女性は押し引きに弱い!合コンで気になった女性を落とすテクニック

気合を入れた合コンや飲み会、どうしても女性と仲良くなりたいと思うから、少し押し気味に攻める、そう考えていませんか?

実は女性とのやり取りって、押すだけじゃダメ、時には引くことも大切なんです。

飲み会でのテクニックとして、女性との押し引きについて考えてみましょう。

きっと、意中の女性との距離も、グッと縮まるハズですよ。

スポンサードリンク

どんな相手であれ一方通行はNG!会話はキャッチボールが前提

飲み会であまりガツガツすると、正直いいことはありません。

女性だって、「彼氏ができれば儲けもの」くらいの感覚で、飲み会や合コンに参加しているからです。

イメージとして、こういう場で本気の出会いを探すのは、けっこう無理がある、そう思っているのが女性です。彼女を見つけたい、女性と一夜を共にしたい、どちらの考えであっても、押し過ぎるのは「その先に見える下心」が、良いイメージを作ってくれません。

「男だからグイグイいく」なんて、男性の勝手な妄想の部分しかありません。

会話が成立しなければ、女性は「この出会いはアリかも」なんて思ってくれません。

女性を掴むには会話が必要で、一方的に話してしまって、相手の言いたいことや気持ちを引き出せないようなら、それは会話とは言いません。

会話とはキャッチボール、相手が投げ返そうと思うことが大切なのです。会話が成立することで、お互いの関係が前に進み、場が和み、心許せる関係が構築できるのです。

少し遊んでいるように聞こえる、「落とす」という言いかたも、実は相手の気持ちを引き出せているからできることなのです。

そう考えると、女性を口説くのが上手い男性は、それなりに順を追って、女性のことを考えているのです。

押せばイケる飲み会なんて、そんなものはありません。

時間を過ごすということは、お互いを知りあうということ

一緒の時間を過ごす、もっと言えば「同じ空間で時間を共有する」ということですよね。

時間を共有するためには、お互いを知ろうと思い合えること、興味があるなどしないと、それは成立しないので、興味を持ってもらえることが大事です。あなたがどんなに、相手の女性を気になったとしても、「相手が興味ナシ」では意味がありません。

これも同じこと、「一方通行」になってしまっているだけ、この場合は「ある程度の時間(一次会など)」で終わってしまう関係が予想できます。

押し引きで考えるなら、「押しのみで相手の興味を引くのは難しい」と覚えておきましょう。

よほど魅力のある話ができなくては、女性を押すだけでは口説けません。そして、魅力のある話って、ウソをついたり、自分を大きく見せようと見栄を張ったりすることもあります。

女性との距離感は押し引きで測るもの、コレを理解しないと失敗する

押し引きと考えると、少し難しくなってしまいますよね。

女性とのやり取り、一方的ではなく押し引きしてみようと考えるなら、今現在の相手との距離感、関係性の深さで、できているかを判断しましょう。押し引きなんて、べったりくっつけるなら、自分が押して近付けている、引きというのは一歩下がって、お互いが知り合い程度、このような距離感で判断できます。

相手から好意をゲットできない限り、よほどのことが無ければ、相手から近付いてくることはないでしょう。

また、近付いてくるということは、好きな気持ちが伝わって、上手くいく流れですよね。

その前の段階、相手に好きになってもらう、応じてもらうために、押し引きが必要です。

自分からの好意をぶつけるか、少し抑えて控えめにしているか、女性への押し引きはその二つだけ、上手く使いこなすために、距離感を理解しましょう。なんとなくでも、「相手の機嫌」って感じますよね。

嫌がっているか、好意的かくらいは、よほどのカン違いが無ければ、感じ取ることはできるでしょう。

こういうときに、相手との距離が分かるもの、実はそれって、押し引きが上手くいっているかのバロメーターになるのです。

LINEの交換は飲み会の最後が効果的!途中で自分から言い過ぎないこと

合コンの中盤あたりで「じゃあさ、LINEの交換しようよ」なんてのは、少し注意が必要です。

LINEを交換するなら最後のほうが効果大。

途中であまり前のめりになり、交換をせがむと、真剣みが伝わりにくくノリで聞いたようにも思われてしまいます。

もしかすると、「二人で連絡先を交換したこと」を、相手の女性が気にしているかもしれません。

人目を避けたかったり、一次会のみんながいる席では、あまりしてほしくなかったり…ということもあります。チャンスを逃さないという見方もありますが、せっかくなら飲み会の最後にそっと聞くなどすると、「本気の気持ち」が伝わってリアルです。

ただでさえ、「ノリ」が先行する合コンだったりしますから、そこで真剣さを見せるのは簡単ではありません。

また、それが伝わらないと、女性は軽く受け流してしまいます。

女性の好みをずけずけ話さない、少し気にされるほうが無難

あなたの好みなんて、「あなたに興味がない人」からすれば、どうでもいいことなのです。

飲み会で女性の好みを話すのは、基本的にセクハラに近いこと、まして聞かれてもいないのに、女性の好みをずけずけと話すのは控えましょう。

飲み会や合コンに参加しているのですから、「女性に興味があること」は、暗黙の了解みたいなところがあります。

その前提で、さらに女性の好みを聞きたいかと言われたら、誰も質問していないのだから、そんなハズはありませんよね。

いろんな女性がいます。

意中の相手がいるとして、その相手に聞こえるように、「自分が勝手に思う意中の女性のイメージ」を、自分の好みとして話しても、「なにこいつ?」と思われる可能性があります。

その相手が、あなたに対して無関心だった場合、絶対に「私のことじゃない」と思うでしょうし、かえってマイナスです。

男性が数名いる席なら、「聞かれるまで待つ」くらいが無難です。聞かれないことをしゃべるオトコ、口が軽いと思われるだけ損します。

押すタイミングを見逃さない、女性が求めているなら押すとき

ここ一番!って、押すタイミングを見逃さないようにしましょう。

女性は、それぞれのタイミングで誘われるのを待っていることもあり、例えば帰りに誰かに送ってもらいたいサインに気付けたのなら、押すときと言えるでしょう。

その見極めが難しいのですが、数人いる女性のうち、もし意中の相手が一次会だけで帰るとするなら、少し寂しく感じますよね。

こんなときに、例えば駆け寄ってLINEを交換したり、場合によっては、自分も二次会の気分じゃないと言って、送っていくチャンスだったりします。

一緒に、場の盛り上がりだけで騒ぐのは、本当に女性を口説きたい・落としたいと思うなら、「建前だけ」にしておくのが良いでしょう。獲物を狙うわけではありませんが、チャンスを逃すような騒ぎかたは、身の無い飲み会になってしまいます。

あくまでも、ここでは「特定の女性との押し引き」がテーマなのですから。

女性の好みを見極めれば誘うチャンスがある

一次会もひとしきり盛り上がり、二人きりで連れ出したいと考えたなら、相手の好みを探らなくてはいけません。騒ぐだけじゃダメです。

一次会で女性の好みを気にして、聞き耳を立てる、それだけでもしかすると、二次会で別な場所に誘い出すチャンスが生まれるかもしれません。

合コンなどで女性との会話、あいづちだけで「ふーん」と受け流す瞬間もあるかもしれませんが、こんな場面に意外な情報が落ちていたりするものです。

もしくは、自分から聞くことだってできます。

「どんな食べ物・お酒が好み?」なんて、お酒の席では聞きやすい内容ですよね。もしかすると、女性から発信があるかもしれない、それを聞き逃さなければ「誘うきっかけ」にはなります。

「二次会はこんなお店にしない?」なんて、あなたが言い出せばきっと相手の女性は、気遣っていることを気付くでしょうし、それをアピールポイントにもできます。

もしかすると?二人きりでの展開も期待できたりします。

その日だけの関係?それよりも長く続く関係を選択しよう

押しかた次第では、「次の日も会える関係」が」理想的ではありませんか?

一夜限りの関係よりも、長く続く関係を望む、そのほうが良い相手に巡り合えるでしょう。

あなた自身もそうですが、「その場限りで付き合える相手」なんて、正直あまり良いことではありません。

また、「それに見合った押しかた」をしてしまいます。

そうではなくて、真剣に付き合っていけそうな女性を探すことをおススメします。一夜限りの関係を求めるなら、その口説きかたは、どんなに注意しても雑になったりします。

一生懸命でも、「薄さ」が伝わってしまい、相手の女性から信頼を得る可能性が減ってしまいます。

儲けもんかもしれませんが、そうそうウマイ話しもありません。

飲み会や合コンに賭けているなら、誰にでも声をかけるのではなく、自分自身がどういう相手を望んでいるのかを、しっかり分析することも必要です。

その場しのぎの押し引きなんて、意味の無いやり取りに終わってしまうことでしょう。

初対面は押して別れ際に引く、次があるなら強く押してみる

正直なところ、初対面なんて、どんな可能性も未知数でしかありません。

初対面の席では押し過ぎない、次会うことがあるなら、そのタイミングで強く押してみるのがベストと言えます。

もし関係を望まないのであれば、「次会うことはない」ですよね。

次に会うのが、二人きりというのであれば、それなりの関係も期待できるでしょうし、複数で会うにしても、「イヤというわけではない」のです。もっと親密な関係になれるよう、2回目以降が押すときと言えます。

初回は引いて、相手の反応を見る、そういう姿勢でいるほうが、何かを大ケガをしなくて済みますし、過剰な期待も裏切られた感じがしてしまいます。

軽はずみに合コンに参加して、タナボタを狙っているレベルなのか、本気で意中の女性を射止めたいのか、それによって姿勢を変えなくてはいけません。

タナボタであるなら、強く押して結果待ち、次にもう一度会いたい相手がいるなら、引く姿勢が中心で構える、そう考えておくほうが良いですね。

駆け引きは重要!でもやりすぎると試されているように思われてマイナス

押し引き、言うなれば「駆け引きと同じこと」です。

駆け引きはやりすぎると、試されているように感じてイヤミになる、だからあまり過剰にやらないほうが無難です。

どのくらい?と思うかもしれませんが、押し引きで言うなら、「押さないことが引いているのと同じ」ですから、最初は中立的な立ち位置が理想です。

楽しむのであれば、意中の相手中心ではなく、広く浅く笑顔でいること、ただそれだけです。

他の男性と同じように見られたくないとしても、アピールしすぎは目立ってしまい、その相手と仲を深めるには勇気がいる、女性側の心理も理解しましょう。

だから「広く浅く」なのです。

初めての相手、仲良くなったとしても駆け引きをするには、少し早すぎます。

計画的な押し引きではなく、自然な流れに身を任せる関係がベスト

女性への押し引きを考えてきましたが、実際はどうでしょうか。

飲み会慣れしているなら、そこまで難しい話でもありませんが、「押し引き自体のタイミング」にも注目しなくてはいけません。女性との関係を進展させるには、一番ベストと言えるのは自然な流れ、それを少し後押しできる、流れ出すような展開を作るだけにしたほうが良いでしょう。

気になる女性がいたなら、付き合いたいと考えるのは理解できますが、「相手の気持ち」も考えてあげなくてはいけません。

押し引きを考えると、どうしても「相手の気持ちは置き去り」になってしまいかねません。

押し引きで進めるべきなのか、押し引きでうまく関係を進展させられるのか、その判断が必要です。押し引きのやりかたは、ココに紹介する以外にたくさんあります。

一番は、相手の女性をしっかり見極めて、どういう展開が理想的なのか、それを判断するところから、実は押し引きが始まっているのです。

スポンサードリンク
Comments