことです。別れ話をするという事は、誰でも辛い気持ちになってしまいます。

相手のことも考えたうえで話をしますので、どうしても気持ちの整理が難しいと言えるでしょう。

彼女だって貴方の話を聞いているうちに、悲しみや怒りを覚えてしまうでしょう。その時の表情を見ていると、自分自身も心が痛くなってしまいます。しかし電話で話すことができれば、その表情は見なくても気持ちを言うことができるでしょう。

その分緊張しないで済みますので、しっかりと言いたいことを言える環境になります。例え相手が泣き出したり怒りを露にしても、電話の向こうにいますので冷静さを保つことはできるでしょう。

誰にも見られない環境が作れる

別れ話というものは決して良い雰囲気で話すことではありません。ですので、あまり人がいない静かなところで話をするように気を付けますよね。

しかし、直接話す時にそのような本当に誰もいなくて静かな場所と言うのは難しいでしょう。

そこで電話であれば、お互いが誰もいない環境で話ができます。じっくりとお互いの話をするには、人の目と言うのは気になってしまうものでしょう。それで言いたいことも言えなくなったら、別れ話としても失敗になってしまいます。

感情が表に出てしまい、涙を流したり怒り顔になってしまうこともあります。それを見ている周りの人にも変な空気を与えてしまい、心配されてしまうことにもなりかねません。電話で話すことで、その空気も人に漂わせずに済むのです。

会える時間が無い時にも話せる

できるなら会って話すことの方が良いと思っている方でも、その時間がお互いにとれるかどうかが難しいときもありますよね。仕事が忙しかったり遠距離だったりすれば、そのような状況はいくらでもあります。

だからと言って少ないチャンスを作るまで時間を伸ばしたくはないですよね。

そのような時に電話を使って言うべきでしょう。会う時間までは作りづらくても、話す時間さえ取ることができれば、考えを伝えることができます。少しでも早く事を終わらせたいときには、頼りたい文明の利器と言えるでしょう。

そもそも、会って話すことができないくらいお互いが忙しいと言うことも、今回の別れに繋がったのではないでしょうか。それならば、別れの言葉も電話で伝えることの方が良いのかもしれません。

メールとは違い伝えたことを把握できる

彼女に言いたいことを言うには、会う以外にもメールと言う方法もあります。

もちろんそれが一番早いし煩わしい話もしなくていいのですが、ただそれでは弱点として、しっかりと文章を読んでくれたのかという心配があります。

ラインならなかなか既読にならないと言うこともありますよね。忙しいのかポップアップで内容が分かったのか、送り手の自分が落ち着かない状態となるでしょう。しかし電話であれば直接話をしたかしないかなので、伝えたことを自分自身で把握できます。

メールの場合、相手が読んだことを把握できても返信が来るまでは別れも成立しません。しかもメールで会話のラリーをしていると時間もかかります。そう言う意味でも、電話で話す方がメリットが大きいでしょう。

しっかりと気持ちを伝えることができる

もう一つメールで伝えることと比べてしまいますが、やはり電話の方が正確に気持ちをしっかり伝えることができるでしょう。

表面上での言葉を目で確かめるより、喋り方や声の質などでも感情が伝わります。

メールでは絵文字やスタンプを使っても、それは他人に作られたメッセージになります。あくまで自分の言葉ではありませんので、正確な気持ちを伝えることはできないでしょう。別れの理由には、自分のことだけでなく相手のことを考えてという場合もありますよね。

その時に文字だけではどんなに説明しても、「結局彼は別れたいんだ」と認識するだけでしょう。電話で話をすることで、「彼女のためにも別れたほうが良い」という考えをしっかり伝えることができるのです。

電話で彼女に別れ話をするときの注意点

彼女に別れ話をするときに電話で言うことにはメリットが沢山あります。しかし、それでも気を付けなければいけない注意点もありますので、これからお伝えしていきます。

話す内容を事前に考えおく

彼女に別れ話をすると言っても、いくら目の前で話すわけでは無いといって何も考えないで電話をかけるのはよくありません。

事前にどのように話をするのかはしっかり考えて準備をしておきましょう。

別れ話を切り出したところで、彼女がどんな返しをしてくるかが分かりません。意外なことを言ってくることもあります。言いたいことを言って納得してくれればいいのですが、一筋縄ではいかないことも覚悟しておく必要があります。

それも含めて、彼女に納得してもらうための話の内容や言い方を、事前に考えて準備をしておきましょう。理解してもらえないという結果になりますと、どんどんややこしくなっていきますので。

彼女に電話をすることを先に伝えておく

彼女への別れ話は真剣に話す必要がありますので、電話をするという時間をしっかり確保しておく必要があります。

軽いノリで話すようなことでは無いですよね。それは話をする相手である彼女も一緒です。

ですので、まずは先に彼女にその時間を作ってもらうように連絡を入れておきましょう。自分が時間が空いているかと言っても、彼女が忙しいかもしれません。ゆっくり電話できない時にかかってこられても、電話に出てもらえないことだってあります。

仕事をしているかもしれませんんし、友達と一緒かもしれません。そのようにならないようにするためにも、「ゆっくり電話で話がしたい」と言うことを事前に伝えることで、彼女も準備をしてくれるでしょう。

あまり長時間かけて話さないようにする

彼女への別れ話をしたときに、彼女が納得しなければ話がもつれてしまうことになります。

その場合、電話も切ることができずに長時間話し続けることになってしまうでしょう。しかし、それは避けるようにした方が良いです。

色んな思いを彼女に伝える中で、あまりに彼女が理解してくれないと貴方の気持ちがまいってしまうことになるでしょう。ここまで話しているのに、なんで解ってくれないんだという苛立ちや気の乱れが出てきます。

話の中では、早いうちに別れるという事を言っておく方が良いでしょう。あまり遠回しなところから始めますと、戸惑いが出てきてなかなか別れたいという言葉を出せないままダラダラしてしまうことになります。

最終的には会って話すことも覚悟しておく

上記のように彼女が納得をしないで話が長引きそうになることも無いとは言えません。
しかし、好きでずっと付き合ってきた彼女ですので、最後はお互いが納得するような結末を迎えたいですよね。

そのためには、この電話で決着がつかないと判断したときに、実際に会って話をすることを頭に入れておきましょう。今回の電話では「今日はこのくらいにして、今度会って話そう」と言いつつ、一旦話を終わらせるのです。

この時、別れは保留状態になりますが、気持ちを伝えたことで彼女も冷静に考えることでしょう。

会って話した時には彼女も納得してくれる可能性が高くなります。彼女が冷静に考える時間を作るためにも、一旦話を終わらせるという処置は大切なことです。

強引に別れようとする話し方は危険を呼ぶ

意を決して彼女に別れ話をするために電話をしたとき、絶対にやってはいけないことがあります。それは一方的に別れると言うことだけを言って、強引に離れる事です。

しっかりと気持ちを伝えない別れ話は、後に危険なことになるかもしれません。

あまり長い話をしたくないからと言って、「もう好きじゃないから別れよう」と一言だけ言って電話を切るような事をすれば、彼女は納得いかずにストーカーとなってしまうかもしれないのです。

しっかりと、なぜ別れたいのかを伝え、彼女が理解してくれるまでは強引に突き放すのは止めましょう。もし彼女がストーカーになってしまったら、最悪の場合は命の危険も出てきてしまいます。

悪い面もある!彼女に電話で別れ話をすることのデメリット

彼女への別れ話をする際に電話で伝える事にはメリットがありますが、デメリットも存在しています。最後に、そのデメリットを挙げておきましょう。心の準備だけでもしておくと、いざという時に対応しやすくなります。

会って話すよりかは誠実さが感じられない

電話での別れ話は、メールで伝えるよりは気持ちが伝えられるというメリットがあります。しかしやはり直接会って話すよりかは誠実さが伝わらないでしょう。

彼女からすると「何で電話なの!?」と思っていることもあります。

大事な話なのに電話で済ませようとすることに納得がいかない人もいるでしょう。特に彼女が別れるなんてことを考えていなかったらなおさらのことです。気の強い女性であれば、貴方の家にまで押しかけてくるかもしれません。

電話では相手の顔が見えない分、本心が見えないということも否定はできません。彼女が逆上してしまえば、貴方と彼女の関係は泥沼化してしまうこともあるでしょう。

電話に出てくれなくて長引くことも

電話で別れ話をする際には、彼女が電話に出てくれないこともあります。別れ話をされると分かっているときには、いくら電話をかけても無視され続けるでしょう。

そうなれば、別れるまでに時間がかかってしまうことになります。

相手が電話に出ないのなら、もう別れたことにしようと開き直ることもできます。しかしだからと言って新しい彼女を作って一緒にいるときに、偶然その元カノに出会ってしまったら最悪な状況となるでしょう。

こうなったら貴方の新しい彼女との恋愛を邪魔してくるかもしれません。別れ話が成立していないと、このようなハプニングもありうるのです。電話での別れ話には、このようなデメリットがある事も頭に入れておきましょう。

良い付き合いができた相手ほど電話で別れられる

彼女に別れ話をすることには様々な理由があるでしょう。好きじゃなくなったり喧嘩が多くなってきたりという事が原因となります。それで別れるにしても、良い付き合いができていたと振り返ることができる相手ほど、電話での別れ話が可能となるでしょう。

その彼女は貴方のことを最後まで理解してくれるはずです。「会って話したい!」「何で別れるの!?」などと逆上することは無く、貴方の気持ちを知ったり受け止めてくれます。

本当に嫌で別れる彼女ほど、最後まで上手くいかないものです。彼女への別れを考えているのであれば、電話で話すことのメリットや注意点は知っておくようにしましょう。

スポンサードリンク
Comments