独自の食文化を楽しむ!山形県デートの最後におすすめの極上ディナー

山形県は、美食としての和をモチーフにした料理の数々を楽しむことができ、中でも蕎麦などは日本有数の注目を集めるほどになります。

もちろんそれだけではなく、多くの食材にも恵まれているからこその日本料理から洋食まで広いジャンルを堪能することまでもできるのが山形県の魅力でもあります。

その中でも特に注目したいのは日本三大和牛の一つでもある米沢牛をリーズナブルな価格で味わうことができる名産品がある点ですね。

多くの名店が連なる山形県の中でも二人のデートの締めくくりにおすすめのレストランを是非楽しんでみてください。

スポンサードリンク

赤酢と米酢を見事に使い分ける唯一無二の一握りを味わえる名店「こい勢」

鮨はネタにばかり注目がいきやすいのですが、このネタに合わせるシャリあってこその握りと言えます。

そんなネタに合わせるシャリにまでこだわり、赤酢と米酢をネタごとに合わせていき、絶妙な旨味を引き出しているのが、こちらのお店。

美しい木を基調としたカウンター席は、ピリッとした大人の雰囲気を楽しみながらも、目の前で大将が見せる見事なまでの握る姿にうっとりしていけます。

そんな美味なるネタとシャリが合わさり合う握りの中でも、特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「中トロ」
鮨ネタの中でも特に高い人気を誇っており、目の前に提供された際に照り輝いている美しさを楽しむことができます。

赤酢で仕上げたシャリの旨味と、口の中でとろけていく中トロの味わいの相性を味わっていける一握りでもありますね。

「のどぐろ」
鮨ネタの中でも人気を上げてきているのどぐろは、丁寧にカットされておりその美しい断面から楽しむことができます。

のどぐろの脂が乗っている味わいに合わせる米酢のシャリはさっぱりとしており、口当たりの良い味わいを味わっていけますね。

「すみいか」
美しい包丁カットが入っており、見た目の流れるように美しく口当たりも爽やかなすみいかを味わっていけます。

すみいか同様に真っ白な米酢のシャリとも相性が良く、さっぱりとした味わいとコリっとした食感を楽しんでいけますね。

「ブリ」
脂がたっぷりとのっており、しっかりとした食べ応え抜群のブリの身を味わうことができる握りとなります。

色みの強いブリと赤酢で仕上げたシャリとの相性を楽しむことができ、くどくなり過ぎないように赤酢のシャリが良いサポートをしている一握りでもありますね。

「バフンウニ」
鮨ネタの中でも特に彩り美しいバフンウニの見た目を楽しんでいける軍艦を味わっていくことができます。

赤酢で仕上げたシャリとバフンウニの濃厚でクリーミーな味わいを味わっていくことができますね。

スポット:こい勢
住所:山形県酒田市相生町1-3-25
電話番号:0234-24-1741
営業時間:
ランチ:11:00~14:00 (L.O.13:30)
ディナー:16:00~22:00(L.O.21:30)
料金:6,000円~
定休日:月曜日
アクセス:酒田駅 徒歩5分

山形県の食材をふんだんに使用した地元に優しいイタリアン「アル・ケッチァーノ」

山形県は多くの食材に恵まれており、その食材をふんだんに使用したイタリアンを堪能することができるお店となります。

店内は白を基調としており、シンプルさの中に美しさと優雅さを感じることができる空間が広がっておりますね。

そんなお店で味わう絶品イタリアンの中でも、特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「ビンチョウマグロの炙り」
厚切りにカットしたビンチョウマグロをサッと炙ることで旨味を閉じ込めている一品となります。

ビンチョウマグロの旨味を楽しみながら、フレッシュトマトのさっぱりとした味わいのアクセントを楽しんでいけますね。

「赤海老のリゾット」
生のまま味わうことができる赤海老は、プリッとした食感と口の中で広がっていく甘みが特徴的となります。

赤海老と合わせるリゾットはチーズの濃厚でクリーミーな味わいを楽しませてくれ、赤海老の甘みとうまく絡み合っていますね。

「子羊のスペアリブのロースト」
食べ応えも抜群の子羊のスペアリブを豪快にローストしたシンプルでありながらも一番美味しく子羊を楽しめる一品となります。

ミディアムレア状態で提供される子羊はジューシーで肉肉しい味わいを感じながらも臭みがなく食べやすくなっておりますね。

「寒鱈の白子のフェデリーニ」
新鮮な寒鱈の白子をたっぷりと使用しているパスタであり、パスタのモチモチした食感と白子のクリーミーな味わいが絶妙にマッチしている一品でもあります。

パスタには余分なソースをトッピングすることなく白子のクリーミーさとうまく絡めて味わうことができますね。

「岩手産キャビアと真鯛の冷製カッペリーニ」
見た目の美しさから楽しませてくれるカッペリーニには、涼しさも感じていけるさっぱりとした味わいが特徴的となります。

真鯛のしっかりとした味わいとキャビアの塩味が程よいアクセントになっており、モチっとしたパスタとの相性を楽しませてくれますね。

「アラの子 クリームソース」
成長しきる前のアラの子をしっかりとグリルすることで、外はパリッと中はしっとりとした食感に仕上げていきます。

そこに生ハムの香りを楽しむことができ、濃厚でクリーミーな味わいが特徴的なクリームソースが見事にアラの子の旨味を引き出している一品となります。

スポット:アル・ケッチァーノ
住所:山形県鶴岡市下山添一里塚83
電話番号:0235-78-7230
営業時間:
ランチ:11:30~14:00
ディナー:18:00~21:00
料金:15,000円~
定休日:月曜日
アクセス:JR羽越線鶴岡駅 車 20分
ホームページ:http://www.alchecciano.com/index.html

山形県の自然食材を使用した絶品の蕎麦を味わうことができるお店「やま竹」

見ているだけでも美しく清々しさを感じることができる山形県を代表する絶品の蕎麦を堪能することができる名店となります。

地元山形県の自然食材を使用しており、蕎麦粉から作り上げる蕎麦はしっかりとしたコシと豊かな風味が特徴的でもありますね。

もちろんそれだけではなく、昔懐かしい「和」の雰囲気を感じることができる大人の雰囲気がデートで楽しむディナーを盛り上げてくれますね。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「すだち冷かけそば」
お店自慢の看板メニューでもある一品であり、見た目のすだちいっぱいの美しさが清々しさを感じさせてくれますね。

すだちの酸味とさっぱりとした味わいに、旨味たっぷりの出汁と風味豊かな蕎麦が見事にマッチした一品で、冷たいため非常に食べやすくもなっております。

「天麩羅」
絶品の蕎麦にマッチさせる最高のパートナーとして親しまれているのが天麩羅であり、そのサクッとした食感の衣をそのまま味わっても美味しく、蕎麦のつゆに浸してから味わっても美味しい品でもありますね。

プリッとした食感の海老はもちろんのこと、地元で獲れる季節性を感じさせてくれる野菜などの天麩羅も美味で蕎麦の旨味を最大限に引き立ててくれます。

「鴨せいろ」
風味豊かな蕎麦はコシがしっかりとしていて、口の中で旨味を存分に楽しむことができますが、ここに合わさる鴨肉が、また美味いを高めてくれます。

鴨肉の甘みのある脂身としっかりとした肉の味わい、そして深みのある出汁が見事にマッチしている一品でもありますね。

「盛りせいろ」
お店にあるメニューの中でも特に人気のある一品であり、シンプルに蕎麦のみの旨味を味わうことができます。

蕎麦の強い風味と力強いコシは手作り蕎麦ならではと言え、つゆにつけて味わえば口の中で広がる蕎麦の旨味を感じていけますね。

「芋煮」
山形県の郷土料理でもあるホッと一息つくことができるメニューであり、たっぷりの具材の味わいを楽しむことができます。

芋のホクホクとした食感に豚肉のしっかりとした味わい、そこに合わさるネギのシャキシャキとした食感が良いアクセントなっており、優しい味わいの出汁との相性を生んでおりますね。

スポット:やま竹
住所:山形県天童市久野本1-3-6
電話番号:023-653-2116
営業時間:11:00~14:30
料金:1,000円~
定休日:水曜日、第三火曜日
アクセス:JR天童駅 車 5分
ホームページ:http://takezousobayamatake.g.dgdg.jp/

四季折々の美しい食材を芸術的な一品に作り上げる日本料理店「馬場乃町 はやし」

日本料理店ならではの、美しくも繊細さを感じることができる日本料理を堪能することができる和の名店となります。

お店で使用する食材は四季折々の季節性を感じることができるものばかりで、訪れる度にメニューに変化を感じることができるのが面白いところですね。

木を基調としたカウンター席では、店主との気さくな会話と匠の技を楽しむことができる劇場型の席でもあり、食を楽しむだけではなくワクワクとした雰囲気まで楽しんでいけます。

そんな期待膨らむ日本料理の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「米沢牛と順才 しゃぶしゃぶ」
米沢牛の見た目美しいしっかりとした赤色を目で楽しむことができ、その米沢牛をしゃぶしゃぶして肉の旨味を凝縮していきます。

そのまま味わっても美味しいのですが、ここに順才をトッピングしてツルンとした食感が合わさることで、より美味しい味わいを楽しんでいけますね。

「のどぐろ アスパラ焼き」
脂がたっぷりと乗っているのどぐろを贅沢にも塩焼きで味わうことができ、シンプルでありながらも旨味たっぷりの味わいを楽しんでいけます。

どれだけ食べても飽きることのないのどぐろの味わいと、そこに合わさるアスパラガスの食感が良いアクセントになっておりますね。

「八寸」
季節性を感じることができる食材の中でも海の幸や山の幸、陸の幸など様々な幸を取り入れた色とりどりの一品を楽しむことができます。

どの食材も、その食材の旨味が最大限活かされる調理方法を取られており、どれを味わっても満足間違いなしとなりますね。

「鮎 ご飯」
淡白な白身の味わいがたまらない鮎がたっぷりと入っている、見ているだけでも幸せを感じてしまうほどの土鍋となります。

鮎の旨味と程よい塩味がご飯と見事にマッチしており、どれだけでも食べることができるさっぱりとした味わいを堪能していくことができますね。

「お造り」
日本料理屋が提供する厳選に厳選を繰り返して仕入れる鮮魚を匠の技によってシンプルにお造りで提供される一品となります。

白身の淡白な味わいから、のどぐろの脂が乗っている味わい、そして赤身の力強さを感じる味わいなど素材の美味さが際立っているお造りでもありますね。

スポット:馬場乃町 はやし
住所:山形県米沢市城南1-6-18
電話番号:0238-40-8877
営業時間:
ランチ:11:30~14:30
ディナー:17:30~22:00
料金:不定休
定休日:10,000円~
アクセス:南米沢駅 車 5分

山形県を代表する和牛ブランドでもある米沢牛を味わうすき焼き店「米沢牛黄木 牛鍋おおき」

山形県随一の和牛ブランドでもある米沢牛を豪快に味わうことができるすき焼きの名店があります。

こちらでは、すき焼きのスタイルで米沢牛を味わうことができるだけではなく、様々な形で米沢牛を堪能することができますね。

落ち着きを感じさせる雰囲気も良く、デートの締めくくりに大人の時間を過ごしていける場所でもあります。

そんなお店の中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「米沢牛鍋」
米沢牛をふんだんに使用している鍋を味わうことができ、たっぷりの野菜と一緒に楽しめる一品となります。

ほっこりするような味わいの出汁と野菜の旨味が詰まった味わいが米沢牛を包み込み、肉の旨味たっぷりの幸せ時間を過ごしていけますね。

「米沢牛 すき焼き」
米沢牛をすき焼きで味わうことができ、まずは米沢牛を焼いてそのまま味わい一つ目の幸せを感じていきます。

その後、野菜や豆腐の旨味と一緒に出汁で煮込むことで、また違った二つ目の味わい方を楽しんでいける、2度楽しめる一品でもありますね。

「米沢牛 焼肉」
すき焼き屋が厳選する米沢牛をシンプルに焼肉で味わうことができる一品となります。

焼き上げることで広がっていく米沢牛の風味が食欲をそそり、口にすることでジュワっと広がっていく肉の旨味を堪能していくことができますね。

「もつ鍋」
新鮮な米沢牛のモツを使用しているもつ鍋は、米沢牛を専門に取り扱うからこそ味わうことができる新鮮な一品となります。

プリッとした食感にジュワっと広がっていく旨味が癖になり噛み続けていたくなるほどの味わいとなりますね。

「米沢牛 サーロインステーキ」
米沢牛のジューシーで肉肉しい味わいをシンプルにステーキで味わっていけますが、その中でも最高級部位でもあるサーロインを味わっていけます。

口にすれば、とろけてなくなっていくような味わいを楽しんでいけ、甘みのある脂身と肉肉しい味わいの両方を感じていけますね。

スポット:米沢牛黄木 牛鍋おおき
住所:山形県米沢市駅前3-2-18
電話番号:0238-40-1129
営業時間:
ランチ:11:00~15:00(LO 14:30)
ディナー:17:00~21:00(LO 20:00)
料金:3,000円~
定休日:水曜日
アクセス:JR米沢駅 徒歩1分
ホームページ:https://oki-gyunabe.com/

山形県名物でもある蕎麦の中でも地元に根付いた蕎麦を味わえる名店「手打ちそば 梅蕎麦」

山形県は日本屈指の蕎麦の名店が多いエリアであり、その中でも特に美味なる蕎麦を味わうことができる名店となります。

全てを手作りにこだわり、香りとコシの豊かさを楽しむことができるのが特徴となりますね。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「二色せいろ」
目の前に提供された際に、その美しい2色の蕎麦に目を奪われてしまうほど他では見ることのできない蕎麦を見ることができます。

定番の蕎麦に合わせて、季節によって変わるもう一種類の蕎麦を堪能することができ、口の中で広がる風味の違いを楽しんでいけますね。

「天麩羅」
天丼としても味わっていける旨味たっぷりの天麩羅を蕎麦のお供として味わっていくことができます。

サクッとした食感の衣に、プリッとした海老や瑞々しい味わいの野菜などを堪能していくことができますね。

「とりそば」
うまみたっぷりの鶏肉がたっぷりと入っている蕎麦を味わうことができます。

蕎麦の風味と出汁の深み、そこに加わる鶏肉のジューシーな味わいが良いアクセントになっている一品でもありますね。

「十割そば」
蕎麦粉から作り上げるお店のこだわりある蕎麦のみを使用しており、余分なつなぎなどを使用していない十割そばを味わっていけます。

強いコシと風味が特徴的で、色も白色ではなく少し鼠色をした蕎麦の色合いから楽しんでいけますね。

「汲み上げ湯葉」
新鮮な豆乳からしか作ることができない汲み上げの湯葉を贅沢にも味わうことができ、蕎麦のサイドメニューとしても最適のものと言えます。

口にした際の湯葉のしっとりとした食感と豆乳ならではの濃厚な風味を感じていくことができますね。

スポット:手打ちそば 梅蕎麦
住所:山形県山形市東原町3-5-10
電話番号:023-622-8377
営業時間:11:30~14:30
料金:1,000円~
定休日:火曜日
アクセス:山形駅 徒歩20分

厳選された食材と極上のワインのマリアージュを楽しめる串揚げ屋「串幸」

その一串一串が芸術的な美しさを持っており、口にした際の優しさを感じることができる串揚げを堪能することができます。

サクッとした食感の中から出てくる食材はどれも美味であり、楽しい組合せをしている串揚げもあるほどになりますね。

この串揚げに合わせるのがお店自慢のワインであり、見事なワインセラーにあるワインと串揚げのマリアージュを楽しんでみてください。

このマリアージュを楽しんでいくにふさわしい、おすすめの串揚げをご紹介していきます。

「子持ち昆布」
サクッとした食感の串揚げの衣の中から現れてくるのは子持ち昆布で、子持ちということもありプチプチとした食感も楽しんでいくことができます。

昆布のしっかりとした味わいと風味も良く、串揚げではあまり味わうことが少ないです貴重な一串となりますね。

「サーモンタルタルいくら」
サーモンといくらという親子を使った串揚げとなり、見た目の美しさから楽しませてくれる一串でもありますね。

サーモンのしっかりとした味わいとイクラのプリプリとした食感、そこに加わるタルタルソースの濃厚さが美味でもあります。

「山形牛もも肉」
串揚げとしては贅沢な一品でもある山形牛を使用した串揚げとなります。

山形牛のジューシーで食べ応え抜群の味わいを楽しみながら、サクッとした衣の食感をアクセントとしていくことができますね。

「穴子」
サクッとした衣の中から登場するのは、衣とは違った食感のフワッとした食感を楽しむことができる穴子になります。

フワッとした優しい食感からは想像できない食べ応え抜群の淡白で力強い味わいを楽しんでいくことができますね。

「牡蠣フライ」
実際に牡蠣の殻の上に乗って目の前に提供されてくる牡蠣フライは大きめのサイズで食べ応えも感じることができます。

サクッとした食感の衣から出てくるのは、牡蠣の濃厚でクリーミーな味わいとプリッとした食感を楽しめていきますね。

スポット:串幸
住所:山形県山形市七日町1-2-48
電話番号:023-641-0330
営業時間:17:30~23:00
料金:5,000円~
定休日:無休
アクセス:山形駅 徒歩15分

山形名物の米沢牛をシンプルに焼肉で堪能することができる名店「焼肉みよし」

山形県の名産でもある山形牛をシンプルに味わうことができる焼肉店であり、その肉の旨味は絶品そのものとなります。

店内は肉を焼き上げるためだけの空間が広がっており、どこからでも肉を焼き上げる香りが広がっており食欲をそそりますね。

山形牛の美味なる味わいを楽しむことができ、どの部位もおすすめのものばかりになりますが、その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「米沢牛厚切り上カルビ」
米沢牛の見事なまでのサシが入っているカルビを味わうことができますが、その中でも厚切りサイズであるため、食べ応えも感じることができます。

噛めば噛むほど出てくるジューシーな旨味と柔らかく食べやすい食感が何とも言えない味わいを楽しませてくれますね。

「米沢牛タン」
貴重な米沢牛の中でも特に貴重な牛タンを味わうことができ、コリコリとした食感が特徴的な味わいを楽しませてくれます。

噛めば噛むほど出てくる牛タンの味わいは癖になること間違いなしと言えますね。

「米沢牛ロース」
米沢牛の美しいサシと赤身のバランスが見事なまでの見た目を楽しませてくれるロース肉を楽しむことができます。

炙るようにサッと火を通したロース肉は、余分な脂が落ちて甘みと旨味が絶妙な味わいを表現してくれていますね。

「ホルモン」
新鮮な米沢牛のホルモンを店主の見事な技によって臭み鳴く下処理しており、焼き上げることでジュワっと広がる脂身の味わいを堪能していけます。

噛めば噛むほど出てくるホルモンの旨味と噛み続けたくなる食感がたまりませんね。

「米沢牛モツ煮込み」
米沢牛を贅沢に使用して作り上げるオリジナルのもつ煮込みをあじわうことができ、味噌の深みのある味わいとの相性を感じていけます。

モツのプリッとした食感と広がる甘みのある脂身の味わいが味噌とうまく絡み合ってホッとするひと時も感じさせてくれますね。

「みそミックス」
お店自慢の一品でもあり、自家製の味噌にくぐらせた肉と新鮮な野菜を満足いくまで味わうことができます。

米沢牛のうまみたっぷりな味わいと野菜のシャキシャキとした食感、そこに合わさる味噌の深みを感じることができる、病みつきになること間違いなしの一品でもありますね。

スポット:焼肉みよし
住所:山形県米沢市駅前3-2-23
電話番号:0238-21-0274
営業時間:17:00~22:00
料金:3,000円~
定休日:第一・第三日曜日
アクセス:米沢駅 徒歩2分
ホームページ:http://www5.omn.ne.jp/~miyoshi/

山形県の地元食材を活かして作る芸術的センスのフレンチ「レストラン パ・マル」

デートでも非常に好まれやすい料理ジャンルの一つでもあるフレンチを味わうことができ、山形県の地元食材をふんだんに使用した地元に優しいフレンチ店でもあります。

料理はどれも美しい芸術品のようなものばかりで、見ているだけでもワクワクしてしまうのがデートで訪れた際の期待値を上げてくれますね。

店内はシンプルな作りをしており、大人がゆっくりと時間を過ごしていくための空間が広がっております。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「穴子と古代米のマデラソース」
ボリューム満点な厚切りの穴子に古代米をたっぷりと巻くようにした見た目の豪快さも感じることができる一品となります。

穴子のふっくらとした味わいと古代米の旨味にマデラソースの深みのある味わいを感じることができますね。

「蝦夷鹿のロティ フォアグラ」
蝦夷鹿の力強さを感じるミディアムレア状態の赤赤とした色合いが食欲をそそります。

口にすれば蝦夷鹿のしっかりとした食感と肉肉しい味わいをフォアグラの濃厚さとソースの深みとともに堪能していけますね。

「帆立のスフォルマートとオマール海老」
軽く揚げているオマール海老のプリプリとした食感を楽しみながら帆立の甘みたっぷりの味わいをスファルマートで味わっていけます。

濃厚でクリーミーな味わいと帆立のエキスをオマール海老とともに味わっていける贅沢な一品でもありますね。

「生雲丹 蕪のピュレ コンソメジュレ」
お店の看板メニューとも言える一品であり、蕪で作ったピュレの上にコンソメ仕立てのジュレが乗っている2層となる美しい見た目の一品。

この2層だけでも十分贅沢ではありますが、ここに加わる生雲丹の濃厚でクリーミーな味わいが良いアクセントになっていますね。

「鮑とたらの芽のビールフリット」
見た目は小さなフリットではあるのですが、そのフリットには食べ応えと満足感を強く感じることができます。

口にすればサクッとした食感の中に鮑のコリコリとした食感とたらの芽のさっぱりとした味わいを楽しむことができますね。

「チョコレートのグラスと抹茶のテリーヌ」
チョコレートの濃厚で深みのある味わいと抹茶のほんのりと香る優しさをかんじることができます。

食材の最後まで気を抜くことなくホッと一息つくことができるデザートを堪能していくことができますね。

スポット:レストラン パ・マル
住所:山形県山形市七日町2-3-16
電話番号:023-687-1099
営業時間:
ランチ:11:30~14:30(L.O.13:30)
ディナー:18:00~23:30(L.O.22:00)
料金:6,000円~
定休日:水曜日、第2火曜日
アクセス:山形駅 徒歩17分

山形県で辛み抜群の四川料理を味わうことができる名店「竹林坊」

山形県の食材を使用しながらもピリッとした辛みや肉の旨味などを満足いくまで味わうことができる中華料理を堪能することができるお店となります。

店内は中華料理店らしい中国をイメージしており、本場中国で料理を味わっているかのような雰囲気を楽しんでいけますね。

その中でも特におすすめのメニューをご紹介していきます。

「麻婆豆腐」
ピリッとした辛みが特徴的な麻婆豆腐はお店の看板メニューとも言える一品で、訪れたら必ず注文が入るほどでもあります。

その辛みの中に旨味を感じることができ、ついつい辛いのにも食べ続けてしまうほどでもありますね。

「五目チャーハン」
さっぱりとしていて非常に食べやすさを感じるチャーハンを堪能することができ、たっぷりの具材もアクセントになっております。

食べ応えもあり、旨味を感じることができるシェフの技量を感じることができるチャーハンでもありますね。

「鶏の唐揚げ」
中華料理店の定番とも言える一品であり、サクッとした食感の衣の中からほとばしるように出てくる鶏肉の旨味を楽しむことができます。

噛めば噛むほど出てくるジューシーな鶏肉の味わいは絶品そのもので、ほのかな香料のアクセントも良いですね。

「坦々麻婆かけ麺」
ピリッとした辛みが特徴的な麻婆豆腐がたっぷりとトッピングされている麺料理であり、食べ応えも抜群の一品となります。

坦々ベースであり、辛みの中にコクやまろやかさも感じることができるため、黙々と食べ進めることができますね。

「海老のチリソース」
食べ応えを感じることができる大ぶりの海老は、プリッとした食感がたまらず旨味たっぷりの一品となっております。

チリソースのピリッとした辛みが海老とうまく絡み合っており、口の中で旨味へと変わっていきますね。

「四川牛麺」
牛肉がたっぷりと入っており、きしめんのように分厚い麺を味わっていく食べ応え抜群の麺料理となります。

そのボリュームはもちろんのこと、四川風に作り上げている見るからに辛そうなスープは、ピリッとしたパンチを感じながらも、食欲がそそられて食べ続けてしまうほどでもありますね。

スポット:竹林坊
住所:山形県山形市中野713
電話番号:023-681-3355
営業時間:
ランチ:11:30~14:30
ディナー:17:30~21:30
料金:6,000円~
定休日:水曜日
アクセス:羽前山辺駅 車15分

ジャンルを超えた食材の旨味を楽しめる山形県デートを満足で締めくくるディナー

山形県の極上のディナーを味わうことができるレストランはいかがでしたでしょうか?

どのレストランも山形県の名産を贅沢に使用しており、口にすれば幸せを感じることができるものばかりだったかと思います。

ジャンルを飛び越えても食材の良さを感じていけるのが山形県の名産品の数々の特徴であり、中でも米沢牛や蕎麦には注目が集まります。

どんなディナーをするかは二人の楽しみ方一つで変わっていきますが、一番のおすすめレストランを見つけてみると良いですね。

スポンサードリンク
Comments