今すぐ使えるデート&ホテル情報 カップルズ

彼氏・旦那と一緒に行く買い物あるある!女性なら分かるイライラの理由

提供: いま女子

今日は休日。彼氏とお買いものへ行く予定があれば、女性はウキウキですよね。
何を来ていこう?どこへ行こう?
ショッピングが目的とはいえ、立派なデートですから、楽しく過ごしたい、そして欲しいものも買いたい、という、女性的には当たり前のこと!
なのに彼の態度にイライラ!よくありませんか?最後にはケンカになってしまったり。
よくあるパターンと、その解決法をご提案します!

イライラその1 行きの車

さぁ車に乗って出発!!というところで、『スマートフォンを忘れた』と一旦車を降りると、ため息が聞こえたことありませんか?
戻って謝りながら出発するも、なんだかイライラが顔から体から溢れているような…。

買い物の話をしてみてもだんだん面倒くさくなってきたのか会話が弾みません。
それなら買い物は友達とかお母さんと言ってきなよと言ってくれたほうがさっぱり!

イライラその2 買い物中

いざスタートしたものの、大きなショッピングモールだと、同じようなものが違う価格で売っているので、女性としてはいろんなお店を歩いてみて考えて購入したい!
『ちょっと最初のお店戻ってもいい?』
ですが、彼氏はいったん来た道を戻る意味はなんなのか?とイライラした態度です。
戻るたびにため息、腕組みから始まり、しまいにはどちらがいい?と聞いた色の好みさえうやむやな返事をしだしたり。
そうなると女性もため息が出ます。

イライラその3 彼氏・旦那のために購入悩み中

あなたに似合うからこれとこれ、どっちがいい?と女性が聞いていても『どっちでもいい』の繰り返し。
女性があなたのよ!といったところで面倒だから、疲れたからといいベンチに腰掛けもはや一緒に来た意味すらなくなってくることもあります。
せっかく久しぶりの二人での買い物なので、楽しみたいですよね。
あっちのカップルは楽しそうに買い物しているのにな、なんて思います。
彼氏・旦那のために購入を悩んでいたのに適当な返事は女性も気が立ちます。

イライラその4 しまいにどこか消える。

ベンチに座ってじっとしているとは思っていませんでしたが、こつ然と消える彼氏・旦那。
電話にも出ない、メールも通じない、大きなショッピングセンターでよくあることです。
自分の好きなものを見たいならせめて声ぐらいかけてほしいところですね。
気が立っているのが目に見えるとこっちも自分の好きなものみてくればいいじゃない!となりますが、一言かけてもらわないと探すのに手間がかかることを考えてほしいなと思ってみたり。

イライラその5 なんだかこっちがすべて悪いかのよう

ようやく見つかって電話くらい出てよ!というと彼氏はなんだか、不機嫌な顔をします。
しまいには楽しくない、買い物が長い、挙句の果てには来なければよかったという雰囲気まで伝わってくると女性も思います。
もう一生この人と買い物なんか来ない!一緒に買い物、楽しく過ごしたいという気持ちがなんだかズタズタにされたようで。
いざ口を開くと、なんで戻るの、長い、疲れたなんて言われていると女性のほうがイライラします。

結論

こういった彼の場合、付き合い始めの頃はちゃんと付き合ってくれたとすれば、実はすごく我慢してたのでしょう。
上記の1~5まで全部当てはまる!という場合は、一緒に買い物には行かない、と決めてしまうのもひとつの解決案です。
お互い嫌な思いをするくらいなら、買い物は、ひとりで行ったり女友達と行く、と決めて。

上記のうち、ひとつふたつ当てはまるという場合は、彼にとって何が苦痛なのかを聞き、そこだけはお互いが納得できるような形に取り決めしてみましょう。
お店を行ったり来たりが我慢できない彼なら、見るお店は5件まで!と最初から決めてみる。
どこかへ消えてしまう彼には、最初から「1時間後にここで待ち合わせしよう」と提案してみる。などです。

一緒に買い物がしたい!というのは、女性特有のわがままですよね。
もちろんそれを全て受け入れてくれる「オトナな彼」が理想かもしれませんが、そんなオトコは基本的に少数派。
現実的には、お互いが納得でき、文句はナシで仲良くデートするために、自分たちに合ったショッピングのルールを見つけ出すことが、賢い選択といえるでしょう。

このコラムを書いた人

いま女子編集部

いま女子編集部の公式アカウントです。 みなさまに素敵な情報をお届けします☆

仕事や友達、恋愛に‥いまどき女子が自分らしく生きるためのキュレーションメディア「いま女子」

page top